学資支援&奨学金の概要



資金援助

GIAはみなさんの教育を支援するために、学資援助のオプションを数多く用意しております。 各プログラムにはそれぞれの資格要件があり、すべての学生に援助が提供されるわけではありません。 これらの財政支援オプションの詳細は、以下を参照してください。

Federal Student Aid(フェデラル・スチューデント・エイド、連邦政府の学生援助、FSA)

連邦政府による学資援助は、次の資格を取得する人が次の6ヶ月、キャンパス内のプログラムを受講するために有効です:グラジュエイトジェモロジスト(GG)、グラジュエイト ジュエラー(GJ)、およびジュエリーデザイン&テクノロジー(JDT)。 連邦政府による学資援助にはペル・グラントとSEOGグラントがあり、米国政府からのDirect Student Loans(直接学生ローン)もあり、全日制キャンパスで学ぶ、米国市民または 米国の永住権を有する学生に応募資格があります。 連邦政府による学資援助は、通信教育やラボクラスの学生には適用されません。 連邦政府による学資援助の詳細、応募方法については、次のURLをご覧ください。GIA.edu/gem-education-financial-aid

FSAの市民権の応募条件

次のいずれかに該当する学生が連邦政府による学資援助を受ける資格があります。

  • 米国市民または国民;
  • 米国永住者または他の適格な非市民; または
  • 米国の自由連合国の市民(ミクロネシア連邦、パラオ共和国、マーシャル諸島)。 これに該当する学生はFSAのプログラムの一部の援助を受けることができます。

上記の市民権要件を満たしていない場合は、連邦政府による学資援助を申請する資格がありません。

FSAの申し込みの締め切り

書類がきちんと処理されるよう、予定入学日の少なくとも2カ月前に、GIAの学資援助のオフィスにすべての必要な書類を提出することを推奨します。 FSAの申請方法については、次のURLをご覧ください。GIA.edu/gem-education-financial-aid

連邦政府助成金情報

  • 連邦政府ペル・グラント - この連邦政府助成金はまだ学士号を取得していない、資格要件を満たした学生に提供されます。 助成金は、必要性および議会の判断に基づきます。
  • 連邦政府ペル・グラント - この連邦政府助成金はまだ学士号を取得していない、資格要件を満たした学生に提供されます。 助成金は、必要性および議会の判断に基づきます。

連邦ローン情報

助成金による財政支援には制限があるため、財政的な支援を必要とするほとんどの学生は、GIAでの学資を調達するために、別途、学生ローンの申し込みもします。 GIAのキャンパスプログラムに参加する費用学費を支払うために、いくつかの融資プログラムが用意されています。 これらのローンは、米国 教育省が提供しています。 ローン資金は、Direct Unsubsidized Loan(直接助成金のないローン)や、Direct Parent Loan for Undergraduate Students(Direct PLUS:連邦政府によるダイレクトな学部学生保護者向けローン)を除き、必要性に基づいています。 Federal Direct loans(連邦政府による直接のローン)は、収入に関係なく、ほとんどの学生が利用できます。 該当する学生やその保護者が授業料よりも多くの資金を借り入れる場合は、GIAが資金を受領した3週間後に、その余剰金額が小切手で学生に送られます。 学生アカウントペイアブルオフィスより、該当する学生またはその保護者に余剰資金分の小切手を発行します。 学資援助に関する詳細は次のURLをご覧ください:GIA.edu/gem-education-financial-aid

連邦政府による学生ローンには、所得ベースや所得が発生したときの返済計画など返済オプションが多々ありますが、これらには限定されません。 定められた返済スケジュールに従ってローンを返済する責任を理解することが大切です。 申請やローンを受ける前に、申請者の現在の財政的な責務と、教育が終了した後にローンを返済する将来的な支払い能力を評価する必要があります。 ローンは学資を支払うで上で大きな援助となりますが、支払遅延や滞納が起こった場合、深刻な問題が発生します。 ローン返済の滞納により、その後のコース申し込みなどのGIAサービスが利用不可能にあることがあります。 また、遅延や滞納を起こした本人のローン勘定情報が債権取り立て会社に連絡され、その情報が信用調査会社に報告されることがあり、将来的に融資を受ける能力に影響を与える可能性があります。 連邦政府の融資条件と詳細については、次のURLをご覧ください。studentloans.gov

