ファンシーカラーダイヤモンドの品質要因


Placeholder Alt Text
この10.12カラットのベアシェイプのファンシービビッドイエローダイヤモンドは、ファンシーシェイプがイエローダイヤモンドの色を強調できることを示している。 - 提供:the Scarselli Family
カラー
ダイヤモンドでは、希少性が、価値に直結します。 通常の色の範囲のダイヤモンドでは、無色のダイヤモンドが最も希少であるため、価値は無色(カラレス)であるほど高くなります。 通常のカラー範囲外であるファンシーカラーダイヤモンドでは、最も希少で価値の高い色は彩度の高いピンク、ブルー、グリーンです。 どのような場合でも、ごくわずかな色の違いでさえ、価値に大きな影響を与え得るのです。
 
ファンシーイエローやファンシーブラウンと比較すると、他のどの色合いでもその色が明らかに見られるダイヤモンドはかなり希少です。 色ガ明るく彩度が低いものであっても、フェイスアップで色が分かるものであれば、ファンシーカラーとされます。 色が暗く適度な彩度をもつレッド、グリーン、ブルーのダイヤモンドは大変希少です。
 
ファンシーカラーダイヤモンドのグレーディングは複雑で専門的であり、正確にそのプロセスを完了するには、高度に訓練されたラボラトリーのグレーダーが行わなければなりません。

GIAのファンシーカラーダイヤモンドのグレーディングシステムは、すべてのカラーダイヤモンドが同じ深さの色ではないという事実に対応して設計されています。 例えば、イエローダイヤモンドの彩度には幅がありますが、ブルーダイヤモンドはそうではありません。

ファンシーカラーイエローダイヤモンドチャート
ファンシーカラーダイヤモンドは色の強さに幅があり、インテンスまたはビビッドカラーのものが最も希少である。
レッドまたは赤みがかったダイヤモンドは非常に希少で、高い価値があります。 混じりけのないピンクは、パープル、オレンジ、ブラウン、またはグレーの色味が見られるダイヤモンドよりも人気があります。 業界の人々は、この色調の中で極めて魅力的な石を「ローズカラー(薔薇色)」、また紫がかったものは「モーブ」ダイヤモンドとして売り出しています。

ブルーダイヤモンドは非常に希少です。 通常、僅かにグレーがかっているので、ブルーサファイアのような高い彩度を示すことはめったにありません。 色はホウ素の不純物によるもので、より多くのホウ素を含むほど深いブルーとなります。

ファンシーカラーブルーダイヤモンド図
ブルーダイヤモンドは極めて希少であり、中でも強い色をもつものはもっとも希少な宝石の一部
である。
ファンシーグリーンダイヤモンドは、通常、色調は明るく、彩度は低いです。 その色は、多くの場合、グレーや茶色の色味を帯びて、柔らかな色調です。 色相はイエローがかったグリーンが一般的です。 ほとんどのグリーンダイヤモンドにおいて、その色相は表面に限定されており、石全体に広がっていることはめったにありません。 これが、カッターがガードルに原石の表面をできるだけ多く残そうとする理由です。
 
グリーンダイヤモンドの色は、結晶構造内で、放射線が炭素原子を通常の位置から置換することにより生まれます。 自然界ではダイヤモンドの鉱床が放射性岩の近くにある場合に、また人工的には放射線照射による処理の結果として、発生することがあります。
 
天然のグリーンダイヤモンドは非常に希少です。 希少性が高く、処理の可能性が現実的であることから、グリーンダイヤモンドは、常に疑いを持って見られ、宝石のラボでは慎重に検査されます。 それでも、高度な宝石学テストがグリーンダイヤモンドの色の起源を常に判定できるわけではありません。

ブラウンダイヤモンドは、ファンシーカラーダイヤモンドの中で最も一般的で、最も早くからジュエリーに使われています。 2世紀のローマ人は、リングにブラウンのダイヤモンドをセットしていました。 しかし、現代でブラウンダイヤモンドの人気がでるまでには、ある程度の時間がかかりました。

