過去の書籍リスト:スリランカ産カラー宝石


スリランカ産カラー宝石
バドゥッラ近郊のウヴァ県の景観。1864年にロンドンのDay & Son(デイ&サン)より出版されたC.D.C O'Brien著『A Series of Fifteen Views in Ceylon(セイロンの15の景色)』のオリジナルのイラストに基づいて制作されたJ. Needhamによるリトグラフ。

20世紀以上にわたり、スリランカ(旧セイロン)はさまざまな種類の重要なカラー宝石を産出し続ける伝説的な原産地とされています。この島は、地中海と東インド諸島の間を航行する古代の商人のための中間点として発展していました。古代の旅行者や作家の多くが、コランダム、クリソベリル、スピネル、ガーネット、ベリル、トルマリン、トパーズ、ジルコンなどの宝石がこの島で発見されることについて記録に残しました。これらの宝石のほとんどは、島の中央部と南部にある二次的な残積鉱床および漂砂鉱床で発見されます。スリランカは、現在に至ってもカラー宝石の最も重要な原産地の一つとされています。

James Emerson Tennentが1859年に執筆した書物では、セイロン島は次のように紹介されています。

「非常に幅広い年代にわたり多くの異なる国々の作家から注目を集めている島は、世界中でセイロン以外にありません。古代から近代まで言語や文学を持つどの国においても、作家が一度はセイロンをテーマとして取り上げています。セイロンの様子、その宗教、その古代史や産出物は、古代のギリシャ人によってだけでなく…ローマ人や、中国、ビルマ、インド、カシミールの作家、アラビアとペルシャの地理学者、イタリアとフランスの中世の航海者、ポルトガルとスペインの学者、オランダの商人の冒険家とイギリスの地形学者によって記述されています。」

この書籍リストの使用方法

この書籍リストは、スリランカ産カラー宝石の歴史について学ぶ機会を提供するために編集されました。ここの記事は、多くが1800年代から1900年代初期に発行されたものです。この時期には、歴史的重要性が高い有名な宝石鉱床が多く発見され、宝石学や鉱物学が科学と認識されました。このリストは、時代の経過とともに考察が深められていく様子がよく分かるように、年代順に提示されています。このリストは包括的なものではなく、しばしば忘れられたり見過ごされたりしてきた興味深い宝石学的情報をまとめたものです。

記事の多くはすでにパブリック ドメイン(公有)であり、HathitrustInternet Archive、またはその他のデジタル レポジトリなど、オンラインのデジタル ライブラリで閲覧ができます。より最近の発行物の多くは、Richard T. Liddicoat宝石学図書館などの図書館で見ることができます。これらの記事の要約は、通常そのジャーナルや雑誌の出版社のウェブサイトに掲載されており、そして記事全文もほとんどの場合、その出版社で購入できるようになっています。

GIA 図書館の蔵書内容や現地へのアクセス方法については、カールスバッドの GIA 図書館までお問い合わせください。

Some Observations on Coral, Large Oysters, Rubies, the Growing of a Sort of Ficus Indica, the Gods of the Ceylanese, etc. made in Ceilan by Mr. Strachan (セイロンにおけるサンゴ、大きな海水産貝、ルビー、フィカス・インディカの一種であるゴッズ・オブ・セイラネーズの成長などに関するStrachanによる観察)、D. Strachan、Philosophical Transactions of the Royal Society of London(フィロソフィカル・トランザクションズ・オブ・ザ・ロイヤル・ソサエティ・オブ・ロンドン)、Vol.23 、No.282、1248-1250ページ、(1702年)。  セイロン産ルビーに関する初期の説明。

『A New Account of the East Indies(東インド諸島に関する新しい報告)』、A. Hamilton、J. Mosman Printer(J. モスマン・プリンター)、エディンバラ、2巻(1727年および1744年)。  1688年から35年間にわたり、スコットランド人の船長である著者は、スリランカを含む東インド諸島の多くの地域を訪問しました。  セイロン島から産出される宝石について説明しています。

Geschichte von Edelgesteinen und den Vornehmsten Reichthümern in Ost- und Westindien [History of Gemstones and the Famous Wealth of the East and West Indies(東西インド諸島の宝石および有名な富の歴史)]、著者不明、Hamburgisches Magazin、Vol.18、500-543ページ、(1757年)。  インドとセイロンで発見されたダイヤモンド、真珠、その他の宝石に関する初期の説明。

Nachricht von den Wunderbaren Electrischen Eigenschaftern eines Edelsteines welcher auf der Insel Ceylon gefunden wird [News of the Wonderful Electrical Properties of a Gemstone that was found on the Island of Ceylon(セイロン島で発見された宝石の素晴らしい電気的性質に関する報告)]、著者不明、Hamburgisches Magazin、Vol.22、439-445ページ、(1759年)。  電気的性質を示したセイロン産トルマリンに関するレポート。

Beschreibung der Mineralien und Edlen Steine, auf der Insel Ceylon [Description of Minerals and Gemstones from the Island of Ceylon(セイロン島から産出される鉱物と宝石の説明)]、C.P. Thunberg、Chemische Annalen für die Freunde der Naturlehre、No.2、461-475ページ、(1785年)。  セイロン島から産出される宝石鉱物に関する初期の説明。

Chemische Untersuchung des Zirkonen aus Zeilon [Chemical Investigation of Zircons from Ceylon(セイロン産ジルコンの化学的研究)]、J.C. Wiegleb、Chemische Annalen für die Freunde der Naturlehre、No.2、139-143ページ、(1787年)。  ジルコンの化学分析に関する初期の研究。

Chemische Untersuchung des Zirkons [Chemical Investigation of Zircons(ジルコンの化学的研究)]、M.H. Klaproth、Entdeckungen aus der Naturfunde、Vol.9、147-176ページ、(1789年)。  ジルコンの初期の化学分析。  同様の記事が、Observations et Memoires sur la Physique, sur l'Histoire Naturelle, et sur les Arts et Metiers、Vol.36、No.1、179-192ページ、(1790年)に掲載されました。

『Travels in Europe, Africa and Asia, made between the Years 1770 and 1779(1770年から1779年までのヨーロッパ、アフリカ、アジアでの旅)』、C.P. Thunberg、F. and C. Rivington Publishers(F. and C. Rivington パブリッシャーズ)、ロンドン、Vol.4(1796年)。 セイロン産カラー宝石に関する簡単な説明が第4巻に記載されています。

Sur les Pierres Appelees Jusquici, par les Naturalistes, Hyacinthe et Jargon de Ceylan [On the Stones called by Naturalists Hyacinth and Jargon of Ceylon(自然主義者により風信子(ヒヤシンス)石およびセイロンのジャーゴンと呼ばれた石について)]、R.J. Haüy、Journal des Mines、Vol.5、No.26、83-96ページ、(1797年)。  セイロン島から産出されるジルコンの初期の研究。

