琥珀の品質を決定する要因


Placeholder Alt Text
琥珀という言葉は茶色がかった黄色を意味しますが、宝石の琥珀は、黄色、金色、白、オレンジから赤みがかった茶色、青味がかったものやグリーンがかった石もある。
バルト海産の琥珀は、一般的にドミニカ産琥珀よりも高価です。 昆虫や植物のインクルージョンを含む石は、そのようなインクルージョンのないクリーンな作品よりも高値がつきます。 たとえば、昆虫や植物の標本が簡単に見えたりあるいはそれらが完全な形で保存されている石は、数千ドルで売買される場合もありますが、昆虫のインクルージョンのない琥珀のカボションは1ピースあたりわずか数ドルです。


消費者にもっとも親しまれているのは黄色とゴールドの琥珀ですが、この宝石には白、黄色、オレンジから赤みがかった茶色も見られます。 赤みがかった琥珀はゴールドの琥珀よりも価値があります。ゴールドは黄色よりも価値があります。 まれに、強い蛍光により琥珀の外観が青みや緑がかった色に見えることがあり、それが魅力的である場合には石の価値を高めることがあります。 酸化によりその物質が経時変色を起こすことがあります。

琥珀をジュエリー用としてカットや研磨すると、硬い表面を取り除いたり薄くすることで酸化に対し敏感になります。 上質の半透明のイエローまたはオレンジ色の琥珀は徐々に暗くなり、赤みがかったブラウン、最終的にはブラックへと変わっていきます。

緑琥珀
グリーンアンバーの色は、熱と圧力による処理で作り出すことができる。 - 提供:Treasure Green Amber, Ltd.(トレジャー グリーン アンバー株式会社)
琥珀の色は、熱処理や染色によって変える事が出来ます。

稀少な琥珀
一部の希少な琥珀試料は、蛍光下で青色に変わる。 ここに示す印象的な例は、ドミニカ共和国産のもの。 - 提供:Ambar Azul
クラリティ
透明な琥珀はくすんだものよりも価値があります。 興味深い植物や動物のインクルージョンは琥珀の試料の価値を高めます。

琥珀の昆虫インクルージョン
この大きな細長い琥珀ビーズには、ほぼ完全な形で昆虫が含まれている。 宝石は93.87カラット。
ナタネ(キャノーラ)油で慎重に加熱処理すると、曇った琥珀をやや透明にすることができます。 その結果得られる琥珀は、時にサンスパングルと呼ばれるひび割れ状の円形模様を呈します。

カット
琥珀は、一般に原石のオリジナルの形にそった自由な形状に研磨されます。 その後、ジュエリーにセットしたり、ネックレスのつなぎ用に穴を開けたりします。 琥珀のカッティングのスタイルには、ビーズ、カボション、および自由形状の研磨ピースなどがあります。 琥珀にはファセットカットされるものもありますが、これはまれなケースです。

琥珀の形
琥珀は、さまざまな形に成形することができる。 多くの人は琥珀は透明だと思っているが、不透明のものもある。 - 提供:Ginger Moro
カラット重量
琥珀は塩水よりも相対密度が低いので、大きなサイズであっても非常に軽く感じられます。 このために琥珀ではわりと大きなサイズのジュエリーを作れるのです。

琥珀のビーズ
琥珀のビーズの形状は様々で、軽量であるためにかなり大きくすることもできる。 - Irena Misevic/Shutterstock