歴史的書籍:アーカンソー州のダイヤモンド


Placeholder Alt Text
1906年以来、人々はアーカンソー州のマーフリーズボロにあるクレーターオブダイヤモンド州立公園でダイヤモンドを探してきました。 1924年の40.23カラットの重量のアンクルサムダイヤモンドを含む、70,000以上のダイヤモンドがこの公園で発見されました。

1906年の8月上旬に、2つの輝く小石がアーカンソー州パイク郡のプレーリー・クリーク近くの農場で見つかりました。 リトルロックとニューヨークの専門家は、これらをダイヤモンドと識別しました。 これらが発見された場所は、侵食された火山の「ダイヤモンド」パイプです。 当初は約30年に渡り断続的に限られた基準で採掘されていたこの地域は、後に一般に公開され、1972年に州立公園と指定されました。 小額の手数料で、訪問者はダイヤモンドや他の鉱物を探し、見つけたものは全て自分で持っていっていいことになっていました。

この読書リストの使用方法

この読書リストは、アーカンソー州で見つかる興味深い宝石質のダイヤモンドについて、その地質的に珍しい産状と、特性のいくつかについて詳細を学ぶ機会をみなさんに与えるために編集されました。 これらの記事の多くは1800年代から1900年代初期に発行されたものですが、この時期、歴史的重要性が高い有名な宝石鉱床が多く発見され、宝石学や鉱物学が科学となりました。 このリストは、時代の経過とともに考察が深まっていく様子がよく分かるように、年代順に提示されています。 このリストは包括的ではありませんが、しばしば忘れられたり見過ごされたりしてきた、興味深い宝石学の情報がまとめられています。  

記事の多くはすでに一般公開されており、HathitrustInternet Archive、またはその他のデジタルレポジトリなど、オンラインのデジタルライブラリで見つけることができます。 より最近の発行物は多くの場合、Richard T. Liddicoat宝石学図書館などの、図書館で見つけることができます。 これらの記事の要約は通常、ジャーナルや雑誌の出版社のウェブサイトに掲載されており、ほとんどの場合、記事全文をその出版社経由で購入できます。

GIA図書館の所蔵内容やアクセスについては、カールスバッドのGIA図書館(library@gia.edu)までお問い合わせください。

The Peridotite of Pike County, Arkansas(アーカンソー州パイク郡のカンラン岩)、 J.C.BrannerとR.N. Brackett、American Journal of Science(アメリカン・ジャーナル・オブ・サイエンス)、Vol.38、No.223、50-59ページ(1889)。 珍しい、分解した火成岩(かんらん岩と記載)の垂直パイプに関する最初の地質学的記述。数年後、ここがダイヤモンドを含むことがわかりました。
 
The Occurrence of Diamonds in Arkansas(アーカンソー州におけるダイヤモンドの産状)、G.F. KunzとH.S. Washington、Scientific American Supplement(サイエンティフィック・アメリカン・サプリメント)、Vol.64、No.1657、211-212ページ(1907年)。 ダイヤモンドの結晶がかんらん岩に埋め込まれていることを指摘した、産状についての簡単な説明。これがダイヤモンドを含有する火成岩だという証明として考慮されました。 現在までに、約130個の、最大6.5カラットのダイヤモンドの結晶が、その場所で見つかったと報告されています。
 
Note on the Forms of Arkansas Diamonds(アーカンソー州のダイヤモンドの形成についての記録)、G.F. KunzとH.S. Washington、American Journal of Science(アメリカン・ジャーナル・オブ・サイエンス)、Vol.24、No.141、275-276ページ(1907年)。 それまでにこの産状で見つかった140個のダイヤモンドの形、サイズ、色に関する記述。
 
Has Arkansas a Diamond "Field”?(アーカンソー州にダイヤモンド「原産地」があるのか?)、R.S. Lanier、American Review of Reviews(アメリカン・レビュー・オブ・レビューズ)、Vol.36、No.3、301-303ページ(1907年)。 南アフリカのダイヤモンド鉱床で見られるものと似た状況で火成母岩に埋め込まれた状態のダイヤモンドの結晶が発見されたアーカンソー州の場所および、北米に「ダイヤモンドフィールド」が発生する可能性についての議論。
 
A Preliminary Report on the Arkansas Diamond Field(アーカンソー州のダイヤモンドフィールドに関する仮報告書)、P.F. Schneider、Arkansas Bureau of Mines, Manufacturers and Agriculture(アーカンソービューロー・オブ・マインズ・マヌファクチュアズ & アグリカルチャー)、5-16ページ(1907年)。 その地域とかんらん岩母岩の地質の説明、ダイヤモンドがどのように回収されたかについてのコメント、そして発見された数など、ダイヤモンドの産出に関してアーカンソー州に向けて作成されたレポート。 このレポートは、当地が本当にダイヤモンドの初生の産状であることの証拠のまとめで締めくくられています。
 
