模倣品またはイミテーションの材料の紹介


Placeholder Alt Text

合成および模擬:宝石業界は、製造されたそっくりの宝石のための特別な用語を使用しています。 それらの違いは微妙ですが、非常に重要です。 合成は、本質的に同じ化学組成、結晶構造、および天然宝石材料としての光学的および物理的特性を有する人工材料を指します。 天然の宝石のように見える材料もあります。 これらの製品は模擬または模造品と呼ばれ、天然または人工のいずれかです。 替え玉は同じ事を指している古い用語です。

人工模造品

合成スピネル - 合成スピネルは、カラーに応じて、多種多様の天然宝石(サファイア、ジルコン、アクアマリンとペリドットのような)の外観を真似ることができるので、多くの場合、模造品に使用されています。 多種多様なカラーを正確に再現できるため、通常、模造の誕生石宝石に使われています。 普及:一般的

  合成スピネル
このグループ合成スピネルのブールとカット石は、この人工材料がどのように、ルビーや様々なカラーのサファイアなどの宝石を模倣できるかを示しています。

合成ルチル - 合成ルチルは1940年代後半に導入され、初期のダイヤモンド模擬品として使用されました。 火炎溶融法によって作製され、わずかにイエローがかったほとんど無色ですが、ドーピング(成長プロセス中に化学物質を添加する)により様々な色にすることが可能です。 普及:稀 

  天然ダイヤモンドと合成ルチル
天然ダイヤモンド(左)、およびダイヤモンドの多種模造品:(奥左から右)合成ルチル、ガドリニウム·ガリウムガーネット(またはGGG)、合成スピネル、チタン酸ストロンチウム、合成コランダム、イットリウムアルミニウムガーネット(又はYAG)、そして無色ジルコン

チタン酸ストロンチウム - この無色の人工材料は、1950年代にダイヤモンド模擬として流行しました。 しかし、その分散(ファセットカットされた宝石のファイヤーを作る光学特性)はダイヤモンドに比べ4倍以上です。 チタン酸ストロンチウムは、ほとんどの場合、火炎溶融法によって製造され、成長プロセスの間に特定の化学物質を添加することにより、赤色や暗褐色などの着色が可能です。 普及:稀

YAGとGGG - 長年の間、いくつかの人工材料がダイヤモンドの模擬として使用されてきました。 1960年代には、イットリウムアルミニウムガーネット(YAG)とその「いとこ」ガドリニウムガリウムガーネット(GGG)は、ガラス、天然ジルコンや無色合成スピネルといったそれまでの模造品に加わりました。 YAGやGGGもまた、多くの色に利用できます。 普及:稀 

  YAG
イットリウムアルミニウムガーネット(またはYAG)例えば、ここに見られるような、様々な色に製造することができます。 無色結晶は、ダイヤモンド模造品を造形するため、未切断材料として使用されます。

合成キュービックジルコニア(CZ) - 初期のダイヤモンド模造品は、過去30年間、ほぼ完全に無色のCZで置き換えられています。 これは、スカルメルティングと呼ばれるプロセスによって作製されます。 材料が溶融する際、溶融物を含む固い殻を形成するため外側部分は低温に保たれます。 CZは、ほぼすべてのカラーに製造することが可能であり、暗い色合いでは、パープル、グリーン、その他ブラック暗い色調の宝石の代替えとしても説得力のあるものです。 普及:一般的

  合成キュービックジルコニア
無色のキュービックジルコニア(またはCZ)は最も説得力のある無色ダイヤモンドの模造品ですが、CZはまた、様々な色に製造されています。

合成モアッサナイト - 無色合成モアッサナイトはダイヤモンド模造品として1990年代後半に導入されました。 これは、それ以前に作られたダイヤモンドの模造品に比べ、全体的な外観がダイヤモンドにより近いのですが、今日ではほとんどの場合、それ自体が宝石として販売されています。 普及:時折

  天然ダイヤモンドと合成モアッサナイト
天然ダイヤモンド(左)と、(内側左から右)、ラボ栽培の無色に近いグリーンがかった色域のモアッサナイト。

ガラス - 製造ガラスは、現在も使用されている昔から宝石の模倣品です。 ガラスは、事実上どの色にも製造可能なので、このことが多くの宝石の代替えとして人気となっています。 ガラスは鮮やかさでは少し劣りますが、アメシスト、アクアマリン、そしてペリドットのような石の模倣に使用されます。 また、虎目石とオパールといった天然の現象をもつ宝石に見えるように模倣も可能で、ガラスの溶融層は、瑪瑙、マラカイト、または鼈甲のような外観を作る事もできます。 普及:一般的 

  ガラス製のマラカイトやルチルクォーツ
このような材料として、ガラスは、様々な宝石を模倣することができます。この場合、ガラスはマラカイト(左)や、ルチルクォーツ(右)の代替えとして説得力のあるものになります。
  模擬物質
「スローカム ストーン」として知られているガラス材料は、オパールの外観を模倣することができます。

