ラピスラズリの品質係数

均一で深い青色のこのラピスラズリのカボションは、希少性が高く鑑定家に珍重されています。
ラピスラズリは美しい濃青色に関して世界中で珍重されています。

カラー
インディゴブルー、ロイヤルブルー、ミッドナイトブルー、またはマリンブルー等と様々に説明されるラピスラズリの典型的な色相は、わずかに緑がかった青からすみれ色がかった青で、色調は中~ダークであり、高彩度です。 最も珍重形において、それは金色の黄鉄鉱の斑点が含まれているかもしれませんが、ラピスラズリには目に見える方解石がありません。 斑点が小さく、宝石全体に魅力的に散っている場合は、必ずしもラピスラズリの価値を下げるとは限りません。 最低品質のラピスラズリは、黄鉄鉱が多過ぎる結果、鈍い緑色に見えます。 ホワイトの方解石の筋が入ったラピスは、価値が下がります。

このビーズコレクションは、目に見える方解石や黄鉄鉱を持つ淡い青または方解石が見えない濃い青等、様々なラピスの質を示しています。 最高品質のラピスラズリには黄鉄鉱が含まれていることがあります。 – アラン・ジョビンズ
このラピスビーズのコレクションは、微妙な青の色相の変化を示しています。 - Valerie Power(バレリー·パワー)
赤ちゃんゾウのこの愛らしい彫刻は、青いラピスラズリの様々な色相を披露しています。 – Orasa Weldon(オラサ•ウェルドン)、William F. Larson(ウィリアム•F•ラーソン)による寄贈
コガネムシカボションの淡い色が商用品質ラピスラズリの典型です。 - Maha Tannous
多くの人々がダークブルーでラピスを関連付けますが、それはまた他の青の色調、さらには他の色相で見つかりました。 その色には、深いバイオレットブルーやロイヤルブルーから、明るいブルーやターコイズブルー、そして緑がかったブルーまでの幅があります。 異なる鉱物の組み合わせによって色が決まります。 アフガナイトと呼ばれる鉱物が淡いブルーの色合いを作成しながら、例えば、ラズライトの存在は、ラピスラズリの珍重ロイヤルブルーの色を生成します。

このフリースタイルの純度の高いロイヤルブルーは、ラピスラズリの最高級色の一例です。 黄鉄鉱の内包物が、一部に魅力的に散在していますが、他の部分では密集しているため宝石本体の色の美しさを曇らせます。 - ロバート·ウェルドン、ゲイリーバウワーソックスの厚意
ラピスの商品グレードは色および方解石又は黄鉄鉱の存在あるいは非存在に基づいています。 市場に出回っているラピスラズリの種類は、今日は、その価値に対しては以下のとおりです。

  • ペルシャやアフガニスタン - 強い、均一な、ミディアムダーク、少しすみれがかった青。 少し含むまたは黄鉄鉱や方解石がありません
  • ロシアまたはシベリア - 多彩な音色と青の強度。 黄鉄鉱が含まれており、いくつかのカルサイトが含まれる場合があります
  • チリ - グリーンで影響をうけたまたは斑点がある、明白な方解石マトリックス

最も貴重なラピスには、黄鉄鉱および方解石がほとんどあるいはまったく含まれておらず、また強烈、均一、ミディアムからダーク、そしてやや青紫の青色です。 この品質は、アフガニスタンとして業界で知られています。 – バート・カレント
このカボションの少ない強い色とまだら方解石は、深く強烈な色の宝石よりも、より少ない貴重品を作ります。 - Robert Weldon(ロバート•ウェルドン)
宝石の外観は、国または地域を指す形容詞を用いて説明するかもしれませんが、それは必ずしも宝石が実際にその地域からのものであることを意味するものではありません。 このように、白い方解石スポットや多くの緑のパッチを含むラピスは、「チリ」として販売される可能性がありますが、これはそれが本当にチリ産だという意味ではありません。

カット
何千年もの間、ラピスラズリはその豊かな、暗い色を誇示するために作られています。 一般的には、ジュエリーで使用するためのラピスのカッティングスタイルはカボション、ビーズ、インレイ、およびタブレットだけでなく、装飾的な彫刻でもあります。

ラピスラズリのビーズは、この素敵なネックレスの淡水養殖真珠と美しいコントラストを描きます。 - Mike Havstad(マイク・ハブステッド)
ラピスタブレットがこの男の指輪を飾っています。
ラピスラズリは、何世紀にもわたって宝石彫刻家にインスピレーションを与えてきました。
魅力的なデザインが、このリングのラピスカボションに刻まれています。
今日、ラピスは、フリーフォームや自然をテーマにした彫刻に作らることがよくあります。 これらの彫刻はウェアラブルアートとなり、他は純粋な装飾です。

フリーフォームの彫刻は高品質の美しいラピスラズリを披露します。 - ロバート·ウェルドン、ゲイリーバウワーソックスの厚意
透明性
ラピスには多くの場合、さまざまな量の白っぽい方解石の石基 - 宝石を囲む母石 - またはきらきら光る黄鉄鉱の斑点または筋、あるいはその両方が含まれます。 宝石は、黄鉄鉱と方解石をふくまないスムーズで均一のボディカラーである場合もあります。

金色、メタリックに見えるスポットが黄鉄鉱(右)である場合、方解石は骨材(左)に白い斑点や縞として示します。 - ジョン·コイヴーラ(右)
これらのラピスラズリは、白い方解石行列母岩に囲まれています。 – Orasa Weldon(オラサ•ウェルドン)、寄贈:William and Jeanne Larson(ウィリアム&ジャンヌ•ラーソン)
ラフラピスのこれらの2つのブロックは、値が大きく異なります。 右のブロックは、方解石の存在と青い色相のため、左側のものよりもはるかに低価格で販売されます。 - Maha Tannous
カラットの重量
ラピスの原石は非常に大きい場合があるので、他の多くの宝石よりも、大きく成形された石が一般的に見られます。 より大きなサイズはまた、美術品へ刻まれ、デザイナージュエリーで使用され、または校正された大きさにカットされる可能性が高くなります。
大きなラフラピスは、球やタブレットに加工することができます。 ラピスラズリの球は、コレクターの間で人気があります。 - Robert Weldon(ロバート•ウェルドン)
アフガニスタン産のこの宝石の展示品は、大きなクンツァイトのペンダントを特色とします
18ミリメートルのラピスビーズのネックレス。 - ヴァレリー·パワー、ASMED / GEMHunters Corp.のご厚意

ラピスラズリ

ラピスラズリの品質を決定する要因

ギャラリーを見る
 

おすすめの記事

小売業者様向けの情報
小売業者を検索
詳細を読む
キャンパスストアで買い物する
キャンパスストアで買い物する
詳細
品質保証の水準
詳細を読む
Gems & Gemology
G&G Summer 2017 Edition
詳細を読む (英語)