クンツァイトの品質を決定する要因


Placeholder Alt Text
このクンツァイトの結晶と一緒に並べられているのは、12.47~19.32カラットのファセットカットされたクンツァイト。 - Robert Weldon
クンツァイトは、あらゆる購入者向けにさまざまなジュエリースタイルのものが手に入ります。 常に魅力的なのですが、消費者の認識があまり得られていないのが難点です。 けれども、逆にお手頃な価格で店頭に並ぶという利点にもなります。 非常に大きくて最良の色を持つクンツァイトは、目の肥えたコレクターを魅了します。


クンツァイトは、鉱物スポジュメンのうちピンク色から紫色をした変種であり、その色はマンガンから生じます。 この石は淡いピンクの色合いで見つかることが多いのですが、より鮮やかな色のものもあり、また鮮やかなすみれ色から紫色という珍しい色相のこともあります。

色の範囲 - カットクンツァイト
クンツァイトの色は、ピンクと紫の非常に薄い色調から中間の色調まである。 まれに、より強力な色相のクンツァイトが見られることがある。 - Robert Weldon, 提供:Pala International(パラ インターナショナル)
クンツァイトの色は、照射に続いて加熱することによって強めることができます。 天然の色であれエンハンスメントされた色であれ、熱や強い光にさらされた場合は褪せることがあります。 着用しないときは、クンツァイトのジュエリーを宝石箱やケースに入れて閉めて保管することをお勧めします。

ピンクのクンツァイト - カットストーンズ
これらのクンツァイトはピンクの美しい色調を示している。 - Robert Weldon
クンツァイトは多色性であり、つまり結晶方向を変えると異なる色が見られます。 クンツァイトはその結晶の長手方向に沿って、最良の最も強い色を示します。

クンツァイト未加工結晶
クンツァイトの色は、その結晶の長手方向に沿って最も集中している。 カリフォルニア州パラの、オーシャンビュー鉱山産出のこの結晶は、鮮やかな紫色を示す。 - Brendan Laurs
クラリティ
クンツァイトの結晶はインクルージョンを含むことが比較的少ないので、成形された宝石としては「クリーン」なものが一般的です。

このクンツァイトのカット石には、インクルージョンがないことがよく分かる。 - Robert Weldon
このクンツァイトをカットした職人は、デザインの要素として取り入れることで針状インクルージョンを創造的に利用している。 - Orasa Weldon
カット
クンツァイトはカッターにとって問題になることがあります。 この宝石には二方向に劈開があるので、それらの劈開方向に沿ってきれいに割れる可能性があるのです。 その結果、ファセット付けの作業中に加えられる圧力により、クンツァイトが粉々になってしまうことが知られています。 また、クンツァイトの色は通常、その長さ、すなわちC軸に沿って濃く現れます。 したがって宝石を成形加工する際にカッターは、これらの特性を考慮して計画を立てる必要があります。

クンツァイトにはさまざまな形状またはカッティングスタイルがあります。 多くの結晶でインクルージョンが比較的ないため、ステップカットにされる石がかなり一般的です。

ステップカットクンツァイト
このクンツァイトは、変形ステップカット。 - Maha Tannous, 提供:Roland Reed
Round-brilliant Cut(ラウンドブリリアントカットクンツァイト)
このラウンドのクンツァイトは、素晴らしい活き活きとしたブリリアントカットを披露している。
熟練したカッターは、クンツァイトをありとあらゆる形状やスタイルに成形加工します。 宝石に彫刻を施す人もいます。 また、多くのクンツァイトは色を最大にするため深くカットされます。

これらの宝石は、Dalan Hargraveによる彫刻作品。 中央の宝石はクンツァイト。 その他はクォーツの変種で、#2はシトリン、#4がアメトリン。 - Eric Welch, 提供:Dalan Hargrave
カラット重量
クンツァイトは、大きなサイズで見つかる場合が多くあります。 スミソニアン学術協会には、ファセット付けされた880カラットのハートシェイプのものが収容されています。

ブラジルのミナスジェライス州産のこのクンツァイトは648.10カラットある。 大きさを示すため、10セント硬貨の隣に置いてある。 - Robert Weldon, 提供:M. Meienhalder