Peridotite of the Arkansas Diamond Field(アーカンソー州のダイヤモンドフィールドのかんらん岩)、G.F. Kunz、Pacific Miner(パシフィックマイナー)、Vol.12巻(5月)、176-177ページ(1908年)。 アーカンソー州のダイヤモンドを含有するかんらん岩と、南アフリカのダイヤモンドを含有するキンバーライトの間の類似性を示すために比較が行われています。
 
Diamonds in Arkansas(アーカンソー州のダイヤモンド)、G.F. KunzとH.S. Washington、Bi-Monthly Bulletin of the American Institute of Mining Engineers(アメリカン・インスティテュート・オブ・マイニング・エンジニアズの隔月報告)、Vol.20(3月)、187-194ページ(1908年)。 この産状の地質学についての記述と、経済的なダイヤモンド鉱山になる鉱床の可能性についての議論。 同レポートは1909年にTransactions of the American Institute of Mining Engineers(トランザクションズ・オブ・ジ・アメリカン・インスティテュート・オブ・マイニング・エンジニアズ)、Vol.39、169-176ページに記載されました。
 
A New Discovery of Peridotite in Arkansas(アーカンソー州でのかんらん岩の新発見)、A.H. Purdue、Economic Geology(エコノミック・ジオロジー)、Vol.3、No.6、525-528ページ(1908年)。 かんらん岩の2度目の露頭の発見は、元の場所から2.5マイル離れたところにあり、この両方は同じ火成岩の岩脈形成機構に関連している可能性があります。
 
Diamonds in Arkansas: A brief account of the discovery and investigation and official reports of the geologist and mining engineer on the occurrence in Pike Co[unty], Ark[ansas](アーカンソー州のダイヤモンド:発見と調査の簡潔な記事と、アーカンソー州パイク郡での産状に関する地質学者と鉱山エンジニアによる公式レポート)、S.W. Reyburn、C.S. Stifft、およびA.D. Cohn、Arkansas Diamond Company(アーカンソー・ダイヤモンドカンパニー)、38ページ(1908年)。 商業ベースでダイヤモンドを採鉱しようとしていた会社によって委託された産状を記述したレポート。
 
Diamond Mine in Pike County, Arkansas(アーカンソー州パイク郡のダイヤモンド鉱山)、J.T. Fuller、Engineering and Mining Journal(エンジニアリング・アンド・マイニング・ジャーナル)、Vol.87、No.3、152-155ページ(1909年)。 産状に関する詳細な説明と、この地域でダイヤモンドを採鉱するためにある会社により設営された操業について。 合計540個のダイヤモンドが当時までにこの地域で発見され、この記事は最初に回収された75個のダイヤモンドの重量と色のリストを含みます。
 
Diamond Mines of Arkansas(アーカンソー州のダイヤモンド鉱山)、J.L. Cowan、Mining and Scientific Press(マイニング・アンド・サイエンティフィック・プレス)、Vol.101、No.2611、178-179ページ(1910年)。 地質学的観点から見た鉱床、および回収されたダイヤモンドの質と量に関して、アーカンソー州の産地と南アフリカの産地の類似性についての議論。
 
The Arkansas Diamond Fields in 1909(1909年のアーカンソー州のダイヤモンドフィールド)、J.T. Fuller、Engineering and Mining Journal(エンジニアリング・アンド・マイニング・ジャーナル)、Vol.89、No.15、767-768ページ(1910年)。 産状の別々の地区で作業を行う4つの会社のダイヤモンド採鉱の進行状況に関する報告書。
 
Those Arkansas Diamonds(これらのアーカンソー州のダイヤモンド)、H.F. Kohr、Technical World Magazine(テクニカル・ワールド・マガジン)、Vol.13、No.3、288-292ページ(1910年)。 産状の発見と開発の歴史を追った記事。
 
Contributions to Economic Geology: New areas of diamond-bearing peridotite in Arkansas(経済地質学への寄稿:アーカンソー州のダイヤモンド含有かんらん岩の新しい地域)、H.D. Miser、Bulletin of the United States Geological Survey(ブルテン・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・ジオロジカル・サーベイ)、No.540、534-546ページ(1914年)。 元の産状の地域で見つかったダイヤモンドを含有するかんらん岩母岩の地質学的な詳細記述。
 