Federal Direct Subsidized Loan(連邦政府による直接助成金付きローン) - この連邦政府による助成金付き学生ローンは資格のある学生に提供されます。 このローンは、資格、教育プログラム、学年、このプログラムで以前支給されたローンの債務額に応じて、6ヶ月間のプログラムに対して最高$3,033まで支給されます。

Federal Direct Unsubsidized Loan(連邦政府による直接助成金のないローン) - この連邦政府による直接助成金のない学生ローンは、資格のある学生に提供されます。 このローンは、資格、教育プログラム、学年、このプログラムで以前支給されたローンの債務額に応じて、6ヶ月間のプログラムに対して最高$8,233まで支給されます。

Federal Direct Parent Loan for Undergraduate Students(PLUS:連邦政府による学部学生保護者向けローン) - Direct PLUS Loans(ダイレクトPLUSローン)は、大学生を扶養し学費の援助が必要な保護者が利用できるローンで、出席するために必要な費用からその他の援助を差し引いた金額を提供します。 全期間中、金利が請求されます。 Direct PLUS Loan(ダイレクトPLUSローン)の申請と、Master Promissory Note(マスターの約束手形)に関しては、GIAの学生学資援助の事務所でご確認ください。 承認は、保護者の信用格付に基づきます。

出席/学生予算費用、および家族からの援助

GIAの学資援助の事務所は、申請者の経済的な必要性を判断するために、学生予算を決めます。 これらの予算には、適度なレベルの生活費(家賃、食品、電熱費、交通費、および個人的な出費)や、入学時に必要な授業料、手数料、および教材費用も含まれています。 予算から生活費を計算するために、地域の住宅賃貸調査、学生の費用の調査、労働統計局消費者物価指数など、いくつかの資料を使って調査します。 学生個人の状況にあてがわれた予算は、最終的なFinancial Aid Award Letter(学資援助授与の明細書)に反映されます。

学資援助を受ける資格を決定するプロセスは、米国議会が制定しているもので、一般的にニーズ分析と呼ばれ FAFSAに学生自身や保護者が提供した情報をもとに行われます。

学資援助を受ける条件を満たすためには、連邦政府は各学生の経済的なニーズを測定することを義務付けており、そのためにFederal Methodology(連邦政府による方法)を使ってニーズ分析が行われます。 このプロセスは、学生自身やその保護者が提出した収入や資産の情報にもとづいて、学生自身やその保護者がどのくらい教育に貢献するべきかを判断します。

学資援助の基本原則の一つは、学生が扶養家族の一人であるならば、教育費を負担するその主な責任は学生の保護者(家の扶養者)にある、ということです。 もし、学生本人が経済的に独立した学生と判断されたなら、その学生の保護者ではなく学生自身の経済状況(配偶者がいる場合は、配偶者の経済状況も)が分析されます。 学生が扶養家族の場合は、FAFSAに学生本人やその保護者が提出した所得と資産情報に基づいて、家族が貢献すべき金額を計算します。 この家族が貢献すべき金額は、申請者の経済的な必要性を判断するときに学生予算から差し引かれます

経済的に独立した学生である場合も、FAFSAに提出された所得や資産情報に基づいて、家族からの貢献額を決定します。 この金額は、経済的な必要性を判断するときに学生予算から差し引かれます

さらに詳しい情報は、GIA.edu/student-consumer-informationでご覧ください。

学資援助のための学業要件

学生が学資援助を受けるためには、満足のいく成績(SAP)を維持しなければなりません。 通常、Satisfactory Academic Progress(サティスファクトリー・アカデミック・プログレス、SAP)は、各支払い期間の終わりに再検討されます。 その次の支払い期間に継続して学資援助を受けられる学生の適格性は、その前の支払い期間末の学業成績によって決定されます。 連邦規制では、連邦政府による学資援助プログラムTitle IVに参加するすべての機関は、学生が満足の行く進展をするように学術水準を定めるように義務付けています。 GIAのSAPポリシーは、GIAの教育カタログの62ページに記載されています。