Analyse Comparee des Hyacinthes de Ceylan et d'Expailly [Comparison of Analyses of Hyacinths from Ceylon and Expailly(セイロンとExpailly(エクスパイリー)から産出される風信子(ヒヤシンス)石の分析の比較)]、L.N. Vauquelin、Journal des Mines、Vol.5、No.26、97-118ページ、(1797年)。  セイロンおよびフランスの産地から採取されるヒヤシンス ジルコンの化学分析の比較。

Abhandlung über den Französischen Hyacinth, über seine Gleichartigkeit mit dem Ceylanschen, und über die Neue Einfache Erde, welcher ein Bestandtheil beyder ist [Treatise on the French Hyacinth (Zircon), on its Uniformity with the Ceylon (Hyacinth), and on a New Elementary Earth (Element), which in Part it is Composed of(フランス産ヒヤシンス(ジルコン)、セイロン産(ヒヤシンス)との共通点、成分の一部である新しい元素に関する論文)]、L.B. Guyton de Morveau、Chemische Annalen für die Freunde der Naturlehre、No.2、45-56ページ、97-106ページ、(1798年)。  ジルコンに関する初期の化学分析。

Observations sur des Cristaux trouvés parmi des Pierres de Ceylan, et qui Paroissent Appartenir à l’espèce du Corindon, vulgairement Spath Admantin [Observations on the Crystals found among the Stones of Ceylon, and which appear to be a variety of Corundum, commonly called Adamantine Spar(セイロンの石の中に発見され、一般的に金剛光沢のあるスパーと呼ばれるコランダムの変種と考えられる結晶の観察)]、R.J. Haüy、Mémoires de la Société d’Histoire Naturelle de Paris、Vol.1、55-58ページ、(1799年)。  セイロンのコランダム結晶に関する有名なフランスの鉱物学者による説明。

Analyse de la Tourmaline de Ceylan, ou Tourmaline Verte [Analysis of a Tourmaline from Ceylon, or Green Tourmaline(セイロン産トルマリンまたはグリーン トルマリンの分析)]、L.N. Vauquelin、Journal des Mines 、Vol.9、No.53、477-479ページ、(1799年)。  グリーン トルマリンの化学組成に関する初期の研究。

『An Account of the Island of Ceylon, containing its History, Geography, Natural History, with the Manners and Customs of its Various Inhabitants(様々な住民のマナーと習慣を含む歴史、地理、自然史など、セイロン島に関する説明)』、R. Percival、C. Baldwin、R. Baldwin、Publishers(パブリッシャーズ)、ロンドン、420ページ、(1803年)。  産出される宝石についての考察を含むセイロン島に関する説明。

Sur la Mineralogie de l’Isle de Ceylan [On the Mineralogy of the Island of Ceylon(セイロン島の鉱物学について)] 、J. De Carro、Bibliotheque Britannique、Vol.32、281-285ページ、(1806年)。  セイロン島の宝石鉱物に関する情報。

『A Description of Ceylon(セイロンに関する説明)』、J. Cordiner、Longman Hurst Rees and Orme Publishers(ロングマン・ハースト・リース・アンド・オーム・パブリッシャーズ)、ロンドン、2巻(1807年)。第1巻は、セイロン島で豊富に発見される宝石について説明しています。

Memoir upon Zircon(ジルコンの回顧録)、M.E. Chevreul、Philosophical Magazine(フィロソフィカル・マガジン)、Vol.55、No.265、277-279ページ、(1820年)。  セイロンから産出される宝石質ジルコンに関する初期の化学的研究.

On the Geology and Mineralogy of Ceylon(セイロンの地質学および鉱物学について)、J. Davy、Transactions of the Geological Society of London(トランザクション・オブ・ザ・ジオロジカル・ソサエティ・オブ・ロンドン)、Vol.5、311-327ページ、(1821年)。  セイロン島への訪問に基づいた宝石鉱物の説明。  訪問に関するより完全な説明は、Nouvelles Annales des Voyages、Vol.16、5-145ページ、(1822年)に掲載されました。

Mineralogy of the Island of Ceylon(セイロン島の鉱物学)、M. Winslow および F. Hall、American Journal of Science(アメリカン・ジャーナル・オブ・サイエンス)、Vol.6、192-195ページ、(1823年)。  セイロンに滞在していたアメリカ人宣教師が執筆した手紙のコピーであり、セイロン島で発見された宝石鉱物について簡単に説明しています。

『Observations sur Quelques-Uns des Minéraux, soit de L’Isle de Ceylon, soit de la Côte de Coromandel [Observations on some Minerals, from the Island of Ceylon, and from the Coast of Coromandel (India)(セイロン島およびコロマンデル海岸(インド)から産出される鉱物の観察)]』、L. de la TourおよびJ.L. de Bournon、Freres Tilliard、パリ、35ページ、(1823年)。  セイロンとインド南部から産出される宝石鉱物に関する初期の説明。

Analysis of the Cinnamon-Stone of Ceylon(セイロン産シナモン ストーンの分析)、C.G. Gmelin、Edinburgh Philosophical Journal(エディンバラ・フィロソフィカル・ジャーナル)、Vol.9、No.21、129-132ページ、(1824年)。  グロッシュラー(ヘソナイト)ガーネットに関する初期の分析。

Description of Certain Gangues of Spinelle brought from the Island of Ceylon by M. Leschenault de Latour(M. Leschenault de Latourによってセイロン島から持ち込まれたスピネルの特定の脈石に関する説明)、J.L. de Bournon、Philosophical Magazine(フィロソフィカル・マガジン)、Vol.63、No.309、30-36ページ、(1824年)。  セイロン島の宝石堆積物に関する初期の研究。

Memoire sur quelques Noms de l'Ile de Ceylan, et Particulierement sur celui de Taprobane, sous lequel elle etait connue des Anciens [Memoir on the Various Names of the Island of Ceylon, in Particular the one Taprobane, by which it was known to the Ancients(セイロン島の様々な名称、特に古代の人々に知られていたタプロベーンに関する回顧録)]、E. Burnouf、Journal Asiatique(ジャーナル・アジアティーク)、Vol.8、129-149ページ、(1826年)。  セイロン島を指すために過去に使用されていた様々な名称に関する考察。

Taprobane(タプロベーン)、K. Mannert、Geographie von Indien und der Persischen Monarchie bis zum Euphrat、Vol.5、No.1、204-216ページ、(1829年)。  古代のギリシャとローマの書物におけるスリランカの説明。

