宝石事典へ戻る

ラピスラズリ

ラピスは美しい岩石で、いくつかの鉱物、主にラジュライト(青金石)、カルサイト(方解石)、およびパイライトの集合体です。

Responsive image
強い色

均一で、深い青は最も望ましいラピスの典型的な色です。

Responsive image
黄金の斑点

パイライトの小さな金色の斑点がラピスラズリの外観を補完してくれます。

Responsive image
タブレット

タブレットカットはラピスラズリ宝石に人気のカットスタイルです。

Responsive image
Responsive image
ロイヤル

大きな部分を占めている鮮やかなロイヤルブルーの色によりこの石が魅力的になっています。

Responsive image
カルサイトの筋

カルサイトの筋は、石の価値を損なうことがあります。

Responsive image
パイライト

キラキラ光るパイライトインクルージョンは、多くのラピスラズリ消費者に高く評価されています。

Responsive image
器具類

概要

ラピスラズリについて

この古代の岩石は、いくつかの鉱物の凝集体です。 ラピスラズリを構成する3つの主要な鉱物は、ラズライト、カルサイト(方解石)、およびパイライトです。 岩石は、ダイオプサイド(透輝石)、角閃石、フェルスパー(長石)や雲母をより少ない量で含有していることもあります。 ラジュライト(青金石)は、ラピスラズリにおいて最も珍重される色である鮮やかなロイヤルブルーを生成する原因となる成分です。

ラピスラズリについて ラピスラズリの歴史と伝承

古代

ラピスはメソポタミア、エジプト、中国、ギリシャ、ローマの古代文明で珍重されました。


輝き

パイライトの金色の斑点は、ラピスラズリに輝きを生み出します。


マルコ ポーロ

1271年、マルコ ポーロは古代バクトリアのラピス鉱山について記述しました。


事実

  • 鉱物:岩石
    化学組成:集合体
    色:緑がかった青から紫色がかった青
    屈折率:1.500、1.670のものもある
    複屈折:なし
    比重:2.75(+ / - 0.25)

原産地

map

処理

宝石の色や見た目のクラリティを改変したり、耐久性を向上させるために使用される手法には様々なものがあります。

詳細

合成石

一部の宝石には、本質的に同じ化学的、物理的、および光学的特性を有するけれどもラボラトリーで人工的に成長させた、合成の対応物があります。

詳細

模造石

どんな宝石でも、その宝石を模造するために選ばれた人工素材あるいは天然素材によって、模倣することができます。

詳細
gem love

この宝石が好まれる理由

1
極上の色

古代から現在に至るまで、多くの文明がラピスラズリのその極上の深い青色を珍重してきました。

2
6500年

古代文明を調査する学者は、人間とラピスラズリとの結びつきは6500年にも渡ると考えています。

3
群青色

ルネサンスの画家はラピスラズリを使って、他の追随を許さない明るさと安定性のある高価な顔料である「群青」色を作っていました。

品質係数

ラピスラズリは濃い青からすみれがかった青色に対して評価されています。

quality factors

この宝石で最も珍重される色は、目に見えるカルサイトのない均一な暗青色からすみれ色がかった青色です。

クラリティ

quality factors

最高品質のラピスラズリには、小さく魅力的に分布した金色のパイライトの斑点が見られることがあります。

カット

quality factors

ラピスは通常、カボション、ビーズ、インレー、またはタブレット状にカットされます。

カラット重量

quality factors

ラピスの原石は、装飾彫刻に形成加工できるほど大きいものもあります。

ラピスラズリの品質係数:総合ガイド

研究

原産地、宝石学研究、歴史の中での宝石の役割を探訪する。

アフガニスタン、Badakhshan 州 Sar- E- Sang 産のラピスラズリ

Jean Wyart, Pierre Bariand と Jean Filippi , 12 1, 1981 英語で詳細を読む

チリのコキンボ地域産ラピスラズリ

Robert R. Coenraads and Claudio Canut de Bon , 3 1, 2000 英語で詳細を読む

現代的インターシア: 宝石象眼細工へのMedvedevの手法

James Elliott , 12 1, 1986 英語で詳細を読む