アメトリンの歴史と伝承


Placeholder Alt Text
パビリオンに施された凹面ファセットがこの27.50カラットの宝石に印象的な外観を与えています。 アメトリン。 クリエイティブな宝石研磨師は、時々宝石に劇的な外観を与えるために凹状のファセットを使用します。 撮影:Robert Weldon/ GIA、提供:Minerales y Metales del Oriente。
世界で唯一となるアメトリンの産地は、ボリビア南東部のAnahi(アナヒ)鉱山です。 伝説では、スペインの征服者が1600年代に鉱山の場所を発見し、当時の女王にいくつかの標本を提示した際に、ヨーロッパ人に宝石が伝えられたとされています。 彼がアナヒという現地の王女と結婚したときに鉱山は彼に贈り物としてプレゼントされました。 その後、鉱山は以上3世紀にもわたって不明でした。 1960年代に再発見され、鉱山のアメトリンは1970年代に再び市場に登場し始めました。 今日、伝説の王女の名を取ってアナヒと名付けられた鉱山も、天然アメシストとシトリンを産出します。

写真のほぼ中央に位置する鉱山は、2つの山の間の群葉を通してわずかに見えます。 写真:Robert Weldon/GIA
鉱山のある区域は辺鄙な場所です。 鉱山への往復路は、小型飛行機による飛行または陸路および水路の組み合わせに限られています。 物資や人員は飛行機によって、鉱山との間を移動します。 物資および鉱山からの産出物はボートで運ばれます。 鉱山の場所が何世紀にもわたって不明だった理由を想像するのは難しいことではありません。

鉱山の近くには、小型飛行機1機分のわずかなスペースがあります。 写真:Robert Weldon/GIA
アメトリンが採取されるボリビアのアナヒ鉱山の奥で、鉱山労働者が不要物で一杯のカートを押しています。 写真:Robert Weldon/GIA