学資援助のための学業に関する要件



GIAの学生は学資援助を受け取るには、Satisfactory Academic Progress(SAP)(満足のいく成績)を維持を維持する必要があります。 通常、Satisfactory Academic Progressは、各支払い期間の終わりに再検討されます。 その次の支払い期間に継続して学資援助を受けられる学生の適格性は、その前の支払い期間末の学業成績によって決定されます。 連邦規制では、連邦政府による学資援助プログラムTitle IVに参加するすべての機関は学生が満足の行く進展をするように学術水準を定めるように義務付けています。

学資援助の警告状態:上記で規定の水準を満たさない学資援助の受益者は次の支払い期間中に学資援助の警告状態となります。 学資援助の警告状態にある学生は連邦政府による学資援助の適格性は維持されます。 学生が学資援助の警告状態支払い期間末までに成績が「良好」に戻らなかった場合(Satisfactory Academic Progressに従う)、GIA 2014年度 世界各地の教育カタログその学生はその後の連邦政府による学資援助の適格性を失うことになります。 そのような適格性の棄却/喪失に対して不服を申し立てることができます。 不服を申し立てる方法についての詳細は、お問い合わせ 。