著作権と商標



著作権と商標

最終更新日(2019年5月16日)

次にジャンプする:

著作権および商標に関する通知
名称、商標、および著作権
広告でのGIA名称の使用
     許容可能な使用範囲
     許容されない使用範囲
認証
GIAラボラトリー レポートの使用上のガイドライン
GIAマスター ダイヤモンド レポート
資格の使用上のガイドライン
     適用性
     一般的な使用方法
     ディプロマ
     雇用にまつわる言及表明
     名称、商標、および著作権
     無断使用
GIAハイパーリンク規約

 

著作権および商標に関する通知

著作権 © 2002-2018 Gemological Institute of America 無断複写・転載を禁じます。GIA、Gemological Institute of America、GIAマーク、GIA Diamond Dossier (ダイヤモンド ドシエ)、Facetware(ファセットウェア)、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、DiamondDock(ダイヤモンドドック)、GIAマークのロゴ、グラジュエイトジェモロジスト(GG)、DiamondCheckロゴ、GemKids、およびGemKidsのロゴは、GIAの登録商標です。

GIA関係者以外が、GIAの明示的な許諾なくその商標やロゴを使用することは認められません。

GIAは、GIAの名称(但し、ロゴは含まない)の記述的な、商標目的以外での使用について反対するものではありません。但し、かかる使用が混乱、誤り、不正を生じさせる可能性がなく、あなたやGIAに属さない他の者(団体)もしくはその製品が、GIAと提携、関係、関連したり、GIAと承認、後援関係にあるという誤った印象を与えないことを条件とします。

GIA同窓会の商標の使用については、利用規約と、本文およびGIA Alumni Association Identity Program Logo and Graphic Usage Guidelines(GIA同窓会アイデンティティプログラム・ロゴとグラフィック使用に関するガイドライン)に記された著作権および商標の利用方法を遵守するものとします。ガイドラインのコピーのご請求は、こちらでお問い合わせください。

知的財産使用に関するお問い合わせは、書面で、またはEメールguidelines@gia.edu にてGIAまでご連絡ください。

名称、商標および著作権

GIAの名称およびロゴは、他の多くの組織と同様、有効かつ保護された商標およびサービスマークであり、ここで説明されている場合を除き、あなたの広告で使用することはできません。これは当社の知的財産(GIAの出版物、当社の教育コース教材、特定のレポート、GIAやGIAラボラトリーおよびGIAインスツルメンツが作成および/または所有する他の教材すべてを含む)のすべてに関しても同様で、書面によってGIAが事前に同意し、そしてGIAの著作権が明記される場合にのみ使用することができます。

GIAによる著作物は、GIAが所有またはライセンスを受けているものであり、よってGIAの事前の書面による承認なくしてその後の使用のためにそれをコピーまたは複製、送信、展示、実行、頒布、貸与、サブライセンス付与、変更、保存すること、またはその他のいかなる方法でもその全体または部分を使用することはできません。

当社の商標の具体例として以下のものが挙げられますが、これらに限定されません:GIA、Gemological Institute of America、GIAマーク、GIA Diamond Dossier (ダイヤモンド ドシエ)、​​Facetware(ファセットウェア)、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、DiamondDock(ダイヤモンドドック)、GIAマークのロゴ、グラジュエイトジェモロジスト(GG)、DiamondCheckのロゴ、GemKidsとGemKidsのロゴ、"Quality, Precision and Innovation Since 1934,"()「1934年以来の品質、精度、イノベーション」、"The World's Foremost Authority in Gemology,"(「宝石学の世界有数の権威」)、"Ensuring the Public Trust Through Nonprofit Service Since 1931.”(「1931年以来、非営利サービスを介して大衆の信頼を確保」)、など。

