ラピスラズリに関する説明


Placeholder Alt Text
ラピスラズリは、複数の鉱物の凝集体です。 青金石の粒子は、その特徴的なブルーを提供し、パイライトのゴールドのフレークが魅力的なコントラストを追加できます。
ラピスラズリは岩石, つまり複数の鉱物の凝集体です。 この古代の宝石には様々な量の次の3つの鉱物が含まれています:ラズライト、カルサイト、およびパイライト それは時々、次の1つ以上が含まれています: 透輝石、角閃石、長石、雲母。

ラピスラズリは、複数の鉱物の凝集体です。 青金石粒は、その特徴的な色を提供します。 凝集体内のラズライト粒子の割合が高いほど、暗いブルーになります。 - ジョン·コイウラ
ラピスには多くの場合、さまざまな量の白っぽい方解石の石基 - 宝石を囲む母石 - またはきらきら光る黄鉄鉱の斑点または筋、あるいはその両方が含まれます。 宝石は、黄鉄鉱と方解石をふくまないスムーズで均一のボディカラーである場合もあります。

方解石は、凝集対に白い斑点や縞として表示されます。
ラピスにある金属のように見える金色の斑点は黄鉄鉱です。 - ロバート·ウェルドン、ゲイリーバウワーソックスの厚意
ラピスは半透明から不透明で、蝋のようなまたはガラス質の光沢があります。 これは、まずますの靭性を有し、その硬度は鉱物の混じり具合によって、モーススケールの5から6となります。

インディゴブルー、ロイヤルブルー、ミッドナイトブルー、またはマリンブルー等と様々に説明されるラピスラズリの典型的な色相は、わずかに緑がかった青からすみれ色がかった青で、色調は中~ダークであり、高彩度です。 最も珍重されるものでは、ラピスラズリは目に見える方解石を含みませんが、ゴールドの黄鉄鉱の斑点がある場合があります。 斑点が小さく、宝石全体に魅力的に散っている場合は、必ずしもラピスラズリの価値を下げるとは限りません。 最低品質のラピスラズリは、黄鉄鉱が多過ぎる結果、鈍い緑色に見えます。 ホワイトの方解石の筋が入ったラピスは、価値が下がります。

このカボションのカルサイト(方解石)石基は、購入者には好まれません。 - Robert Weldon(ロバート•ウェルドン)
多くの人々はラピスはダークブルーだと連想しますが、ラピスには別の色合いのブルーや別の色相もあります。 その色には、深いバイオレットブルーやロイヤルブルーから、明るいブルーやターコイズブルー、そして緑がかったブルーまでの幅があります。 異なる鉱物の組み合わせによって色が決まります。 例えば、アフガナイトと呼ばれる鉱物は淡いブルーの色合いを作りますが、ラズライトはロイヤルブルーのラピスを作ります。

この印象的なフリーフォームの彫刻では、魅力的なゴールドのパイライトのアクセントと共に青の美しい色相が見られます。 - ロバート·ウェルドン、ゲイリーバウワーソックスの厚意
ラピスは世界の数カ所で採掘されています。 最高級のラピスラズリの伝統的な産出地は、今日も何千年も前と同様にアフガニスタンの山々です。 その他の主な情報源は、チリ、もしくはロシア、シベリアのバイカル湖です。 中小の産出地は、アンゴラ、カナダ、コロラド州(米国)、およびパキスタンです。

アフガニスタンは、世界におけるラピスラズリの主要な産出地であるだけでなく、最高の色の石の主要な産出地です。 - 提供:Dr. Edward J. Gubelin(エドワード・J・グベリン博士)