フィールドレポート

深セン:中国の宝石やジュエリー産業のフロンティア

,

Placeholder Alt Text
深センは過去35年間、貧しい漁村から近代的な大都市へ遷移しました。 今日、同市は中国で最も重要な経済中心地の一つであり、中国の宝石やジュエリー業界のフロンティアになっています。 写真 © iStockphoto

はじめに

深センは35年の間に無数の進展を経験しながら、貧しい漁村から中国で最も経済的発展を遂げた都市のひとつに変わりました。 1980年5月、同市は中国初の経済地域のひとつとして指定され、たくさんの新興企業の受け台として役割を果たしました。 今日、ジュエリー製造・取引において中国最大の中心地になっています。

深センは長年にわたり、先駆的な貿易改革の最前線に立ってきました。 「中国ジュエリー指標」(CJI)は深センで始まり、生まれ、維持されてきました。 3年間の準備期間を経て、2014年10月に開始されました。 ラパポートのダイヤモンドレポートのようにこの指標は初の国家レベルのデータベースで、中国の宝石やジュエリー業界に関する包括的な情報を提供するためのものでした。 CJIは事業開発の道しるべと考えられ、深セン政府から全面的な支援を受け、中国の宝石やジュエリー貿易協会からは知的支援を得ています。

Location Map
深センは香港に隣接する、珠江デルタの南端に位置しています。
ジュエリー交換センタービル
急速な経済成長は、深センの宝石とジュエリー業界を急成長させています。 定着した
取引センターでは、Kingliving International Jewelry Exchange Centerなどの大規模な運営が
行われています。 提供:China Gems Magazine(チャイナ・ジェム・マガジン)

同市のGDPは1979年の196万中国人民元(RMB)から2013年には16,002億RMB(2,670億米ドル)に上昇しました。 国内総生産の成長率は2013年から2014年に8.8%に成長し、中国の全体的な成長率よりも高かいものでした。 この急成長は世界中のあらゆる国から新移民を集めました。 常住人口は1980年代初期の30,000人から今日、約180万人に成長しました。 人口統計では99パーセントが移住者と言われていますが、正確な人口は一貫性がなく、計算も容易ではありません。

National Gem and Jewelry Testing Center Building
産業が発達するにつれ、宝石やジュエリーのテストラボが深センに多く
開設されました。 この建物は深セン・水貝のNational Gem and Jewelry Testing Center(国立宝石・ジュエリーテストセンター)
です。 提供:China Gems Magazine(チャイナ・ジェム・マガジン)

深センは数多くのハイテク企業の本拠地であることのほかに、Shenzhen Stock Exchange(深セン証券取引所)、世界で3番目に忙しいコンテナ港でもあり、中国の宝石やジュエリー業界の最前線でもあります。 登録ジュエリー企業3600社以上、認可を受けたディーラー5,000人以上、宝石・ジュエリー交換センターが29か所あります。 業界の雇用者は15万人以上に上ります。 深センのジュエリーの総卸売生産額と国内総小売売上高は2014年にはそれぞれ、1,000億元(約167億米ドル)から1,400億元(約233億米ドル)に達しました。

2013年にはGIAのグループが産業と市場を研究するために中国を訪問しました。 その訪問中、同チームは深センにある多くの大手企業を観察しました。

深センの宝石・ジュエリー産業の歴史

深センの宝石とジュエリー産業の始まりは1980年代初頭に遡り、香港のジュエリーメーカーが中国本土に工場を移動し始めたときでした。 香港に隣接するという理想的な立地のほかに、政府が新しい金取引政策の取り組みを開始したとき、深センの開発も促進されました。 その前の1949年から1982年の間、すべての金生産は中央銀行に提出することが義務付けられており、その後に金が工場に配布されていました。 また、個人消費者が金を購入することはできませんでした。 金貿易の開放の第一段階は、個人が国有ショッピングモールで金の装身具を購入できるようにすることでした。

