宝石事典へ戻る

ラピスラズリ

ラピスは美しい岩石で、いくつかの鉱物、主にラジュライト(青金石)、カルサイト(方解石)、およびパイライトの集合体です。

Responsive image
強い色

均一で、深い青は最も望ましいラピスの典型的な色です。

Responsive image
黄金の斑点

パイライトの小さな金色の斑点がラピスラズリの外観を補完してくれます。

Responsive image
タブレット

タブレットカットはラピスラズリ宝石に人気のカットスタイルです。

Responsive image
Responsive image
ロイヤル

大きな部分を占めている鮮やかなロイヤルブルーの色によりこの石が魅力的になっています。

Responsive image
カルサイトの筋

カルサイトの筋は、石の価値を損なうことがあります。

Responsive image
パイライト

キラキラ光るパイライトインクルージョンは、多くのラピスラズリ消費者に高く評価されています。

Responsive image
器具類

バイヤーガイド

最高級のラピスは均一な本体の色を持っており、目に見える黄鉄鉱と方解石がありません。 ラピスは多くの場合、白っぽい方解石のマトリックス(ホスト岩)、黄鉄鉱の斑点や静脈またはその両方の様々な量が含まれています。

宝石商を検索する

GIAレポートを持ち、GIA訓練を受けたスタッフがいるお近くの宝石店を見つけるには、郵便番号を入力してください。

レポートを探す

レポートの情報が、GIAレポートデータベースにアーカイブされているものと一致しているかを確認します。

調べるべき点

色はラピスラズリの最も重要な品質要因です

インディゴブルー、ロイヤルブルー、ミッドナイトブルー、マリンブルー等と様々に表現されますが、ラピスラズリの典型的な色相は、わずかに緑がかった青から紫がかった青で、色調は中程度からダークであり、彩度の高いものです。 ラピスラズリの最も珍重されるものは、金色のパイライトの斑点がある場合がありますが、目に見えるカルサイトを含まないものです。

クラリティとは、ラピスラズリの表面の外観を指します

パイライトの斑点が小さく、宝石全体に魅力的に点在している場合は、それらの存在はラピスラズリの価値を必ずしも下げるものではありません。 最低品質のラピスラズリは、パイライトが多過ぎる結果として、鈍く緑色に見えます。 白いカルサイトの筋が入ったラピスは、価値が下がります。

カボション、ビーズ、彫刻などにカットされる可能性もあります

ラピスラズリは多くの場合、カボション、ビーズ、タブレットにカットされます。 彫刻家の間でもこの宝石は何世紀にもわたって人気があります。

ラピスには幅広いカラット重量のものもがあります

このアフガニスタン産ラピスラズリ「The Owl(フクロウ)」の重さは約1キロです。 ラピスにはあらゆるサイズのものがあり、多くの場合、規格サイズの大きさやビーズにカットされます。

ラピスラズリの品質を決定する要因:総合ガイド