業界分析

2019年ラスベガスショーでの低迷するビジネス、ラボグロウンダイヤモンドの好調な需要


Placeholder Alt Text
2019年JCKショーは、従来使用されていた会場 Sands Convention Center(サンズコンベンションセンター)で開催された。来場者の数が減少したにもかかわらず、出展者は会場が移動したことに満足していた。写真撮影:Russell Shor/GIA

5月30日から6月3日までの間に様々なラスベガスのショーが開催される前、米国の株式市場が2週間で約7%も急落したため、これらのショーにおける取引は慎重に行われていました。ジュエリーデザイナーや宝飾品の製造業者は需要がまずまずであったと報告したものの、ダイヤモンドの裸石および宝石のディーラーは、昨年と比べてビジネスが下降気味であると述べました。

小売業者は購入するためにブースに立ち寄るものの、大量の注文を出すことに関しては慎重な態度をとっていた、と製造業者は説明しました。ほとんどの場合、「様子を見ましょう」と言われて商談が終わりました、と大企業の協会であるJCK Plumb Club (JCKプラムクラブ)のある出展者は述べました。

過去2年間続いているトレンドと同様に、宝石商はより多くのカラーストーンを商品に取り入れていました。これは、カラーストーンが通常はダイヤモンドよりも安価であり、多くの場合は利幅が大きいためです。

このショーで展示されていたジュエリーデザインから判断すると、虹、トゥッティフルッティ、その他の様々な派手で煌びやかな色を組み合わせた作品が、ほとんどの価格範囲の商品で主に見られました。デザイナーは、マルチカラートルマリン、ファンシーカラーのサファイア、中級および高級の品質の様々な色のガーネット、統一小売価格が安めの染色されたガラスやとクォーツを好んでいました。

American Gem Trade Association(アメリカ宝石取引協会)のショーに出展したカラーストーンの宝石商は、当然のことながら今年はこのような素材、特に安価のものに関して需要があったと説明しました。
 

リングホルダーに通してある6つの異なる色のトルマリンのリング。
AGTAのCarolineが制作したこれらのリングのような、マルチカラートルマリンの作品が人気を集めていた。写真撮影:Russell Shor/GIA

経済的および政治的不安定、過剰在庫(特に標準未満のカラット数の宝石。小売業者はオンラインストアから様々な種類のこのような宝石を選ぶことができます)、覚書の取引の条件に対する銀行による引き締めのため、ビジネスが低迷したダイヤモンドディーラーは、JCKショーの出席者は少なく、売上が伸び悩んでいたと報告しました。

今秋および来年のダイヤモンドジュエリーの需要を高めるために、Diamond Producers Association(ダイヤモンド生産者協会、DPA)は、自分のために宝石・宝飾品を購入する女性を対象にしたキャンペーンを開始します。

1,000万ドル(約10.8億円)投資して行われる#ToMeFromMeと題したこのキャンペーンは「年齢が高いミレニアル世代の女性」を対象にしています。

DPAは、女性が昨年自分自身のために購入したジュエリーは平均1300ドル(約14万円)であり、米国のダイヤモンドジュエリーの売上高の32%を占めていると報告しました。

このショーではダイヤモンドの需要が低迷していたにもかかわらず、JCKラスベガスショーではダイヤモンドの起源を追跡する新しいサービスが紹介されていました。GIAダイヤモンド起源レポートに加えて、De Beers(デビアス)とAlrosa(アルロサ)が鉱山から市場へとダイヤモンドが到達するまでの独自のトラッキングを導入しました。また、以前に採鉱された高価値のダイヤモンドを追跡するための鑑別システムであるCullinan(カリナン)ダイヤモンドレポートが紹介され、Sarine(サリネ)はカットプロセスを通じてダイヤモンドの進捗状況をグラフ化するサービスを提供しました。

球体のバルト海沿岸産の琥珀が質感のあるシルバーの3つの輪のひとつにセットされている。
約20mmのバルト海沿岸産の球体の琥珀が質感のあるシルバーにセットされたこのジュエリーは、JCKショーのポリッシュパビリオンで出展された。デザイナーは、この作品のように外観を大胆に見せるために手頃な価格の宝石をますます取り入れていた。写真撮影:Russell Shor/GIA

ラボグロウンダイヤモンド

今年は天然ダイヤモンドの裸石に対する需要が低迷していたものの、ラボグロウンダイヤモンドは昨年よりもさらに話題になっていました。JCKショーでは約50社がラボグロウンダイヤモンドを販売しており、これは昨年と比較してかなりの上昇となりましたが、価格は大幅に低下しました。このため宝石・宝飾業界市場の将来について懸念が高まりました。