販売員が金の宝飾品を手にしています
中国が個人にその金市場を開いて以降、金の宝飾品はすべての宝飾品カテゴリでのベストセラーとなっています。 写真提供:Batar Jewelry、撮影:Andrew Lucas/ GIA

1980年代の深センの宝石とジュエリー業界は非常に小規模でした。 主なビジネスモデルは「three-plus-one」と呼ばれるもので、供給素材とデザイン、サンプルを使ってカスタム製造する取り決めで、希望の製品を製造する補償(「プラス」)するものでした。 多くの産業は改​​革プロセスの始めに、このモデルを採用しました。

ジュエリーピースにジェードのセッティング
深センでの宝石とジュエリー産業は、今でもこの都市の基幹産業の一つである宝飾品の製造から始まりました。 写真提供:Shenzhen Yuehao Jewelry

業界は1980年代の終わりからと2000年代初頭の間に、最速の成長を遂げました。 その間、宝石やジュエリー貿易政策はどんどん柔軟性が高まり、民間企業が急速に成長しました。 消費者は宝石のような高級品に費やすための自由に使える収入が増えていきました。 1990年にShenzhen Gold and Jewelry Association(深セン金・宝石協会)が政府と事業主の懸け橋となるように、地方政府の支援を受けて作られました。

中国顧客のジュエリーショッピング
より多くの中国の消費者が、その可処分所得をジュエリーのような高級品に費やしています。 深圳の宝石・ジュエリー産業の急速な成長は、可処分所得の増加によって支援されています。 写真: Andrew Lucas/GIA、 提供: Enzo

2003年以降、政府は宝石やジュエリー産業の発展を支援するためにその課税政策をさらに改革しました。 金やダイヤモンド交流の形成は、国内の複数の地域における産業の急速な成長を刺激しました。 深センの大きな宝石会社が急速に拡大し、ブランド構築が基本使命として成功しました。 深センは製造と貿易の中心地であることに加えて、中国のほとんどの主要なジュエリーブランドの所在地でもあります。

2005年、深センから始まったいくつかのジュエリーブランドは「中国有名ブランド」と命名されました。この名付けがブランドのプロモーションや売り上げに貢献し、多くの業界関係者がブランド構築の重要性を気づくきっかけにもなりました。 今日、宝石やジュエリー産業におけるあらゆる分野のトップブランドが深センで事業を展開しています。

中国の映画スターSun NingがEnzoのジュエリーをモデルとして着用
ブランド戦略は2000年代半ばに、中国の宝石会社にとって重要になりました。 カラーストーンの
トップジュエリーブランド、Enzoは中国の映画スターSun Ningがモデルになっています。
提供:China Gems Magazine(チャイナ・ジェム・マガジン)

水貝:深センのGEMとジュエリー産業の中心地

Shuibei Jewelry Park(水貝ジュエリー公園)は1平方キロメートル未満の面積ですが、深センの宝石とジュエリー産業の中心地であり、ジュエリー会社が2,000社以上あります。 ここにある会社の多くは小さなスタジオですが、業界をリードするブランドになっています。 この地域のほとんどの宝石とジュエリー交換センターもここにあります。 宝石検査や、包装や輸送、保管などのサービスもこの地域に事務所があります。

Shuibeiジュエリーパーク
Shuibeiは、深センの宝石・ジュエリー産業の中心地です。 そこには2,000以上の宝石企業が集まっています。 提供:China Gems Magazine(チャイナ・ジェム・マガジン)

GIAチームはShenzhen Creation Group(深セン創作グループ)が管理する、大きな交流センター2か所と最大の高級ジュエリークラブを訪問しました。 創作グループは深センでもトップのカラーストーンを取り扱う会社です。 2000年に設立され、商業用の高級ジュエリーデザインと製造を扱う会社グループを運営し、宝石やジュエリーの取り引きも行っています。 

トレードセンター店
Shuibei国際ジュエリートレードセンターには、100以上の宝石店があります。 ジェダイトとジェードのセクションを含む、4つの主要部門があります。 写真: Eric Welch/GIA、提供:The Creation Group.