Oriental Accounts of the Precious Minerals(貴重な鉱物に関する東洋の報告書)、J. Prinsep および R. Kalíkishen、Journal of the Asiatic Society of Bengal(ジャーナル・オブ・ジ・アジアティック・ソサエティ・オブ・ベンガル)、Vol. 1、No.8、353-363ページ (1832年)。  セイロンから産出される宝石に関する初期の説明についての考察。

『Narrative of a Voyage Round the World during the Years 1835, 1836 and 1837(1835年、1836年、1837年の世界一周航海の物語』、W.S.W. Ruschenberger、R. Bentley Publishers(R. Bentleyパブリッシャーズ)、ロンドン、Vol.1、450ページ、(1838年)。  この書籍では、セイロンおよびその真珠採取業やその他の宝石鉱物に関する説明が含まれています。

『History of Ceylon(セイロンの歴史)』、J. Ribeiro、J. Le Grand訳、G. Leeによる再翻訳、Government Press(ガバメント・プレス)、コロンボ、278ページ、(1847年)。ポルトガルの兵士による1685年の報告書。セイロン島の宝石に関して簡単に説明しています。

On the Mineralogy of Ceylon(セイロンの鉱物学について)、R. Gygax、Journal of the Ceylon Branch of the Royal Asiatic Society(ジャーナル・オブ・ザ・セイロン・ブランチ・オブ・ザ・ロイヤル・アジアティック・ソサエティ)、Vol.1、1-4ページ、(1848年)。  セイロン島の宝石やその他の鉱物に関する考察。

『Recherches sur la Geographie Ancienne de Ceylan [Studies of the Ancient Geography of Ceylon(セイロンの古代地理学の研究)]』、E. Burnouf、Imprimerie Imperiale、パリ、116ページ、(1857年)。  セイロン島の地理について説明しています。

『Ceylon – An Account of the Island(セイロン - 島に関する説明)』、J.E. Tennent、Longman, Green, Longman and Roberts Publishers(ロングマン、グリーン、ロングマン・アンド・ロバーツ・パブリッシャーズ)、ロンドン、2巻(1859年)。  同地の宝石の説明とおよびそれらが発見される方法を含む、セイロン島に関する最も初期の科学的な説明の一つ。  著者は、1845年から1850年までセイロン島で英国政府の植民地大臣(上級公務員)を務めました。この書籍の要約は、North British Review(ノース・ブリティッシュ・レビュー)、Vol.32、No.163、188-222ページ、(1860年)およびEclectic Magazine(エクレクティック・マガジン)、Vol.49、No.4、552-566ページ(1860年)に掲載されています。

Taprobane(タプロベーン)、C. Lassen、Indische Alterthumskunde、Vol.3、211-224ページ、(1867年)。  由緒ある情報源からのセイロン島に関する説明。

Gems and Gem-Digging in Ceylon(セイロンの宝石および宝石採掘)、著者不明、Once a Week Magazine(ワンス・ア・ウィーク・マガジン)、Vol.4、No.101、383-387ページおよび No.102、402-404ページ、(1869年)。  著者は、セイロン島で発見された宝石の種類および採掘方法について説明します。

Wanderungen auf der Insel Ceylon [Wandering on the Island of Ceylon(セイロン島の散策)]、著者不明、Globus(グローブス)、Vol.16、No.20、305-310ページ、No.21、321-330ページ、No. 22、338-342ページ、(1869年)。  セイロン島およびこの島で発見された宝石に関する説明。

Chemical Examination of Oriental Jargon(オリエンタルジャーゴンの化学検査)、D. Forbes、Chemical News(ケミカル・ニュース)、Vol.19、No.497、277-278ページ、(1869年)。  宝石ジルコンの化学組成に関する初期の研究。

The Jargons and Zircons of Ceylon(セイロンのジャーゴンとジルコン)、M.H. Cochran、Proceedings of the Philosophical Society of Glasgow(プロシーディングス・オブ・ザ・フィロソフィカル・ソサエティ・オブ・グラスゴー)、Vol.8、186-188ページ、(1873年)。  セイロン島から産出されるジルコンとジャーゴン(赤以外のジルコン)に関する研究。

『L’ile de Ceylan et ses Curiosités Naturelles [The Island of Ceylon and its Natural Curiosities(セイロン島およびその自然が生み出した貴重な物)]』、O.L.M. Sachot、V. Sarlit and Sons Publishers(V. Sarlit アンド・サンズ・パブリッシャーズ)、パリ、364 ページ、(1879年)。  セイロンで発見される驚異に関するこの書籍には、カラー宝石、真珠、ダイヤモンドに関する章が含まれています。

『The Voyages of John Huyghen Van Linschoten to the East Indies(John Huyghen Van Linschotenの東インド諸島への航海)』、A.C. Burnell、Hakluyt Society(ハクルイト・ソサイエティ)、ロンドン、Vol.1、307ページ、(1885年)。  東インド諸島への旅行に関する1589年の書籍の再出版。セイロンから産出される宝石に関する簡単な説明が含まれています。

Reports on the Colonial Sections of the Exhibition – Ceylon(展覧会 – セイロンの植民地セクションに関するレポート)、H.T. Wood、(編集)、Colonial and Indian Exhibition(植民地およびインドの展覧会)、ロンドン 1886年、William Clowes & Sons(William Clowes&サンズ)、ロンドン、80-84ページ、(1887年)。  ロンドンで開催されたこの国際展覧会では、セイロン島から産出される宝石が展示されていました。

『All About Gold, Gems and Pearls in Ceylon and Southern India(セイロンと南インドの金、宝石、真珠のすべて)』、著者不明、A.M. and J. Ferguson Publishers(A.M. and J. Ferguson パブリッシャーズ)、コロンボ、(1888年)。この書籍には、セイロン島の宝石の産地に関して収集した情報が記載されています。

Ancient Industries of Ceylon(セイロンの古代の産業)、G. Wall、Journal of the Ceylon Branch of the Royal Asiatic Society(ジャーナル・オブ・ザ・セイロン・ブランチ・オブ・ザ・ロイヤル・アジアティック・ソサエティ)、Vol.10、No.37、350-364ページ、(1888年)。  宝石の採鉱および製造など、古代の産業について説明しています。

Korund von Ceylon [Corundum from Ceylon(セイロン産コランダム)]、K. Busz、Zeitschrift für Krystallographie und Mineralogie、Vol.15、622-632ページ、(1889年)。  セイロン島から産出されるコランダム結晶の結晶学上の記述。

A Naturalist's Rambles in Ceylon(セイロンでの自然主義者の散策)、H. Hensoldt、American Naturalist(アメリカン・ナチュラリスト)、Vol.23、No.272、690-707ページ、(1889年)。  セイロン島での宝石鉱物の産出について説明しています。

