同窓会スポットライト

夢を追いかける「ヒッピー」のデザイナー兼鑑定士、地元の同窓支部に新たな活気を与える


Placeholder Alt Text
私が今知っていることを当時理解をしていたら、あまり構えないでもっとリスクをとっていたでしょう、とジュエリー業界での初期のキャリアについてGGのRebecca Buysが語る。 キャリアが展開するにつれ、彼女の趣味も発展した。彼女は50代でバイクに乗ることを学び、カワサキバルカン1500を購入した。 このオートバイに乗ると楽しくて冒険ができます、と彼女は述べる。 写真提供:Rebecca Buys

時々、私は宝くじに当たったように感じます。

GIAのグラジュエイトジェモロジスト(GG)であり、National Association of Jewelry Appraisers(宝石鑑定士協会)で上級会員を務めるRebecca Buysは、クライアントが鑑別および評価をしてもらうために特別なデザイナーの作品を持ってくるときほど幸せに感じることはないと言います。  

最近、クライアントとその母親である95歳のフランス人が、母から娘に譲る宝石のパーセルをもってきました、とRebeccaは述べます。 アメリカ生まれの娘さんはこの宝石に関する知識や価値について何も知りませんでした。 私がこの宝石をいくつか驚いて見ていると、母親がMauboussin(モーブッサン)とVan Cleef & Arpels(ヴァンクリーフ&アーペル)から署名付きのヴィンテージデザイナーのジュエリーをどのようにして手に入れたかについて素敵なフランス語の訛りで説明してくれました。 彼女はヴァンドーム広場で1930年代と1940年代に彼女の最愛の方と宝石を買い物していたことについて話してくれました。

Buysにとって、ジュエリーは「ロマンスと愛の物語を伝える」ものであり、それはが覚えている限り長い間、彼女が岩石、鉱物、宝石やジュエリーに魅了されている鑑定士兼デザイナーである自身の数十年を語ります。

人は奇妙な方法で私を見つけ出します。 私はそれを魔法だと呼び、私はいつもたくさん仕事があるように思えます...私は出会う人と交流するのを楽しみ、彼女たちの貴重な作品に関する話を聞くのが大好きです。
GIA GG、Rebecca Buys

Buysはオハイオ州で育ち、彼女の家の周りで探索していて、新しい情熱を発見したことを今でも覚えています。

50年代に子供であった私は、家の近くにある渓谷や滝の辺りを自由に歩き回っていました、と彼女は先住民の絵画の他に部族の埋葬地がある洞窟が近くにあったことを説明します。 そこは原始的な場所で、工芸品や色のついた石を見つけました。それに、岩に色が付いていたという事実が私をビックリさせたのです、と続けます。

Buysは岩石の収集家となり、自分のお小遣いを使って子供用の岩石収集家セットを購入しました。 彼女が成長し、家族がサンディエゴに引っ越しをすると、彼女はジュエリーやビーズへも関心を持ち始め、彼女は少し遠くの家から離れた場所へと探求し始めました。「格好良くて珍しい」ビーズなどを見つけて、イヤリングにするために、サンフランシスコやサンタクルーズへ頻繁に旅をしたのです。 Buysは芸術でキャリアを築き上げるのを希望していましたが、彼女の両親は、もっと実用的だと思う道を進むよう勧めていました。  

従って私はビジネスを専攻し、大学卒業後にロサンゼルスのダウンタウンで弁護士秘書として働き始めました、と1970年代後半の彼女の生活について語ります。 ヒッピーになって私の魂が求めることに従うことを決意するまでそうしていました、と続けました。

彼女の魂が求めることに従うと、多くの場所を訪れることになりました。南カリフォルニアでは精神的な教祖とつながり、ビッグサーでは志を同じくする金細工のデザイナーに短い期間見習いとなり、そして最後にはインドのPoona(プーナ)に引っ越しをして、アーシュラムに4ヶ月間住み込みで勉強しました。

インドでは、ファセットカットされたカラフルな宝石を発見し、豊富にあって安価でした、と彼女は言います。 Buysは病気の母親を世話するために南カリフォルニアに戻り、宝石を持ってきました。 彼女はそれらの宝石をセッティングしてくれる金細工士を見つけて、彼女のデザインを販売し始めました。

マッチするペンダントとイヤリングは、中央にあるルビーの周りを4つの真珠と楕円形のタンザナイトが交互にセッティングされているのが特徴である。

最終的には、Buysはカラーストーンの販売店と提携して、サンディエゴ郡北部の海辺にある居留地、Encinitas(エンシニタス)のダウンタウンの中心地に小売店、Charles & Co.(チャールズ・アンド・カンパニー)をオープンしました。 彼女は、Tucson gem and mineral show(ツーソン宝石・鉱物ショー)やタイのカラーストーンの市場をよく訪れました。

私たちにはルビー、すべての色のサファイア、トルマリン、オパールとタンザナイトの十分な在庫がありました。 私たちの強みは、豊富なカラー宝石の在庫でしたが、急速にダイヤモンドの販売を拡大しました。 私はダイヤモンドを販売することについてあまり知らなくて、同僚やディーラーからGIAについて聞いたのです、と彼女は言います。 私はサンタモニカのキャンパスでダイヤモンド・グレーディング・クラスを取って、1985年に私のダイヤモンドのIDとグレーディングの修了証書を取得しました、と続けます。

