宝石事典へ戻る

ファンシーカラーダイヤモンド

まばゆい輝き。 魅惑的な色。 地球上で最も高価な宝石は、ファンシーカラーダイヤモンドです。

Responsive image
Radiant(ラジアント)カット

ラジアント カット スタイルは、ファンシーカラーダイヤモンドの色を強めてくれます。

Responsive image
Zを超えて

GIAのZグレードよりも黄色の濃いダイヤモンドはファンシーカラーとみなされます。

Responsive image
色は価値

ファンシーカラーダイヤモンドでは、微妙な色の違いが価値に影響を与えます。

Responsive image
Responsive image
八面体の形状

美しく形成された八面体結晶は、コレクターの宝物になるかもしれません。

Responsive image
結晶面

ダイヤモンドの結晶面は、どのようにカットすれば最良に重量を保持できるかをカッターに示します。

Responsive image
色の不均一な分布

原石ダイヤモンドの色は石内部に均一に分布していない場合があります。

Responsive image
器具類

概要

ファンシーカラーダイヤモンドについて

GIAのDからZの範囲に属する宝石ダイヤモンドは通常、色がより明確になるほど価値が減少します。 ファンシーカラーダイヤモンドではこれと反対になります。その価値は一般的に、色の強度と純度に応じて増加します。 大きくて鮮やかなファンシーカラーダイヤモンドは極めてまれで、非常に貴重なものです。 しかし、ファンシーダイヤモンドの多くは純度も強度も低い色のものです。

ファンシーカラーダイヤモンドについて ファンシーカラーダイヤモンドの歴史と伝承

誕生石 & 記念日

ダイヤモンドは4月の誕生石であり、結婚10周年または60周年記念の宝石です。 ファンシーカラーダイヤモンドは、あなたのお祝いにユニークな局面を添えてくれます。

10,000中の1

ファンシーカラーの石は10,000個のダイヤモンドに1つしかありません。


7,120万ドル

「ピンクスターダイヤモンド」は
59.60カラットで、オークションにおいて
最高額の宝石となった。


Hope Diamond(ホープ ダイヤモンド)

45.52カラットのファンシーディープ グレイッシュブルーのHope Diamond(ホープダイヤモンド)は、世界で最も有名な宝石です。


情報

  • 鉱物:ダイヤモンド
    化学組成:C
    色:あらゆる色
    屈折率:2.42
    複屈折量:なし
    比重:3.52
    モース硬度:10

産出地

map

処理

宝石の色や見た目のクラリティを改変したり、耐久性を向上させるために使用される手法には様々なものがあります。

詳細

合成石

一部の宝石には、本質的に同じ化学的、物理的、および光学的特性を有するけれどもラボラトリーで人工的に成長させた、合成の対応物があります。

詳細

模造石

どんな宝石でも、その宝石を模造するために選ばれた人工素材あるいは天然素材によって、模倣することができます。

詳細
gem love

この宝石が愛される理由

1
希少の中の希少

ファンシーカラーダイヤモンドは希少の中でも最も希少なものです。 それぞれが特別な存在です。

2

レッドダイヤモンドはほんの一握りしか存在が知られていないので非常に希少です。

3
ホウ素

炭素原子百万個に対して1個以下の存在のホウ素原子により、ダイヤモンドが青色になります。

品質を決定する要因

色の強さと純度がファンシーカラーダイヤモンドの価値に影響を与えます。

カラー

quality factors

最も高く評価される色合いは、赤、ピンク、青、緑です。 わずかな色の違いも、価値に影響を与えることがあります。

クラリティ

quality factors

そのカラーが魅力的であれば、クラリティの低いダイヤモンドでさえも鑑定家により珍重されます。

カット

quality factors

ラジアント カットのようなファンシーシェイプは、色の強度を最大化するために一般的に使用されます。

カラット重量

quality factors

ピンク、ブルー、グリーン、オレンジの色の石や、1カラット以下であってもファンシーカラーダイヤモンドであれば希少で価値があります。

ファンシーカラーダイヤモンドの品質を決定する要因:総合ガイド

リサーチ

産出地、宝石学的研究、歴史における宝石の役割について、見てみましょう。

伝説的なドレスデン・グリーンダイヤモンド

Robert E. Kane, Shane R McClure と Joachim Menzhausen , 12 1, 1990 英語で詳細を読む

強く着色されたピンクのCVDラボ製造ダイヤモンド

Wuyi Wang と Patrick Doering, Joshua Tower, Ren Lu, Sally Eaton-Magaña, Paul Johnson, Erica Emerson, and Thomas M. Moses , 3 1, 2010 英語で詳細を読む

Hope Diamond(ホープ ダイヤモンド)の「姉妹品」の可能性がある石

Scott D. Sucher, Stephen W. Attaway, Nancy L. Attaway, and Jeffrey E. Post , 3 1, 2010 英語で詳細を読む

ウィッテルスバック・ブルー

Rudolf Dröschel, Jürgen Evers, and Hans Ottomeyer , 12 1, 2008 英語で詳細を読む