Diamonds in Arkansas(アーカンソー州のダイヤモンド)、S.W. ReyburnとS.H. Zimmerman、Engineering and Mining Journal(エンジニアリング・アンド・マイニング・ジャーナル)、Vol.109、No.17、983-986ページ(1920年)。 商業的な量でダイヤモンドが産生するかを判断するために、大量のキンバーライト鉱石を処理するために現場に建設されていた工場の説明と、鉱石からダイヤモンドを分離するために必要な手順の詳細(この土地で鉱業を行う会社の経営陣による記述)。
 
Diamond-bearing Peridotite in Pike County, Arkansas(アーカンソー州パイク郡でのダイヤモンドを含有するかんらん岩)、H.D. MiserとC.S. Ross、United States Geological Survey - Bulletin(ユナイテッド・ステイツ・ジオロジカル・サーベイ - 公報)、735-Hと735-I、271-278ページと279-322ページ(1923)。 ダイヤモンドを含有するかんらん岩の地質学的環境に関する詳細なフィールド研究の報告書。 このレポートの要約版はEconomic Geology(エコノミック・ジオロジー)、Vol.17、No.8、662-674ページ(1922年)に記載されました。
 
Diamond Deposits in Arkansas(アーカンソー州のダイヤモンド鉱床)、G.J. Mitchell、Engineering and Mining Journal(エンジニアリング・アンド・マイニング・ジャーナル)、Vol.116、No.7、285-287ページ(1923年)、出版情報不明。
 
Arkansas Diamond Mine(アーカンソー州のダイヤモンド鉱山)、W.J. Samson、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.17、No.200、58-65ページ(1948年)。 鉱山と、発見されたいくつかのダイヤモンドについての記述。
 
Investigation of the Prairie Creek Diamond Area, Pike County, Arkansas(アーカンソー州パイク郡のプレーリークリークダイヤモンド地区の調査)、J.R. Thoenen、R.S. Hill、E.G. HoweおよびS.M. Runke、米国 鉱山局 - 調査報告書、No.4549、24ページ(1949年)。 ダイヤモンドを含有するかんらん岩の説明と地質学的フィールド調査。
 
Diamond Mines of Arkansas(アーカンソー州のダイヤモンド鉱山)、D.L. Howard、Lapidary Journal(ラピダリージャーナル)、Vol.5、No.4、253-254ページ(1951年)、出版情報不明。
 
Diamond Mining in Arkansas(アーカンソー州のダイヤモンド採鉱)、J.R. Burgoon、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.8、No.12、355-362ページ(1956年)。 ダイヤモンド採鉱事業の記述。 この地域は1956年に入場料を課して一般に公開されました。
 
Arkansas Diamonds(アーカンソー州のダイヤモンド)、H. Leiper、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.6、No.2、63-71ページ(1957年)。 アーカンソー州で見つかったいくつかのダイヤモンドの説明。
 
Diamonds for the Finding!(ダイヤモンド探し!)、H. Leiper、Lapidary Journal(ラピダリージャーナル)、Vol.11、No.1、4-12ページ(1957年)。 アーカンソー州の現場でのダイヤモンド探しの記述。
 
Highlights from the Gem Trade Lab in New York: 6.43 ct. Diamond [from Arkansas](ニューヨークの宝石取引ラボからのハイライト:[アーカンソー州産の] 6.43ctのダイヤモンド)、G.R. Crowningshield、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.10、No.1、7-8ページ(1960年)。 検査のためにGIAのラボに提出されたアーカンソー州のダイヤモンドの簡潔な説明。
 
Celebrating the 60th Anniversary of America's Only Diamond-bearing Peridotite Pipe(アメリカ唯一のダイヤモンド含有かんらん岩パイプの60周年記念を祝う)、H. Leiper、Lapidary Journal(ラピダリージャーナル)、Vol.20、No.6、714-718ページと722-733ページ(1966年)。 その地域で発見された大きめのダイヤモンドと、それらを発見した個人の記述も入った、アーカンソー州のダイヤモンド鉱山の興味深い歴史的な記事。
 
Diamond Hunting Murfreesboro, Arkansas(アーカンソー州マーフリーズボロでのダイヤモンド探し)、J.M. Towner、Lapidary Journal(ラピダリージャーナル)、Vol.26、No.9、1268-1276ページ(1972年)。 かんらん岩質産状でのダイヤモンド探索に関する議論。
 