The “Star Stone” Dealers of Ceylon(セイロンの「スター ストーン」ディーラー)、著者不明、Jewelers’ Circular and Horological Review(ジュエラーズ・サーキュラー・アンド・オロロジカル・レビュー)、Vol.29、No.26、12ページ(1895年)。スター サファイアやその他のアステリズムを有する宝石の製造についての簡単な考察。

Durchsichtiger Blauer Spinell von Ceylon [Transparent Blue Spinel from Ceylon(セイロンから産出される透明なブルー スピネル)]、M. Bauer、Neues Jahrbuch für Mineralogie, Geologie und Palaeontologie、No.1、281-283ページ、(1895年)。  セイロン島から産出される宝石質ブルー スピネルに関して説明しています。

Ceylon(セイロン)、L.B. Clarence、Scottish Geographical Magazine(スコティッシュ・ジオグラフィカル・マガジン)、Vol.13、No.4、168-188ページ 、(1897年)。 セイロン島の地理的な記述およびこの島で発見された宝石に関する説明。

Chrysoberyllzwilling von Ceylon [Twinned Chrysoberyl Crystals from Ceylon(セイロンから産出されるクリソベリルの双晶)]、V. Goldschmidt および H. Preiswerk、Zeitschrift für Kristallographie und Mineralogie、Vol.33、No.3/5、455-467ページ、(1900年)。  クリソベリルの双晶結晶に関する説明。

Ueber einige Mineralien, Vorwiegend von Ceylon [About several Minerals, mainly from Ceylon(いくつかの鉱物(主にセイロン産)について)]、G. Melczer、Zeitschrift für Kristallographie und Mineralogie、Vol.33、No. 3/5、240-262ページ、(1900年)。  クリソベリル、スピネルおよびシリマナイトの産出に関する説明。

Krystallographische Studien über Turmalin von Ceylon und einigen Anderen Vorkommen [Kristallographic Studies of Tourmaline from Ceylon and several Other Localities(セイロンおよびその他の産地のトルマリンの結晶学的研究)、V. von Worobieff、Zeitschrift für Kristallographie、Vol.33、No.3/5、263-454ページ(1900年)。  様々な産地のトルマリンの結晶に関する形態学の研究。

Ueber die Mineralvorkommen von Ceylon [The Mineral Deposits of Ceylon(セイロンの鉱床)]、F. Grünling、Zeitschrift für Kristallographie、Vol.33、No. 3/5、209-239ページ、(1900年)。  セイロン島を訪れた経験に基づき、著者が宝石や他の鉱物の産状について説明します。  この記事の概要は、Transactions of the Institute of Mining Engineers(トランザクションズ・オブ・ジ・インスティテュート・オブ・マイニング・エンジニアズ)、Vol. 19、487-488ページ、(1901年)に掲載されました, 。

Die Insel Ceylon [The Island of Ceylon(セイロン島)]、著者不明、Deutsche Rundschau für Geographie、Vol.23、No.6、263-268ページ (1901年)。  セイロン島およびこの島で発見される宝石に関する説明。

Gem Mining in Ceylon(セイロンの宝石採鉱)、E. Huhn、Engineering and Mining Journal(エンジニアリング・アンド・マイニング・ジャーナル)、Vol.71、No.7、204ページ、(1901年)。  宝石採鉱に関する簡単なレポート。

Occurrence of Corundum in Situ near Kandy, Ceylon(セイロンのキャンディ近郊のイン サイチュ<宝石が生成した場所で発見された>コランダム)、A.K. Coomaraswamy、Geological Magazine(ジオロジカル・マガジン)、Vol.10、No.8、348-350ページ、(1903年)。  コランダムが一次鉱床の母岩で発見される産状に関する説明。

Serendibite, a New Borosilicate from Ceylon(セイロンから産出される新しいホウケイ酸塩、セレンディバイト)、G.T. Prior および A.K. Coomaraswamy、Mineralogical Magazine(ミネラロジカル・マガジン)、Vol.13、No.61、224-227ページ、(1903年)。この島の歴史的な名前、セレンディブに由来する新しい宝石鉱物に関する説明。

Gem Sands from Ceylon(セイロンの宝石を含む砂)、E. Vredenburg、Records of the Geological Survey of India(インドの地質調査記録)、Vol.31、No.1、44-45ページ、(1904年)。  海岸の砂浜で宝石鉱物が発見される地域に関する説明。

Precious Stones in Ceylon(セイロンの貴石)、著者不明、Journal of the Society of Arts(ジャーナル・オブ・ザ・ソサエティ・オブ・アーツ)、Vol.53、No.2724、260ページ、(1905年)。宝石およびそれらがセイロン島でどのように発見されるかに関する簡単な考察。

Thorianite, a New Mineral from Ceylon(セイロンの新しい鉱物、トリアナイト)、W.R. Dunstan および G.S. Blake、Proceedings of the Royal Society A(プロシーディングス・オブ・ザ・ロイヤル・ソサエティA)、Vol.76、No.510、253-265ページ、(1905年)。  セイロン島の宝石砂礫層で発見されたわずかに放射性のある新しい鉱物に関する説明。

Report on the Gemming Districts in Ceylon(セイロンの宝石採鉱地区に関するレポート)、A.K. Coomaraswamy and J. Parsons、Mineralogical Survey of Ceylon - Administration Reports(セイロンの鉱物学的調査 - 管理報告書)、No.10-11、(1905年)。

The Rocks and Minerals of Ceylon(セイロンの岩石と鉱物)、A.K. Coomaraswamy、Spolia Zeylanica – Ceylon Journal of Science(スポリア・ゼイラニカ – セイロン・ジャーナル・オブ・サイエンス)、Vol.3、No.9、50-66ページ、(1906年)。  鉱物や宝石の説明、およびそれらが発見される方法と場所。

Sapphir von Ceylon und Australien [Sapphires from Ceylon and Australia(セイロン産およびオーストラリア産サファイア)]、R. Brauns、Neues Jahrbuch für Mineralogie, Geologie und Palaeontologie、Vol.20、41-51ページ、(1906年)。  両国から産出される宝石質サファイアの比較。

『Mines and Minerals of the British Empire(大英帝国の鉱山と鉱物)』、R.S.G. Stokes、Edward Arnold Publishers(Edward Arnold出版社)、ロンドン、(1908年)。本書には41~50ページにかけて、セイロンで発見される宝石素材に関して説明する章が含まれています。

Ceylons Edelsteine [Gemstones from Ceylon(セイロンの宝石)]、A. Eppler,Deutsche Goldschmiede Zeitung、Vol.12、No.29、241-244ページ、(1909年)。  発見された宝石の種類に関する簡単な説明。