Shuibei International Jewelry Trade Center(水貝国際ジュエリートレードセンター)は2004年5月にオープンしました。 水貝初の集中型宝石取引の場でした。 その前は、卸売で宝石やジュエリーを購入したい人は店から店に行く必要がありました。 このセンターは大小の卸売業者や小売業者に、初のワンストップ・サービスを提供しました。

Yuehaoジュエリーショップ
カラット・ゴールドジュエリーは、中国市場で非常に人気があります。 この展示は、Shuibei国際ジュエリートレードセンターに店舗を持つYuehaoのジュエリーブランドを推進しています。 写真: Eric Welch/GIA、提供:The Creation Group.

Shuibei International Jewelry Trade Center(水貝国際ジュエリートレードセンター)は、現在、地元や海外から有名な宝石店100店以上を受け入れています。 ブランド、ジェダイトジェード、カラットゴールド、シルバージュエリーの4つの主な部門があります。 同社は各年の終わりに、すべてのディーラーを評価します。 契約更新は消費者の満足度を含む多くの評価要因に基づいて行われます。 資格を得たディーラーだけが同センターで店やブースを開くことができます。

同社は消費者を教育し、センターの信頼を保証するために、ディスプレイのデザインにも投資しています。 今日、取引基盤がどんどん確立され、持続可能であるためには所有者は自分の店を目立つようにしなければならないので、デザインは特に重要です。

交換ショップ
交換センター内のショップは通常、ゴールド、ジェード、カラーストーン、ダイヤモンド・ジュエリーを取り扱っています。 卸売業者や小売業者は簡単に彼らが欲しいものを見つけることができます。 写真: Eric Welch/GIA、提供:The Creation Group.

Royalland Jewelry Clubは高級ジュエリーの新興市場に対応するために2009年に結成されました。 中国本土で最大の高級ジュエリークラブで、ショールームのサイズは21,500平方フィート以上あります。 ショールームは建物の最上階にあり、プライベートのアクセスも可能です。 クラブは得意先のために定期的にジュエリーサロンを開催し、プライベートイベントもご利用いただけます。 独立したデザイナーが同クラブと契約しており、高級消費者のためにカスタムデザインを展開します。 

ジュエリーの展示
Royalland Jewelry Clubギャラリー

BATAR:中国最大のゴールド・ジュエリーメーカー

ゴールドのジュエリーは中国のベストセラーとして長い伝統があります。 Batarはほぼすべての主なゴールド・ジュエリーブランドに製造サービスを提供しており、中国のゴールドジュエリー5つのうち1つを製造しています。 同社は2001年に香港で登録され、現在はShanghai Gold Exchange(上海黄金交易所)の会員です。

ゴールドジュエリーの製造のほか、Batarは他の金製品や金の相続財産、投資も扱っています。 Batarは子会社20社以上を持っており、2014年には金製品約200トンを販売しました。 同社は現在、小売業者30,000以上とブランド名400以上に24K金ジュエリーを供給しています。 

24Kゴールドスイート
24カラットゴールドのジュエリーは、今でも中国で最も人気のある結婚式用宝飾品です。 このスイートは伝統的な龍と鳳凰をテーマとしています。 写真提供:Batar Jewelry、撮影:Andrew Lucas/ GIA

中国人消費者は、金に関しては純度が高いほど良いものと信じているので、24カラットゴールドジュエリーが人気の高い製品です。 これは、世界の他の市場とは異なる点です。 中東を含むアジアの消費者は一般的に、金を好みますが、これらの市場で目にする金の最高純度は22K(91.6パーセント金)です。