学資援助の警告状態:上記で規定の水準を満たさないFSAとVA援助の受益者は、次の支払い期間に学資援助の警告状態となります。 学生が学資援助の警告状態にあっても、連邦政府や退役軍人のための学資援助を受ける適格性は維持されます。 学生の学資援助の警告状況が支払期間の終わりまでに「満足な成績」に回復しなかった場合(SAPポリシーに記載)、学生は連邦政府の学資援助および/または退役軍人給付をうける資格を失うことになります。

SAPの基準を満たすことができず奨学金の支払いが停止された受給者は、停止の時点で未払いの授業料を支払う責任があります。

VA - 退役軍人の教育のための給付金

GIビルの教育給付金に応募資格のある学生は、その支払いをキャンパスにおけるすべてのプログラムに適用できますが、遠隔教育コースやラボのクラスには適用できません。 The Post-9/11 GI Bill(9/11後の復員軍人援護法)は、2011年9月10日後に合計で最低90日間軍に服役したり、30日以上服役した後、負傷により除隊した個人の教育費と住宅費を支援するものです。 9/11後の復員軍人援護法の資格を得るためには、名誉除隊を受けていなければなりません。 入学前に、あなたの受領資格やその金額を確認してください。 現役の軍人の配偶者や子供たちは、教育や、訓練や、どこにいってもキャリアを続けることができる職業免許や資格証明をとるための経済的支援をDOD(米国国防総省)から受ける資格があります。 現役軍人の配偶者や子供は、9/11後の復員軍人援護法を学資に利用する資格がある可能性があります。 詳細については、VABenefits@gia.eduにお問い合わせください

職業リハビリテーション教育給付金

退役軍人局(VA)が行う職業リハビリテーション支援プログラムは、各州の機関や民間機関を通して学生がGIAに入学し、キャンパスや遠隔教育プログラムのいずれかで学習するプログラムです。 詳細については、financialaid@gia.eduにお問い合わせいただくか、GIA.edu/gem-education-vocationalrehabilitation-enrollment-procedureをご参照ください。

民間ローン

民間学生ローンは、市場の状況によって時間の経過とともに金利が増減する変動金利を用いています。 民間金融機関の学生ローンを受ける前に、ローンの金利、手数料、返済条件等を決める必要があります。 教育費より多い金額や受給済みの学資援助未満の額しか受けられない場合があります。

ローン授与の通知

学資援助を申請し、必要なフォームや書類を提出した学生には、電子メールで推定授与額の明細書が送られます。 この通知は、あなたが選んだキャンパスの教育プログラム受ける際に与えられる学資の推定額が示されています。 この通知にある情報をもとに、提供される学資援助がGIAに入学するために十分かを判断します。

学資援助の入学と卒業カウンセリング

連邦政府の学資援助を受けたすべての学生は、入学と卒業カウンセリングを受けることが義務付けられています。 学習開始日の数日前に、学資援助の事務所のスタッフと面談し、入学カウンセリングが行われ、そこで正式な学資の授与についてが見直されます。 公式の受領通知には、利用できる援助の種類、学生予算額、家族の貢献額、および適格性を決定するために使用された関連情報などが記載されています。 この義務づけられた学資援助の入学カウンセリングで、他にも提供される援助を見直し、学生本人が受け入れるか、拒否するかを決め、受領通知に署名した後、学資援助金が支払われます。

入学カウンセリングは授与を受ける学生本人が責任、権利、義務を理解するために行われます。 入学カウンセリングへの出席を怠った場合は、クラスを開始することを禁止します。 融資を受けたすべての学生は、学資援助のオフィスのスタッフから卒業カウンセリングを受けることが義務付けられています。 卒業カウンセリングでは、様々な融資プログラムにおけるあなたのローン債務、返済スケジュール、延期権についてを話します。 卒業カウンセリングに出席しなかった場合、卒業証書が発行されません。