Ceylon – The Island of Jewels(セイロン – 宝石の島)、L. Claremont、Knowledge(ナレッジ)、Vol.35、2-7ページ、(1912年)。セイロンでの宝石の採鉱および製造に関して詳しく説明しています。  この著者による同様の記事が、Scientific American Supplement(サイエンティフィック・アメリカン・サプリメント)、Vol.74 (7月13日)、20-22ページ、(1912年) に掲載されました。

Adam’s Second Eden(アダムの第二のエデン)、E.R. Scidmore、National Geographic Magazine(ナショナル・ジオグラフィック・マガジン)、Vol.23、No.2、105-173ページ、(1912年)。  セイロン島およびこの島で発見される宝石に関する説明。

Navigation to the Far East under the Roman Empire(ローマ帝国の支配下での極東への航海)、W.H. Schoff、Journal of the American Oriental Society(ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・オリエンタル・ソサエティ)、Vol.37、240-249ページ、(1917年)。  ローマ帝国の支配下にあった間、宝石や他の貴重な商品を取得するためにセイロンや他の東洋の地域を訪れた旅に関する考察。

Stones of the Nawaratna: Their Mythical Significance and Superstitious Lore(ナワラトナの石:神秘的な意義と迷信がまつわる伝説)、E.J. Wayland、Journal of the Ceylon Branch of the Royal Asiatic Society(ジャーナル・オブ・ザ・セイロン・ブランチ・オブ・ザ・ロイヤル・アジアティック・ソサエティ)Vol.24、No.68(2)、135-164ページ、(1918年)。  身に付ける者にとってお守りと考えられていた9つの特定の宝石を含むジュエリーであるナワラトナの伝説に関する考察。

Fibrolite (= Sillimanite) as a Gem-stone from Burma and Ceylon(ビルマおよびセイロンから産出される宝石としてのフィブロライト(=シリマナイト))、L.J. Spencer、Mineralogical Magazine(ミネラロジカル・マガジン)、Vol.19、No.91、107-112ページ、(1920年)。宝石シリマナイトに関する説明。

Gems and Pearls of Ceylon(セイロンの宝石と真珠)、A. Gibson、Chambers's Edinburgh Journal(チャンバーズ・エディンバラ・ジャーナル)、Vol.99、No.616、657-660ページ、No.617、683-687ページ、No.618、696-697ページ、(1922年)。  セイロン島から産出される宝石および真珠生産に関する説明。

Gem-Gathering in Ceylon(セイロンの宝石収集)、T. Bowyer-Bower、Discovery(ディスカバリー)、Vol.4、No.46、267-271ページ、(1923年)。セイロンの宝石製造業について説明します。

The Precious Stones of India, Burma and Ceylon(インド、ビルマとセイロンの貴石)、A. Mitter、Calcutta Review(カルカッタ・レビュー)、Vol.7、No.1、36-55ページ、(1923年)。  イギリス領インド帝国の宝石の産状に関する説明。

Notes on the Sources of Origin of Ceylon Gemstones(セイロン産の宝石の起源に関する情報)、E.J. Wayland、Economic Geology(エコノミック・ジオロジー)、Vol.18、No.5、514-516ページ、(1923年)。  セイロン島の宝石の地質学的起源に関して簡略に説明しています。

A Visit to the Gem Districts of Ceylon and Burma(セイロンとビルマの宝石地区への訪問)、F.D. Adams、Transactions of the Canadian Institute of Mining and Metallurgy(トランザクションズ・オブ・ザ・カナディアン・インスティテュート・オブ・マイニング・アンド・メタラジィ)、Vol. 29、1-34ページ、(1926年)、Bulletin of the Canadian Institute of Mining and Metallurgy(ブルテン・オブ・ザ・カナディアン・インスティテュート・オブ・マイニング・アンド・メタルルジー)、No.166、213-246ページ、(1926年)、Annual Report of the Smithsonian Institution for 1926(1926年度スミソニアン研究所年次報告書)、297-318ページ、(1927年)。  記事詳細不明。

The Geology of Ceylon(セイロンの地質学)、F.D. Adams、Ceylon Journal of Research(セイロン・ジャーナル・オブ・リサーチ)、Vol.1、No.5および6、425-511ページ、(1929年)。記事詳細不明。

Absorption und Lichtbrechung der Roten, Blauen und Violetten Spinelle von Ceylon [Absorption and Light Refraction in Red, Blue and Violet Spinels from Ceylon(] [セイロンから産出されるレッド、ブルー、バイオレットのスピネルの吸収および光の屈折)]、K. Schlossmacher、Zeitschrift für Kristallographie、Vol.72、No. 5/6、447-475ページ、(1930年)、およびAbsorption und Lichtbrechung der Braunen Spinelle von Ceylon[Absorption and Light Refraction in Brown Spinels from Ceylon(セイロンから産出されるブラウン スピネルにおける吸収および光の屈折)]、Zeitschrift für Kristallographie、Vol.76、No.1、370-376ページ、(1931年)、およびDie Farbgebende Substanz der Natürlichen Roten, Blauen, Braunen und Violetten Spinelle von Ceylon [The Coloring Substance in Natural Red, Blue, Brown and Violet Spinel from Ceylon(セイロンから産出されるレッド、ブルー、ブラウン、バイオレットの天然スピネルの着色物質)]Zeitschrift für Kristallographie、Vol.76、No.5、377-385ページ、(1931年)。  これらの3つの論文は、カラー スピネルにおける着色および光学的特性の研究を発表します。

Lichtbrechung eines Blauvioletten Spinells von Ceylon [Light Refraction by a Blue-violet Spinel from Ceylon(セイロン産ブルー-バイオレット スピネルの光の屈折)]、B. Kornke、Tschermaks Mineralogische und Petrographische Mitteilungen、Vol.41、No.2、214-215ページ、(1931年)。  スピネルの光学的特性に関する研究。

A Day in a Ceylon Gem Field(セイロンの宝石採掘場での一日)、J.L. Gillson、American Mineralogist(アメリカン・ミネラロジスト)、Vol.18、No.7、300-308ページ、(1933年)。  セイロン島の漂砂宝石鉱床へ訪問した際の記録。

Gemming in Ceylon(セイロンにおける宝石採鉱)、C. Matthews、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.2、No.20、242-243ページ、(1933年)。  セイロン島での宝石採取に関する短い記事。

Mining Sapphires in Ceylon(セイロンのサファイア採鉱)、H. Cohen、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.3、No.32、231-236ページ、(1934年)。  漂砂鉱床サファイアの採鉱について説明しています。

Precious Stones in Ancient Asia: Their Chief Sources as Described by Marco Polo(古代アジアの貴石:マルコ・ポーロによって記述された主な原産地)、J. Strachan、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.3、No.30、173-178ページ、(1934年)。  古代の宝石の産出地、セイロンについての考察。

