業界分析

ラボで製造されたダイヤモンド: 需要が増加する一方、価格は下落


Placeholder Alt Text
この5.19カラットのほぼ無色、タイプ IIa のCVD合成ダイヤモンドは、これまでにGIAが検査した中で最大のファセットカットされたCVD合成石の1つである。写真提供:GIA

ラボで製造されたダイヤモンドが市場でますます普及しており、引き続き業界の話題となっています。

最近発表されたレポートによると、ラボで製造されたダイヤモンドの需要は、効果的なマーケティング戦略のおかげで「著しい成長」を遂げましたが、価格は過去2年間で70%も下落しました。Bain & Co.(ベイン・アンド・カンパニー)が集計し、Rapaport(ラパポート)が発表したレポートは、技術が改善したため生産コストが下がり、価格が下落したと報告しています。

また、このコンサルティング会社は、消費者調査を行った結果、ラボで製造されたダイヤモンドの需要は、カラット単価が1000ドル(約11万円)を越えると急激に下落することが判明したと報告しました。

Lightbox(ライトボックス)を製造しているデビアスを除く、ラボで製造されたダイヤモンドの生産者は、需要が製品の供給を上回っているため、価格は下落しておらず、特に生産が困難な大きい石の価格が下落していることはないとレポートで主張しました。

しかし、ベイン・アンド・カンパニーは、カラーストーンの価格がかつて下落したのと同様に、これらの合成ダイヤモンドの価格は、2つの市場が「分離する」点まで引き続き下落すると予測しています。

天然ダイヤモンド

世界最大のダイヤモンド採掘会社、デビアスとアルロサは、年初3カ月間、供給に対して引き続き慎重な姿勢をとっていました。クライアントであるダイヤモンド製造会社が、特に小さい低品質の商品の価格の低下および在庫の増加について不平を述べていたため、両社とも昨年と比較して原石の販売を削減しました。

デビアスの2月および3月のサイクルは合計4億9000万ドル(約543.9億円)となり、昨年の同時期に比べて13%の減少となりましたが、昨年の秋にいくつかの商品で価格を下げた後、現状価格を維持しました。業界はサイトの販売や個人の取引を含む低い割り当てを受け入れましたが、研磨済のダイヤモンドの価格が低下したため利幅が減少したと主張しました。

また、デビアスの2018年の生産高は、2017年の3500万カラットと比較して約10%減の3200万カラットとなりました。その一方では、売上高が4%増加し、これは高品質の商品の売り上げが伸びたためであると報告されています。

「2019年の世界のダイヤモンドジュエリー消費者の需要の見通しは、激化する米中貿易摩擦のリスク、経済成長のリバランスを試みる中国政府、為替レートの変動など、多くの逆風に直面しています」とデビアスは説明しました。

アルロサは、原石の2月の販売が1月の割り当てに対して23%増の3億4060万(約378億円)であったと発表しました。記事の見出しでは「増加」と報告されていましたが、今年最初の2ヶ月の売上高は、2017年の同時期と比較して35%減少となっています。同社は、「インドの宝飾業界が銀行融資を受けるのに妨げとなるいくつかの課題」があったにもかかわらず、インドの製造業者からの需要が改善したと述べました。

キンバリー プロセス

United Nations(国連)は、市民の紛争に加え、「組織的な暴力」が存在する環境で生産されたダイヤモンドを除外するために、キンバリー プロセス(K.P.)の指令を拡大することを目的とした決議を承認しました。これは、労働者と地域の住民が政府、地元の民兵または民間治安部隊によって殺害および虐待されたり、負傷を負わされる地域で生産されるダイヤモンドは、この決議が採択された場合に制裁措置が取られる可能性があることを意味します。これは、内戦に従事していない国からのダイヤモンドを初めてキンバリー プロセスによって除外するのを許可できる大きな拡大となります。

国連は決議を採択し、World Diamond Council(ワールド・ダイヤモンド・カウンシル)が承認しましたが、完全に解決されたというわけではありません。キンバリー プロセス自体が変更を採用する必要があり、これにはすべての加盟国から全会一致の承認が必要となるため、何も保証されていません。

米国はこの拡大を10年前に推進しようと試みましたが、この努力は無駄に終わりました。アフリカの多くの生産国、特にジンバブエと国境を接している国などが、より大きな隣国からの報復を恐れたため激しく反対しました。当時、ジンバブエ政府はMarange(マランジェ)鉱区での重大な人権侵害のため非難を受けており、キンバリー プロセスにおける変化が彼らに向けられていたと想定していました(これは完全に間違っているわけではありません)。

国連が決議を承認した後、非政府組織(NGO)の連合であるCivil Society Coalition(市民社会連合)は、ジンバブエの軍隊が採鉱プロセスに関与しているという事実に基づきジンバブエからダイヤモンドを禁止するという声明を発表しました。数百人もの採鉱職人が石を採掘するために地域に定住した後、2006年に軍隊がダイヤモンド鉱床の支配を暴力を行使して引き受けました。この紛争では約180人が死亡したと推定されており、人権侵害はその後何年も続いていると伝えられています。

10年前にキンバリー プロセスからジンバブエを追放する試みは、ジンバブエ政府が公認の権威であり、制裁は反乱軍にのみ適用されるという理由で失敗に終わりました。

Russell Shor は、GIA カールスバッドのシニア業界アナリストです。