ジュエリーキャンプ2013からのレポート


ジュエリーキャンプのセッション中に競売人のJoseph DuMouchelleは、出席者に1つの宝飾品を見せます。
あなたが手に3つ以上のゴールドの指輪をするならば、法律違反をしていることになりえます。というのは、あなたがイタリアのルネッサンス期に生きていた女性であればの話です。 14〜15世紀の間のヨーロッパでの奢侈禁止令により、特定の階級の人々が合法的に身に着けることができる華美な装飾品が限定されていた、とアトランタで行われた2013年アンティークジュエリーとアートカンファレンスでのプレゼンテーションでJan Krulick-Belinは述べていました。 芸術と宝飾品の歴史学者である彼女は、18世紀以前からの作品がほとんど現存していないので、過去の宝飾品を垣間見て絵画を研究していました。 例えば、花嫁の肖像画は、上質なドレスと高価な宝飾品に身を包んだ若い女性を示しており、これらは露出度が高いと見なされることなく短時間着用するのが許可された唯一のものでした。

髪の毛、ドレス、宝飾品がその者が上流階級であったと示しているLucina Brembati (左)のような肖像画から、歴史学者は過去のスタイルを研究しています。 彼女の指輪の一つには、ブレンバティ家の紋章があり、彼女の高貴な地位へのもうひとつの手がかりとなります。 1518-1523年頃のLorenzo Lottoの絵画。BergamoにあるAccademia Carraraのコレクションより。 右のビアンカ·マリア·スフォルツァの肖像画は、彼女が神聖ローマ帝国の皇后として任命される前に、結婚の条件として、彼女の夫であるマクシミリアン一世の依頼で描かれました。 1493年頃のGiovanni Ambrogio de Predisの絵画。National Gallery of Art(国立美術館)のコレクションより。
クラリック·ベリンの話は「ジュエリーキャンプ」として知られている第36回の年次会議で語られた多くの話の一つでした。2013年に初めてアトランタで開催されたこのイベントは、アールヌーボー様式の宝飾品専門家である Joseph Sataloff博士によってメイン州で始まりましたが、後にニューヨークに移動し、主催者が変更しました。 Joyce Jonasは、宝石鑑定士および教育者であるエドワード・リーワンドが妻のサンディとともに引き継いだ2006年まで、イベントを主催していました。

私たちは、アトランタのジュエリーショーと同時に開催されていた、コブガレリアセンターで8月1~3日に行われた今年の会議に出席する機会がありました。 約80名の宝石専門家やコレクターが、アンティークジュエリーの様々な側面についての3日間にわたる講義を聞くために出席しました。

今年のコンファレンスにおいて専門家に交ざりプレゼンを披露したのが, デンマークのジュエリー企業Georg Jensen(ゲオルグイェンセン)について語ってくれたDrucker Antiques(ドラッカーアンティーク)のWilliam Drucker(ウィリアムドラッカー)や,執筆家であり博物館コンサルタントを務めるTiffany & Co(ティファニー&シーオー)のJanet Zapata(ジャネットゼパタ) でした。 ダイヤモンドの流通市場について講演したThe Rapaport Group(ラパポート·グループ)のEzriel Rapaport、オークションにおける宝飾品販売について講演したJoseph DuMouchelle、そしてコスチュームジュエリーデザイナーのジョセフ・オブ・ハリウッドについて講演したTina Joseffでした。 また、ジョージ王朝やビクトリア朝の宝飾品の鑑別、有名な女性の宝石商、フランスとイギリスのゴシックリバイバルの宝飾品、宝飾品のスタイルの150年、鑑別と価格設定についてのインターネットでの研究、およびアンティークジュエリーの素早い実践的な評価についての講義にも出席しました。

George Jensenの稀少なデザイン

100年以上ある歴史の中で、 Georg Jensenの宝飾品は、価値を保持し、今でも手作りされている、と同社のシルバージュエリーの第一人者であるDruckerが述べました。 Georg Jensen(1866-1935)は、彫刻家としての訓練を受け、コペンハーゲンの小さな工房で宝飾品を作り始めました。 彼は、いまだに同社のデザインに影響を与えているスタイルであるアールヌーボーで働いていました。 他のJensenのデザイナーは、デザインに独自の美学と現代的影響をもたらしていました。 Arno Malinowskiというひとりのデザイナーは、金属が不足していた第二次世界大戦中に鉄やシルバーを使用して、金属細工の技術を開発しました。 製品は、刀金具を飾るために日本で伝統的に使用された金銅合金である赤銅と類似していました。 マリノフスキーは短期間のみこの技術を使用したので、これらのGeorg Jensenの作品は稀少であり、非常に人気があります。

