宝石事典へ戻る

クンツァイト

コレクターは、繊細なパステルピンクから濃い紫がかったピンク色までの範囲のクンツァイトを好みます。

Responsive image
美しいピンク

クンツァイトの魅力的な色は、微量のマンガンによりもたらされます。

Responsive image
多色性

クンツァイトは見る方向を変えると、異なる色に見えます。

Responsive image
カットの問題

クンツァイトは、劈開があるためカットが困難なことがあります。

Responsive image
Responsive image
劈開

クンツァイトは2つの方向に劈開するので、切断が困難になることがあります。

Responsive image
光に敏感

クンツァイトは強い光に長時間さらされると色があせることがあります。

Responsive image
不規則

クンツァイト結晶は通常、終端部が不規則です。

Responsive image
器具類

概要

クンツァイトについて

クンツァイトは、鉱物スポジュメンの最もよく知られている変種です。 この石がスポジュメンの特徴的な一変種であることを最初に鑑別した著名なジェモロジスト George Frederick Kunz(ジョージ フレデリック クンツ)にちなんで命名されました。 クンツァイトの繊細な色は、微量のマンガンによるものです。 カリフォルニア州サンディエゴ郡は、クンツァイトの重要な原産地です。

クンツァイトの説明 クンツァイトの歴史と伝承 クンツァイトの旅

誕生石 & 記念日

クンツァイトは2月の誕生石の代わりであると考える人もいます。

スポジュメン

クンツァイトは、スポジュメン鉱物の中でも最もよく知られている変種です。 他には緑色のヒデナイトと黄色のトリフェインがあります。


「新」宝石

クンツァイトは、1902頃にスポジュメンの特徴的な一変種として最初に認識されました。


リチウム

クンツァイトを産出するペグマタイトにもリチウム資源が豊富にあります。


事実

  • 鉱物:スポジュメン
    化学組成:LiAlSi2O6
    色:ピンク·菫色がかったパープル、ライト、強い輝き
    屈折率:1.660~1.676
    複屈折:0.014~0.016
    比重:3.18
    モース硬度:6.5~7.0

原産地

map

処理

宝石の色や見た目のクラリティを改変したり、耐久性を向上させるために使用される手法には様々なものがあります。

詳細

合成石

一部の宝石には、本質的に同じ化学的、物理的、および光学的特性を有するけれどもラボラトリーで人工的に成長させた、合成の対応物があります。

詳細

模造石

どんな宝石でも、その宝石を模造するために選ばれた人工素材あるいは天然素材によって、模倣することができます。

詳細
gem love

この宝石が好まれる理由

1
手頃な価格

その希少性と美しさにもかかわらず、あまり知られていないという理由からクンツァイトは非常に手頃な価格で入手が可能です。

2
ナイフ型

クンツァイトは単斜晶系であり、その結晶はナイフのような形をしている場合がよくあります。 原石の形状は印象的です。

3
ペグマタイト

クンツァイトは、​​しばしばトルマリンやベリル、その他の宝石と共にペグマタイト鉱床中に発見されます。

品質係数

次の係数はクンツァイトの値を決定するために組み合わせされます。

quality factors

色はクンツァイトの最も重要な価値要因です。 色が鮮やかであればあるほど、価値は高くなります。

クラリティ

quality factors

クンツァイトは通常、内包物がなく非常にきれいなので、その透明性に影響を与えるインクルージョンがあると石の価値が下がります。

カット

quality factors

熟練したカッターは、クンツァイトは2方向に劈開を持つという難題があるにもかかわらず、その美しさを引き出すことができます。

カラット重量

quality factors

大きなサイズのクンツァイトは珍しくありません。 これは非常に大きい石の例で、
648.10カラットの重量があります。

クンツァイトの品質係数:総合ガイド

研究

原産地、宝石学研究、歴史の中での宝石の役割を探訪する。

クンツァイトのカッティング特性

John L. Ramsey , 12 1, 1981 英語で詳細を読む

宝石含有ペグマタイトの評価

James E. Shigley and Anthony R. Kamp , 6 1, 1984 英語で詳細を読む