学資援助の支払い方法

すべての学資援助資金は、あなたのGIAの授業料口座に直接電子送金されます。 連邦政府の規制によると、学資援助金は学生の在籍期間中に少なくとも2回に分けて支払われることが義務付けています。 よって、すべての援助額は半分に分割され、援助を受ける学生のプログラム中に2回支払われます。 補助金、直接融資、親によるPLUSローン資金の半額が、プログラム開始後30日以内に発行されます。 残りの半額は、プログラムが後半に入ってから支払われ、通常4ヶ月目となります。 複数の6ヶ月プログラムに登録されている場合は、複数の学資援助の支払いを受け取ることになります。 上記のように各受領期間の学資援助の支払いは、複数回行われます。

学生が退学した際のTitle IVプログラム資金の返金ポリシーは、GIAの返金ポリシーとは別途のものです。 学生は、GIAにまだ未払いの授業料がある可能性があります。 詳細については、 Title IVポリシーに関する連邦政府学資支援の払い戻しポリシーをご参照ください。

援助金が授業料でなく生活費に使われた場合、どのぐらいプログラムを終了したかによって、日割り計算で、権利上、学生が手元に残せる金額を決めます。 学生が受け取った援助額が、授業が終了した時点での決められた生活費を超えた場合、超過分がその学生に請求されます。 現時点までの口座への支払い残高がなくなるまで、GIA学術サービスを受けることはできません。

過剰に学資援助を受領した場合

奨学金や退役軍人の給付金など外部からの資金や自分で調達した資金が、学資援助で必要とする額を上回ることもあります。 学資援助の申し込み用紙に記入しなかったところから、他にも資金を受け取ったときには、学資援助のオフィスに報告しなければなりません。 学生の学資援助の必要額が減る場合、学資援助の過剰支払いが起こることがあります。 この問題が発生した場合、受ける資格がないのに受領した学資援助額が本人に請求されます 場合によっては、学生の授業料の口座から差し引かれることもあります。 いずれの場合も、卒業証書を受け取る前に、支払いの義務を果たして解決しなければなりません。 この状況を回避するために、学生本人の経済状況に変更があるときは、学資援助のオフィスにすぐ報告してください。

有給雇用情報シート

GIAの卒業率、卒業生の就業率、プログラムを修了した学生の債務の平均値や、その他の重要な情報は有給雇用(GE)情報シートに記載されており、それはGIAのウェブサイトのGIA.edu/gainful-employment-info-sheetでご覧になれます。 詳細情報についてはfinancialaid@gia.eduまでお問い合わせください

薬物法違反に対する連邦による学生学資援助の罰則に関する通告

連邦政府の援助を受けている学生が、違法薬物の所持または販売を行うと、連邦や州の法律で有罪となり、すべてのTitle IV、HEAの助成金、融資、学業研究アシスタントの資格を失います。 有罪判決の取消、破棄、または取下げされた場合は、適用されません。また、未成年の有罪判決で、成人になってから1年間薬物法に抵触しない場合は適用されません。 詳細については、GIA.edu/gem-education/notice-federal-financial-aid-penaltiesをご覧ください。

正価計算

正価計算機は、入学を希望するプログラムの費用を推定するためのツールで、GIA.edu/net-price-calculatorでご利用できます。

消費者情報

更なる学生消費者情報は、GIAのウェブサイトGIA.edu/student-consumer-informationでご覧になれます。

奨学金

GIAによる奨学金は、通学課程や通信教育(eラーニングおよびラボクラス)の生徒が利用できます。 応募者は、本人が申し込み用紙に記入したプログラムに適用可能なすべての奨学金の対象として考慮されます。 次の申し込み期間中に、オンラインで申し込み用紙を提出する必要があります。

  • 翌年の入学に適用する奨学金は8月1日~9月30日の間に申請してください。
  • 本年度の後半に開始するプログラムに適用される、他の奨学金もあります。 新入生に適用される奨学金は、3月1日~4月30日の間に申請を行ってください。 資格、申し込み方法、必要な書類などに関する更なる詳細は、GIA.edu/gem-education-scholarship-instruction-informationをご覧ください。