モルガナイトについて


ベリルの長所の一つは、幅広い色が揃うことだ。 これらの結晶は、アクアマリンの緑色と青色、そしてモルガナイトのピンク色といった、パステルの色調を示す。 - 写真提供:Alan Jobbins。
ペグマタイトで発見される多くの宝石と同様に、モルガナイトは大きな結晶を形成することがあります。 ブラジルの鉱山労働者は、22ポンド(10㎏)の大きさの結晶を 発見しました。 ワシントンD.C.にあるスミソニアン学術協会のコレクションには、236カラットおよび250カラットの重さの2つのファセットカットされた 宝石が あります。 モルガナイトはアクアマリンよりも希少ではありますが、大きなカット石は、今日の市場で容易に入手可能です。 これはおそらくモルガナイトが、ジュエリーを購入する一般消費者にアクアマリンやエメラルドのように幅広く宣伝販売されていないためです。

市場にあるモルガナイトのほとんどは、ブラジルのミナスジェライス州にあるペグマタイト鉱床から産したものです。 アフガニスタン、モザンビーク、ナミビア、米国は小規模な産出地で、供給は安定していません。 現在の産出量は少量ですが、元々あるマダガスカルの鉱山は今でも最良の基準となる素材を産出しています。 この地で採れる赤紫色の原石は、他の産出地の結晶よりも優れたものでした。

ブラジル・ミナスジェライス・ガリレイラのセラドウルクン鉱山で採掘されたこの素晴らしいモルガナイトの高さは11センチです。 このファセットストーンは84.88カラットです。 - ジェフ・スコビル - Jeff Scovil。
このモルガナイト鉱床はブラジルのミナスジェライス州、ゴベルナドールバラダレス近郊にある。 モルガナイトは通常、マグマから絞り出された流体が固化したペグマタイトと呼ばれるものから採掘されます。- Eric Welch/GIA。