Batarストアで金の宝飾品を買う買い物客
Batarストアは常に金の宝飾品の買い物客で賑わっています。 中国の人々は、高純度の金の宝飾品に対する飽くことのない情熱を持っています。 写真提供:Batar Jewelry、撮影:Andrew Lucas/ GIA

人生の重要な出来事に、贈り物としてゴールドジュエリーを購入するのが中国の伝統です。 太陰年の初めに、消費者はあらゆる種類の金の延べ棒やその年の干支が入ったデザインの装飾を購入します。 祝日ごとに、ゴールドジュエリーを扱う店は裕福な家族や、自分の成功を誇示するために大規模な金の装飾品を購入する企業家でいっぱいになります。 また、自由に使える収入で金や宝石に投資する個人消費者も増えています。 Batarは金の投資計画を促進するために、銀行と協力してこの機会を利用しました。 

金の宝飾品を買う買い物客
Batarは全国の金の宝飾品小売業者が使用する、主要なサプライヤーです。 各取引には通常、大量の金の宝飾品が関与するため、選択した商品を入れるバスケットが必要となります。 写真提供:Batar Jewelry、撮影:Andrew Lucas/ GIA

GIAが通常の営業日に深センのBatar店を訪れたとき、店は顧客でいっぱいでした。 購入した商品の量を見ると、その顧客のほとんどが卸売業者や小売業者だと推測するのは簡単でした。 大量のゴールドジュエリーがかごに集められ、店員やバイヤーは選んだ品数を数えるのに忙しそうでした。

ワックスカービング
Batarは業界でトップのワックス彫刻を採用しており、彼らは細部に細心の注意を払っています。 この彫刻家は金の装飾用のオブジェクトの元のワックスモデルに取り組んでいます。 写真提供:Batar Jewelry、撮影:Andrew Lucas/ GIA

Batarはジュエリーブランドのメーカーとして中国外で始めました。 中国国内の金市場が開かれたとき、同社は国内ジュエリーブランドの主なメーカーにもなりました。 その後、BatarはBatar JewelryやShow Kingなど、独自のブランドを開発しました。 同社は有名なジュエリーデザイナーと契約をしており、新しい技術やデザインの考案をやめません。

ワックスカーバーは、ジュエリー作品の複雑なディテールを作成します
Batarは、金の宝飾品や装飾物の主要メーカーです。 撮影:Andrew Lucas/ GIA、提供:Batar Jewelry

同社は高純度の金ジュエリーへの需要を満たすために、China Science Academy(中国科学アカデミー)と共同で新たなゴールドジュエリーの製造技術の開発に投資しました。 すべての金細工師が知っているように、ロウ付けはゴールドジュエリーの製造で最も重要なステップの1つですが、中国で使用される一般的なロウ付けはわずか91.6パーセントの金が含まれ、純金よりも低い溶融温度になります。 金製品の純度を大きく向上させるためには、24Kの素材をプロセスで使わなければならず、できるだけロウ付けのステップを少なくしなければなりません。 これが、Batarが競争力を維持するために使用する重要技術です。

Batarは若い消費者に応えるために、異なる色の光を反映させるゴールドジュエリーを作製する技術を開発しました。 その結果、若い消費者に人気が高い一方、高齢世代は伝統的なデザインを好み、独特な外観よりも素材の価値に多くの注意を払います。

最近の市場調査では、ネックレスやブレスレットなど24Kジュエリーチェーンがベストセラーであることが分かりました。 ゴールドチェーンの売上高は市場の40%を占め、指輪17%、ペンダント11%です。

純金のジュエリー
Batarは大量の24Kゴールドジュエリや装飾物を製造しています。 

XINGGUANGDA:中国最大のジェムセッター

ジェムセットジュエラーに与えられる2014 JNA Manufacturer of the Year(2014年JNAマニュファクチュラー・オブ・ザ・イヤー)はShenzhen’s Xingguangda Jewelry Industrial Co. Ltd.が受賞しました。 同社は中国本土の大手ジュエリーメーカーです。 同社は1997年に設立され、18金とプラチナの宝石宝飾品を専門としています。 Xingguangdaもジュエリーデザイン、製造技術の研究、および宝石類の卸売・小売を行っています。