ブラウンダイヤモンドは、アーガイル鉱山で豊富に産出され始めた1980年代までは、特に工業用にしか適さないと考えられていました。 オーストラリア人は、これらを研磨し、ジュエリーにセットしました。 そして「コニャック」「シャンパン」といった名前をつけました。マーケティングが成功し、ブラウンダイヤモンドは、今日、中間価格帯ののジュエリーに多く見られるようになりました。

ファンシーカラーダイヤモンド青チャート
ダイヤモンドのグレーダーはグレーディングの際、特徴的なカラーの最も濃い部分を探す。 写真のファンシーカラーダイヤモンドでは、イラスト上の濃い影の部分である。
ブラウンダイヤモンドの色調は、非常に明るいものから非常に暗いものに渡ります。 消費者は一般的に、ミディアム〜ダークトーンで、暖かみのある、ゴールド調から赤みを帯びたブラウンダイヤモンドを好みます。 これらには、大抵、グリーンやイエロー、オレンジ、レッドの色味が混ざっています。

イエローは2番目によく見られるファンシーカラーです。 イエローダイヤモンドは時折、「カナリア」という名前で売り出されています。これは正式ななグレーディング用語ではありませんが、業界ではファンシーイエローダイヤモンドを表すのに一般的に使われています。

1990年代後半までは、ブラックダイヤモンドの需要はあまりありませんでした。 しかし、デザイナーが、特にパヴェセッティングで小さなカラレスダイヤモンドとのコントラストを活かしてジュエリーに使用し出したことで、人気が出始めました。
 
またファンシーホワイトダイヤモンドもあります。 これらは、乳白色のホワイトです。 ホワイトダイヤモンドは時折、色の美しい乳白色のきらめきを見せるようにカットされています。
 
グレーダイヤモンドもあります。 これらのほとんどは、おそらくこの色の原因となっている不純物元素として、高いレベルの水素を含んでいます。 

クラリティ
ファンシーカラーダイヤモンドでは、カラーが最も重要な価値の要因です。 クラリティグレードが低くなる複数のインクルージョンを含むダイヤモンドであっても、フェイスアップの色が魅力的であれば、宝石愛好家によって珍重されます。 もちろん、宝石の耐久性を脅かす内包物が含まれれば、ファンシーカラーダイヤモンドの価値はかなり低くなります。 ファンシーカラーダイヤモンドには、カラーグレイニングが見られることがありますが、これはインクルージョンと見なされます。

色と反射グレーニング この軽く茶色がかったパープルピンクダイヤモンドにある、色を帯びた反射グレイニングは、40倍拡大で見ることができる。
カット
サイズおよびカットの形状は、ダイヤモンドの色に影響を与えうる2つの要素です。 ダイヤモンドが大きいほど、あるいはパビリオンが深いほど、その中で光はより長く進むことができます。 これにより多くの場合、より豊かな、より強い色をもたらすことができます。
 
カットスタイルもまた、色に影響を与えることができます。 カッターは、あるスタイル(通常はラディアントのようなミックスカット)が、DからZまでのカラーグレーディングスケールの下端にあるダイヤモンドの黄色を強めることを発見しました。 ラディアントカットに慎重にカットされると、多くのイエローがかった石(かつて業界で「ケープ」と呼ばれていた)は、フェイスアップで見るとファンシーイエローになります。 この視覚的なカラーインプルーブメントにより、カラット当たりの価格は向上します。 付加価値があるので、ラディアントスタイルは、標準のラウンドブリリアントよりも原石からの利益が高くなります。

様々な形のファンシーカラーダイヤモンド
ファンシーカラーダイヤモンドは、多くの場合、ファンシーカットが施される。
カラット
通常のDからZカラーの範囲のダイヤモンドのように、大きなファンシーカラーダイヤモンドは小さいものよりも希少でより価値が高くなります。
 
Vagabonde Jeune Ring
バガボンデ・ジュヌ・リングは、10.81カラットのイエローダイヤモンドを小さなホワイトダイヤモンドとイエローダイヤモンドが囲んでいる。 - Vagabonde Bleue Ring © 2011 Fabergé Ltd (ファベルジェ社)