ダイヤモンドのリサイクル   

古いものすべてが再び新しく再生する。ダイヤモンドも例外ではありません。 Rapaport Group(ラパポート·グループ)のグローバルトレーディング・ディレクターであるEzriel Rapaportは、現在、流通市場のおかげでより多くのダイヤモンドが南アフリカよりも米国から実際に来ていることを指摘しました。 これは団塊世代の一部に生じた「ダイヤモンドのリサイクル」の動きの高まりが牽引しているのです。 つまり、この世代は、ダイヤモンドを売却または買い換えているのです。 約15億ドル相当のダイヤモンドが、毎年リサイクルされ、宝石商に大きな利益をもたらしています。

ダイヤモンドの流通市場の状況について語る Rapaport Group(ラパポート·グループ)のグローバルトレーディング・ディレクターであるEzriel Rapaport。 写真提供:ASK Media(ASK メディア)/The Antique Jewelry and Art Conference(アンティークジュエリーとアートカンファレンス)。

スターの宝石商

Joseff of Hollywood(ジョセフ・オブ・ハリウッド)の社長兼最高経営責任者(CEO))である Tina Joseffは、1928年に彼女の義父が事業を始めた会社についての興味深い逸話を話してくれました。 Eugene Joseffはロサンゼルスに移動する前にシカゴの広告会社で働いていて、急成長している映画産業のために宝飾品をデザインおよび製造するビジネスを始めました。 彼は、Walter Plunkett(「風と共に去りぬ」や「パリのアメリカ人」)やAdrian Gilbert(「オズの魔法使い」)としても知られるAdrian Adolf Greenbergを含む有名な衣装デザイナーと働きました。 ジョセフの宝飾品は、シルバー、ゴールド、プラチナ、プラスチック、木材および天然の宝石を含むその他の素材を使用していました。 また、宝飾品がカメラのライトを反映しないように、彼は秘密のめっき技術も開発しました。

多くの大物ハリウッドスターは、スクリーンの上でも私生活でも、Joseffの創作品を豊富に使用していました。 最も記憶に残る作品のいくつかは、「風と共に去りぬ」(1939)のVivien Leighのスワッグネックレス、「リトルプリンセス」(1939)のShirley Templeのクラウンと笏、「ジーグフェルドフォーリーズ」(1944)のジュディ·ガーランドのラリアットネックレスが含まれます。 1948年にJoseffが飛行機事故で亡くなったとき、彼の妻であるJoan Castle Joseffが事業を継続し、「紳士は金髪がお好き」(1953)および「お熱いのがお好き」(1959年)のMarilyn Monroeそして「ハイソサエティー」(1956)の Grace Kellyのようなスターの宝飾品を作成しました。

Vivien Leigh と Clark Gableが登場した映画「風と共に去りぬ」からのこのスチール写真では、純銀にセットされているオーストリアのアメジストとホワイトサファイアが特徴であるリーが着用していたネックレスをご覧いただけます。 写真提供:Joseff-Hollywood(ジョセフ・オブ・ハリウッド)
映画女優 Grace Kelly (左)が映画「ハイソサイエティ」用に模造真珠のイヤリングを身に着けていた(右)時の様子。この作品は一躍「星のジュエラー」として脚光を浴びるようになったJoseff of Hollywood(ジョセフ・オブ・ハリウッド)がデザイン。写真提供: Joseff-Hollywood
現在、Joseff-Hollywood(ジョセフ-ハリウッド)は、主に航空宇宙産業用の精密インベストメント鋳造品を生産していますが、ジョセフが亡くなる直前に大量に購入したオリジナルの素材を使用して、小売用のコスチューム宝飾品をいまだに製造しています。 ヴィンテージの小売用コスチューム宝飾品とスタジオ作品は、コレクターの間でいまだに需要が大変高まっています。
 

実践的な購入シミュレーション

別のセッションでは、Brixton & Gill English (ブリクストン&ギル・イングリッシュ)のカフスおよびアンティーク宝飾品卸売会社のFine Jewelry by Louis(ファインジュエリー・バイ・ルイス)の宝石鑑定士および創設者であるLouis Scholzが主導をとりました。 この実践的なセッションでは、25品の宝飾品の素早い検査が紹介されました。 1つの作品ごとに1分間、ルーペのみを使って、参加者は各作品の年数、宝石、および金属含有量を判断し、その特徴を評価しました。 この経験は慎ましいものでしたが、遺産による宝飾品を購入する際、しばしば鋭い目、経験、および優れた本能とともに迅速な評価が必要とされるので、有益となりました。

アンティークの宝石商であるLouis Scholzが率いるカンファレンスの実践的な購入シミュレーション中に、帽子のピンを検査するジュエリーキャンプの出席者。 写真提供:ASK Media(ASK メディア)/The Antique Jewelry and Art Conference(アンティークジュエリーとアートカンファレンス)。

Judy Colbertは、ヴィジュアルリソースのマネージャであり、Peggy Tsiamisはカリフォルニア州カールスバッドにあるGIAのRichard T. Liddicoat宝石学図書館でヴィジュアルリソース図書館員として勤めています。