リーフモチーフ:シーズンを問わないジュエリーの時を超えた美しさ


Placeholder Alt Text
Cartier and voilà (カルティエ・アンド・ボアラ) の洗練されたデザインでエメラルドとゴールドを組み合わせた、時代を超越した美しさのイヤリング 提供:プライベートコレクター  撮影:Tino Hammid/著作権:GIA/Tino Hammid

インスピレーションが吹き込まれ、当たり前のものが特別なものに変貌します。 例えば奥ゆかしいリーフは、あるものはシンプルなフォルム、あるものは血管状の複雑なウェブ状で、何世紀もの間ジュエリーデザイナーを魅了してきました。 シンプルなリーフが、ジュエリーの全歴史を通じて不朽の美へと変身するのです。

リーフは多くの文化では象徴的意味を持ちますが、一般的には受胎と成長を象徴しています。 春と夏のグリーンリーフは希望、再生と復活を表しています。 秋の萌えるイエロー、オレンジ、レッドのリーフは、季節の変化を表しています。 落ち葉が人生のサイクルの最終段階である衰退と死で完了します。

中国の伝統では、リーフは宇宙の存在のすべてを表しています。その膨大な数ゆえに人々へのほのめかしとなっています。

伝令官の紋章では、リーフは異なる美徳や資質を表します。 例えばオークのリーフは、強さ、勇壮、勝利を表します。 ブドウの葉は豊富さ、自由、復活を表します。 ヒイラギまたは宿り木は真実、先見性、防御を表します。

西洋文化の平和と親善の象徴であるオリーブの枝は、古代ギリシャが由来の地で、そこではオリンピックでの勝者のための賞として冠を形作るのに使用されていました。 月桂樹の葉はまた英雄、学者や詩人を称えるためリースに織り込まれました。 月桂樹の高い価値の象徴性は、様々な方法で現代に受け継がれています。 それは、素晴らしい業績に対して花冠を授与する習慣を直接の由来とする、学士号、桂冠詩人、ノーベル賞受賞者などの語源となっています。

ここに見られるジュエリーの創造性は、「その月桂樹の上でくつろいでいる」デザイナーや宝石商をほのめかしてはいません。

真っ直ぐに立つリーフ形の大型ゴールド。
 

リーフは、ビクトリア朝時代、アールヌーボーや20世紀のジュエリーではアクセントと焦点のどちらでも見られます。 ルネサンスは、デザインモチーフを際立たせる花、枝、葉、ブドウやベリーと一緒にビクトリア朝初期に影響を与えました。 アールヌーボー時代には、金属技術であるエナメルの復活が見られ、花や葉の自由な流動ラインにその技術が注がれました。

リーフモチーフは20世紀のティファニー、カルティエ、シSchlumbergerとRené Boivinで一層豊かになり、好まれるモチーフとしての歴史を長年にわたり、そして今もしっかりと刻んでいます。

Sharon Bohannonは、研究、カタログ、記録写真撮影を行うメディア編集者で、GIA GGおよびGIA AJPです。 彼女は、Richard T. Liddicoat Library and Information Center(Richard T. Liddicoat 宝石学図書館情報センター)に勤務しています。