GIAの著作物の具体例として次のものが挙げられますが、これらに限定されるわけではありません:GIA教材、出版物、デザイン、テキストおよび画像イメージ、オーディオやビデオ録画、季刊誌Gems & Gemology(宝石と宝石学)、ルーペGIAワールド ニュース、GIAインサイダー、AlumConnect(アルムコネクト)、ダイヤモンド グレーディング レポート(カット有り)、ダイヤモンド グレーディング レポート(カット無し)、ダイヤモンド起源レポート、GIAダイヤモンド ドシエ(カット有り)、GIAダイヤモンド ドシエ(カット無し)、カラーダイヤモンド グレーディング レポート、カラーダイヤモンド起源レポート、カラーダイヤモンド鑑別及び色の起源レポート、鑑別レポート、ラボラトリーグロウン ダイヤモンド グレーディング レポート(カット有り)、ラボラトリーグロウン ダイヤモンド グレーディング レポート(カット無し)、ラボラトリーグロウン カラーダイヤモンド グレーディング レポート、ラボラトリーグロウン カラーダイヤモンド レポート、真珠鑑別及び分類レポート、ダイヤモンド タイプ レポート、高度分析レポート

知的財産使用に関するお問い合わせは、書面で、またはEメールguidelines@gia.edu にてGIAまでご連絡ください。

GIAウェブサイトのコンテンツ利用については、利用規約をお読みください。


広告でのGIA名称の使用

許容可能な使用範囲

GIAそしてその教育や研究、ラボサービス、資格やグレーディングおよび識別レポートに関しては、どなたでも真実と事実に基づいた原文への言及を自由に行うことができるものとします。ただし、かかる言及により混乱や誤解、不正が発生する可能性がなく、またその言及を行う組織またはその製品とGIAとの間に、提携関係や関係性、関連性があるような暗示がないことを条件とします。

企業が、販売する一部の宝石に関し、GIAで鑑別およびグレーディングを受けた事実を述べることは許可されています。また企業は、顧客が宝石を購入する査定手段としてGIAレポートを利用することが可能であり、購入時に入手できると伝えることを許可されています。但し当然ながら、かかる言及が虚偽でなく、誤解を招かず不正でない場合に限ります。


許容されない使用範囲

以下は、新聞、電話のイエローページ広告文、レターヘッド、もしくは名刺のいずれかに使用が許容されない使用法の例です。

  • GIA鑑定人、GIA査定人

  • GIA認定

  • GIA認定ダイヤモンド鑑定士

  • GIA認定ダイヤモンド

  • GIAダイヤモンド

  • GIA公認査定

  • GIA公認鑑定士/査定人

  • 公認グラジュエイトジェモロジスト

  • Gemological Institute of America会員

  • GI​​Aラボ会員


上記の例は、かかる表現を用いた個人または企業の事業に対してGIAが何らかの承認または関与をしていることを暗示し、あるいは、GIAによるサービスについての不誠実なおよび/または誤った記載をしています。

認証

学生、卒業生、彼らによる事業、または特定の宝石がGIAにより「認証/認定/公認された(certified)」と述べるのは不正です。

GIAは、いかなる人物や物も認証/認定/公認しません。学生やサティフィケートまたはディプロマを授与された卒業生、またGIAによってグレーディングや鑑別を受けた宝石も、GIAにより「認証/認定/公認され」ることはありません。

GIAラボラトリー レポートの使用上のガイドライン

グレーディングや鑑別サービスを購入されたGIAのクライアント様や、そのレポートを添付して製品を販売するエンドユーザー様は、その所有する製品の実際のレポートを複製することができるものとします。複製物は、元のレポートの構成と内容のままでなくてはなりません。また、いかなる方法でも編集または変更することはできません。

クライアント/販売者が所有する製品に関する実際のレポートを、電子的にスキャンし、ウェブサイトに載せたり、メールで送信することは許可されています。スキャンした画像は、元のレポートの構成と内容のままでなくてはなりません。また、いかなる方法でも編集または変更することはできません。
 

GIAマスター ダイヤモンド レポート

個人または組織が、カラー グレーディング用にGIAがグレーディングしたカラー比較用マスター ダイヤモンドを使用していると宣伝することはできるものとします。この規定は、GIAがグレーディングし、かつ「GIAマスター ダイヤモンド レポート」にて言及されているダイヤモンドにのみ適用されます。

GIAのダイヤモンド グレーディング レポート、またはGIA Diamond Dossier®(ダイヤモンド ドシエ)のGIAカラーグレーディングの知見に基づいてカラー グレーディングを実施していることを主張することは認められません。広告に使用する場合、比較参照用ダイヤモンドは「マスターストーンとしてGIAによりグレーディング済み」と記述される必要があります。