The Geology of Ceylon(セイロンの地質学)、J.S. Coates、Spolia Zeylanica – Ceylon Journal of Science(スポリア・ゼイラニカ – セイロン・ジャーナル・オブ・サイエンス)、Vol.19、No.2、101-187ページ、(1935年)。記事詳細不明。

Magnesium-zinc Spinels from Ceylon(マグネシウムと亜鉛を含有するセイロン産スピネル)、B.W. Anderson andおよび C.J. Payne、Mineralogical Magazine(ミネラロジカル・マガジン)、Vol.25、No.158、547-554ページ、(1937年)。  セイロン島から産出される特定の宝石スピネルに関して鉱物学の観点から説明しています。

A Rare Blue Spinel(稀少なブルー スピネル)、B.W. Anderson および C.J. Payne、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.7、No.81、87-89ページ、(1938年)。  セイロン島から産出される珍しい宝石スピネルに関して説明しています。

Gemming in Ceylon(セイロンにおける宝石採鉱)、H.V.S. Ratnavira、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.3、No.4、51ページ、(1939年)。セイロン島の宝石採鉱に関する短い記事。

Characteristics of Ceylon Rubies(セイロン産ルビーの特徴)、E.J. Gübelin、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.3、No.8、121-124,ページ、(1940年)。  セイロン島から産出されるルビーのインクルージョンおよび他の特殊な宝石学上の特徴。

Ceylon Andalusite(セイロンのアンダリュサイト)、R.L. Austen、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.10、No.120、101-104ページ、(1941年)。  セイロン島から産出される宝石質アンダリュサイトに関する説明。

Local Peculiarities of Sapphires(サファイアの産地の特徴)、E.J. Gübelin、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.4、No.3、34-39ページ、No.4、50-54ページ、およびNo.5、66-69ページ、(1942年)。  スリランカおよび他の産地から採鉱されたサファイアの特徴の比較。

Indian Precious Stones(インドの貴石)、L.A.N. Iyer、Records of the Geological Survey of India(インド地質調査記録)、Vol.76、No.6、1-54ページ、(1942年)。  この記事は、セイロンから産出される宝石に関して説明しています。

Gems and Semi-Precious Stones of Ceylon(セイロンの宝石と半貴石)、D.N. Wadia および L.J.D. Fernando、Records of the Ceylon Department of Mineralogy(セイロン島鉱物学部門の記録)、専門家による論文 No.2、13-44ページ、(1945年)。  セイロン島から産出される宝石に関する説明。

The Absorption-Spectrum of Ceylonese Zircons(セイロン産ジルコンの吸収スペクトル)、G.O. Wild および H. Biegel、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.16、No.190、155-157ページ、(1947年)。  ジルコンの吸収スペクトルにおいて分光器で観察できる鋭い線のパターンに関する説明。

The Geology and Mineral Deposits of Ceylon(セイロンの地質学および鉱床)、L.J.D. Fernando、Bulletin of the Imperial Institute(ブルテン・オブ・ジ・インペリアル・インスティテュート)、Vol.46、No.2/4、303-325ページ、(1948年)。  宝石と鉱物の産状に関して説明しています。

Gem Stones of Ceylon(セイロンの宝石)、H.A.J. Hulugalle、Ceylon Fortnightly Review(セイロン・フォートナイトリー・レビュー)、Vol.1、No.6、7-9ページ、No. 8、7ページ、No.10、11ページおよびNo.12、9ページ。(1948年)、Ceylon Fortnightly Review(セイロン・フォートナイトリー・レビュー)、Vol.1、No.18. 15-32ページ、(1949年)、Ceylon Today(セイロン・トゥデイ)、Vol.1、No.3、20-24ページ、(1952年)。  これらの記事は、セイロン島の宝石採鉱について説明しています。

A Historical Survey of Ceylon Trade(セイロンでの取引の歴史的調査)、C.E.P. Jayasuriya、Journal of the Royal Society of Arts(ジャーナル・オブ・ザ・ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツ)、Vol.97、No.4802、757-768ページ、(1949年)。  セイロン島の宝石や他の産物の歴史的な取引について説明します。

Exploring the World of Gems(宝石の世界の探索)、W.F. Foshag、National Geographic(ナショナル・ジオグラフィック)、Vol.98、No. 6、779-810ページ、(1950年)。スリランカを含む宝石の原産地について説明します。

The Gem Industry is Still Primitive in Ceylon(未発達であるセイロンの宝石産業)、K. Parkinson、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.19、No. 229、165-170ページ、(1950年)。  宝石産業の状態について説明します。

From Mud to Milady’s Neck(泥から貴婦人の首に至るまで)、E.L. Robinson、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.20、No.245、251-254ページ、(1951年)。  セイロンの宝石採鉱に関する短い記事。

A Gemmologist in Ceylon(セイロンの宝石鑑別士)、K. Parkinson、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.20、No.235、23-28ページ、No.236、49ページ、No.238、99-103ページ、No.239、142ページ、(1951年)。  セイロン島の宝石取引に関する考察。

Sinhalite (MgAlBO4), a New Mineral(シンハライト(MgAlBO4)、新しい鉱物)、G.F. Claringbull および M.H. Hey、Mineralogical Magazine(ミネラロジカル・マガジン)、Vol.29、No.217、841-859ページ、(1952年)。宝石砂礫層で発見された新しい鉱物に関する説明。

Unusual Two- and Three-Phase Inclusions in Ceylon Sapphire(セイロン産サファイアの珍しい二相および三相インクルージョン)、L.P. Hoagland、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.3、No.8、330-336ページ、(1952年)。  サファイアにおける多相の液体インクルージョンの研究。

Sinhalite – A New Mineral and Gemstone(シンハライト – 新しい鉱物と宝石)、C.J. Payne、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.21、No.255、177-181ページ、(1952年)。  セイロン島から産出される新しい宝石鉱物の説明。

Ceylon, the Island of Gems(セイロン、宝石の島)、K. Parkinson、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.22、No.258、5-7ページ、(1953年)。  宝石に富むセイロン島に関する考察。

Ceylon - Gem Shop of the World(セイロン - 世界の宝石店)、S.J. Squires、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.23、No.271、21-23ページ、(1954年)。  セイロン島の宝石市場に関する短い記事。

Kornerupine(コーネルピン)、C.J. Payne、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol.23、No.281、215-219ページ、(1954年)。セイロンの稀少な宝石鉱物に関する説明。

Star Spinel Showing Four Six-rayed Stars(4つの6条スターを示すスター スピネル)、G.S. Switzer、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.8、No.6、163-164ページおよび190ページ、(1955年)。  スピネルにおけるアステリズムの説明。

Corundum from Ceylon(セイロン産コランダム)、A.J. Wells、Geological Magazine(ジオロジカル・マガジン)、Vol.93、No.1、25-31ページ、(1956年)。  この国の各地にある母岩で発見されるコランダム結晶の地質学的産状について発表されています。

