Smithsonian(スミソニアン)宝石・鉱物コレクション


Placeholder Alt Text
ラズベリー色とミント色のトルマリンは、「蒸気船」という愛称を持ち、世界で最も高級かつ貴重な鉱物標本の一つです。 写真提供:Duncan Pay © GIA、スミソニアン協会 http://geogallery.si.edu
「液体、熱、圧力で誕生した鉱物と宝石は、息を呑むように美しい色、形、多様性で私たちを魅了します。」これらの言葉が、スミソニアン国立自然史博物館の宝石や鉱物の展示場へ訪れるお客様を歓迎します。 訪問客は自然の芸術性と向かい合うことで、宝石が地球から美しく、しかし粗い状態で、生まれてきたことを理解するようになります。

博物館学芸員のJeffrey Post博士は、それを多くの人々のための「教育の瞬間」と呼んでいます。 人々が「その感動的な瞬間を体験して、地球についての考え方が変わること」が目標だと彼は述べます。

地球の宝庫
学芸員のJeff Postがスミソニアン博物館の宝石と鉱物の宝庫を紹介するのでご覧ください。
2013年上旬、Post博士はカリフォルニア州カールスバッドキャンパスの米国宝石学協会(GIA)のチームを結成しました。 この動画シリーズでは、その訪問が記録されており、博物館で一般公開されている展示品や科学研究のコレクションの詳細をご覧いただけます。

このスライドショーでは、スミソニアン博物館とその宝石庫のツアーにお連れします。
ジャネットアネンバーグフッカー地質学・宝石・鉱物ホールやトパーズ結晶の大きさ​が訪問客の注目を集めます。 写真提供:Duncan Pay © GIA、スミソニアン協会 http://geogallery.si.edu によるご好意

スミソニアン

スミソニアン協会は、世界最大の博物館および研究機関です。 ワシントンD.C.のナショナル·モールにあり、19個の博物館やギャラリー、国立動物公園、9個の研究施設が含まれます。

この協会の元々の基金は英国の科学者James Smithson(1765年-1829年)が米国連邦政府への遺贈という形で設置したもので、彼が亡くなったときに授与されました。 1836年、当時およそ50万ドル(6000万円)相当の彼の遺産が正式に議会で受理されました。 数年間の議論を重ねた後、遂に1846年にスミソニアン協会はスミソニアンの理事会と事務員が管理する委託物として設立されました。

現在、National Museum of Natural History(国立自然史博物館)は、その広大な複合施設の一部になっています。 その博物館は1910年にオープンし、動物界や人間の起源、世界の文化、地球科学を網羅する展示品を所蔵しています。

博物館の二階の東ウィングには、ジャネットアネンバーグフッカー地質学・宝石・鉱物ホールがあります。 地球科学に焦点を当てたこの博物館では、世界最大級の宝石と鉱物のコレクションがあり、ホープダイヤモンドやローガンサファイア、ロッサーリーブススタールビーなどの世界的に有名な宝石や、あまり有名でなくても同様に素晴らしい無数の宝石や鉱物標本が展示されています。

一般公開展示場の真裏には鉱物研究ウィングがあります。GIAチームは、この国宝にアクセスすることを史上で初めて許可されました。

鉱物参照コレクション

博物館の鉱物参照コレクションは、3つある鉱物科学部門(宝石/鉱物、隕石、岩石/鉱石)の一つです。 Post博士の説明によると、博物館のこのエリアでは「地球の硬い非生物の部分...すなわち博物館内の生物学という大海原における鉱物科学の小さなオアシス」を取り扱っています。 さらに彼は「地球は主に岩石で構成されているので、ここで私たちの役割の重要性を理解しています」と加えます。