Chemical Data on a Colorless Arkansas Diamond and its Black Amorphous C-Fe-Ni-S Inclusion(アーカンソー州の無色のダイヤモンドと、その黒い非結晶質のC-Fe-Ni-Sインクルージョンに関する化学的なデータ)、American Mineralogist(アメリカン・ミネラロジスト)、Vol.60、No.9/10、934-936ページ(1975年)。 The Nature of Cloud-like Inclusions in Two Arkansas Diamonds(2つのアーカンソー州のダイヤモンドに見られるクラウド状インクルージョンの性質)、American Mineralogist(アメリカン・ミネラロジスト)、Vol.60、No.9/10、931-933ページ(1975年)、共に、A.A. GiardiniとC.E. Melton著。 アーカンソー州のダイヤモンドに見られる興味深いインクルージョンの2つの科学的研究に関する簡潔な要約。
 
Experimental Results and a Theoretical Interpretation of Gaseous Inclusions Found in Arkansas Natural Diamonds(アーカンソー州の天然ダイヤモンドに見られる気相状のインクルージョンの実験結果と理論的解釈)、C.E. MeltonとA.A. Giardini、American Mineralogist(アメリカン・ミネラロジスト)、Vol.60、No.5/6、413-417ページ(1975年)。
 
Experimental Evidence that Oxygen is the Principal Impurity in Natural Diamonds(天然ダイヤモンドの主要な不純物は酸素である実験的な証拠)、C.E. MeltonとA.A. Giardini、Nature Magazine(ネイチャーマガジン)、Vol.263、No.5575、309-310ページ(1976)。 アーカンソー州のダイヤモンドの小さなインクルージョンのキャビティに含まれる気相の2つの研究結果。
 
Mineral Inclusions in an Arkansas Diamond(アーカンソー州のダイヤモンドに見られる鉱物インクルージョン)、M.G. Newton、C.E. MeltonおよびA.A. Giardini、American Mineralogist(アメリカン・ミネラロジスト)、Vol.62、No.5/6、583-586ページ(1977年)。 アーカンソー州のダイヤモンドに見られる固体鉱物インクルージョンへの他の科学的研究の結果。
 
"Crater of Diamonds," A Short History: 1906 to 1978(「クレーターオブダイヤモンド」短い歴史:1906年から1978年)、L.M. Morrison、Lapidary Journal(ラピダリージャーナル)、Vol.32、No.5、1065-1068、1070および1072ページ(1978年)。 「クレーターオブダイヤモンド」の歴史の記事と、ダイヤモンド探索のためにこの地域にどのように訪れるかの情報。
 
Mineral Inclusions in Four Arkansas Diamonds: Their Nature and Significance(4つのアーカンソー州のダイヤモンドに見られる鉱物インクルージョン:それらの性質と重要性)、N.S. Pantaleo、M.G. Newton、S.V. Gogineni、C.E. MeltonおよびA.A. Giardini、American Mineralogist(アメリカン・ミネラロジスト)、Vol.64、No.9/10、1059-1062ページ(1979年)。 アーカンソー州のダイヤモンドに見られる固体鉱物インクルージョンへの他の科学的研究の結果。
 
Famous Mineral Localities: Murfreesboro, Arkansas(有名な鉱物産地:アーカンソー州マーフリーズボロ)、A.L. Kidwell、Mineralogical Record(ミネラロジカルレコード)、Vol.21、No.6、545-555ページ(1990年)。 発見されたダイヤモンドの初期の写真と情報を含む、アーカンソー州のダイヤモンド鉱床の歴史についての詳細な記事。
 
Diamonds and Their Mineral Inclusions from the Prairie Creek Intrusives, Arkansas(アーカンソー州プレーリークリーク貫入からのダイヤモンドとそれらの鉱物インクルージョン)、C.L. Chan、New Diamond Science and Technology(ニュー・ダイヤモンド・サイエンス・アンド・テクノロジー)、193-197ページ(1991年)。 アーカンソー州のダイヤモンドに見られる固体鉱物インクルージョンへの科学的研究の結果。
 
Combing the Crater - Digging for Diamonds in Arkansas's Crater of Diamonds State Park(クレーターの採掘 - アーカンソー州のクレーターオブダイヤモンド州立公園でダイヤモンドを掘る)、P. Selbert、Lapidary Journal(ラピダリージャーナル)、Vol.46、No.8、53-54、84、86、88、90、92ページ(1992年)。 この場所が1956年に一般に公開されてから11000個のダイヤモンドが見つかったことの言及を含む、その地域訪問とダイヤモンド探索に関する人気のある記事。
 
