品質保証ベンチマークは、半仕上げまたは仕上げ済みジュエリーの仕上がり具合を際立たせます。 再仕上げされた磨耗したプラチナジュエリーの品質を評価する方法を学びます。

ラウンドとバゲットダイヤモンドがチャネルセットされたプラチナバンドの側面

指を通す穴は円形をしています

再仕上げ後、リングの寸法は測定できる限りでは減少しませんでした

リングは再仕上げ後にクリーニングされ、異物の残っていない自然で明るい光沢を放ちます

構造的な完全性やオリジナルのデザインを損なうことなく、傷やその他の表面の跡は磨かれ、仕上げられました。 目に​​見える摩耗の徴候は特にありませんでした

ラウンドとバゲットダイヤモンドがチャネルセットされたプラチナバンドの透視図。

すべての宝石はしっかりと固定されています

再仕上げ後、測定できる限りではリングの寸法は減少していませんでした

リングは再仕上げ後にクリーニングされ、異物の残っていない自然で明るい光沢を放ちます

構造的な完全性やオリジナルのデザインを損なうことなく、傷やその他の表面の跡は磨かれ、仕上げられました。 目に​​見える摩耗の徴候は特にありません。

潜在的な問題と技術的な特徴

顧客が店にこのリングを持ってきて、研磨を依頼します。 リングを確認した後、以下に挙げる品質上の諸問題に注意してください。

Top view of a platinum solitaire ring containing a round brilliant center diamond and baguette side diamonds. A white gold halo set with small round

ホワイトゴールドとダイヤモンドのハロー(輪)がプラチナリングの上部につけられました。 ホワイトゴールドの自然なオフホワイト(黄味がかった)色がこれを強調しています。

Top view of a platinum solitaire ring containing a round brilliant center diamond and baguette side diamonds. A white gold halo set with small round

90%のプラチナと10%のイリジウムでできた指輪です。 この組み合わせは、最も柔らかいプラチナ合金の一つです。 同じタイプで毎日身に付けたい指輪には、より厚みがあるものがよいでしょう。

このリングは再仕上げをする候補には入りませんが、ダイヤモンドを新しいプラチナの枠にセットするという選択ができます。

ホワイトゴールドとダイヤモンドのハロー(輪)がセンターストーンを囲むプラチナリングの側面

ロウがホワイトゴールドのハロー(輪)の下部まで広がり、プラチナリング上に見られます。

シャンクが薄く、ロウ付けの継ぎ目に穴があり亀裂が入っているのが分かります

ホワイトゴールドのロウを用いて修復されたプロングにラウンドブリリアントのダイヤモンドがセットされたプラチナソリティアリングの側面。

プロングに新しいプラチナの先端がロウ付けされています。 ホワイトゴールドに黄色がかったロウ材の色が見えることから、明らかです。

解説ビデオ

摩耗したプラチナジュエリーの前加工、研磨、バフがけ

play

仕上げ用ツールと​​技法

精密仕上げ用フィルム

異なる4種類のグリットの精密仕上げ用フィルムを付着させた4本のスティック状研磨材。

精密仕上げ用フィルムは正確でむらがなく、許容誤差がわずかな仕上がりになる高速切削用の研磨用具です。 研磨剤は、静電気的に均一な仕上げとなるミクログレードの砥粒を含むポリエステルフィルムがコーティングされています

精密仕上げ用フィルムは、シート、細片、その他の形状のものが入手可能です。 ここでは棒に取り付けられ、研磨工程の段階によりラベルが貼られています。

精密仕上げ用フィルムは濡れている状態でも乾いている状態でも使用が可能で、中には裏面に接着剤がついているものもあります。自在にフィットするため多くのツールや形状の物に付着でき、幅広い応用が利くため、プラチナの理想的な研磨材となっています。

精密仕上げ用フィルムは、粗めの180グリットから非常に細かい1200グリットまでの範囲で入手可能です

5つの仕切りに各種類別グリットのプラチナ用研磨剤そして5つの仕切りに分かれて入る作業用アタッチメントが連なるトレイ。

トレイ内の各仕切りには、特定の研磨剤に合うアッタチメントが入っています。 次の工程に移る前に加工製品のクリーニングを行うなど整合的に使用することで、プラチナの仕上げと光沢を向上させながら相互汚染の可能性をなくします。

これらの日本製のプラチナ用研磨剤は均一に混合されており、バフ、ブラシ、フェルトなどのアタッチメントに接着しやすくなっています。

より大きな回転盤とアタッチメントのあるプラチナ用研磨機でも、同じ研磨剤が使用されています。 一番粗い800グリットで始め、1500、4000、6000と段階をあげ、最も細かい8000グリットで仕上げます。

主な品質保証ベンチマーク

トップに戻る