Gems & Gemology(宝石と宝石学)

2017年 夏号 G&G: ロシア産ダイヤモンド、合成ダイヤモンドのPLマッピング、サファイアの内包物の掛図

Jennifer-Lynn Archuleta
8月 7, 2017
Summer 2017 Gems & Gemology
今号のトップ記事は、バルト楯状地のクラトンにある原生代層に位置するロシアのロモノーソフ鉱山を研究します。 原生代のテクトニクスの過程が、この原産地でファンシーカラーダイヤモンドが産出される要因であると考えられている。 表紙を飾る独特な紫がかったピンクのメレーダイヤモンドは、ロモノ―ソフ鉱山で採鉱されたものの一部である。 写真撮影:Robert Weldon/GIA、提供:Diarough。

Gems & Gemology(宝石と宝石学)2017年夏号のトップ記事は、ヨーロッパ初のダイヤモンドの原産地およびファンシーカラーダイヤモンドの生産地でもある、ロシアのロモノーソフダイヤモンド鉱山を紹介します。 ダイヤモンドに関連するその他の記事では、カーボナードの特性と形成に関する理論を詳述し、光学中心、合成石の起源や処理を識別するためのフォトルミネッセンスマッピングの使用について説明します。 また、本号では、サファイアの内包物を示す掛け図の他、ネフライトの色を判断する際の基準設定、ベトナム産トルマリンの特性、モンタナ州のサファイア鉱床に関する記事も特集します。

ロシア北西部のロモノーソフ鉱床の地質および開発

The Lomonosov deposit
ロモノーソフ鉱床は、ピンクや紫など様々な色のファンシーカラーダイヤモンドを産出する。 アーガイル鉱山で採鉱されるピンクダイヤモンドと同様に、安定した太古代の地域で発生する多くの他の鉱床とは異なり、これらのファンシーカラーダイヤモンドは原生代の地質状態に関連している可能性がある。 写真:Kevin Schumacher

ロシアのほとんどのダイヤモンド鉱山はシベリアのクラトン(大陸塊)に位置しますが、ロモノーソフ鉱床はバルト楯状地に位置します。 原生代の地質状態がある場所が、ここでファンシーピンクダイヤモンドが採鉱される原因に関連している可能性が高いと判断されています。 著者のKaren V. SmitとRussell Shorがロモノーソフ鉱床を訪れ、このヨーロッパ初のダイヤモンド鉱山での運営、処理、選別を見学しました。

カーボナード ダイヤモンド: 特性および起源に関する報告

carbonado diamond
カーボナード ダイヤモンド (右端) の起源は、まだ決定的に確定していないため、 その形成の発見は科学の進歩をもたらす。 左から右: 9.49カラットのイエローダイヤモンドの八面体(オッペンハイマー学生コレクションによる寄贈品)。 109.47カラットのダイヤモンドボート(Richard Vainerによる寄贈品)。 中央アフリカ共和国で産出された、 118.01カラットのカーボナード(Stephen Haggertyによる寄贈品)。 GIAコレクション  11953、31602, 40108。 写真撮影:Robert Weldon/GIA

珍しい構造が特徴であるダイヤモンド凝集体、カーボナードに関するこの研究は、その起源の地球圏外モデルを提案します。 Stephen Haggertyは、この驚くべき素材の既知の歴史、特徴、および提案された起源について説明します。

HPHT合成ダイヤモンドにおける光学的欠陥のフォトルミネッセンスマッピング

irradiated 1.06 ct Fancy Deep brownish orange HPHT-grown synthetic diamond
この照射された1.06カラットのファンシーディープブラウニッシュオレンジのHPHT成長合成ダイヤモンドでは、
様々な種類が研究で検査された。 写真撮影:Towfiq Ahmed。

フォトルミネッセンス (PL)マッピングは、宝石の試料を天然、合成、処理されたものか区別する際に使われる方法です。 Lorne Loudinは、あらゆる種類の合成ダイヤモンドでPLマッピングを使用して、成長分域に入り込んだ光学的欠陥を識別し、この技法の有用性について説明します。

ベトナムのルックイェンで産出されるトルマリンに関する最新情報

7.1 ct green uvite tourmaline
このリングのセンターピースは、ミン テイエンの第2次鉱床から産出された7.1カラットの
グリーンウバイト・トルマリンである。 写真撮影:N.T.L. Quyen、提供:Nguyen Huy Truong。

1980年代以降、トルマリンがベトナムのルックイェン地区から産出されています。 Nguy Tuyet Nhungが率いる研究チームは、試料を文献からのデータと比較しながら、宝石が豊富なこの地域で発見されるトルマリンの特徴を報告します。

ラマン分光分析法を用いたネフライトにおけるマグネシウムと鉄の特性評価

nephrite
ネフライトに見られる様々な色。 写真提供: Beijing Boguan International Auction Co., Ltd.

