QAB(品質保証基準)は、未完成と仕上げ済みのプラチナジュエリーの出来栄えにスポットを当てています。 これらの例は、プラチナのプロングとセッティングの品質と耐久性を評価する方法を示します。

2つのプラチナソリティアを側面から見たもの

中央の石は小さすぎたり大きすぎたりせず、セッティングに適したサイズです。

プロングは上下のギャラリーワイヤで安定しており、石の動きを制限し、石の安全性をより確かにします。

プロングは70度の角度で置かれ、上からなるべく金属が見えないようにします。

プロングは安定した大きさと寸法で、硬度の高さで知られるプラチナ合金で出来ていることが特徴です。

プロングは、ニッケルベースの​​ホワイトゴールドプロングに比べ、比例的に大きくなっています。

プロングは、石のセッティング基準に見合うように、適切な長さになっています。

ダイヤモンドがシャンクにセットされたスプリットシャンク付きプラチナソリティアの側面からの様子

中央の石は小さすぎたり大きすぎたりせず、セッティングに適したサイズです。

プロングは90度の角度に置かれます。

プロングは、底が広く上が先細になっています。 このデザインによりサポートが安定し、プロングの動きを最小限に抑えることができます。

ワイヤーモチーフは、プロングを更に安定させます。

プロングは、ニッケルベースの​​ホワイトゴールドプロングに比べ、比例的に大きくなっています。

プロングは、石のセッティング基準に見合うように、適切な長さになっています。

潜在的な問題と技術的な特徴

この例では、販売員が裸石のダイヤモンドとプラチナリングのセッティングを販売しています。

Perspective view of a platinum solitaire with diamonds set in the shank. This same ring is also shown in a side view, with the loose diamond positioned above the mounting.

このセッティングは、0.50カラットのセンターダイヤモンドのためにデザインされました。

このセッティングは在庫にある最後のもので、本来は、遥かに小さいダイヤモンドのために作られたものでした。 しかし、販売員は、リングが当日に準備できると約束してしまい、小さなセッティングに大きなダイヤモンドを設置するようベンチジュエラーを説得したのです。

Close-up side view of the platinum solitaire, with the loose stone positioned above the mounting.

素早く作業を行い、大きなダイヤモンドを設置するため、ジュエラーはプロングを押し広げることによってセッティングを変えざるを得なかったのです。

ギャラリーは、安定性を強化します。 このセッティングにはギャラリーワイヤーが使われておらず、プロングが動く可能性があり、石を損失する危険があります。

Close-up side view of the platinum solitaire, with the loose stone set into the too-small setting.

このダイヤモンドは、小さすぎるセッティングに設置されています。 プロングが広がったため、セッティングには金属部分がほとんどありません。

プロングを広げすぎると、構造が弱くなります。 これは外側に曲がり過ぎて、石を損失する危険があります。

クラウンの上にプロングが接触することを最小に抑えます。 このセッティングでは、石が損失する危険があります。

このプラチナセッティングには、金型ストライキングと呼ばれるプロセスが利用されています。 プロングは、金型によってシートストックから切り取られ、組み立てられ、オーブンで半田付けされます。 できあがったら、それらをトーチでセッティングの上に半田付けします。

Perspective view of die-struck platinum solitaire

プラチナの金型ストライキングの部品は、多くの場合、ニッケルベースのホワイトゴールド製品のためにデザインされた金型によって作られています。 ホワイトゴールドのために設計された金型から作られたプラチナのプロングは薄すぎます。 製造中、また通常の着用中にも動くことがあります。

プラチナ合金はより可鍛性があり、同様量のメタルがベースとなる​​ホワイトゴールド合金ほど堅くはありません。 プラチナの良い特性の1つは、その可鍛性です。 形成したり曲げても、ホワイトゴールドのように跳ね返りません。

金型ストライキングのセッティングがリングに半田付けされている場合、大抵、プロングの金属を焼きなまし、より可鍛性をもたせ、動かしやすくします。

実例:これは実話ですが、内容を多少変えています。 小売業者が、22.50カラットのラウンドブリリアントカットのダイヤモンド用に、カスタムでプラチナセッティングをデザインして造りました。 リングは手製で、プラチナ合金の中でも最も柔らかく最も可鍛性のある90%プラチナと10%イリジウムを用いました。

Close-up view of a platinum solitaire setting of the 22.50 carat stone, with the prongs set with baguettes.

プロングとの接触がほとんどありません。

プロングはバゲットと設置され、中が空洞になっています。 構造的なサポートがほとんど取り除かれ、石の安全性が犠牲となっています。

セッティングとリングマウンティングには、最小量の金属が使われました。

プロングにあまり角度をもたせると、通常の着用中にも外側に曲がりやすくなります。

Close-up view of a platinum solitaire setting of a 22.50 carat stone, with the prongs set with baguettes.

数時間、普通に着用したら、リングの上に何かがぶつかり、22.50カラットのセンターダイヤモンドが無くなってしまいました! 大きな衝撃やプロングの動きがそこまで激しくなくても、セッティングが開いてしまい、ダイヤモンドが落ちてしまうことがあります。

衝撃によりダイヤモンドが押し下げられ、プロングが外側に広がり、ダイヤモンドが取れてしまいました。 プロングに不適切な接触があったため、石の損失となりました。

下部のギャラリーはほとんどサポートしません。

プラチナのプロングは形状を記憶しないので、曲げても跳ね返ってきません。 金属の跳ね返りが無いと石の安全性が増すので、正確な寸法のプロングには、金属メモリーは好ましくありません。

プロングにあまり角度をもたせると、外側に曲がりやすくなります。 さらに、すべてのプロングは、バゲットを中に取り付けるために空洞で、構造的にも弱くなっています。

実例:オリジナルのリングの壊れやすいカスタムマウンティングが、仕様通りにつくられた安定したセッティングの横に置かれています。 22.5カラットのダイヤモンドを使うなら、損失の可能性を最小限に抑える必要があります。

Two illustrations side-by-side: the first is the original ring’s mounting, and the second a mounting illustrating the parameters for a secure setting, including proper prong contact, prong angle, and gallery height.

この図は、オリジナルのリングのセッティングを示しています。 プロングに接触する部分はわずか12%で、プロング角度はわずか55度です。 上部のギャラリー部分は、構造的にもほとんどプロングをサポートしません。

GIA
Two illustrations side-by-side: the first is the original ring’s mounting, and the second a mounting illustrating the parameters for a secure setting, including proper prong contact, prong angle, and gallery height.

この図は、安全なセッティングのパラメータを示しています。 プロングの接触部分は25%で、角度は62度です。 上部のギャラリーは、構造的にもプロングを十分にサポートします。

GIA

主な品質保証ベンチマーク

トップに戻る