カメオ: ジュエリー愛好家のための時を超えたミニチュア彫刻

Sharon Bohannon
6月 23, 2017
Three smaller cameos show the progression of craving a cameo from rough shell. They sit in sand alongside a shell with a fully carved cameo on it.
この4つの作品では、貝殻に彫刻が施されてカメオとなった過程が伺える。 写真撮影:Kevin Schumacher/GIA

『Cameos Old and New(古いカメオと新しいカメオ)』の著者であり宝飾品専門家でもある Anna M. Millerによると、アレキサンダー大王は紀元前3世紀に自分自身の肖像を神格化して彫刻した石を製作するよう依頼しました。これが、エジプトで初めて作られた三次元の石の彫刻、カメオの誕生です。 そして、これはおそらく世界初の自撮り(セルフィー)でしょう!

それ以来、支配者や貴族または歴史的な出来事の場面を映し出すカメオの肖像画は貴重なものとして考えられています。 アレキサンダー大王の肖像を彫刻したカメオが登場するまで、彫刻はインタリオと呼ばれる沈み彫りの技法を用いて行われ、識別する紋章として使用されました。 紋章にはたいてい、ライオンまたはクマなどの力強い動物やギリシャやローマの神話の人物が描かれていました。

恋人たちが庭園にある岩の上に座っている。 後ろには木が立っている。 貝殻の色はオレンジの色合いがあるアイボリーである。
ジョージ王朝時代に製作され、恋人たちを描いたこのカメオのシェルブローチは、豊かな色と風景の細い部分を表している。 提供:MMH Collection  写真撮影:Robert Weldon/GIA

カメオは、背景部分からの盛り上がりがあまりないローレリーフ(浅浮き彫り)または背景部分から高く彫り上げられているハイレリーフ(高浮き彫り)に分かれます。 カメオを評価する際に考慮される品質要因として、使用された素材の種類、彫刻のセッティング、状態やディテール、テーマ、芸術家の署名が挙げられます。

貝殻は、ルネサンス期にフランスとイタリアのカメオで人気のある素材になりました。 コーネリアンとして知られている学名Cassis rufa(マンボウガイ)の貝殻がカメオを製作するのに通常使用され、非常に明るい橙色から深みのある茶色がかった橙色まで色がさまざまです。 一般的にクチグロトウカムリまたはサードニックスシェルとして知られている学名Cassis madagascariensisの貝殻は、厚みがあり暗褐色をしています。 これは最大の貝殻であり、彫刻すると縞模様の瑪瑙に似ています。

カーネリアン (有機質の貝殻であるコーネリアンとは異なる無機質の岩石)および瑪瑙の広大な鉱床が16世紀および17世紀にドイツのイーダー・オーバーシュタイン地域で発見され、カメオは改めて注目を浴びるようになりました。 当時、オニキス、サードニックス、カーネリアン、ジャスパー、クォーツが、素材としてよく使用されていました。また、これらは硬度が比較的高く色帯があるため彫刻に最適であると考えられています。

カメオは、ビクトリア女王が宝石を好み、カメオを気に入っていたため、イギリスとヨーロッパでビクトリア朝時代に人気がありました。 華美な装飾品を身に着けた女性の横顔、若々しい乙女、宗教的な象徴、神話に登場する神や女神の他、王族や政治家の肖像画が引き続き人気のあるテーマとなっていました。 サファイアガーネットジェードオパール、サンゴ、クォーツなどの宝石素材は、ビクトリア朝時代にカメオの彫刻の素材として人気がありました。

ビクトリア女王は、アルバート公子が1861年に他界した際に喪に服しましたが、ジュエリーを身に着けるという意志は揺るぎませんでした。 彼女は石炭が化石化したジェットで作られたジュエリーをよく選びました。 また、溶岩に彫り出したラーヴァカメオも喪に服している際の宝石としてビクトリア朝時代に人気を集めました。 進取の気性に富んだ職人は、ポンペイの遺跡から出土した溶岩がカメオ彫刻に適した素材であると気付いたのです。 これらは、地位を重視するビクトリア朝時代の権力者がヨーロッパを観光したことを誇示するための貴重なお土産として人気を博していました。 ジェットと溶岩は、カメオを評価する際に品質要因となる高浮き彫りに適しており、収集価値を高めます。

The goddess Bacchante is carved in high relief in black lava and shows fine detail of leaves and clusters of grapes in her hair.
黒い溶岩に高浮き彫りで彫られた女神バッカンテ。彼女の髪に付いている葉やブドウの細やかなディテールが表現されている。 紀元前79年に製作されたこのカメオは、1748年に古代のポンペイ遺跡で発見された。 ラーヴァカメオはヨーロッパ観光のお土産としてビクトリア朝時代にイギリスで人気があった。 提供:MMH Collection  写真撮影:Robert Weldon/GIA

カメオはビクトリア女王が他界した後も引き続き人気を集め、職人はトルコ石ルビーラピスラズリアクアマリンペリドットトパーズなどを彫刻の素材として使用し始めました。

19世紀および20世紀には、イタリア人の彫刻家であるTommaso Saulini、彼の息子Luigi Saulini、Giovanni Notoが自分の作品に署名することで有名になりました。 英国王室はTomasso Sauliniにヴィクトリア女王とアルバート公子の肖像画を彫刻するよう依頼し、ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館で彼の作品が展示されています。 イタリア共和国は、イギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚式のための作品など、公式行事で使用される贈答品を製作するようNotoに依頼しました。 カメオ彫刻におけるこれらの巨匠が製作したほとんどの作品は、博物館や個人コレクションで所蔵されています。

カメオに潜む豊かな歴史および伝承が、歴史、神話や宝石をこよなく愛する方を魅惑的な収集の世界へ案内します。

宝石彫刻家が、動物の本質をキャプチャする

GIA 博物館 - Generations of Mastery(歴代の職人技)
Patrick Dreherは、カリフォルニア州カールスバッドのGIAのキャンパスで、原石を複雑でリアルな動物の彫刻に変換する方法を学生に教えました。
 
詳細を読む

花言葉を語るジュエリー

花は自然が作り出した最も繊細な美の一つです。過去多くのジュエリーデザイナーたちが、花にインスピレーションを得てきたのも不思議ではありません。
詳細を読む

Richard T. Liddicoat Gemological Library

38,000冊の書籍、10万枚の写真、1,000本のビデオ、300種類の定期刊行物、そして有名なCartier Rare Book Repository およびArchive 収蔵のGIA ライブラリカタログを検索する。
 
GIA図書館を訪問してみてください

こちらもご覧ください

小売業者様向けの情報
小売業者を検索
詳細を読む
キャンパスストアで買い物する
キャンパスストアで買い物する
詳細
品質保証の水準
詳細を読む
Gems & Gemology
G&G Summer 2017 Edition
詳細を読む (英語)