資格の使用上のガイドライン

適用性

使用上のガイドラインは、Gemological Institute of America, Inc.および関連する機関(総称してGIAといいます)の在籍学生および元学生の全員に適用されるものとします。

GIAで取得した資格は、世界中の宝石宝飾専門家から高い評価を受けています。これらの資格は、宝石学や宝石の製造術、そして宝飾ビジネスの分野における最高水準の教育の象徴として国際的に認められています。

GIAのディプロマ受領者が、自身の名前の後に関連学術称号を付加することにより、その実績を示すことは適切であり、通例とされています。なお、GIA卒業生は使用に際し、特定の基準を遵守する必要があることにご留意ください。

次の例は、GIAが発行するすべてのディプロマには言及していませんが、学術的資格に関するGIAの使用ガイドラインがいかに適用されるかを判断するのに役立ちます。

一般的な使用方法

GIAのディプロマ、サティフィケート、修了証書は、複製、表示することができます。資格を宣伝に使用する際は、その資格の保持者の名前と共に掲載する必要があります。またその宣伝は、いかなる形でもGIAとの提携または推薦を記載または暗示してはならないものとします。

GIAのディプロマのみ、名刺に記載できるものとします。個々のコースを修了していてもディプロマの受領に至っていない場合には、履歴書に記載するのが適当です。

ディプロマ

次の例は、グラジュエイト ジェモロジスト(GG)、Accredited Jewelry Professional (AJP アクレディテッドジュエリープロフェッショナル)、ジェモロジスト、ジェリー デザイン&テクノロジー(JDT)、グラジュエイト ジュエラー(GJ)のディプロマについて言及しているものです:

  • John Doe, GIAグラジュエイト ジェモロジスト(GG)、もしくは John Doe, GIA GG

  • Jane Doe, GIA Accredited Jewelry Professional (AJP アクレディテッドジュエリープロフェッショナル)、もしくは Jane Doe, GIA AJP

  • John Doe, GIA ジェモロジスト

  • Jane Doe, GIA ジュエリーデザイン & テクノロジー(JDT)、もしくは Jane Doe, GIA JDT

  • John Doe, GIA グラジュエイト ジュエラー(GJ)、もしくは John Doe, GIA GJ

  • Jane Doe, GIA GG, GJ

次の例は、グラジュエイト ダイヤモンド(GD)、グラジュエイト カラーストーン(GCS)、およびグラジュエイト パール(GP)のディプロマについて言及しているものです:

  • Jane Doe, GIA ダイヤモンド グラジュエイト

  • John Doe, GIA カラーストーン グラジュエイト

  • Jane Doe, GIA パール グラジュエイト


次の例は、Applied Jewelry Arts(AJA、アプライド ジュエリー アーツ、応用宝飾技術)のディプロマ、およびジュエリー ビジネス マネジメント(JBM)のディプロマについて言及しているものです:

  • John Doe, GIA Applied Jewelry Arts(AJA)、もしくは John Doe, GIA AJA

  • Jane Doe, GIA ジュエリー ビジネス マネジメント(JBM)、もしくは Jane Doe, GIA JBM

雇用にまつわる言及表明

企業は、GIA グラジュエイト ジェモロジスト(GG)、Accredited Jewelry Professional (AJP アクレディテッド ジュエリー プロフェッショナル)、ジェモロジスト、グラジュエイト ジュエラー(JG)、ジュエリー デザイン & テクノロジーの各コースの修了生が、スタッフとして勤務していることを言明することを許可されていますが、そのような言及が正確であり、GIAまたは他者に要請された場合、かかる言及内容の検証への協力に同意することを条件とします。

名称、商標、および著作権

GIAの名称およびロゴは、他の多く組織と同様に、有効な商標であり、ここに記載されている場合を除き、あなたの広告で使用することはできません。これは、GIAの出版物、教材、第三者出版物での掲載記事、およびGIAにより使用される特定の印刷形態すべてを含む、印刷物またはオンラインで表示されるGIAの著作物に対しても同様です。GIAの名称およびロゴは、GIAから書面による事前の同意を得ることによってのみ使用することができます。

