香港ジュエリーショー:養殖真珠の世界最大のアッサンブラージュ


2011年、1,200トン以上の淡水養殖真珠が、中国で生産された。 2012年香港ジュエリーショーでのこの中国の卸売業者のブースにあるボタン、ラウンド、セミラウンド、および低品質の染色された真珠は、その生産のなかでも典型的なものだ。 写真:Russell Shor
養殖真珠は、環太平洋地域の至るところおよび中国の川や湖で養殖されています。 原産地に関係なく、南洋、アコヤ、仏領ポリネシアの黒、またはフィリピンからのゴールドに代表される大半の養殖真珠は、香港で販売されます。

2012年のショーでは、あらゆるサイズと種類の養殖真珠が川の流れのように展示されており、
世界でも最大規模だった。 写真:Russell Shor
毎年9月中旬に開催されるHong Kong Jewellery and Gem Fairほど顕著な場所はどこにもありません。 ショーは空港近くのAsia World Expo(アジアワールドエキスポ)と市の中心部にあるHong Kong Convention & Exhibition Centre(香港コンベンション&エキシビションセンター)の2つの会場で開催されます。数千人が、2013年9月11日~17日に再び売買するためにそこに集まってきます。
 
中国の淡水養殖真珠のこの品揃えは、2012年Hong Kong Jewellery and Gem Fairで様々なサイズや色の真珠が販売されることを示している。 写真:Russell Shor
1,000近い真珠卸売業者が、一箇所で養殖真珠を最大に集積できるアジアワールドエキスポの特化したパールパビリオンに集合します。 また、トップブランドは、コンベンションセンターの香港プレミアパビリオンで最高級の商品を展示します。 Paspaley Pearling Company(パスパレー・パールズ社)とRobert Wanを含む主要な海水真珠の生産者の多くは、ショーと連動して新しい商品をオークションにかけます。