QAB(品質保証ベンチマーク)は、半仕上げと仕上げ済みジュエリーの出来栄えにスポットを当てています。 ストレッチによってサイズアップしたルテニウム含有プラチナバンドの品質を評価する方法を学びます。

Illustration of a platinum band featuring a decorative pattern

指輪の仕上がりサイズは正確である。

リングには、均一で明るい白さの強い光沢があります。

どの表面にもツールの跡や不ぞろいなところはありません。

まばらにストレッチを行った結果、幅や深さには狭い部分やゆがんだ部分はありません。

バンドには亀裂やストレッチマーク、その他目に見えて圧力がかかった跡は見られない。

装飾パターンは変わらず、歪みや分断、その他ダメージの痕跡はありません。

バンドの内側の品質と製造の刻印、また個人の彫りは残っている。

考えられる問題と技術的な特徴

このリングがストレッチによるサイズアップの候補に適していると決定する要因を学びます。

バンド上のデザインは無地で、開いている部分もありません。

幅は一定である。

石はセットされていない。

深さが一定である。

バンドは押し出しチューブから始まる機械のプロセスによって作成されていた。 寸法が均一で機械による押し出しチューブで作られたリングは、ストレッチに非常に向いている。

解説ビデオ

伸ばすことによってルテニウム含有プラチナバンドをサイズアップ

play

プラチナバンドを伸ばしてはいけないケース

石がついたバンドを伸ばしてはいけません。 石同士の間や石の下の部分が弱まり、石が紛失する可能性が出てきます。

このプラチナバンドはバゲットとラウンドダイヤモンドがセットされている。 ストレッチにより石の間のスペースが増し、補助している面がゆがんでしまう。 その結果、溝がの中でダイヤモンドがゆるんで落ちる可能性がある。

このプラチナバンドもダイヤモンドの下の部分、バンドの内側に開口があり、ストレッチされた場合はこの形を保持できない。 引っ張られ、裂け、場合によっては壊れてしまう。

このプラチナバンドは、表面の平らなセットのダイヤモンドが特徴である。 ダイヤモンドのセッティングには、ドリル穴を作ることと、石のセッティングのために掘削器具を使って穴を開けることが必要である。 ランダムなパターンと石のレイアウトのため開口部ができ、バンドが均一にストレッチできない。 ストレッチした場合、狭い部分は引っ張られ、壊れてしまう。

主な品質保証ベンチマーク

トップに戻る