特集

リサイクルダイヤモンド:世界最大のダイヤモンド資源「採鉱」


Placeholder Alt Text
最近行われた香港のリサイクルで研磨されたダイヤモンドのオークションで、White Pine(ホワイトパイン)は、20カラットから総重量が1200カラットのものまで、主に小さなダイヤモンドを200以上提供しました。 このロットは、約0.01ctの混合品質の石の 1,160.68カラットが含まれています。 写真:Russell Shor / GIA
ダイヤモンド採鉱会社は、アフリカとカナダで有望な産地を探求し続けていますが、おそらく世界最大のダイヤモンドの資源は、米国ですでに地上にいる宝石所有者でしょう。

デビアスの市場調査によると、前世紀の後半に​​、アメリカの宝石バイヤーが小売店で販売されるすべてのダイヤモンド宝石類の3分の2から4分の3を占めました。 過去5年間に彼らは、大きなダイヤモンド鉱山の数に近づくほどの、数百万カラットを市場に送り返してきました。

セカンドハンドダイヤモンドの最大の買い手の一つは、50万カラット以上の石を2015年に扱ったニューヨークのWhite Pine Trading(ホワイトパイン・トレーディング)です。 これは、それ自体で、中古ダイヤモンドの世界最大の買い手となります。

この会社は、2008年の終わりに始まった金融危機から世界経済の修正に苦労している時代の2010年に設立しました。 当時、金は1オンスあたり1900ドルに向かって価格が強く上昇していたため、売り手は、多くの場合小さなダイヤモンドを含む彼らの宝石の作品を現金に変換する意欲で満々でした。

2010年にGIAで行われたこの著者の米国「流通市場」の調査によると、0.30カラット(ct)以上の140万から180万のダイヤモンド、または合計50万から70万カラットのダイヤモンドが、消費者から小売宝石店、質屋、そして金買取業者に送られたと推定されています。 小さいダイヤモンドの数は合計推定300万カラットとなりました。

巨大な数のダイヤモンドが消費者の手の中にあります。 1976年から1999年の間に行われたデビアスの年次調査では、米国の消費者は、合計約4億のダイヤモンド宝石の作品を購入し、それは13億のダイヤモンドを表します。 その合計の中の3千700万は、平均約3分の1カラットの婚約指輪でした。 デビアスは、2000年以降の調査の公表を停止しましたが、後に他の調査により、取得率が続いていることを示しています。

昨年、業界分析者のChaim Even-Zoharは、「リサイクルダイヤモンド市場」を4.5億ドルと推定しました。これは、経済的必要性、非常に高い金の価格と上昇するダイヤモンドの価格を組み合わせて、約1億ドル以上の価値のダイヤモンドが市場に戻ってきた2010年から2012年のピークから大幅に減少しています。

White Pine(ホワイトパイン)の香港オークションのバイヤーの大半は、その街の
主な商店街であるネイザンロードに並ぶジュエラーであった。 写真:Russell Shor / GIA
White Pine(ホワイトパイン)は、2015年の売上は、合計1億ドルになるであろうと発表しました。 「私達は、基本的に縮小している市場に、このような巨大なニッチを開拓することは非常に特別なことだと信じています」Diamond Melee Sales and Auctions(ダイヤモンドメレー・セールス・アンド・オークション)の副社長、Myles Schaklerは言いました。

この会社はネットワークによって成長した、と彼は述べています。 まず、米国各地の金のディーラー、小売業者、質屋からメレーを購入するエージェントを募集しました。 これらの小さなダイヤモンドのほとんどは、彼らの金購買活動の副産物であり、同社は彼らに利用価値のなかった非常に小さな石のために、準備の整っている販売店を提供しました。 White Pine(ホワイトパイン)は、4分の1、3分の1、さらにいくつかの1カラットなどの大きなダイヤモンドを購入するように、このビジネスを拡張しました。

White Pine(ホワイトパイン)は、日本といくつかのヨーロッパ諸国への購買活動を拡大し、約20の購買エージェントを持っています。 店の閉店や、銀行や不動産清算をカバーするために、彼らは買収を質屋や金の購買業務を越えて取得することを拡大しました。 Schaklerはこの拡張は必要だったと話しました。なぜなら消費者は、金属の値段が1オンスあたり1900ドルあたりだったころに比べ、はるかに少ない量の金のジュエリーを売り戻しているからです。

同社は、世界中の様々な会場で定期的にスケジュールされたオークションを通して、メレーの商品を取引に売り戻しています。 Schaklerは、メレーは0.01ctから0.1ctの、混合品質のロットで販売されていることを指摘しています。 なぜならそれらをさらに仕分けするのは経済的ではないためです。 ロットの範囲は、合計20カラットから1100カラットです。

彼は、箱の中に特定数の拒絶品が入っていることを認めています。 「経験豊富なバイヤーは、彼らの申し出にそれらを考慮する方法を知っています」と彼は言いました。

バイヤーは密封された入札品を残し、売れ残ったロットは販売後に新しいオファー用に出します。 「私たちは通常、その箱が何をもたらすかについて良いアイデアを持っています」とSchaklerは言いました。 「私達は準備金を満たすオファーを持たない場合でも、それを一般的に合理的な範囲で販売します。」

同社は0.20ctより大きなダイヤモンドを、 グレーディングのためにGIAに送り、それらをRapNetなどの取引サイトにリストします。 これらの商品のうちのいくつか、特に古い石は、販売される前にリカットされる必要があります。 「実際、不十分なカットがされている商品があることには驚かされます」とシャクラーは言いました。

Schaklerによると、例外は、メレーオークションに持っていかれる非常に低い品質のダイヤモンドです。

GIAの2010年の調査によると、0.30ct以下のメレーとダイヤモンドは、 卓越した卸売価格から急低下した割引価格で購入され、その後取引にブローカーして戻されます。 消費者や財産から大きな商品を購入した小売業者は、多くの場合、卸売価格より低い値段を支払い、必要に応じてリカットし、彼ら自身の在庫にそれらを追加します。

Russell Shorは、カールスバッドのGIAのシニア業界アナリストです。