作業者がハイエンドダイヤモンドジュエリー・スイートの最終調整を行っています。
Xingguangdaは、中国の大手ジュエリーメーカーの一つです。 その宝石セッティング技術の良さは業界全体で有名です。 作業者がハイエンドダイヤモンドジュエリー・スイートの最終調整を行っています。 提供:Xingguangda Jewelry

Xingguangdaは創業から20年以上の現在、有名なジュエリーブランド4つ、特許50以上を抱え、小売店3,000店以上を全国で展開しています。 China Gem and Jewelry Industry Association(中国宝石・ジュエリー産業協会)と密接に協力して複数の業界標準の形式化に従事してきました。 Xingguangdaは深センにその起源を発し、世界クラスの産業中心地で強固な基盤を築いてきました。 コアチームには経営スタッフと専門技術者1,000人以上がいます。

Xingguandaジュエリー
深センの製造はほとんどの場合大規模に行われており、Xingguandaも例外ではありません。ここで、大量のダイヤモンドがジュエリーに固定されます。 

製造効率と製品の品質を継続的に向上させながら、ジュエリーのデザインチームの開発にも投資しています。 Xingguangdaは長年の間、National Jewelry Design and Manufacture(全国ジュエリーデザイン・製造)のコンテストでたくさんの賞を受賞してきました。 最近の2014-2015年の競争では、同社のジュエリー作りの技術者が個人の賞を受賞しました。

エメラルドカットグリーントルマリンにファンシーカットダイヤモンド、グリーンとピンクのトルマリン、ブルーサファイアをあしらったネックレス
受賞歴のあるジュエリーギャラリー

Xingguangdaはカラーストーンジュエリーの取り引きのほかに、ダイヤモンド切削加工工場と協力して創造的な新しいカットを研究しています 2014年には、「ten heart and ten arrows」と呼ばれる新しいダイヤモンドカットを始めました。この新しいカットには、通常のブリリアンカットのファセット58よりも多い、ファセットが71あります。 製造業者は、このカットのファイアーは一般的なラウンドブリリアントのものより20%強力であることを報告しています。 原石300個のうちわずか1個だけがこの新しいカットのファセッティングに適しており、製造時間がラウンドブリリアントよりも6倍多くかかります。

中国のスカイライン、深セン
Xingguangdaダイヤモンドジュエリーギャラリー

LORENZO JEWELRY INTERNATIONAL

Lorenzo Jewelry (LJ) International Inc.は、Lorenzoと呼ばれる卸売業の親会社であり、Enzoと呼ばれる小売ジュエリーブランドです。 同社は鉱業権持分、鉱山から直接購入、カラージェムの製造、ジュエリーデザインと製造、グローバル卸売流通、小売販売などに垂直統合されています。 LJ Internationalはグローバル市場への卸売販売と中国国内店舗の小売販売を分けて、小売業と卸売業を継続しています。

Enzo ジュエリーストア
中国本土におけるEnzoの販売部門の設立は、 LJ Internationalの鉱山からマーケットまでのバリューチェーンを完成させました。 撮影:Andrew Lucas、提供: L J International Inc.

同社の起源は、現在の会長、社長兼最高経営責任者(CEO)であるYu Chuan Yih氏が香港でLorenzo Jewelry Manufacturingを設立した1987年2月に遡ります。 Yih氏はブラジルで生まれ、ブラジル人宝石業者として業界で始めました。 同社の起源は、オリジナルのカラーストーン切断工場で労働者わずか5名という、非常に質素な状態から始まりました。

中国への最初の進出は1990年で、中国・汕頭にカラージェムストーンの掘削工場(45,000平方フィート)を開いたときでした。 1998年には、深センに50,000平方フィートの工場を設立しました。 2003年には、10万平方フィートのかなり現代的な深セン工場に業務を統合しました。 そこでは、カラーストーンのカット、ジュエリーのデザインと製造のほか、取引や会社業務をすべて行いました。

会社創設者Yu Chuan Yih
会社の創設者Yu Chuan Yihは、ブラジルのカラーストーンを扱っていた当初からこの完全に垂直統合型企業への発展の長い道のりを歩んできました。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.

