宝石事典へ戻る

モルガナイト

モルガナイトはベリル (緑柱石)のピンクからオレンジピンク色のものであり、エメラルドやアクアマリンと同じ鉱物です。

Responsive image
天然の色

ピンクとオレンジのブレンドは、典型的な天然モルガナイトの色です。

Responsive image
サイズ

146.58カラットのこのオーバルカットのモルガナイトは、かなりの大きさの石です。

Responsive image
多色性

この石は、その楕円形の両端に強い色を示します。

Responsive image
Responsive image
六角形

この結晶はベリルの典型的な六角形の成長パターンを示しています。

Responsive image
関連鉱物

このモルガナイト結晶はレピドクロサイトに埋まっています。

Responsive image
ステップ

この結晶は、六角形のステップの連なりに見えるように形成されています。

Responsive image
器具類

概要

モルガナイトについて

モルガナイトの微妙な色は微量のマンガンが原因で生じます。 モルガナイトは明確な多色性があり、淡いピンク色と深い青味がかったピンク色を示すので、成形加工の際には原石の方向を慎重に考慮する必要があります。 モルガナイトでは強い色が見られることは稀であり、最上品質の色が見られるのは一般的に大きい石です。

モルガナイトについて モルガナイトの歴史と伝承

サーモン色

未処理のモルガナイトは多くの場合、強いオレンジ色成分を有し、サーモン色を示します。


サイズ

モルガナイト結晶には大きなものもあり、ブラジル産の試料では10キロ以上の重さになることがあります。


金融王

モルガナイトは、史上最大の投資家の一人 J P モルガンにちなんで名付けられました。


事実

  • 鉱物:ベリル
    化学組成:Be3Al2Si6O18
    色:ピンクからオレンジピンク
    屈折率:1.583~1.590
    複屈折:0.007~0.008
    比重:2.80~2.91
    モース硬度:7.5~8

原産地

map

処理

宝石の色や見た目のクラリティを改変したり、耐久性を向上させるために使用される手法には様々なものがあります。

詳細

合成石

一部の宝石には、本質的に同じ化学的、物理的、および光学的特性を有するけれどもラボラトリーで人工的に成長させた、合成の対応物があります。

詳細

模造石

どんな宝石でも、その宝石を模造するために選ばれた人工素材あるいは天然素材によって、模倣することができます。

詳細
gem love

この宝石が好まれる理由

1
多相インクルージョン

モルガナイトには液体インクルージョンが見られることがあり、このインクルージョンには気泡とさらに固相も含まれている場合があります。

2
平たい柱状

モルガナイトは美しい六角柱状結晶を形成し、これらはアクアマリン結晶よりも平坦である傾向があります。

3
パステル調

モルガナイトは多くの場合、ピンクの明るいパステルカラーをしています。

品質係数

モルガナイトはピンク、紫がかったピンク、またはオレンジがかったピンク色で、多くの場合音で点灯します。

quality factors

一般的には淡い色調ですが、最高品質の素材は強いピンク色です。

クラリティ

quality factors

ファセットカットされたモルガナイトは、淡色でも強い色でも、通常は目に見えるインクルージョンがありません。

カット

quality factors

淡い色の結晶は色を強めるために少し深くカットされることがあります。

カラット重量

quality factors

モルガナイトは、大きなファセット宝石やデザイナーカットなど、様々なサイズからなります。

モルガナイト品質係数: 総合ガイド