モルガナイトの歴史と伝承


Placeholder Alt Text
モルガナイトはアメリカの資本家であり宝石愛好家であるJP Morgan - Corbis
1910年にマダガスカルでローズベリルが発見され、新たな産地になったことに続いて、George Kunzは1910年12月5日にニューヨーク科学アカデミーの会合で、彼の友人であり、顧客でもある J.P. Morgan の名誉を称えるためにその石を「モルガナイト」と命名することを提案した。 そして、ニューヨークのアメリカ自然史博物館、パリの自然史博物館への彼の重要な贈り物である宝石に対して、彼の友人であり顧客であるJ.P.モーガンに因むモルガナイトの名前を、1910年12月5日のニューヨーク科学アカデミーの会合で提案しました。  モーガンは1900年代初頭、最も重要な宝石コレクターの一人でした。彼のコレクションの一部はティファニーアンドカンパニーとそのチーフ宝石鑑定士、クンツにより組み立てられました。
 
クンツによって注意されたモルガナイトの興味深い特性の1つはX線を照射した時、これは強烈な赤色の蛍光でしたが、X線源をオフにしたときはリン光がありませんでした。
 
1989年の10月7日に、モルガナイトの最大の標本の1つが発見されました。 それはメイン州、バックフィールドのベネット採石で見つかっており、ややオレンジがかった色合いで長さはおよそ23センチから30センチでした。 このよく形成された結晶は50ポンド以上で計量し、「メイン州ローズ」と呼ばれていました。


鉱山労働者は、1911年にマダガスカルで最初のモルガナイト片を発見しました。 これらの鉱床からのマゼンタ色の原石は、いまだにさまざまな色の標準を確立しています。 このサンプルの重量は、約12オンスです (349 g)。 - Maha Tannous