主な卸売市場は米国、欧州、日本などで、米国の売上高は70%の上ります。 QVC、Ben Bridge、Sterling、Helzberg Diamonds、Macy’s、Walmart、JC Penney、Signet、Rhein Studiosなど多くの大手企業に販売しています。 製品ラインには純銀、様々なカラット金合金、様々なカラーストーン、ダイヤモンド、養殖真珠のほか、合成と模造宝石などがあります。

Lorenzoの卸売部門
香港ジェム&ジュエリーフェアでは、Lorenzoの卸売部門は、世界中から集まったバイヤーにカラーストーンの裸石や宝飾品を販売しています。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.

ENZO小売部門

Enzoの最初の小売店は2004年12月に上海で開店しました。 今日、Enzoは中国本土、香港、マカオなど大中華圏全体に約250店舗を持っています。 Enzoには、小売店のEnzoチェーン店と高級宝石をスーパーVIP顧客に予約制で提供する新しい小売概念、Enzo Ouroの2つの部門があります。 最初のEnzo Ouro店は2014年に北京で開店しました。 Enzo Ouroジュエリーの価格帯はUS $ 12,500から数百万ドルに上ります。

Enzo Ouro ストア
Enzo Ouro のストアやショールームは、格別に豪華な雰囲気で満たされています。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.

Enzo alsoはルースのカラーストーンとカラーストーンジュエリーで知られていますが、年間1,300万組以上が結婚する中国の重要なウェディング市場を対象にしたダイヤモンドラインも取り扱っています。 Enzo はダイヤモンドの品質によって、ダイヤモンドラインの統一小売価格を3つに分けています。 最高はEnzo 88、Snowy、Capeの順に分かれます。 Enzo 88はカラーDからH、Snowy はGからJ、Cape はKからMになっています。 CapeラインはEnzoのダイヤモンドジュエリーでは最大のマーケットシェアです。

LORENZOの製造および卸売り

GIAは深センにあるLJ International本社を訪問し、その製造過程を観察しました。 Lorenzoはその施設でカラーストーンを100種類以上にカットします。 倉庫では、原石は25キロ袋に保存され、トルマリンのようなより高価なものは貴重品保管室に保存されています。 Lorenzoは主にリビー、サファイヤ、エメラルド以外のカラージェムをカットしますが、すでに完成したジュエリーに使用するためにカットした石の購入もします。

ルベライトリング
ルベライト トルマリンは中国でよく売れ、Enzo小売チェーンにとって大切な石です
。 写真提供:China Gems

Lorenzoは会社が利害関係がある鉱山、他の鉱山、または公開市場から原石を調達します。 すべての原石はまず、香港の事務所に行き、大規模な倉庫に収容されます。 深センは自由貿易地域なので、石の種類や重量、掲載価格を中国の税関に申告するために香港から入り、その後に、深センから直接中国のLorenzo工場に入ることができるので、租税公課がありません。

Lorenzoは、カット後の標準的な予想減少重量を税関に宣言する契約があります。 新しい重量はルースまたはジュエリーセット完成石のリストに掲載されており、これらの石は香港オフィスに輸出されて世界に配送されます。

銅含有トルマリン
アフリカからの銅含有トルマリンは、 Lorenzoが深センに持ち込む宝石の一つです。 彼らは、世界市場での販売のためにそこで石をカットします。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.