Buysと彼女のパートナーは、20年近くその店舗を運営して成功を収めましたが、2000年にその店舗を売ったとき、彼女は異なることを始める準備ができていました。

私は自分で成功するキャリアを築くことができると信じていませんでした。 私は業界を離れて、何か他のことをするだろうと思っていました。 それが大好きだったのはわかっていましたが、それをどうやって成功させるかは知りませんでした、と彼女は説明します。

ところが、Buysの顧客は彼女が去ってしまうことに耐えられなかったのです。 クライアントが私のことを探し続けていたのです、と彼女は言います。 彼らは彼女のデザインや修理サービスを求めており、Buysはまた小売店をオープンしたくないとわかっていたのにもかかわらず、どうすれば彼女自身で手を広げられるか考えるようになりました。

最初のステップはGIAに戻ることだと彼女は決心し、2002年から2005年まで通信教育とカールスバッドのラボクラスを介してGGの取得に取り組みました。

GIAの教育を完了するのに20年近くかかりました。 新しいキャンパスにいることは、非常に大きなインスピレーションでした。 私は、カラーストーンに関しては十分な知識を持っていましたが、私がGIAで学んだことはその知識を別のレベルに導きました。 私が知っていたと思っていたことの多くは、GIAの教育で改善されました、と彼女は言います。

左からNumber 8(ナンバー8)の社長JJ Williams、GIAグローバル事業開発部門ディレクターCraig Danforth、サンディエゴ支部長Rebecca Buys、GIA同窓会広報マネージャーKate Donovan。
GIA同窓会サンディエゴ支部の部長として「活発な会員」を指導するBuys(右から2番目、白いブラウス着用)。 皆さんが地元のGIA同窓会支部に深く関与するよう勧めています。 プレゼンテーション、現地調査や特別なイベントに参加することは本当に知識を高め、ネットワークが広がります、と彼女は語る。左からNumber 8(ナンバー8)の社長JJ Williams、GIAグローバル事業開発部門ディレクターCraig Danforth、GIA同窓会広報マネージャーKate Donovan。

新たな自信ができて「勇気が湧いた」ように感じたと言うBuysは、GIA同窓会が主催するイベントに出席し始め、喜んでアイデアや連絡先を交換してくれた仲間の専門家と出会いました。 彼女がネットワークや知識を広げるにつれて、彼女はサンディエゴ同窓会支部が、活動を計画し、役員会をまとめるのに苦労していることに気づきました。  

繁栄し、アクティブな支部がサンディエゴにあるのは重要だと感じたので、私は一時的な支部長としてボランティアすることにしました。 数年後、私はまだ支部長であります。積極的に活動する正会員がいて、この支部はうまくいっています。 また、多数のボランティアも活躍しており、約1か月おきに素晴らしいスピーカーを迎えてイベントを主催しています。 指導やネットワーキングする絶好の機会がたくさんあります、と彼女は述べます。

また、AJPとGGのディプロマを取得したおかげで、Buysがキャリアにおいて次の段階を開始したNational Association of Jewelry Appraisers(宝石鑑定士協会)に参加することが可能となりました。

私は作品の価値を決定する研究の側面が好きだと知っていました。 それは、小売業の環境外での私の教育、経験や知識を活用するためには良い方法でした、と彼女は言います。

公に広告したりスタジオをオープンせず、Rebecca Young Designs(Rebecca Young デザイン)という名の下でビジネスを運営するBuysは、彼女のカスタムデザインと鑑定を求めるクライアントは主に口コミや地元の宝石商からの紹介で彼女を見つけると説明します。

人は奇妙な方法で私を見つけ出します、と語ります。 私はそれを魔法だと呼び、私はいつもたくさん仕事があるように思えます。いつも仕事が来るのです。 私は出会う人と交流するのを楽しみ、彼女たちの貴重な作品に関する話を聞くのが大好きです。 彼女たちの財宝を正確に鑑別し、教育し、評価するのに信頼されるということは光栄です、と続けます。

最近、彼女は弁護士、銀行や執行者のために、より大規模なエステート ジュエリーのパーセルを取り扱い、これらの大規模な仕事もやりがいがあると気づきました。

自分の情熱に従って、本当に好きなことをすれば、成功する道が必ず開けると私は深く信じています、と最近、冒険を求めてオートバイに乗ることを学んだBuysは言います。

私が今知っていることを当時理解をしていたら、あまり構えないでもっとリスクをとっていたでしょう、と彼女は語ります。 そして、私はそれがこんなにも充実しているだろうとは想像がつきませんでした、と続けます。

寄稿者Jaime Kautskyは、GIA Diamonds Graduate(GIAダイヤモンドグラジュエイト)およびGIA Accredited Jewelry Professional (AJP アクレディテッドジュエリープロフェッショナル)であり、The Loupe(ルーペ)誌の副編集長を務めていました。