宝石事典へ戻る

琥珀

琥珀は、自然のタイムカプセルです。 この化石化した樹脂には、数百万年前の地球の生命の断片が含まれています。

Responsive image
昆虫インクルージョン

この93.87グラムの琥珀には、完全に保存されたコオロギが入っています。 この石は、GIAのコレクションにあるものです。

Responsive image
自由な形

内包物のある琥珀は、通常、自由形状のカボションに​​研磨されます。

Responsive image
独特の光沢

琥珀は硬度が低く、研磨面は樹脂状からガラス状の光沢を示します。

Responsive image
Responsive image
アラスカの美

このアラスカ産琥珀原石の8x6x4cmの塊は、重さが118.3グラムです。

Responsive image
時間の中に閉じ込められて

この作品には、蚊を含め、数多くの昆虫インクルージョンが含まれています。

Responsive image
内包物が価値を高める

面白い内包物を持つ作品は、それがないものより価格が高くなります。

Responsive image
器具類

概要

琥珀について

ギリシャ人は琥珀を「エレクトロン」や「太陽が作ったもの」と呼んでいました。ホーマーはその鮮やかな輝きを絶賛しました。 エジプト人は、来世のためにと、琥珀を墓に埋葬しました。 今日の科学者も琥珀の価値を高く評価しています。それは、琥珀に含まれている無数の動植物の内包物を介して、先史時代の生態系の3次元の世界が開かれるからです。

琥珀について 琥珀の歴史と伝承

誕生石 & 記念日

琥珀は誕生石ではありませんが、牡牛座の星座に関連付けられています。

3.2億

最古の琥珀は、石炭紀後期(約3.2億年前)にさかのぼります。


6トン

ロシアのピョートル大帝に1716年に献上されたアンバールーム(琥珀の部屋)は、6トンの琥珀から作られました。


タイムカプセル

1000種類の絶滅動物種、ならびにさまざまな種類の植物が琥珀の中で見つかっています。


事実

  • 有機質で鉱物ではない:化石樹脂
    化学組成:
    C10H16O
    色:黄、オレンジ、茶色
    屈折率:1.540
    比重:1.08
    モース硬度:2.0〜2.5

見つかった場所

map

処理

宝石の色や見た目のクラリティを改変したり、耐久性を向上させるために使用される手法には様々なものがあります。

詳細

合成石

一部の宝石には、本質的に同じ化学的、物理的、および光学的特性を有するけれどもラボラトリーで人工的に成長させた、合成の対応物があります。

詳細

模造石

どんな宝石でも、その宝石を模造するために選ばれた人工素材あるいは天然素材によって、模倣することができます。

詳細
gem love

この宝石が愛される理由

1
興味深いインクルージョン

昆虫、トカゲ、葉、花、羽毛のような内包物のある琥珀は、科学者が古代の生態系を研究するのに役立ちます。

2
ジュラ紀の宝石

映画のジュラシックパークはフィクションですが、科学者たちは1億2000万年前の琥珀に閉じ込められた虫からDNAを抽出しました。

3
芳香

琥珀は擦ると良い香りがします。 燃焼させた琥珀から作られた油は、古代ではお香として使用されましたが、これは今日の香水には使用されていません。

品質要因

次の特性評価が琥珀の価値を決定します。

カラー

quality factors

琥珀には、「琥珀色」よりも多くの色があります。珍しいものでは、青や緑などの色もあります。

クラリティ

quality factors

昆虫や植物のインクルージョンのある琥珀は、ないものよりもはるかに価値があります。

カット

quality factors

ほとんどの琥珀は、自由形状やカボション、ビーズに研磨されます。

カラット重量

quality factors

琥珀は驚くほど軽く、実際、飽和食塩水に浮かぶほどです。

琥珀の品質要因:総合ガイド

研究

原産地、宝石学的研究、歴史の中での宝石の役割を探究します。

琥珀の隠された美:古い石に新たな光

John I. Koivula , 3 1, 1981 英語で詳細を読む

赤外線および核磁気共鳴分光法による「グリーンアンバー」の特性評価

Ahmadjan Abduriyim, et al. 英語で詳細を読む