これによって、Lorenzoと他の会社は原石をスムーズに中国に輸入し、カットし、ジュエリーにセットし、それから輸出入税を支払わないで世界市場に輸出します。 原石はグラムとキロを使って輸入されますが、カットストーンはカラットの重量と個数で輸出されます。 Enzo店で国内小売販売する予定の宝石の場合、同社は石の種類や、原石またはカットかによって関税を支払わなければなりません。

Lorenzoの在庫部屋には100種類以上の石があり、プラチナ、ゴールド、シルバーなど3つのカテゴリーに分けられます。 シルバーレベルには瑪瑙など低価格の凝集体素材、ゴールドレベルにはアメシスト(紫水晶)、シトリン(黄水晶)、ブルートパーズなどのファセットグレードの素材、プラチナレベルにはトルマリン(含銅も含む)やインペリアル トパーズ、ピンクトパーズ、クンツァイト、モルガナイトなどの高価なファセットグレードの素材が含まれます。 

原石の選別をしている女性たち
原石は色、形、クラリティ、およびサイズ​​によって選別されます。 お客様が一貫してバラツキのない材料を注文できるように、Lorenzoは色合いの基準としてカラー・マスターセットを使用しています。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.

選別部門は原石のマスターストーンを使って、色の等級を行います。 宝石の種類ごとに6色に分類します。 例えば、シトリンの色等級はCS(シトリンスーパ​​ーエクセレント)、CE(シトリンエクセレント)、C1、C2、C3、C4の6つがあります。 原石の最終的な等級は色、形、厚さ、明瞭さに基づいて行われます。 この時点で、ソーイング(二分割するための切断)、原石からカット形状への粗削りした形、ファセッティングの各製造段階の後で、原石に重量産出予測が与えられます。 各段階の後の重量が予想よりも少ない場合は、その製造段階を確認します。

スライシングとも呼ばれるソーイングは、ソーイングホイールが封入されるようにステーションが設定され、観察画面と作業者の手のための開口部があります。 このセットアップはフ​​ェイスマスク、宝石のほこりを引き込む真空管、原石に使う水など、労働者が切断工程から生じる粉塵にさらされないようにします。

予備成形のソーイング担当者
Lorenzoでソーイングや予備成形を行う作業員のほとんどは、10年以上の経験を持っています。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.

ソーイング後、原石からカット形状へ粗削りする段階では、石の形を整えるために砥石車を使います。 原石からカット形状に粗削りするセットアップも労働者が宝石の粉塵にさらされないようにします。 労働者はマスクを着用し、真空管は各研削ステーションのほこりを引き込みます。

ファセッティングステーションのセットアップではカッティングに一人とポリッシングにもう一人の、合計二人の宝石細工職人を使っています。 このシステムは固有ではありませんが、韓国産の特注宝石細工マシンは左利きの労働者のために設計され、配置されています。 これは、深センで熟練したカッターを雇うという競争性の理由からです。 カッターは多くの場合、メーカーから引き抜かれて雇われます。 しかし、ほとんどすべての研磨盤カッティングシステム2つは、右利きの労働者用に設計されています。 左利きのマシンを備えることで、Lorenzoはカッターの引き抜きを最小限に抑えることができます。

Lorenzoは原石ソーティング、ソーイング、原石からカット形状へ粗削りするプレフォーミング、ファセッティングのすべての段階を含む別のセクションで含銅トルマリンをカットします。 ある分野に限定することで高価な素材を確保することができます。

作業者が石をファセット中
Lorenzoは2つの研磨盤によるファセットシステムを使用しています。 左の研磨盤はカッティング用で、右の研磨盤は研磨用です。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.

