保管庫から

GIAによる誕生石展示


Article Landscape New

写真: Orasa Weldon/GIA,

Keith G. Wurtz博士による寄贈品のアクアマリンのリング、Brumani(ブルマニ)提供のブルートパーズのイヤリング、オーストラリアのクイーンズランド州産ボルダーオパール。

うっとりするほど美しい"GIA Celebrates Birthstones”(GIAによる誕生石の祝賀展)は、GIA博物館コレクションの見事な多様性が際立つ展示で、誕生石の意味と象徴に隠れた謎をひもといています。この展示では、250個以上もの宝石、鉱物やジュエリーを中心に紹介しています。

Birthstones exhibit amethyst necklace

1月

ガーネットには実にさまざまな色があります。ガーネット(garnet)という名称は、ザクロ(pomegranate)に由来します。その深い赤色の変種がザクロの種の色に似ているからです。ツァボライトと呼ばれるグリーンの変種は、1971年にケニアのTsavo National Park(ツァボ国立公園)で発見されました。ガーネットは、着用すると穏やかさをもたらすと信じられています。

2月

アメシストは、クォーツの中の紫色の変種です。古代ギリシャ人は、ワインの神、バッカスにこの鉱物を関連付けていました。アメシストを身に着けると、酔いを防ぐことができると信じられています。アメシストが着用者にパワーをもたらすという現代の言い伝えは、おそらく酔いが無く、頭がさえている状態に由来するのでしょう。

3月

アクアマリンは、鉱物のベリルのうち青から緑がかった青の色の変種です。アクアマリン(aquamarine)という名前は、aquaが「水」、marinaが「海の」という意味を持つラテン語の2つの単語に由来します。結晶がかなり大きく成長するため、宝石カッターが大きめの宝石に仕上げることが可能となります。アクアマリンは結束を意味すると伝えられています。

4月

ダイヤモンドは宝石の中で最も硬い宝石です。ダイヤモンドは地球の奥深くで形成され、火山の大噴火によって地表に運び出されます。ダイヤモンドの中には30億年以上も前に形成されたものもあり、忍耐を意味するとされるのもこのためでしょう。

5月

エメラルドは最も貴重な宝石のうちのひとつです。ベリルの青緑色の変種であるエメラルドは、かつて目の病気を治す効果があると信じられていました。コロンビアのエメラルド鉱山は伝説に残るほど有名であり、最高級のエメラルドを産出し続けています。エメラルドは着用者に常に喜びをもたらします。

6月

真珠は他の宝石とは異なり、母貝の軟部組織で形成されます。天然真珠は非常に希であり、ほとんどの真珠が養殖真珠です。養殖真珠は、母貝にビーズを挿入し、真珠ができるまで約2年間母貝がそのビーズを真珠層で覆いながら形成されます。真珠を着用すると、心を明確にすると信じられています。

7月

ルビーはその豊かな赤い色のゆえ、宝石の中で非常に高く評価されています。その中でも最高級のものは、ミャンマー(ビルマ)産です。古代では、ルビーを着用すると戦場でたくましく勇敢に戦えると信じられていました。また、調和をもたらす源でもあると伝えられています。

8月

ペリドットはオリビン(カンラン石)鉱物の中で宝石変種のものです。高品質のペリドットが産出された最古の原産地は、Zabargad(ザバルガッド)と呼ばれる紅海にある小さな島です。また、ペリドットは隕石からも回収されています。ペリドットを着用すると純潔をもたらすと信じられています。

スピネルの色相はまるで画家のパレットのように広範囲であり、オレンジ、鮮烈な「ストップライト(信号機)」の赤、鮮やかなピンク、あらゆる色合いのパープル、ブルー、バイオレットから青味がかった緑色など多彩です。高級なスピネルは王や皇帝の秘蔵財産となりました。スピネルは健康を促すと信じられています。

9月

サファイアは、虹色のすべての色がありますが、その中でも最も人気の高いのがブルーサファイアです。同様に貴重とされているものは、パパラチャとして知られているピンクがかったオレンジ色のサファイアです。パパラチャは蓮の花の色にちなんで名付けられました。サファイアは忠誠心を意味します。

10月

オパールは、遊色効果と呼ばれる、虹色に輝く色を放つことがあります。暗い地色に遊色効果が見られるものは、ブラックオパールとして知られています。世界最高級のオパールのほとんどがオーストラリアで産出されます。オパールは、希望をもたらす宝石です。

トルマリンには幅広い色のものがあります。2色のものやマルチカラーのものはよく見られます。外側が緑で内側がピンクのものもあり、これはウォーターメロントルマリンと呼ばれています。トルマリンを着用すると、強さが与えられると信じられています。

11月

シトリンは、金色がかった黄色のクォーツの変種です。シトリンのほとんどはアメシストを加熱処理したものです。主な原産地はブラジルですが、ザンビア、ナミビアやマダガスカルのようなアフリカの多くの国でも発見されます。シトリンを着用すると、意識が高まることがあるでしょう。

トパーズはゴールドのような色で有名ですが、ブルーやピンクのものもあります。色に関係なく、トパーズを着用すると繁栄をもたらすと伝えられています。

12月

トルコ石には銅が含まれており、これが青または緑がかった青色の原因です。例えばバリシア石のように、多くの鉱物は自然にトルコ石と似ていることがあります。他の鉱物でトルコ石に似せるために染色されることもあります。トルコ石は、着用した方に平和をもたらします。

タンザナイト (鉱物のゾイサイトの変種) は、1967年にタンザニア北部で発見され、ここは依然として世界で唯一の原産地となっています。そのビロードのような紫がかったブルーの色は、他の宝石とは比べ物にならない美しさを放ちます。タンザナイトを着用するとバランスを保つことができると伝えられています。

***

月によっては複数の誕生石があるのはなぜでしょうか?

現代の誕生石においてひとつの月に複数のものが設定されている理由には、伝統が異なることがしばしば挙げられます。しかしもっと重要な理由として、ある宝石はあまりにも稀少で高価であり、またある宝石はさほど人気がない、ということが挙げられます。