Sillimanite - The World's Newest Gem(シリマナイト - 世界で最も新しい宝石)、L. Hanson、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.10、No. 4、294-298ページ、(1956年)。  スリランカから産出される新しい宝石鉱物の説明。

Gem Mining in Ceylon(セイロンの宝石採掘)、M.K.J. Semanada、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol. 1、No. 2、11-13ページ、(1958年)。  漂砂鉱床での宝石採鉱に関する短い記事。

Corundum in Biotite-Sillimanite Gneiss from near Polgahawela, Ceylon(セイロンのポルガハウェラ近郊から産出される黒雲母シリマナイト片麻岩のコランダム)、P.G. Coray およびP.S. Kumarapeli、Geological Magazine(ジオロジカル・マガジン)、Vol.97、No.6、480-487ページ、(1960年)。変成岩質の母岩におけるコランダムの説明。

Ceylon – Isle of Gems(セイロン – 宝石の島)、F.L.D. Ekanayaka、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.15、No.4、487-488ページ、(1961年)。  セイロン島で発見された宝石に関する簡単な説明。

Ekanite, a new Metamict Mineral from Ceylon(セイロンから産出される新しいメタミクト鉱物、エカナイト)、B.W. Anderson、G.F. Claringbull、R.J. Davisおよび D.K. Hill、Nature(ネイチャー)、Vol.190、No.4780、997ページ、(1961年)。  セイロンの宝石砂礫層で発見されたわずかに放射性のある鉱物。

Ekanite: Another new metamict gem from Ceylon(エカナイト:セイロンから産出される別の新しいメタミクト宝石)、E.J. Gübelin、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.10、No.6、163-179ページ、191ページ、(1961年)。  新しい宝石鉱物の説明。 同様の記事が、The Gemmologist(ザ・ジェモロジスト)、Vol. 31、No. 373、142-152ページおよび No. 374、165-1966ページ (1962年) に掲載されました。

Ancient Ceylon fields still Produce Gems(現在に至っても宝石を産出し続ける古代セイロンの鉱床)、D. Parser、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.16、No.2、268–269,ページ、(1962年)。  漂砂鉱床の宝石採掘に関する説明。

Gemstones(宝石)、L.J.D. Fernando、Ceylon Geographer(セイロン・ジオグラファー)、Vol.18、45-48ページ、(1964年)。セイロン島から産出される宝石に関する短い記事。

Apatite Crystals in a Ceylon Spinel(セイロン産スピネル中のアパタイト結晶)、P.C. Zwaan、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.9、No.12、434-440ページ、(1965年)。  スピネルのインクルージョンの説明。

A Visit to the Isle of Jewels(宝石の島への訪問)、G.G. Waite、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.20、No.8、940-943ページおよび950-951ページ、(1966年)。  セイロン島の宝石産地を旅行した際のレポート。

Gem Mining in Ceylon(セイロンの宝石採掘)、L.C. Seidle、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol. 8、No. 65、5-8ページ、(1966年)、Vol.9、No.68、10-12ページ (1967年)。  漂砂鉱床での宝石採鉱に関する説明。

An Introduction to the Geology of Ceylon(セイロンの地質学入門)、P.G. Coray、Spolia Zeylanica – Ceylon Journal of Science(スポリア・ゼイラニカ – セイロン・ジャーナル・オブ・サイエンス)、Vol. 31、No.1、1-324ページ (1967年)。  この小冊子は、宝石の鉱床など、セイロン島の地質学について説明します。

Solid Inclusions in Corundum and Almandine Garnet from Ceylon, Identified by X-ray Powder Photographs(X線粉末による写真で鑑別されたセイロンのコランダムとアルマンディン・ガーネットの固体インクルージョン)、P.C. Zwaan、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.10、No.7、224-234ページ、(1967年)。2つの宝石における鉱物インクルージョンの特徴の評価。

Three Generations of Gem Merchants in Ceylon(セイロンの3世代の宝石商人)、L.C. Seidle、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.10、No.1、7-17ページ、(1968年)。  セイロン島の宝石取引に関する考察。

Cordierite Gneisses - Source Rock for Some Gem Deposits of Ceylon(コーディエライト片麻岩 - セイロンの宝石鉱床の母岩)、M.B. Katz、Ceylon Association for the Advancement of Science Proceedings(セイロン科学振興協会議事録)、Vol. No. 1、60-61ページ、(1969年)、The Precambrian Metamorphic Rocks of Ceylon(セイロンの先カンブリア時代の変成岩)Geologische Rundschau、Vol.60、No.4、1523-1549ページ、(1971年)。  セイロン島の宝石の母岩である可能性のある岩石に関する考察。

Reminiscences of a Gem Hunter: Bright Jewels of the Mine(宝石採掘者の回想:鉱山の明るい宝石)、A. Ramsay および B. Sparks、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol. 23ページ、No.5、690ページ、No.6、872-886ページ、No. 7、908-920,ページ、(1969年)。  セイロンの宝石バイヤーの経験を紹介しています。

On the Origin of the Ratnapura-type Gem Deposits(ラトナプラ タイプの宝石鉱床の起源について)、M.B. Katz、Economic Geology(エコノミック・ジオロジー)、Vol.67、No.1、113-115ページ、(1972年)。  記事詳細不明。

Ceylon: Jewel Case of the Indian Ocean(セイロン:インド洋の宝石箱)、R.M. Pearl、Mineral Digest(ミネラル・ダイジェスト)、Vol.3、No. 45–52ページ、(1972年)。  宝石の島に関する説明。

Study of Metamict Ceylon Zircons(セイロン産メタミクト ジルコンの研究)、E.R. Vance および B.W. Anderson、Mineralogical Magazine(ミネラロジカル・マガジン)、Vol.38、No.297、605-613ページ、(1972年)、Differences among Low Ceylon Zircons(セイロン産ロータイプ ジルコンに見られる違い)鉱Mineralogical Magazine(ミネラロジカル・マガジン)、Vol.38、No. 298、721-724ページ、(1972年)。  光学的特性および物理的特性の低下を引き起こす放射線損傷がジルコン構造に与える影響およびメタミクト素材に関する2つの研究。

Pliny the Elder on Ceylon(大プリニウスによるセイロン)、F.F. Schwarz、Journal of Asian History(ジャーナル・オブ・エイジアン・ヒストリー)、Vol.8、No.1、21-48ページ、(1974年)。  古代セイロンとその富に関するプリニウスの著作に関する考察。

Detection of Structural Varieties of Red Gem Spinels from Ratnapura, Sabaragamuwa Province of Sri Lanka(スリランカのサバラガムワ州ラトナプラから産出される赤い宝石質スピネルの構造多様性の検出)、A.A.F. Lagerwey、Scripta Geologica(スクリプタ・ジオロジカ)、Vol.27、No.1、1-27ページ、(1975年)。  ラトナプラから産出されるスピネルの特性評価。