事前の同意を得ることなくあなたの広告で使用することが許可されていないGIAの商標と著作物の具体的な例は以下の通りです。

  • GIA (Gemological Institute of America) 、およびGIAのロゴ

  • GIA グレーディング及び鑑別レポート(GIA ダイヤモンド グレーディング レポート、GIA ダイヤモンド起源レポート、GIA ダイヤモンド ドシエ®、GIA鑑別レポート、GIA カラーダイヤモンド レポート、GIAカラーダイヤモンド起源レポート、GIAカラーダイヤモンド鑑別及び色の起源レポートなどを含むが、これに限定されない) クライアント/販売者が所有している製品のレポートである場合には、使用が許可されています。

  • GIA Facetware(ファセットウェア)® ロゴ

  • あらゆる媒体(印刷物、ウェブ、ビデオあるいはオーディオを含むが、これらに限定されない)を介したGIAの教材や出版物

  • 印刷またはオンラインのGems & Gemology®(宝石と宝石学)季刊誌およびロゴ

無断使用

GIAおよび/またはGIAの関連会社が、直接または間接的に従業員、製品、サービス、および価格設定を含む個人または個人事業を補償、後援、あるいは承認していると暗示することは、GIAの名称の無断使用です。学生、卒業生、彼らによる事業、または特定の宝石がGIAに「認証/認定/公認された」と述べるのは不正です。GIAは、いかなる人物や物も認証/認定/公認しません。サティフィケートまたはディプロマを授与された学生や卒業生、またはGIAによりグレーディングあるいは鑑別された宝石は、いずれもGIAにより「認証/認定/公認」されたものではありません。

許容されない使用法の例としては、GIA認定、GIA認定ダイヤモンド鑑定士、GIA認定ダイヤモンド、GIAのダイヤモンド、GIA公認鑑定、公認グラジュエイト ジェモロジスト、Gemological Institute of America会員、GI​​Aラボラトリー会員があります。

GIAは教育研究機関であるため、民間企業に参加したり支持することはできません。GIAはまた、かかる印象を与える行為を避けなければならず、そうでなければ規制機関や認定機関との関係が脅かされる可能性があります。

GIAは、第三者のドメイン名におけるいずれの商標の使用も許可していません。ダイヤモンド、ジュエリー、教育および関連分野のウェブサイトのドメイン名にGIAを使用することは、GIAマークを侵害しているものとみなされます。

Facetware(ファセットウェア)®のロゴの使用は許可されていません。カット グレードを推定するGIA ファセットウェア®のカット エスティメーターの使用に関して言及を希望される方は、以下を明記することによってのみ可能です。「GIA ファセットウェア® カット エスティメーターを使用してカット グレードが判定されました。」詳細については、Facetware(ファセットウェア)利用規約をご覧ください。

ここに記載されていない知的財産使用のリクエストについては、guidelines@gia.eduまでEメールを送信してください。
 

GIAハイパーリンク規約

最終更新日 2013年2月4日

あなたは、以下に示すリンクに関する規定に同意される限り、別のウェブサイトにGIAウェブサイトへのリンクを掲載することができます。GIAのウェブサイトへのリンクを設定することによって、あなたは以下のリンクにまつわる規定に同意するものとします。

  1. リンクはハイパーリンク、もしくはGIAが提供した画像やテキストを伴う「GIAの詳細について」のリンクボタンを使用したリンクにより構成されること

  2. GIAはいつでも画像やテキストを変更可能であることを、あなたが承認すること

  3. GIAのウェブサイトへのハイパーリンクを提供することを唯一の目的として、あなたのウェブサイト上にリンクボタンを設定するための、限定され、非独占的で、譲渡不可の、無償のライセンスを除いて、あなたは次の事項を認め同意すること(i)GIAの商標、名称およびリンクボタン(周知の「GIA」マークおよび「GIAトリオ ロゴ」(以下、総称して「マーク」といいます)、GIAのウェブサイトとそのコンテンツを含むが、これらに限定されない)は現時点、今後においてGIAの独占所有物であること(ii)これらの規定においては、マーク、リンクボタンまたはGIAのウェブサイトのいかなる所有権もあなたに付与されるものではないこと(iii)現在または今後、マークの妥当性について争ってはならないこと(iv)マーク、リンクボタンもしくはGIAのイメージや評判に関連する価値や信用を損なう恐れのある訴訟を起こしてはならないこと(v)誤解を招く可能性がある方法でリンクボタンを使用してならないこと

