品質保証ベンチマークは、半仕上げまたは仕上げ済みジュエリーの仕上がり具合を際立たせます。 プラチナプロングがあるリングへのセッティングの品質を評価する方法を学びます。

ラウンドのセンターストーンと4本爪のプラチナソリティアリングのクローズアップ側面図

石のガードルからテーブルまでの長さの30〜50%にプロングが接触しています

プロングの高さはテーブル高の60%〜80%です

ラウンドのセンターストーンと4本爪のプラチナソリティアリングのクローズアップ図

ベアリング部分はプロングの厚みから40%の金属が切削されます

各プロングの上部は、石のクラウンに密着しています 

ギャラリー(受け座)の輪が全体的なプロングの作りを強化します

プロングは土台からセッティングの上まで、外側に向かって角度がついています

セッティングとプロングに切削屑はついておらず、明るい光沢を放ちます

ガードルの上下、石とベアリングの間に隙間はなくダイヤモンドは水平になっています

ラウンドのセンターストーンと4本爪のプラチナソリティアリングのクローズアップ図

セッティングの内部、またはプロングにツールの跡はありません

プロングには均等の丸みがあり、サイズと形は一致しています

考えられる問題と技術的な特徴

技量ミスで次のような問題が起こることがあります。

ベアリングの削り過ぎで残りのプロングの幅が薄すぎます

ベアリングがクラウンとパビリオンの角度に一致せず、石の径を上回る大きさ。

着用時の石の上部への大きな衝撃は、プロングの外側へのずれ、石のぐらつき、または外れといった原因になります

爪に石留用のアゴがなく上部に僅かに金属をかぶせてあるだけの、4本爪プラチナソリティアリングのクローズアップ図。

石のガードルからテーブルまでの長さの10%だけしかプロングに接触していません

アゴまたは台座となる部分がなく、石が支えられていません

プラチナプロングがあるソリティアリングへのラウンドストーンのセッティング

プラチナプロングがあるソリティアリングへのラウンドストーンのセッティング

play

主な品質保証ベンチマーク

トップに戻る