QAB(品質保証ベンチマーク)は、半仕上げと仕上げ済みジュエリーの仕上がりを強調させます。 ダイヤモンドがセットされているシャンクをトーチを使用してサイズダウンした、ルテニウム含有プラチナリングの品質評価方法を学びます。

Illustration of platinum solitaire, featuring a round brilliant center stone set with six prongs and round brilliant channel-set stones down each side of the shank

リングは円形です。

過剰なはんだはありません。

指のサイズは正確です。

サイジングした継ぎ目は見えず、はんだ接合部にピットはありません。

Illustration of platinum solitaire, featuring a round brilliant center stone set with six prongs and round brilliant channel-set stones down each side of the shank

過剰なはんだはありません。

サイジングした継ぎ目は見えず、はんだ接合部にピットはありません。

サイジングのプロセス中では、石はまったくゆるまず、ダメージもありませんでした。

シャンクの形状と元の寸法を維持しました。

器具による跡はついておらず、作品は明るく研磨され仕上げが施されています。

Illustration of underside of platinum solitaire, featuring a round brilliant center stone set with six prongs and round brilliant channel-set stones down each side of the shank

過剰なはんだはありません。

サイジングした継ぎ目は見えず、はんだ接合部にピットはありません。

考えられる問題と技術的な特徴

品質のベンチマークに沿っていない場合は、通常の着用中に問題が発生する可能性があります。

Illustration depicting one wide band and one tapered band

はんだ付け前には、結合部は平らで完全に接触している状態でなければなりません。 はんだ付けをする接合部を合わせるときには、シャンクが均等に合わさっていることが重要です。

プラチナはんだは、割れ目を埋めたり、不適切に取り付けられた接合部を隠すことはできません。 はんだで充填された接合部の割れ目は弱く、暗い線やくぼみ、隙間や穴がはっきりと分かります。

Close-up Illustration of two poorly joined shanks

接合部が不均等な場合、必要以上に多くの金属が除去されることになり、最終的にシャンクが不均一になってしまいます。 また、ずれのあるシャンクを均等するためにやすりをかけると、寸法がより小さくなってしまいます。

Illustration of a ring on a ring mandrel. An arrow is pointing to the 6:00 location on the ring, where the ring size would be read.

リングマンドレルにはめたリングのサイズは、シャンクの中心部で時計の6時の位置で計測する必要があります。 リングの幅が広い場合、この点は特に重要となります。

Illustration of three rings of varying thickness on a ring mandrel

プラチナリングのシャンクは、ニッケル素材のホワイトゴールド合金でできたリングシャンクよりもやや厚くする必要があります。

Illustration depicting a platinum solitaire being lightly buffed

適切な寸法のプラチナのシャンクは、構造的に安定しており、通常の着用時にその形状を保ちます。

プラチナリングの寸法を最大限保つためには、傷の除去に艶出しと軽いバフ研磨技術を使用します。 やすりやその他の研磨作業を使うとシャンクが小さくなってしまうので、この方法が最適です。

Illustration of a platinum solitaire with diamonds set in the shank

時計の3時と9時の位置の下にダイヤモンドがセットされたプラチナリングのマウントは、トーチを使用してろう付けすべきではありません。

ダイヤモンドは、プラチナはんだの融点および流動点以下である700°C以上に加熱されると、空気中で酸化し始めます。 酸化されたダイヤモンドの外観は、霜で覆われたような白色になり、ダイヤモンドカッターで再び研磨する必要があります。

Illustration of a platinum ring showing a cold solder joint in the middle of the band

ロウ付け工程の際に加熱が不十分で、トーチ使用技術が乏しい場合に、イモはんだができます。 イモはんだは、はんだが母材と結合していない場合に生じます。 このような接合では、通常の着用で割れてしまう可能性があります。

解説ビデオ

ダイヤモンドがセットされたルテニウム含有プラチナ製リングを、トーチを用いてサイズダウンする

play

主な品質保証ベンチマーク

トップに戻る