ジェダイトの傑作品の制作に立ち会う


Placeholder Alt Text
高度な技術を要するジェダイトの彫刻家達は並外れた芸術家だ。 媽祖では、芸術家達が美しいカラーゾーニングのある高質のジェダイトの巨岩を傑作品に仕上げていく。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
宝石学者が、高度な技術を持つジェダイトの彫刻家が作業をしている工場を訪れたり、最高級のジェダイトの専門小売店で完成品を見たりする機会は滅多にありません。 ですがこれは、著者が中国で広域に渡る旅行をしているときに、広東省四会市に立ち寄った際に体験したことです。 高度な技術を持つジェダイトの芸術家達と、良質なジェダイト彫刻とジュエリーを持ち合わせている、媽祖社を訪れました。

ジェイド
 

工場

彫刻の工場で、大きな未加工のジェダイトが美しい複雑な作品に作り上がっていく全工程に立ち会いました。 ジェダイトの巨石は、原石の状態の中で最も難しい宝石用原石だと言われています。 多くの場合、内側の品質が外側にほとんど表れないのです。 カラーゾーニングが完成品の複雑な一部となる彫刻をデザインする際、これは特に難しいことです。 職人が、ジェダイトの巨岩の中の真の性質を決定することから始めなければなりません。

未加工ジェダイトの彫刻の初期段階でのアーティスト
アーティストにとっての最初のステップは、未加工のジェダイトの可能性とその可能性を引き出していく彫刻デザインを決定することである。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
ジェダイトの天然の色は、一般的にまだらです。 均等な色のジュエリーにしたい場合には大変難しいことですが、複雑な彫刻を制作する芸術家にとってはこの特性は願ってもないことです。 デザインに素材の自然なカラーゾーニングを組み込むことによって、自然と芸術性のバランスを取ろうとします。 アーティストにとって、ジェダイトのカラーゾーニングの決定と彫刻のテーマに混ざり合うようになデザインを選択することが鍵となります。

ジェダイトの原石のカラーゾーニングをトーチで照らす
芸術家は、このジェダイトの原石のカラーゾーニングに光を当てるためにトーチを使用する。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
未加工のジェダイトが検査され、その内部のカラーゾーニングが明らかにされると、アーティストは彫刻のデザインをスケッチします。 デザインは多くの場合、古典的な中国の絵画やテーマをもとにしています。 しばしば古典的な中国の生活の場面を描写します。 描写の程度は、未加工のジェダイトの大きさや形状、そしてカラーゾーニングの性質によります。 彫り始める前に、アーティストが原石の顔を見ながら紙にデザインを描くことがあります。

彫刻を始める前のアーティストのデザイン構成のスケッチ
この彫刻家は、真のアーティストである。 彼はジェダイトを彫っていくときになぞっていくデザインをスケッチしている。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
一旦原石が検討され、最も適切なデザインを選び紙にスケッチした後、彫刻家はジェダイトの原石にデザインをトレースします。 2次元のデザインを3次元の彫刻に変換するという、デザインコンセプトを作業プランにトレースする決定的なステップです。 このプロセスの最初のステップは、ジェダイトの原石にデザインを描くことです。

アーティストが、未加工のジェダイトにデザインを描く。
彫刻家がなぞっていく複雑なデザインは、ジェダイトの原石への下書きである。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
ジェダイトを彫るのは時間のかかるプロセスです。 非常に熟練したプロ達は、屈曲性のある小さな矢に取り付けられたバーをよく使用します。 工場を見学しているあいだ、ジェダイトの原石の謎が解かれる初期の段階から詳細の仕上げや研磨をする最終までの全ての制作段階の彫刻物を見ました。 一つの彫刻の制作に関わる、とてつもない複雑さを目の当たりにするのは素晴らしい経験でした。 関連する全ての段階に立ち会えたことは実に稀なことでした。

水と組み合わさった金属バーの付いた屈曲性のある矢を使ってジェダイトの原石が彫られながら滑らかになっていく
この彫刻家は、未加工のジェダイトの魔法の鍵を開け始めているところである。 熱と摩擦を低減するために水を利用していることに注目してください。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
職人がジェダイトの原石をトーチで鑑定し、バーでジェダイトを掘り始めるのを見るところから始めました。 工場内を移動しながら、ほとんどの彫刻が自然主義と伝統的な中国のテーマに基づいていることに気がつきました。 ジェダイトの彫刻の中には、美しく混ざり合ったグリーンとラベンダーの見事な部分があるものもあります。

カラーゾーニングを取り入れた彫刻家のデザイン
この彫刻家は、ジェダイトの原石のグリーンとラベンダーのカラーゾーニングを花模様の彫刻に組み込んでいる。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
特にアーティストが作業を始める素材が多くの場合大きな原石だったとことを考えると、これらの彫刻に組み込まれた細部のいくつかは本当に見事です。 卓越した彫刻家と同様に、この芸術家達は徐々に完成したデザインへと素材を作り上げていくのです。 より精密な細部が表れてくると、アーティストは彫刻の複雑さに合ったより小さめのバーを使用します。 彫刻の​​詳細には、細かい花模様や建物のデザインや人の顔が含まれています。