Arkansas - The Hot Spot in U.S. Prospecting(アーカンソー州 - 米国期待のホットスポット)、著者不明、Diamond World Review(ダイヤモンド・ワールドレビュー)、Vol.77、82、84、86、88、90、92、94ページ(1993年)。 環境保護主義者と、その地域をさらに開発するビジネス界との間の論争についての議論。
 
Crater of Diamonds - Visit this Arkansas State Park, and Keep all the Diamonds You Find!(クレーターオブダイヤモンド - アーカンソー州立公園に訪れて、見つけたダイヤモンドをすべて持ちかえりましょう!)、R.R. Reneau、Rock & Gem Magazine(ロック&ジェム・マガジン)、Vol,23、No.6、14-16ページ(1993年)。 当時までに、40.23カラット(ct)の「アンクル・サム」ダイヤモンドなど、70000個のダイヤモンドが見つかったことの言及を含む、その地域についての短い、人気のある記述。
 
Summary of the 1990s Exploration and Testing of the Prairie Creek Diamond-bearing Lamproite Complex, Pike County, Arkansas(アーカンソー州パイク郡の、プレーリークリークのダイヤモンドを含有するランプロアイト複合岩体に対して1990年代に行われた探査と検査についての要約)、J.M. Howard、Oklahoma Geological Survey - Circular(オクラホマ・ジオロジカル・サーベイ 回覧)、No.102、97-104ページ(1999年)。 地層の外寸を把握するために、正確にはランプロアイトと呼ばれる火山パイプをドリル掘削するフィールド研究のレポート。
 
Diamonds in the Rough - Excitement at the Crater of Diamonds(ダイヤモンドの原石 - クレーターオブダイヤモンドでのエキサイトメント)、J. Monaco、Rock & Gem Magazine(ロック&ジェム・マガジン)、Vol.29、No.4、32-34、82-83ページ(1999年)。 ダイヤモンド探索のために、その地域へ訪問した際の記述。
 
Diamond Economics of the Prairie Creek Lamproite, Murfreesboro, AR, USA(米国アーカンソー州マーフリーズボロのプレーリークリーク・ランプロアイトのダイヤモンドの経済状況)、D.P. Dunn、Ore Geology Reviews(ワン・ジオロジー・レビューズ)、Vol.22、No.3/4、251-262ページ(2003年)。 さらなる探鉱の取り組みによって、どれだけダイヤモンドが回収されるかの分析を含む、この地域のランプロアイトパイプの地質学的説明。
 
The Arkansas Diamond Rush Continues!(アーカンソー州のダイヤモンドラッシュは続く!)、J. Houran、Mineralogical Record(ミネラロジカルレコード)、Vol.37、No.6、505-510ページ(2006年)。 クレーターオブダイヤモンド州立公園での最近の活動の説明。
 
Finding Diamonds in Arkansas!(アーカンソー州でダイヤモンドを見つける!)、J.M. Howard、Arkansas Geology Education Series Brochure Series(アーカンソー・ジオロジー・エデュケーション・シリーズ・ブローシャー・シリーズ)、No.2、1-8ページ(2007)。 産状の地質学、ダイヤモンド探索のヒント、そして1972年から2006年の間に見つかった、約25,800個のダイヤモンドの年間統計を含む、州立公園の人気のある説明。
 
The Jewel Gem - Rediscovery of a Historic Arkansas Diamond(ジュエル宝石 - アーカンソー州のダイヤモンドの歴史的再発見)、J. Houran、Rocks and Minerals Magazine(ロックス・アンド・ミネラルズ・マガジン)、Vol.83、No.6、502-507ページ(2008年)。 この地域で発見された有名なダイヤモンドのいくつかと、それに何が起こったかについての議論。
 
Geology of the Crater of Diamonds State Park and Vicinity, Pike County, Arkansas(アーカンソー州パイク郡のクレーターオブダイヤモンド州立公園とその周辺の地質学)、J.M. HowardとW.D. Hanson、Arkansas Geological Survey, State Park Series(アーカンソー・ジオロジカル・サーベイ、州立公園シリーズ)、No.3、14ページ(2008年)。 州立公園とダイヤモンドの産状に関する説明。
 
The Fastest Diamond Finds in Arkansas: Some people make it look so easy(アーカンソー州で最も速く見つけられるダイヤモンド:簡単そうに見せる人もいる)、G.W. Worthington、Rock & Gem Magazine(ロック&ジェム・マガジン)、Vol,41、No.4、26-29ページ(2011年)。 最近見つかったダイヤモンドのいくつかの説明を含む、ダイヤモンド探索に関する記事。

Dr. James Shigleyは、カリフォルニア州カールスバッドのGemological Institute of Americaの著名な研究員です。