プラスチック - プラスチックは、多くの場合、安価なファッションジュエリーの模造宝石に使用されます。 しかし、この近代的な人工物質はまた、琥珀、パール 、珊瑚といった有機宝石や、ジェード、トルコ石やラピスなどような凝集体材の説得力ある模造品にも扱われてきました。 プラスチックは耐久性のある模造品ではないので、損傷のないように特別なケアが必要です。 普及:一般的

冷却ヒビ入りクォーツ - 自然無色のクォーツは時折、「クエンチクラック(冷却ヒビ)」として知られる熱ショックを施されています。この無色の材料は、まず熱処理され、次にヒビを入れるために水等の低温の液体溶液で処理されます。 急な収縮により、材料全体にわたって放射状の一連の亀裂を生成させるためです。 これらは表面に到達するフラクチャーなので、次にクォーツを染色溶液に浸漬させ、その色素溶液でフラクチャーを埋めることができるような追加工程を行うことができます。 人口フラクチャーや染色の外観はすぐに顕微鏡下でわかりますが、この方法は、エメラルド、ルビー、サファイアなどの天然宝石として説得力のある模倣品を作りだします。 普及:時折 

  冷却ヒビ入れ済のクォーツ
無色のクォーツは、石全体に小さな連続フラクチャーを生成する熱ショックを施すことができます。 その後、多種宝石を模倣するための材料である、染料に浸漬します。この場合はエメラルドとルビー。


セラミックビーズ - 粘土陶器に使われる「セラミック」という言葉を、おそらく聞いたことがあるでしょう。 一般的に、セラミックは、高温で焼成することにより、非金属材料でできた製品であればどれでも生成することができます。 2つのポピュラーな非ファセット宝石である、模造トルコ石と模造ラピスラズリは、セラミック工程によって製造されます。 この工程の間、微細に粉砕した粉末を加熱、場合によっては、再結晶させたりファイングレイン固体材料を生成するための硬化を目的として、圧力をかけます。 普及:時折

模造トルコ石 - トルコ石のクールブルーやグリーンは、何世紀にもわたって人々を魅了してきました。 5000年以上前、エジプトのファラオは、自分自身の装飾に初めてトルコ石を使いました。 このおなじみの宝石は、多くの場合マトリックスとして知られている母岩の静脈のような内包物を魅力的な特徴とする微結晶凝集体です。 1970年代初頭に、ギルソンは模造トルコ石のみでなく、模造ラピスも導入しました。 普及:時折 

  Gilson によるトルコ石とラピスラズリの模造石
ギルソン模造トルコ石とラピスラズリは、自然界に見られるものに相当する説得力のある代替品を作製します。

模造ラピスラズリ - 古代文明によって宝物とされたダークブルーラピスは、6,000年以上にもわたってアフガニスタンで採掘されてきました。 この宝石は、いくつかの異なる鉱物の凝集体です。 時々、その魅力を高めるパイライトの金色の斑点が入ったものがあります。 ギルソンのラピスは、天然ラピスラズリとは異なる物理的性質や成分を備えているため、より明確な模倣品と考えられています。 普及:稀 

組み立て宝石:

メーカーが、2つ以上に分離したピースを接着したり融合してファセットカットの宝石を造っている場合、これをアセンブル(組み立て)または複合石と呼んでいます。 この分離ピースは、天然や人工の場合があります。 より均一なフェイスアップカラーを与えるために、一緒に接着されている平らな表面は、宝石の大きなテーブルファセットに平行です。

ダブレット - ダブレットは2つの接合セグメントで成り立っています。 普及:一般的

  ダブレット
ここにあるようなダブレットは、この材料の示すプロフィールビューのように、無色の接着剤によって接着された2つの接合部をもった宝石です。

トリプレット - トリプレットは三つのセグメント、または着色セメントの層によって分離された2つのセグメントを有しています。 普及:一般的

トリプレット
トリプレットは、接着剤の層により接合た2つ以上のセグメントをもつ宝石、または異なる種類の宝石です。 プロファイルビューで、この画像は、中心部にオパールの薄い層、裏打ちに黒に染めたブラックカルセドニー、そしてクォーツのカボション(ドームの部分)をかぶせたものです。

ダブレットとトリプレットは、自然の宝石を模倣するのに使用されていますが、組み立て宝石がいつも模造品とは限りません。 これはジュエリー用として使用する際の耐久性のために、補強が必要な極薄い層の天然オパールで時々見られるケースです。 ブラックオニキス、プラスチック、または天然マトリックスは、オパールのダブレットやトリプレットのカボションのボトム層として使われてきました。 オパールのトリプレットは、水晶、プラスチック、ガラス、または合成コランダムを透明ドームとしてトップにあしらっています。