リディコータイト:鮮やかな宝石が賛美する現代の宝石学の父


Placeholder Alt Text
ほとんどのリディコータイトは、Anjanabonoinaのペグマタイトからこの一片も含め、マダガスカル産のものが多い。 提供:Harvard Mineralogical Museum(ハーバード鉱物学博物館)、写真:Robert Weldon/GIA
リディコータイト(カルシウムが豊富なリチウムトルマリン)は、しばしば見られる色鮮やかで複雑なカラーゾーニングが敬愛されています。 この魅力的な宝石が、その特徴的な赤、紫、緑、黄色が強調されるように研磨された一枚となるようにファッションされると、一般的な三方晶系型に生命が吹き込まれたように生き生きとします。 結晶成長中に微量元素が濃度や組成で変化する時、マルチカラーのゾーニング(宝石学者はパーティカラーと呼ぶ)が発生します。

1977年に独立した鉱物として初めて認定され、GIAの第二代会長で「現在の宝石学の父」と謳われるRichard T. Liddicoat(1917年3月2日−2002年7月23日)に敬意を表してその名称は命​​名されました。 U.S.National Museum of Natural History(米国国立自然史博物館)のPete J. Dunn博士と彼の同僚は、独立した鉱物としてリディコータイトを鑑別し、Liddicoatが開発したダイヤモンドの色やクラリティなどを測定する共通の評価スケールとして知られるインターナショナル・ダイヤモンド・グレーディング・システム、また彼の数多くの宝石学の知識と教育への功績から、その名称を命名しました。

エルバイト、ドラバイト、ウバイト、ショールに加え、リディコータイトはトルマリン種の主要な一つです。 その外観は、エルバイト(リチア電気石)に類似していて、化学分析することのみで区別できます。 最もよく知られているリディコータイトは中央マダガスカルのAnjanabonoinaのペグマタイト産のものです。