夢のような晶洞: ドラマチックなデザインで輝く微小結晶


Placeholder Alt Text
このコバルトカルサイトの晶洞(ピンクからパープルのコバルト含有カルサイト)は、ハート型ペンダントにカットされており、18Kゴールドの渦巻きがアクセントとして飾られている。提供:Kara Ross。写真撮影:Orasa Weldon/GIA

晶洞ジュエリーの人気が、ここ数年で急上昇しています。有名人が身に着けてレッドカーペットを歩いたり、宝石ショーでデザイナーたちが声高に求めたりしています。

晶洞とは、岩石の表面にある微小結晶に雪や砂糖が覆ったような状態できらめく小さな結晶の集まりのことです。これらのユニークで見事な輝きを放つ宝石は明るい光の中できらめき、自然または自由なスタイルのジュエリーを好む方によく気に入られています。今年の2月にツーソンで開催された宝石ショーで注目の的となり、取引が活発に行われていたことから、人気が絶つことはないと判断されています。デザイナーは、ジュエリーを新鮮で新しく見せるために、より明るくカラフルにするために処理された宝石と合わせて、自然に輝く宝石を求めていました。

自然界では、最も豊富で耐久性の高い晶洞は、クォーツ、あるいはアゲートやカルセドニーといった隠微晶質の変種で発見されます。長い間、クォーツは宝石彫刻家に好まれており、現代的なデザイナーやカット職人はこれらの微細結晶を含んでいる素材を使用して作業することに関心を抱き、挑戦しています。その結果、素晴らしい作品ができることが数多くあり、デザイナーは晶洞を特徴とするゴールドやプラチナのジュエリーで数々の賞を受賞しています。

縁が14Kイエローゴールドで囲まれている三角形のブラックオニキス晶洞の彫刻。3つの0.10ctのダイヤモンドがセットされた三角形の形をしたゴールドのバチカンでゴールドチェーンにつり下げられている。
このブラックオニキスの彫刻されたペンダントの表面では、天然の晶洞状結晶が輝く。彫刻:Glenn Lehrer。写真提供:Rebecca Young Buys。写真撮影:Orasa Weldon/GIA

晶洞は、多くの場合、微小結晶を保つために素材の形状に従って自由に流れるようなスタイルでカットされます。その繊細な性質のため、ペンダント、イヤリング、またはブローチのようなジュエリーで使われるのに適しています。晶洞を保護できるようなセッティングでデザインされ、手入れの仕方が提供される場合、リングやブレスレットでも使用することができます。

ほとんどのカラーストーンと同様に、晶洞の品質は、色、重量、クラリティだけでなく、サイズの均一性と母岩に見られる結晶の覆い方によって判断されます。良質の晶洞は、ガーネットやカルサイトのようなクォーツではない品種では特に稀少です。晶洞の耐久性または靭性は、結晶およびそれらが埋め込まれている母岩の性質に依存します。例えば、クォーツとカルセドニーの晶洞は、壊れやすいカルサイトに比べて耐久性があります。

晶洞でできた体と真珠でできた頭部を持つトンボのピン。羽根には透明および緑色の宝石がセットされている。

天然の色とりどりの晶洞素材は稀少で、ピンクは宝石の世界では希少で誰もが欲しがる色です。天然でピンク色をしたコバルトカルサイトの晶洞素材は、色、稀少性そしてきらめきの組み合わせが時流に乗ってデザイナーの間で人気があります。この種の晶洞は、1910年にイタリアのトスカーナ州リボルノ県にあるエルバ島で最初に発見されました。ヨーロッパとアフリカの各地でも発見することができます。

天然のガーネット晶洞であるウバロバイトでは、鮮やかで微小なグリーンの結晶が何千も輝いています。この宝石は、ロシアの険しいウラル山脈で発見され、1800年代半ばに当地に居住していたウヴァーロフ伯爵にちなんで命名されました。他に発見される産地がないため、この素材も稀少であると考えられています。

天然のイリディセントパイライト晶洞の商用名であるレインボーパイライトは、1990年代後半に初めて宝飾業界で流通するようになりました。これは、世界で唯一の産地であるロシアのヴォルガ川の岸辺で発見されます。レインボーパイライトは、光の屈折と回折が原因で起こるイリデッセンスで有名であり、その金属光沢が、どの金属にセットしても美しくブレンドします。最高品質の素材が、ゴールド、グリーン、ピンク、ブルーなどの色のスペクトルで輝きます。また、レインボーパイライトでは、明るいゴールド、真鍮のような銅色、ブルー、グリーン、ローズなど様々な素晴らしい色相が見られ、ファンシーカラーダイヤモンドのメレーに似ているとも言われています。

様々なコーティングが施された、有機的な形をしたアゲートの晶洞。それぞれが二酸化ケイ素コーティング、ブラックチタンコーティング、ブルーチタンコーティングとプラチナコーティングされている。
これらのアゲートの晶洞には、施すことの可能なさまざまなコーティングの効果が観察できる。左から: 二酸化ケイ素コーティング、ブラックチタンコーティング、ブルーチタンコーティング、プラチナコーティング。提供:Rare Earth Mining Co.(レアアース採掘会社)。写真撮影:Robert Weldon/GIA

虹色および金属のようなシーンは自然によるものですが、その他の色は処理が施された結果生じます。チタンの晶洞は、真空のチャンバーでチタンをコーティングする工程によりホワイトおよびブルーの見事なイリディセントの色合いが与えられます。ロジウムの貼り付けに似ている工程の電気めっきを使用すると、晶洞は天然のものよりもファンシーで明るい外観となります。カラフルな結晶は、ゴールド、プラチナ、純銀やチタンの膜でコーティングされることがたまにあります。

あまり頻繁ではありませんが、晶洞は、アジュライト、トルコ石、デマントイドガーネット、メラナイトガーネット、ドロマイト、スファレライト、ダイオプテーズ、バナジン鉛鉱でも発見されます。

晶洞は様々な方法でジュエリーに使用されていますが、自然の恵みであることは間違いありません。あなたのデザインやファッションの夢に素敵なインスピレーションを与えるでしょう。

Sharon Bohannonは、写真の研究とカタログ化、そして記録を行うメディア編集者であり、GIAよりGGおよびAJPを取得しました。Richard T. Liddicoat 宝石学図書館情報センターに勤務しています。