スミソニアン博物館の鉱物保管所とカタログシステムを説明するスミソニアン主任学芸員のJeffrey Post。 写真:Duncan Pay© GIA、提供:The Smithsonian Institution (スミソニアン研究所) http://geogallery.si.edu
この研究コレクションは世界中の約375,000の鉱物標本が所蔵されています。 最大規模のコレクションの一つであり、科学界に大きな価値をもたらしています。 コレクションの目的は、科学的研究を支援することです。 すべての標本は、博物館に来訪したり標本を送付したりする世界中の研究者たちが利用できるようになっています。 スミソニアン博物館自体の研究者の中には、ラボで働いている人もいます。

鉱物はDana Systemに従って配置され、化学成分や結晶構造に基づいて番号が付けられたカテゴリで分類されます。 このシステムは、アメリカの地質学者および鉱物学者のJames Dwight Dana(1813年‐1895年)が最初に開発しました。 彼は『System of Mineralogy』(鉱物学のシステム)(1837年)でそのコンセプトを概説しました。 1997年、その文書は、新たに発見された物質を追加するために鉱物学者のチームによって更新され、『Dana’s New Mineralogy, Eighth Edition』(ダナの新鉱物学、第8版)と改題されました。

スミソニアン博物館の鉱物は、類似した種類の鉱物を1つのグループにまとめて、長い引き出しに展示されています。 彼は目の前にある、産地別にアルファベット順に配列されているクォーツ標本を指します。

各標本にはコンピュータデータベースと連動する番号が付いており、標本の情報を検索したり場所を追跡したりできます。 もし研究者が特定の鉱物を研究したい場合、研究結果を博物館に共有するという契約のもとで、博物館スタッフが大き目の標本から小片を取って研究者に与えたり送付したりします。 この情報は、その標本のデータベースに後ほど追加されます。 妥当な研究機関の関係者である場合、世界中の科学者がこの参照レクションにアクセスすることができます。

世界に誇るリソース
スミソニアン博物館の鉱物参照コレクションを紹介し、世界の科学者にその価値を説明するJeff Post主任学芸員。

コレクションを整理する

Dana Systemを使用した整理によって、類似した種類の鉱物を一緒に発見し、科学者が非常に容易にアクセスできるようになります。 「一般にはあまり良くないですが、 科学者のためには良いことです」とDr. Post博士は指摘します。

コレクションのレイアウトを説明する彼は、緑柱石の前に立ち、「結晶と色が劇的なケイ酸塩の一つです」と述べます。

彼はアシスタントに緑柱石の引き出しを開けさせます。 これらの引き出しには、緑柱石の人気の理由である、素晴らしい様々な大きさや形の結晶や色が所蔵されています。例えば、ブルーグリーンアクアマリン、ピンクモルガナイト、グリーンエメラルド、ゴールドカラーヘリオドールなどがあります。 各標本は、箱に入っており、コレクションのコンピュータデータベースと連動する番号がつけられています。

緑柱石は、産地別にアルファベット順に配列されています。 最初の引き出しには、アフガニスタンとブラジルのようにAやBで始まり、次の引き出しにはビルマやカリフォルニア、コロンビア産が含まれ、その次にコロラド、アイルランド、イタリア、モザンビーク、ナミビア産が続きます。 アルファベット順の配置には州や国が混在していると彼は指摘します。

あとで異なる種類の鉱物が一緒に成長する可能性について尋ねたとき、彼は新しい産地であるナミビアのエロンゴ産の大きく素晴らしい標本を取り出しました。 美しいアクアマリンの結晶と2種類のトルマリンがちりばめられ、コントラストを強調するために白いアルバイトのマトリックスに埋め込まれていました。

この標本はアルバイトにアクアマリンとトルマリンを組み合わせたものです。 これはナミビアのエロンゴ産で、異なる鉱物種が一緒に成長できる素晴らしい例です。 写真:Duncan Pay© GIA、提供:The Smithsonian Institution (スミソニアン研究所) http://geogallery.si.edu
国立研究コレクションの利点は、コレクションが常に存在し続けることで、何世紀も前に科学者が研究した標本のサンプルを、何百年後かに別の科学者が再度研究できることだとPost博士は述べます。 そのおかげで、現在や将来の世代の科学者が利用できる、国際科学界の標準的な鉱物コレクションになっているのです。

