モルガナイト品質係数


Placeholder Alt Text
モルガナイトという名前は、すぐに美しいパステルピンク、紫がかったピンク、そしてオレンジがかったピンクを思い起こさせます。 - ロバート·ウェルドン、ケンタッキー州メイズヴィルのメイヤー&ワットのご厚意
モルガナイトは、主に光の中のパステルカラーの宝石、ピンク、紫がかったピンクの柔らかな色合い、もしくはオレンジがかったピンク色として知られています。 明るい色調はモルガナイトにとって普通ですが、いくつかの石は強い色を表示します。

カラー
モルガナイトの色の範囲には、ピンク、ローズ、ピーチ、サーモンが含まれています。 今日の市場ではピンクとローズの色合いは、よりファッショナブルです。 ピーチとサーモンの色合いはあまり人気がないようですが、一部のコレクターは熱処理されたピンクの石よりもより高度な未処理の桃色の素材を大切にしています。

宝石はほとんどの場合、ピンクの色を改善するために熱処理されます。 処理は検出できません。 熱は黄色またはオレンジの色合いを取り払い、純粋でより魅力的なピンクを残します。 残った色は安定しており、退色しません。

この巧みに作られたファッションモルガナイトは、未処理の素材の典型的なサーモン乃至ピーチの色があります。 - ジョン·ダイアー、ジョン·ダイアー·アンド·カンパニーの宝石提供
このモルガナイトは、68.38カラットで魅力的なピンクがかった紫の色を表示するのに十分な大きさです。 - Robert Weldon(ロバート•ウェルドン)
アクアマリンとグリーン緑柱石のように、モルガナイトの色は多くの場合、明るいトーンです。 - Eric Welch
明るい色調、ピーチ色、という言葉が、このパステルオレンジ·ピンクのモルガナイトを豹変するには簡単​​な方法でしょう。 - Robert Weldon(ロバート•ウェルドン)
透明性
アクアマリン、その他の緑柱石の品種と同じように、多面的なモルガナイトには、通常、目に見える内包物がありません。 透明があまりない材料は、多くの場合、カボションとして刻まれたりカットされます。

最も多面的なモルガナイトは、​​目に見えるインクルージョンがありません。 - Robert Weldon(ロバート•ウェルドン)
カット
モルガナイトは明確な多色性(淡いピンクや深い青みがかったピンク)を持つので、それはラフを慎重に形作るために配向させる必要があります。 モルガナイトの強い色合いはまれであり、宝石は通常、最高の色を達成することに対してかなり大きいことがあります。 モルガナイトは、すべての標準的な形や大きさだけでなく、ユニークなデザイナーカットにカットされます。

モルガナイトは、標準およびカスタムの形状にカットしたスタイルをカットし、すべてのサイズにて提供されています。 - Robert Weldon(ロバート•ウェルドン)
多くの宝石と同様に、造形されたモルガナイトの一致したペアはかなりの高級品です。 - ロバート·ウェルドン、オミ宝石の提供。
この50.92カラットの デザイナーカットのモルガナイトのファセットおよび均整は、石から最大限の生命を引き出すように設計されています。 – リディア・ダイヤー、宝石提供:John Dyer & Co.
カラットの重量
モルガナイトの結晶はとても大きくなることがあり、非常に大きいファセットカットされた石が、他の多くの宝石に比べてより一般的に見られます。 より大きなサイズはまた、強い色を示す可能性が高くなります。

モルガナイトの結晶は、時には非常に大きいです。 - Brendan Laurs(ブレンダン•ラールス)
ファセットカットされたモルガナイトは100カラットを超え、大きなサイズで見つけることができます。 - Robert Weldon(ロバート•ウェルドン)