完成製品

Lorenzo カラーストーンジュエリー
Lorenzoの業務は原石カラーストーンの購入とカッティングからジュエリーに取り付けるまで、バリューチェーン全体が対象です。 卸売輸出ビジネスと国内小売店も扱っています。 

ツアーは深センにあるLJ Internationalの高層本社からジュエリーデザイン、製造施設を見学しました。 デザインはMicrosoft Paintでスキャン・クリーンアップをするハンドレンダリングから始まり、CAD / CAM部門に移動します。 デジタルデザインのファイルは高速プロトタイピングマシンに送信され、6時間のレーザー印刷過程で最初のワックスモデルを作ります。 それから、ワックス形成はマスターモデルを作るためにシルバー鋳造品を作ります。 Lorenzoは現在、約12万個の金属マスターモデルがあると言います。

工場労働者
全生産設備がよく組織化されており、モダンで清潔、また労働者の安全と健康を強調しています。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.
作業者がコンピュータファイルに描画手を変換するためにCAD / CAMを使用しています
ジュエリー・設計段階では、モデル・製造プロセスは、コンピュータのファイルに手の図面を変換することから始まります。 ファイルは、プロトタイプを作成し、マシンに送信されます。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.
ワックスフォームを取り付ける作業員
この作業員は、ツリーにワックスフォームを取り付け、数点のピースを同時に鋳造できるようにしています。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.
石のセッティングを行う作業員
複雑な石のセッティングは、顕微鏡の助けを借りて行われます。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.

Lorenzoの大量生産分野は石の選別、品質管理、およびジュエリーとの石の照合から始めます。 ダイモンドメレー分類機は毎秒1個の石を取り出して、驚くべき速度で動きます。 カラーストーンは、顧客が将来、自信をもって素材を注文し、同じ品質の製品を受け取るということを理解できるようにマスターセットに照合させます。

マスターセットと比較して石のグレーディングを行う作業員
カットストーンは、マスターセットと比較して品質検査とグレーディングを受け、ジュエリー用に照合されます。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.

生産工程には、同社のゴム成形ライブラリから必要な型を選択、ワックス注入に移動、ゴム型からワックスを取り出し、鋳造用ワックスを準備、作品を鋳造、石セッティングのジュエリーを用意、石をセッティング、最終ポリッシング、最終品質管理があります。 ダイヤモンドやサファイア、ルビーなどの一部の鋳造はワックスにすでにセッティングされています。

最大のモデルにダイヤモンドを配置する作業者
ダイヤモンドをこのワックスモデル内に配置することで、宝石セッティングステップの必要性を排除できます。 撮影:Andrew Lucas、協力: L J International Inc.
宝石金庫室にて
Lorenzoの巨大な宝石保管室に入り、中国における宝石素材の輸出入の複雑さのほか、Lorenzoがどのようにして宝石素材を分類・保管するかについてご覧ください。

結論

Shuibei International Jewelry Trade Center(深セン国際ジュエリートレードセンター)、The Royalland Jewelry Club、Batar Jewelry、Xingguangda Jewelry、LJ Internationalなどを含む深センへの訪問はモダンでにぎやかな街の力強いジュエリー産業についての重要な概観を教えてくれました。 事業の垂直統合型の性質のため、中国の宝石・ジュエリー産業における全体構造についての重要な情報も学びました。

Tao Hsu博士はGems & Gemology(宝石と宝石学)の技術編集者です。 Andrew Lucasは、GIAカールスバッドのコンテンツ戦略のフィールドジェモロジィのマネージャーです。

著者らは、地域産業のリーダーたちを紹介してくださったWilson Yun氏(​​ICA元社長)に感謝を申し上げます。 Batar JewelryのSally Xiong氏とYang Cao氏、Yan Zhou氏、Xingguangda JewelryおよびLJ InternationalのChangwei Lin氏のご協力に心から感謝いたします。

免責事項

GIAスタッフはリサーチおよび市場への見識を深めることを目的に、鉱山、 製造業者、 小売業者の他、 宝石およびジュエリー産業に関わる場所や企業を頻繁に訪ねております。 GIAは、訪問中に私たちを受け入れ、貴重な情報を提供してくださった皆様に感謝いたします。 これらの訪問やそれに関連する記事または出版物は、推奨として捉えたり使用したりしないでください。