リディコータイト:鮮やかな宝石が賛美する現代の宝石学の父

2月 13, 2015
ほとんどのリディコータイトは、Anjanabonoinaのペグマタイトからこの一片も含め、マダガスカル産のものが多い。 提供:Harvard Mineralogical Museum(ハーバード鉱物学博物館)、写真:Robert Weldon/GIA
リディコータイト(カルシウムが豊富なリチウムトルマリン)は、しばしば見られる色鮮やかで複雑なカラーゾーニングが敬愛されています。 この魅力的な宝石が、その特徴的な赤、紫、緑、黄色が強調されるように研磨された一枚となるようにファッションされると、一般的な三方晶系型に生命が吹き込まれたように生き生きとします。 結晶成長中に微量元素が濃度や組成で変化する時、マルチカラーのゾーニング(宝石学者はパーティカラーと呼ぶ)が発生します。

1977年に独立した鉱物として初めて認定され、GIAの第二代会長で「現在の宝石学の父」と謳われるRichard T. Liddicoat(1917年3月2日−2002年7月23日)に敬意を表してその名称は命​​名されました。 U.S.National Museum of Natural History(米国国立自然史博物館)のPete J. Dunn博士と彼の同僚は、独立した鉱物としてリディコータイトを鑑別し、Liddicoatが開発したダイヤモンドの色やクラリティなどを測定する共通の評価スケールとして知られるインターナショナル・ダイヤモンド・グレーディング・システム、また彼の数多くの宝石学の知識と教育への功績から、その名称を命名しました。

エルバイト、ドラバイト、ウバイト、ショールに加え、リディコータイトはトルマリン種の主要な一つです。 その外観は、エルバイト(リチア電気石)に類似していて、化学分析することのみで区別できます。 最もよく知られているリディコータイトは中央マダガスカルのAnjanabonoinaのペグマタイト産のものです。

ギャラリーを見る
 

Liddicoatの残した、謙遜の心

Richard T. Liddicoatが2002年に亡くなった数ヶ月後に発行された記事には、GIA第二代会長であったLiddicoatの長年の友人、同僚や家族から彼との思い出が綴られています。
詳細を読む

Richard T. Liddicoat(1918~2002年)

GIAの第二代会長であり、Gems & Gemology(宝石と宝石学)の編集長を50年務め、GIAダイヤモンド・グレーディング・システムを考案した人物について、詳細をご覧ください。
詳細を読む

トルマリンの詳細を見る

好まれる理由
トルマリンの歴史、研究、品質要因等をGIA Gem Encyclopedia(GIA 宝石百科事典)で詳しく調べる。
 
詳細を読む

Gems & Gemology(宝石と宝石学)の
最新号を見る

Gemological Institute of Americaの季刊誌。
 
Download the
Summer 2017 issue

こちらもご覧ください

小売業者様向けの情報
小売業者を検索
詳細を読む
キャンパスストアで買い物する
キャンパスストアで買い物する
詳細
品質保証の水準
詳細を読む
Gems & Gemology
G&G Summer 2017 Edition
詳細を読む (英語)