業界分析

ダイヤモンド市場の予測: 与信枠の減少、価格の下落、ラボで製造されたダイヤモンド


Placeholder Alt Text
ラボで製造されたダイヤモンドが天然ダイヤモンドに対して競争力を持つようになり、その競争は引き続き増加すると報告されている。

ジュエリー小売業にとっては堅調な年であったにもかかわらず、ダイヤモンド業界はかつてない与信枠の縮小、むらのある需要、ある種の商品が継続的な過剰生産による価格の低下などの問題に依然として直面しています。

取引のサイトは、過剰生産および中国で需要が低迷したため、2018年後半以降、研磨済みの天然ダイヤモンドの価格が2%~5%下落したと報告しています。このため在庫が年間で20%以上上昇したとRapaport(ラパポート)は推定しています。また、ラボで製造されたダイヤモンドの需要が低品質の天然石の市場を侵食し始めていると疑うアナリストもいます。

インドでは、現地の報道機関によると、利用できる銀行与信枠が5年前に比べると半分となり、米ドルに対してルピーが下落したため借入コストが上昇しています。

デビアスは、サイクルの売上高が5億500万ドル(約550億円)と慎重に年明けを迎えました。これは2018年の同時期と比較すると25%減少であり、通常は年間最小の12月のサイクルをかなり下回るものとなりました。2月および3月の割り当ても慎重なものになると予測されています。また、秋には小さな低品質の商品の価格を引き下げた後、価格ラインを維持しており、割り当てをそのままに残しておくクライアントが出てくる可能性が高いにもかかわらず、おそらく価格を維持することとなるでしょう。

デビアスは、2018年に53億9000万ドル(約5875億円)相当の原石を販売し、同社によるとこれは前年から800万ドル(約8.7億円)の増加となりました。販売量に関するデータは今年後半に公表される予定です。

世界最大のダイヤモンド生産者であるAlrosa(アルロサ)は、2018年に6%増加の44億1200万ドル(約4809億円)相当の原石を販売しました。販売量による売上高は8%減少し、3660万カラットでした。アルロサは、過剰供給されている小さな低品質のダイヤモンドの販売を取り止めました。

ABN-Amro Bank(ABNアムロ銀行)のレポートでは、今年はラボで製造されたダイヤモンドから天然ダイヤモンドへの圧力が高まるだろうと予測しています。ラボで製造されたダイヤモンドは、天然ダイヤモンド、さらにはより大きくて良質な石でさえもの需要を最終的に削減させることになる、業界のゲームチェンジャーである、と同銀行は述べています。レポートによると、この業界での競争では、さらに大きく、より良い品質のダイヤモンドを製造する技術の改善と相まって、デビアスがラボで製造する低価格(カラット単価800ドル、約87000円)のダイヤモンド、Lightbox(ライトボックス)が変化をもたらしました。ラボで製造されたこれらのダイヤモンドは、かつてないほど多くの数量が市場に参入するでしょう。

ABNアムロ銀行のレポートは、この圧力がより値幅の大きい大型の天然ダイヤモンドにまで広がる可能性があると述べています。また、デビアスはラボで製造されたダイヤモンドを別の製品として紹介しようと試みていますが、消費者はおそらくそのようには解釈しないと指摘しています。

小売り

アナリストは、宝飾品などの小売業にとって今年は複雑な年になると予測しています。

米国では、全米小売業協会(NRF)は、小売業の売上高が2019年に成長し続けると予測していますが、やや遅いペースでの成長になると報告しています。また、米国経済は引き続き堅調となり、売上高は前年の4.6%に比べて3.8%~4.4%増加すると述べています。

NRFの合計には、すべての販売チャネルが含まれていますが、ガソリン、レストラン、自動車は除外されています。オンラインを含む無店舗販売総売上高は、昨年10.4%増加しました。NRFは、今年では同様の増加を予測しています。

NRFは、消費者の信頼感は依然として高く、経済の問題は、貿易戦争や政府閉鎖のように「自ら招いて」生じる可能性が高いと指摘しました。

中国では、業界トップの小売業者の業績の悪化が、経済の減速を示しています。この地域最大の宝飾小売店、Chow Tai Fook(周大福)の売上高は7%減少し(宝石がセットされたジュエリーは5%減少)、その一方でLuk Fook(六福集団)の収益は2018年の最終四半期に10%も減少しました。小売業者は、米国と中国の間の貿易戦争が原因であると非難し、誰も好転を予測していません。

Russell Shorは、GIA カールスバッドのシニア業界アナリストです。