大胆な配色:多種の色を持つ宝石の芸術とファッション


Placeholder Alt Text
このアメトリンの複雑なファセッティングは紫と黄色の融合効果を生み出し、ボリビアの夕日を連想させます。提供:Minerales y Metales del Oriente、ボリビア、南米 写真撮影:Robert Weldon/GIA

カラーブロックと呼ばれる、大胆で明るい配色から成り立つ複数の単色を示す服、ハンドバッグ、靴やアクセサリーはここ数年間、大々的にファッションシーンに再現されていますが、この傾向は新しいものではありません。これは、Yves Saint Laurent(イヴ・サン・ローラン)の1965年コレクションに初めて登場し、その絵画が幾何学的でカラフルな形状のコレクションのオランダの現代芸術家 Piet Mondrian(ピエト・モンドリアン)から触発されたものです。この1960年代の現代ファッションは時代遅れかもしれませんが、ファッションの傾向が戻り、再び流行るように大胆な配色も新しく感じます。

宝石の世界では、このスタイルはカラーゾーニングまたはバンディングで高く評価されている多色の宝石の色の芸術的な組み合わせで見られます。宝石のカラーバンディングは形または独特なレイヤーに発生します。例として瑪瑙は多くの場合、幾何学的な形であり、その一方でトルマリンと蛍石は大胆なラインとストライプで形成されます。

この楕円形のパパラチャ・サファイア内には、中央にピンク色のバンドがあり、隣あわせてオレンジ色が各側にある。
このパパラチャ・サファイアはオレンジからピンク、再びオレンジのカラーゾーニングを示す。提供:Mayer & Watt(メイヤー&ワット)、ケンタッキー州、Maysville(メイズビル) 写真撮影:Robert Weldon/GIA

形成中に化学的または物理的条件が変わると、瑪瑙およびクオーツは結晶化しゾーンを成します。クォーツの形成中に鉄が存在するとき、シトリンアメジスト、またはアメトリンを生成することができます。その名前が示すように、アメトリンはアメジストとシトリンのカラーブロックによって作成された組み合わせです。カット時のカラーゾーンの向きによっては、色の2つのブロック(黄色と紫色)を強調することができます。

また、これらの色は蜂蜜色のシトリンとアメジストの濃い紫色の色合いを生むためにカッティングを介して融合されます。その結果はロマンチックなボリビアの夕日を連想させる素晴らしい宝石となります。ボリビア東部のAnahí鉱山は、最もエキゾチックな多色な宝石の一つであるアメトリンの唯一の商業原産地です。ボリビアは国の宝石としてそれを主張しています。

細長い長方形のカットトルマリンからは、ほんの少しの紫色とターコイズ色が見える。
このトルマリンでは銅がターコイズ色を生成する微量元素であり、補色を大胆な配色にする。提供:Mayer & Watt(メイヤー&ワット)ケンタッキー州、Maysville(メイズビル) 写真撮影:Robert Weldon/GIA

トルマリンは他の宝石と比べて、すべての色合いが見られ、多くの場合に単一の標本に2色以上の色を持ちます。トルマリンの結晶化時の化学的変化がその色を決定します。多色の色を持つトルマリンは二色トルマリンのように色のブロックに似たゾーンを形成することができ、多くの色が組み合わせられています。黒または茶色のトルマリンは鉄がその色のもとになります。茶色から黄色のトルマリンはマグネシウムから色を得ます。リチウムは青、緑色、赤、黄色またはピンクのトルマリンを生成します。

トルマリンのその名前はスリランカのシンハラ言語で、ざっと翻訳すると「様々な色を持つ石」という意味の「tura mali」から由来します。古代エジプトの伝説では、トルマリンが地球の中心からの長い旅で虹を渡って通過し、スペクトルの色を取ったことを教えてくれます。

リディコータイトは、Richard T. Liddicoatの60年以上にわたる宝石や宝飾業界への貢献に対して、その名にちなんで名付けられたカルシウムが豊富なリチウムトルマリンです。リディコータイトの美しいゾーンとバンドは要素の混合の変化のもとに、大胆でカラフルなパターンで形成されます。リディコータイトのカラフルなスライスは、多くの場合、同心バンドがピンクから赤、緑色、青、薄茶色であります。

ファセットカットされたフルオライト(正方形、長方形および八角形)にはピンク、紫色、緑色、黄色およびターコイズ色のバンドがある。


フルオライト(蛍石)はスペクトルのすべての色でも発生し、お気に入りの多色宝石です。その大胆な色のため、コレクターに人気があります。その立方体の結晶が成長するとさまざまな結晶形状になります。「蛍光」という言葉は、多くの標本が紫外光の下で多彩な鮮やかな色を示し、蛍光を強く発する、鉱物のフルオライト(蛍石)に由来します。フルオライトの柔らかさ(モース硬度スケールで4)からして、用途は観賞用彫刻が一番適しているでしょう。まれに、ファセットカットされたフルオライトは、特に一つの宝石に幅広い色を示す場合、コレクターにとっては貴重であります。

ファッションのカラーブロック使用のトレンドは流行り廃りがありますが、それと似た多色を持ち合わせる宝石の人気は永続的なものです。

Sharon Bohannonは、写真の研究とカタログ化、そして記録を行うメディア編集者であり、GIAよりGGおよびAJPを取得しました。Richard T. Liddicoat 宝石学図書館情報センターに勤務しています。