  4. GIAとそのサービスを非難する目的で、リンクまたはリンクボタンを使用しないこと

  5. リンクボタンの外観、位置、およびその他の点において、あなたとGIAとの関係が不正確に伝えられるものではなく、GIAまたはそのサービスに関して、虚偽または誤解を招く印象を与えないこと

  6. リンクボタンの外観、位置およびその他の点において、あなたやGIAに属さない団体、あるいはGIAのものではない製品やサービスが、GIAに関連したり、GIAにより保証または後援されているという誤った印象を与えないこと

  7. ユーザーがリンクをクリックした際、本ウェブサイトのフルスクリーンが表示されるべきであり、リンク先ウェブサイト上の「フレーム」、またはGIAウェブサイトの外観やコンテンツを変更するようなその他の技術(ブラウザウィンドウまたは第三者コンテンツの強制表示等)を使用しないこと

  8. リンクボタンはあなたのウェブサイト上でのみ使用し、あなたのウェブサイトに関するプロモーション、広告や宣伝(を含むが、これらに限定されない)の目的に使用しないこと

  9. リンクボタンはGIAに言及したテキストの近くか、同じページの下部に表示すること

  10. 色、大きさ、プロポーションを含め、いかなる方法でもリンクボタンに変更や修正を加えず、アニメーション化や変更を行わないこと

  11. ボタンに伴ういかなる技術的なコードも、変位または編集しないこと

  12. GIAページへのリンクを含むウェブサイトは、不快または攻撃的と解釈される可能性のある内容を含まず、すべての年齢層に適したものであること

  13. GIAはいつでも理由の有無を問わず、本契約を終了する権利を持っており、いつでも通知なしに本規約を変更することができること

  14. あなたは、本契約違反またはGIAウェブサイトへのハイパーリンクから生じるすべての申立て、要求、損害、訴因、損失または判決から、GIA、およびGIAの理事、役員、従業員、代理店を、弁護し、補償し、いかなる損害も及ぼさないことに同意すること

あなたは、ご自身の責任において、GIAの素材、マーク、リンクボタンおよびウェブサイトを使用することに明示的に同意するものとします。GIAは、そのサービスが中断せず、エラーがないことを保証するものではありません。GIAは、いかなる種類の保証を付与することもなく、「現状のまま」このアクセ​​スを提供するものとします。GIAは、明示的であるか黙示的であるかにかかわらず、あらゆる保証(商品性の暗示的保証、特定目的への適合性の暗示的保証、および非侵害であることの保証を含むが、これらに限定されない)を放棄します。GIAは、直接的、間接的、偶発的、特別または結果的に生じるいかなる損害に対しても一切責任を負いません。かかる損害には、本規約、本規約に基づく素材、マーク、リンクボタンの使用、あるいは本規約に記載されたサービスへのアクセスによって生じた利益の損失、データの損失、事業の損失、その他の損失が含まれますが、それらに限定されません。GIAがかかる損害の可能性について報告を受けていた場合でも、例外ではありません。GIAの過失の有無あるいは、かかる法的責務が契約、過失、不法行為また​​はその他の法理であるか否かに関わらず、上記は適用されるものとします。

GIAは上記のハイパーリンクに関する規定を修正することにより、独自の裁量でいつでもリンクへの同意を撤回する権利を有するものとします。

あなたは、契約、不法行為、法定またはその他の法律に基づくか否かに関わらず、これらの規約、あるいはGIAウェブサイトに投稿されたコンテンツ(コピーおよび複製を含む)に起因または関連するすべての紛争は、カリフォルニア州法に準拠する(法規定の紛争を除く)ことに同意するものとします。さらに、かかる紛争の法的裁判所として、カリフォルニア州サンディエゴ郡の連邦および州裁判所を、個人的な管轄および専属的裁判地とすることに、あなたは同意するものとします。

リンクボタン‌あるいはテキストを使用し、GIAのウェブサイトへのリンクを設定することにより、あなたはGIAのハイパーリンクに関する規定に同意するものとします。