アーティストが小さな金属バー(切削器具)でジェダイトを彫る
この彫刻家は、花模様や建物の細部を彫るために小さなバーを使用している。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
工場見学を進んでいく中で、ジェダイトの仏像を彫っている若い女性に感銘を受けました。 中国文化の豊かな伝統の象徴と、この文化の一部として息づくジェダイトの栄光を感じました。 他の全国的に有名な彫刻家と彼らが作業していたデザインを見ても、ジェダイトは個人的装飾品や芸術的な誇示のための媒体物ではなく、実に中国文化の一部であることが明らかになりました。

アーティストがジェダイトの仏像を彫る
仏の彫刻は、好まれるジェダイトのテーマだ。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
工場を去ろうとしているとき、綺麗な緑のゾーニングのあるジェダイトの原石に彫刻用の印が付けられているに気づきました。 非常に淡いラベンダーと緑の色が混ざったほぼ完成に近い仏像彫刻がすぐ横に置いてありました。 自然が提供するものと、それがどんなふうになるのか、という技術と芸術的な目が、いかに不可欠であるかを示す強烈なイメージでした。

完成した仏像彫刻と並んでいる初期段階のジェダイドの彫刻
彫り始めた素材と完成した芸術作品を並べてみると、変換させるために才能と技巧が不可欠なのが明らかに分かる。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)

店舗

両著者は、宝石事業の鉱山から販売に至るまでの宝石ビジネス面に大変興味がありましたから、媽祖の彫刻工場から店舗の一つを訪問することができたことは喜ばしいことでした。 店もそのジェダイトの在庫もスタッフも、非常に印象的でした。 知識が豊富な二人の若い女性販売スタッフに迎えられました。 彼女達は非常によくジェダイトの彫刻や宝石に精通しており、またジェダイトの特性や品質を説明するために必要なスキルも持ち合わせていました。

2つのMazu Jade Co.(媽祖翡翠株式会社) 販売員
媽祖のスタッフはジェダイトに関する高い知識があり、この石への情熱を共有しようとしてくれた。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
店舗自体、高級なジェダイトの上質さを反映するかのようなデザインでした。 媽祖の工場で作業していた印象的なアーティストを目の前にした後で、店の素晴らしい宝石や彫刻を見ることはより一層魅力的なことでした。 さまざまな伝統的な彫刻のデザインテーマが、展示されていました。 彫刻も、ジェダイトのカラーゾーニングを利用するスキルが必要であることを明らかにしていました。 彫刻のための初期の段階の素材として使われていたジェダイトの高品質に強い印象を受けました。

ジェードの小彫像
ジェード彫刻
媽祖店で素晴らしい彫刻と一緒に、いくつかの美しいジェダイトの​​宝石類を見ることが出来ました。 販売担当者の一人がモデルとなっているものは、インペリアル・グリーン・ジェダイトのカボションが一緒になった信じがたいネックレスです。 印象的な緑のジェダイトのビーズのネックレスのモデルにもなってくれました。

グリーンジェダイトのネックレス
ジェダイトほどに魅力的な緑の宝石はあまり多くない。 ダイヤモンドのアクセントが、このネックレスに
鮮やかさを増す。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
一人の若い女性が、腕につけた美しいまだらのある緑のジェダイトのバングルブレスレットを見せてくれました。 全体に広がる緑色の異なる強度が、作品の特色と魅力を増しています。 若いジェダイトの専門家は、作品の中のまだらな色の性質は、ジェダイトのジュエリーを評価する際に考慮されるより複雑な特色の一つだ、と説明してくれました。 ジェダイトのカラー・ゾーンのある作品を判断する際に考慮される多くの視覚的な要素の一つです。

ジェダイトジュエリー
ジュエリーとしてのジェダイトの彫刻は、美術品に見られるものと類似したテーマが多いですが複雑なものではない(左)。 カラー・ゾーンのあるジェダイトジュエリーはよくありますが、評価するのが難しいこともある(右)。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)
カボションやビーズはジェダイトのジュエリーとして非常に一般的ですが、ジェダイトの彫刻も人気があります。 彫刻は美術品としてだけなく、個人的な装飾品としても使用されます。 店ではジェダイトの色のさまざまなジュエリーをとり揃えています。

私たちは、媽祖の担当者と一日の大半を過ごしました。 私たちに専門知識を共有してくれた素晴らしい才能と情熱的な人たちと過ごしたことは、信じられないほどに素晴らしい経験でした。 作業場での才能のあるアーティストから店舗での専門知識あるの営業担当者まで、どこへ行っても自分の仕事への熱意を見ることができました。

彫刻するジェードに下書きをするアーティスト
媽祖の工場や店舗で見聞きした知識、技能、そして情熱には伝染性があり、ジェダイトをもっと知りたいという思いを私たちの中に残した。 写真:Eric Welch、提供:Mazu Jade Co. LTD(媽祖翡翠株式会社)

Dr. Tao Hsuは、Gems & Gemology(宝石と宝石学)のテクニカル編集者です。 Andrew Lucasは、米カリフォルニア州カールスバッドのGIAコンテンツ戦略および教育の宝石学マネージャーです。

著者は、専門知識を丁重に共有してくださった媽祖翡翠(株)のスタッフ、マネージャ、才能のあるアーティストからの ご協力に大変感謝いたします。 媽祖翡翠の皆様が、私たちのチームの訪問を成功に導いてくださいました。