目視でネフライトジェードの色を決定するのは非常に困難なことがあります。 Xiaoyan Fengと共著者は、色間の境界を設定し、非常に貴重であると考えられている白い素材を確定するために、ネフライトに含有されているMg+2とFe+2に基づいた測定を提案します

天然、合成、処理されたサファイアの内包物

Sapphires
さまざまな原産地から産出されたサファイア。 ファセットカットされた石(左から右): 6.36カラットのピンク/オレンジ (パパラチャ)、1.63カラットのピンク、4.76カラットのバイオレット、5.43カラットのバイオレットパープル、3.03カラットのブルー、2.12カラットのブルー、8.06カラットのイエロー、3.46カラットのイエロー、2.00カラットのオレンジ、1.01カラットのディープオレンジ。 結晶(左から右): 9.88カラットのピンク、17.80カラットのバイオレット、30.07カラットのパープル、42.13カラットのブルー、10.84カラットのイエロー、 5.86カラットのイエローオレンジ。 提供:GIA Eduard J. GübelinのコレクションおよびPala International(パラ・インターナショナル)のBill Larson。 写真撮影:Robert Weldon/GIA

一般的な内包物を文書化するシリーズの第2弾となるこの掛け図は、天然、合成および処理されたサファイアに焦点を置きます。 内包物の専門家であるJohn Koivula、Nathan Renfro、Jonathan Muyal、Shane McClureが、この掛け図に顕微鏡写真を提供しました。

「大きな空の邦」のサファイア:モンタナ州の漂砂への探訪

bluish and greenish sapphires
著者が訪れた日にエルドラド・バーから採鉱された、ブルーイッシュサファイアとグリーニッシュサファイアのうち最高品質の4つ。 素材の特徴であるパステルカラーが4つすべてに観察され、そのうちのいくつかは表面が摩耗しているにもかかわらず、六角形の晶癖をはっきりと示している。 左から2番目のサファイアは、その日に採鉱したなかで最大のものであり、重量は16.78カラットある。 写真:Kevin Schumacher

19世紀後半以降、米国モンタナ州西部は長い間、漂砂サファイアの原産地となっています。 Tao Hsuと共著者は、採鉱および宝石を発見する観光業がこの地域にとっていかに重要であるかを調査し、これらの原産地で大規模な機械化された操業が生産の増大に貢献している点について説明します。

ラボノート

fluorescent stone
カラーをグレーディングする環境で、蛍光鉱物を同じような色の無蛍光のダイヤモンドの横に配置した際、色や透明度における違いは目視で確認されなかった。

GIAのラボで観察される試料は、同心円状の内包物があるダイヤモンド天然ホラ貝の「ローズバッド」真珠天然ダイヤモンド上にオーバーグロースさせたCVD合成石です。

ミクロの世界

ruby
ルビーのキャビティ内にあるオイルの赤い色は、宝石の地色に対して見事な対比を示している。 従来観察されるような平らな気泡とは異なり、丸みを帯びた気泡はオイルが含まれているキャビティの大きさを立証する。 顕微鏡写真:E. Billie Hughes 、視野およそ2.5mm

G&Gの最新セクションでは、アクアマリンの原石に見られる神秘的なイリデッセンスダイヤモンドにおけるクリスマスツリーの形をしたレーザー製造残留物赤色のオイルで処理されたルビーを紹介します

ジェムニュースインターナショナル

opal
宝石質の一般的なオパールがメキシコのミチョアカン州中西部で
最近発見された。 この試料のサイズは、およそ15.04×7.68×5.57cmである。 写真撮影:M.
Ostrooumov。

夏号のGNIセクションでは、エチオピアで新たに発見されたサファイア鉱床南洋養殖真珠に模倣して黄色に染色されたビーズ入り養殖真珠三色に変化するホルミウム添加の合成キュービックジルコニアに関する報告を特集しています

2017年G&Gチャレンジ

2017年G&Gチャレンジを是非お試しください! 75%以上のスコアの方には、終了証書(PDF ファイル)が発行されます。 満点を獲得すると、2017年秋号に名前が掲載されます。 本チャレンジへの解答カードの郵送またはオンラインでのエントリーの締め切りは、2017年8月11日(金曜日)です。

G&Gオンラインへ

Summer 2017 Gems & Gemology
Gems & Gemology(宝石と宝石学)の最新号で紹介した全コンテンツならびに1934年以降の当季刊誌の毎号へアクセスできます。

詳細を読む

Feature Articles

2017年春号

Gems & Gemology この号を見る

2016年冬号

この号を見る

2016年秋号

この号を見る

Richard T. Liddicoat Gemological Library

38,000冊の書籍、10万枚の写真、1,000本のビデオ、300種類の定期刊行物、そして有名なCartier Rare Book Repository およびArchive 収蔵のGIA ライブラリカタログを検索する。
 
GIA図書館を訪問してみてください

こちらもご覧ください

小売業者様向けの情報
小売業者を検索
詳細を読む
キャンパスストアで買い物する
キャンパスストアで買い物する
詳細
品質保証の水準
詳細を読む
Gems & Gemology
G&G Summer 2017 Edition
詳細を読む (英語)