宝石事典へ戻る

アメトリン

この透明なクォーツは、アメシストとシトリンの両方の色を含み、アメトリンまたはアメシスト‐シトリンと呼ばれています。

Responsive image
ゴールデンイエロー

シトリンが持つゴールドの色合いが、この宝石の中心部で光っています。

Responsive image
パープル

シトリンのトップカラーには、黄色、オレンジの色合い、そしてオレンジがかった赤が含まれています。

Responsive image
溶け込んだ色合い

背面のファセットからの反射が、この長方形のカット内のサンセットカラーに溶け込んでいます。

Responsive image
Responsive image
壮大な二色の宝石

この透明クォークはアメジストとシトリンの両方の色があり、アメトリンやアメジスト、シトリンと呼ばれています。

Responsive image
最高品質

このファセットグレードの原石から美しくカットされた宝石が生まれます。

Responsive image
稀少な

生産資源が1つしかないため, アメトリンの供給は非常に限られている。

Responsive image
器具類

概要

アメトリンについて

ペグマタイトの壁面から突出していたり、あるいは火山岩の空洞を覆っていたりするなどして、クォーツは世界中に存在しています。 人々は何千年にもわたり、ジュエリーにクォーツを使用してきました。 1つのクオーツがアメシストとシトリンの色を呈している場合、その素材はアメトリンまたはアメシスト・シトリンと呼ばれます。 アメトリンの唯一の商業用産出地は、ボリビアのアナヒ鉱山です。

アメトリンに関する説明 アメトリンの歴史と伝説

よって、ダイヤモンド・グレーディングの芸術と科学を学ぶのにこれ以上良い場所はありません。

アメトリンの産出地は1つだけです。それはボリビアのアナヒ鉱山です。


自然界からの贈り物

1つのクォーツ中にアメシストとシトリンの色が見られる様は自然界からの珍しい贈り物です。


カッター者の選択

アメトリンの色は宝石ごとに独特のブレンドや組み合わせ、または対比を見せます。


情報

  • 事実
    化学組成:SiO2
    色:橙/黄と紫のバイカラー
    屈折率:1.544~1.553
    比重:2.66(+0.03 / -0.02)
    モース硬度:7

産出地

map

処理

宝石の色や見た目のクラリティを改変したり、耐久性を向上させるために使用される手法には様々なものがあります。

詳細

合成石

一部の宝石には、本質的に同じ化学的、物理的、および光学的特性を有するけれどもラボラトリーで人工的に成長させた、合成の対応物があります。

詳細

模造石

どんな宝石でも、その宝石を模造するために選ばれた人工素材あるいは天然素材によって、模倣することができます。

詳細
gem love

この宝石が愛される理由

1
ユニーク

宝石ごとの色の組み合わせはユニークで、同じアメトリンは2つとありません。

2
稀少

アメトリンの商業的産出地はたったひとつしかないので、供給は非常に少なくなっています。

3
カッターのインスピレーション

カッターはアメトリンの美しさを最大限に引き出す方法を見つけることに喜びを感じます。

品質を決定する要因

次のような要因の組み合わせによって、アメトリンの価値が決まります。

quality factors

品質の優れたアメトリンは、オレンジとパープルの色合いの美しいコントラストを示します。

クラリティ

quality factors

一般的には、ファセットカットされたアメトリンには目に見えるインクルージョンがありません。

カット

quality factors

珍しいカットのスタイルは、アメトリンのユニークな色の組み合わせに演出を加えます。

カラット重量

quality factors

さまざまなサイズがあります。 大きい素材は宝石彫刻家に人気があります。

アメトリンの品質を決定する要因:総合ガイド

リサーチ

産出地、宝石学的研究、歴史における宝石の役割について見てみましょう。

アメトリンを探して

アンデスからパンタナルへ:アメトリンを求めて

Robert Weldon, GIA , 4 30, 2013 記事を読む
バイカラーのクォーツ

ボリビアのアナヒアメトリン鉱山

Paulo M. Vasconcelos, Hans-Rudolf Wenk と George R. Rossman , 3 1, 1994 英語で詳細を読む
ファセットカットされた合成アメトリン

ロシアの合成アメトリン

Vladimir S. Balitsky, Taijin Lu, George R. Rossman, Irina B. Makhina, Anatolii A. Mar’in, James E. Shigley と Shane Elen, and Boris A. Dorogovin , 6 1, 1999 英語で詳細を読む
Anahí(アナイ)アメトリン鉱山トンネル

Anahíの 「新しい」アメトリン

Robert Weldon , 3 1, 2009 英語で詳細を読む