鉱物の体系化
Jeff Post主任学芸員が、博物館の鉱物コレクションの所蔵場所を案内し、その論理的な組織が科学者にどのような利益をもたらすかを説明する。

ブルールームにて

コレクションの主な安全貯蔵場所は、ブルールームと呼ばれ、鉱物コレクションの中でも価値の高いものを貯蔵しています。 ブルールームやその近くの宝石金庫室には、約20,000の鉱物標本が所蔵されています。 この場所には、一般公開用の展示品に選ばれた標本のほとんどが保管されています。 またここは受け入れ場所の役割もあります。新しい標本が入ってきたときに、安全な作業場に配置して開梱や分類を行います。


宝石コレクションのブルールームにある数多くの引き出しの一つ。 世界中の産地の緑柱石の標本が保管されている。 写真:Duncan Pay© GIA、提供:The Smithsonian Institution (スミソニアン研究所) http://geogallery.si.edu
展示会の訪問者は、宝石の産地を多少は知っているが、必ずしも地球まで結びつけているとは限らないとPost博士は説明します。 しかし、彼らがギャラリーの中に足を一歩踏み入れて、美しく形成された結晶や展示された鉱物標本の驚くべき色を見ると、彼らはいわゆる「なるほど、と思う瞬間」を体験します。

彼はそれを説明するために、まだマトリックスに埋まった状態の複数のエメラルド結晶(ザンビア産の素晴らしい標本)を両手で取り上げました。 「このような標本は、関連付けに本当に役に立ちます」と彼は述べます。

ザンビアのエメラルドが素晴らしい鉱物標本の中で石炭のような黒雲母を背景に輝く。 博物館が獲得した最新の標本の一つである。 写真:Duncan Pay© GIA、提供:The Smithsonian Institution (スミソニアン研究所) http://geogallery.si.edu
これはSmithsonian Gemstone Collectors(スミソニアン宝石コレクター)のメンバーがスミソニアン博物館のために購入したものであると、彼は余談として述べました。スミソニアン宝石コレクターは、財政支援や彼が手に持っているような素晴らしい標本の収集も支援するエリートサポートグループです。

宝石金庫室にて

ブルールームのすぐ近くには、宝石金庫室があります。価値が非常に高い標本や新着の標本が、安全な環境下で保管されています。

彼はコレクションに新しく追加された標本を見せてくれました。魅力的な彫刻されたエメラルドが中心部にある魅惑的なプラチナとダイヤモンドのネックレスです。 ニュージャージー州のマドレーヌマードック氏によって博物館に遺贈されたものです。 エメラルド自体の重量は約100カラットです。 これの特殊で珍しい点は、その薄片です。エメラルドの結晶の断面に、結晶の元々の六角形の輪郭がそのまま残っています。 この素晴らしい色は、中央の淡い色調から外面に沿って暗い緑になります。

この歴史的な彫刻が施されたエメラルドは、プラチナ、ゴールド、ダイヤモンドのネックレスに使用されている。 おそらくスペインの征服者がコロンビアで獲得したこのエメラルドは、モーグルスタイルで彫られており、20世紀の変わり目にフランスでペンダントやネックレスに作り替えられた。 2007年にMadeleine H. Murdock氏によって寄贈された。 写真:Duncan Pay© GIA、提供:The Smithsonian Institution (スミソニアン研究所) http://geogallery.si.edu
博物館の研究者は、特徴的な内包物に基づいて産地がコロンビアであると特定しました。 このエメラルドはおそらく1600年代にコロンビアからインドに渡りました。インドでのモーグル支配者が新世界のエメラルドを特に好んでいたのです。 そしてインドに到着してすぐ、蓮の花のモチーフが刻まれました。 両側にある2つの小さなドリル穴は、魔除けや衣服の装飾として布やリボンに縫い付けるためのものでした。