この話題の多くは、昨年のラスベガスショーで初登場したデビアスのラボグロウンダイヤモンドのジュエリー、Lightbox(ライトボックス)が主催した講演会で取り上げられました。

ライトボックスのブランド戦略コンサルタントを務めるEmily Condoは、アンケートによると消費者の44%がラボグロウンダイヤモンドの商品についてまだ聞いたことがなく、37%がそのようなダイヤモンドを誤って「類似石」と呼んでいると回答したと報告しました。

また、このアンケートでは、ほとんどの消費者が、ロマンチックな出来事以外の贈り物や日常着用する「あまり重要でない」機会のために選べる宝石が増えるため、ラボグロウンダイヤモンドに対して偏りがなかったり好む傾向にあることが判明したと報告しました。消費者は、価格が上昇するにつれて強い価格抵抗を示しました。78%の消費者がラボグロウンダイヤモンドには1,000ドル(約10万円)以上は費やさないと述べました。

ラボグロウンダイヤモンドをカラット単価800ドル(約8万6000円)と石留めの費用を加えて販売するライトボックスは、1年間オンラインで販売した後、この売上の89%が総重量0.5カラットの作品であり、そのうち51%が無色、27%がピンク、22%がブルーのダイヤモンドであったと報告しています。購入者の68%は女性で、自分自身のために購入しており、その大部分は25歳から34歳の年齢層でした。

2020年の第2四半期にオレゴン州にある工場がオンラインで販売するようになった後、ラボグロウンダイヤモンドの生産は年間20万カラットに達する予定である、とデビアスは発表しました。

 

宝石用ピンセットが、オレンジダイヤモンドをつまんでいる。
JCKラグジュアリーで出展された3.01カラットのファンシービビッドオレンジダイヤモンド。小売業者が慎重な姿勢をとっていたため、高級品の需要は今年低迷した。写真撮影:Russell Shor/GIA

社会的責任および持続可能なビジネス慣行

このショーの間に2回行われたパネルディスカッションでは、自分のジュエリーが産出された場所に関して多くの情報を入手したいと希望する消費者に対してどのように対応するべきかということが話題になりました。 

GIAは「新たな消費者の期待の中における持続可能性の容認」を発表し、Responsible Jewelry Council(責任あるジュエリー協議会、RJC)主催のパネルディスカッションは、企業の社会的責任と持続可能なビジネス慣行に焦点を当てました。

RJCのパネルディスカッションには、Signet Group(シグネットグループ)のCEOであるGina Drosos、メイン州で8つの店舗を経営するDay’s Jewelers(デイズ・ジュエラーズ)の社長のJeff Corey、Rosy Blue(ロージー・ブルー)のRaj Mehta、Luxury Fintech(ラグジュアリー・フィンテック)のEric Jens、デビアス倫理取り組み部門長のFeriel Zerouki、ニューヨークのReal gems(リアル・ジェムズ)のShekar Shah、RJCでエグゼクティブディレクターを務めるIris van Vekenが参加しました。

成功を長続きさせるためには、まず従業員や顧客と共に社内でベストビジネスプラクティスを行うことから始め、消費者が「その企業のDNAに浸透している」ことを確認する必要がある、と参加者は同意しました。

人々は価値のある企業を信じたいと思っています、とCoreyは述べました。

倫理的に調達された製品に関して議論が進む中、van Vekenはバリューチェーン全体に共通の責任があると主張しました。

持続可能な調達の慣行を取り入れるのに最も困難な分野の一つは、職人による採鉱です。このような鉱山労働者はカラーストーン産業には欠かせない存在であるため、しっかりと保護する必要がある、とShahは説明しました。

ダイヤモンドの採掘職人に力を与えるために、デビアスはGem Fair(ジェム・フェア)と呼ばれるプログラムを開発し、採鉱したダイヤモンドを下流市場まで届けることで職人たちに最高の利益をもたらすことが可能になる、とZeroukiは語りました。

信頼と透明性が新しい資本であり、人々は自分が購入したものが何か良いことをしているという自信を持ちたいのです、とvan Vekenは説明しました。

新しい会場

今年のJCKとAGTAのショーは、新しい会場で開催されました。JCKショーはSands Convention center(サンズコンベンションセンター)に戻り、AGTAショーは Las Vegas Convention Center(ラスベガス・コンベンションセンター)に移動し、Antique and Estate Jewelry and Watch Show(アンティーク・アンド・エステート・ジュエリー&ウォッチ・ショー)と同時期に開催されました。

新しい会場での移動がより簡単なため、ほとんどの出展者は会場が変更したことに満足していました。

Russell Shorは、GIA カールスバッドのシニア業界アナリストです。