台枠にあるマークは、そのエメラルドの彫刻が1920年代アールデコ時代にインドからパリに渡ったことを示します。 そしてパリで見事なプラチナとダイヤモンドの台枠にはもう一度埋め込まれました。 最終的に、Murdock夫人のコレクションへと辿り着きました。 Dr. Post博士は、コロンビアからインド、パリ、ニュージャージー州、ワシントンD.C.まで世界中を旅したエメラルドの素晴らしい例としてこれを挙げています。

歴史的なエメラルドペンダント
Jeff Postが博物館が最近入手した宝飾品である魅惑的な歴史を持つ素晴らしいエメラルドペンダントを披露する。
Post博士は、宝石金庫室コレクションから別の標本を披露し、小さな茶色の岩のように見える目立たない物体を手に取ります。 これはオーストラリア・クイーンズランド州にあるヨーワと呼ばれる小さな町の近くにあるオパール採鉱現場からの標本です。 彼は、地元の人々がヨーワナットと呼ぶ、興味深い見た目の物体だと説明します。 もちろん木の実ではなく、実は鉄鉱石の凝集物なのです。 鉱山労働者が凝集物を割ると、その中にオパールが見つかることがあります。


このユニークなヨーワナットのオパールは、片側がブラックオパールの外観を持ち、反対側が明るく見えるように割られています。 両側共に閃輝色になっています。 写真提供:Eric Welch © GIA、スミソニアン協会 http://geogallery.si.edu
特に熱狂的なオパール鉱山労働者がPost博士に最初に見せたこの標本は、割って開くと極めて美しいオパールの内部が露わになりました。 この「木の実」は、ちょうど中央で切られていないため、薄い層は暗い鉱物の背景を持ち、深い青色に見えます。厚い層は一般的なホワイトオパールのような見た目をしています。 両側とも見事な閃輝色です。 鉱山労働者はそれを「OMGオパール」と呼びました。彼がそれを開いて見せるたびに皆が「Oh my gosh!(信じられない)」と叫んでいたからです。博物館の寛大な寄贈者のおかげで、後に博物館のコレクションの一つになりました。

Dr. Post博士は、「...あらゆるものを見尽くしたと思ったときに...」というカテゴリにこれは属していると熱く語ります。

「地球は本当に素晴らしい場所であり、私たちはまだすべてを見尽くしたわけではないことを思い出させてくれます。自然がもたらす素敵で小さな驚きの一つです。大切なのは、必ずしも物体の価値ではなく、何か異なるという驚きの感覚なのです。 それが私たちがこれを好きになる理由の一つです。 私たちは、普通の考え方という枠から人々を少し外すのが好きなのです。」と彼は述べます。

ヤワーナッツオパール
ごく普通の塊が開かれ、隠された内部が露わになる。素晴らしい閃輝色のオパール。 Jeff Post主任学芸員が、オパール鉱山労働者の一生に一度の掘り出し物がどのように博物館コレクションになったのかを説明する。
Post博士が話すように、スミソニアンの宝石・鉱物の公開展示や研究コレクションの目的は、地球の本当の魅力を人々に認識させることです。 その哲学に触発されたPost博士と彼のスタッフは、地球の奇跡を広く深く集めたコレクションをデザインし、世界中の人々に見せるために開きました。
 

Merilee Chapinは管理編集者、Duncan Pay はGems & Gemology(宝石と宝​​石学)の編集長、そしてPedro Paduaはカリフォルニア州カールスバッドにあるGIAコンテンツ開発のビデオプロデューサーです。 Jim Shigley博士は、カールスバッドにあるGIAラボの著名な研究員です。

ワシントンD.C.のスミソニアン自然史博物館の国立宝石・鉱物コレクションの主任学芸員であるJeffrey Post博士、そして博物館の専門家であるRussell Feather氏に対して、著者は訪問中のご協力について感謝を申し上げます。