On the Occurrence of Gem Corundum in Kolonné(コロンネにおける宝石コランダムの産状について)、H.S. Gunaratne、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.15、No.1、29-30ページ、(1976年)。  宝石質コランダム鉱床の説明。

Sri Lanka’s Gem Industry(スリランカの宝石産業)、著者不明、Economic Review(エコノミック・レビュー)、Vol.3、3-15ページ、(1977年)。  著者は、セイロン島の宝石鉱業について説明します。

Sinhalit und Diopsid aus Ceylon [Sinhalite and Diopside from Ceylon(セイロンのシンハライトおよびダイオプサイド)]、H. Bank、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.26、No.2、78-79ページ、(1977年)。  2つの宝石鉱物に関する説明。

Uvite, a Newly Classified Gem Tourmaline(新たに分類された宝石トルマリン、ウバイト)、P.J. Dunn、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.15、No.6、300-308ページ、(1977年)。  スリランカのウヴァ県にちなんで命名された新しいトルマリン種に関する説明。  同様の記事が、Mineralogical Record(ミネラロジカル・レコード)、Vol.8、No.2、100-108ページ(1977年)に掲載されました。

Kornerupine Cat's-eye from Sri Lanka (Ceylon)(スリランカ(セイロン)から産出されるコーネルピン キャッツアイ)、H.J. Korevaar および P.C. Zwaan、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.15、No.5、225-230ページ (1977年)。  シャトヤンシーを示すコーネルピンの説明。

Gem Monazite from Sri Lanka(スリランカの宝石質モナザイト)、E.A. Jobbins、A.E. Treshman および B.R. Young、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.15、No.6、295-299ページ、(1977年)。  通常は宝石質の結晶として発見されない鉱物に関する説明。

Sri Lanka: Isle of Gems(スリランカ: 宝石の島)、J.C. Zeitner、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.32、No.8、1668-1674ページおよび1692-1698ページ、(1978年)。  セイロン島から産出される宝石に関する説明。

Tectonic Evolution of the Archaean Granulite Facies Belt of Sri Lanka - South India(スリランカからインド南部に渡って存在する古代のグラニュライトの層相ベルトの地質構造の進化)、M.B. Katz、Journal of the Geological Society of India(ジャーナル・オブ・ザ・ジオロジカル・ソサエティ・オブ・インディア)、Vol. 19、No.5、185-205ページ、(1978年)。  セイロン島の宝石の母岩である可能性のある岩石に関する考察。

On the Composition of Gem Scapolites(宝石質スカポライトの成分について)、P.J. Dunn、J.E. Nelen および J. Norberg、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.16、No.1、4-10ページ、(1978年)。  セイロン島から産出される宝石質スカポライトの研究。

Neue Edelsteine aus Sri Lanka [New Gemstones from Sri Lanka(スリランカの新しい宝石)]、E.J. Gübelin、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.28、No.4、194-196ページ、(1979年)。

Gem Cutting and Polishing in Sri Lanka(スリランカにおける宝石のカッティングおよびポリッシング)、N. Wijesekera、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.33、No. 9、2042ページ、(1979)年。  宝石の製造に関する簡単な説明。

Traditional Gem Mining in Sri Lanka(スリランカの伝統的な宝石採掘)、N. Wijesekera、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.32、No.10、2246ページ、(1979年)。  漂砂鉱床での宝石採鉱に関する短い説明。

Gemstones of Sri Lanka(スリランカの宝石)、N. Wijesekera、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.34、No.7、1616-1618ページ、(1980年)。  セイロン島から産出される宝石の説明。

Die Strahlende Insel - Mineralvorkommen auf Ceylon [The Shining Island – The Mineral Occurrence of Ceylon(輝く島 - セイロンの鉱物の産状)]、W. Lieber、Lapis(ラピス)、Vol.5、No.6、14-19ページ、(1980年)。  セイロン島にある一部の宝石鉱床の説明。

Alexandrite-like Natural Spinel from Sri Lanka(スリランカから産出されるアレキサンドライトのような天然スピネル)、E.J. Gübelin および K. Schmetzer、Neues Jahrbuch für Mineralogie Monatshefte、No.9、428-432ページ、(1980年)。  異なる照明の下で変色性を示すスピネル。

Sphene, Sri Lanka's Newest Gemstone(スリランカの最新の宝石、スフェーン)、P.C. Zwaan および C.E.S. Arps、Scripta Geologica(スクリプタ・ジオロジカ)、Vol.58、1-11ページ、(1980年)。  セイロン島の新しい宝石鉱物の説明。

Changierender Korund mit Hoher Lichtbrechung aus Sri Lanka [Color-change Corundum with High Refractive Indices from Sri Lanka(スリランカから産出される高屈折率を持つカラー チェンジ コランダム)]、H. Bank、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.29、No.1/2、86-87ページ、(1980年)。  宝石コランダムに関する説明。

Genesis of Sedimentary Gem Deposits in Sri Lanka(スリランカにおける堆積宝石鉱床の起源)K. Dahanayake、A.N. Liyanage、A.P. Ranasinghe、Sedimentary Geology(セディメンタリ―・ジオロジー)、Vol.25、No.1/2、105-115ページ、(1980年)。  宝石の二次鉱床は、その産状に応じて残留鉱床、残積層または漂砂鉱床として分類されます。  著者は、セイロン島の地質学について簡単に説明し、宝石鉱物の母岩は変成岩(片麻岩とスカルン)であるという結論に達します。

Star Quartz Asterism caused by Sillimanite(シリマナイトによって生じるスター クォーツのアステリズム)、C.F. Woensdregt、M. Weibel および R. Wessicken、Schweizerische Mineralogische und Petrographische Mitteilungen、Vol.60、No.2/3、129-132ページ(1980年)。  いくつかのクォーツに見られるアステリズムは、ルチルではなくシリマナイトのニードルのため生じる可能性があります。

Geology and Occurrence of Gems in Sri Lanka(スリランカにおける地質学および宝石の産状)、J.W. Herath、Journal of the Natural Science Council of Sri Lanka(スリランカ自然科学評議会ジャーナル)、Vol.12、No.2、257-271ページ、(1980年)。  著者は、宝石鉱床の地質学的環境について説明します。

Modes of Occurrence and Provenances of Gemstones of Sri Lanka(スリランカの宝石の産状および由来)、K. Dahanayake、Mineralium Deposita、Vol.15、No.1、81-86ページ、(1980年)。  スリランカの宝石の産状および地質学的起源について説明しています。

Mineral Resources of Sri Lanka(スリランカの鉱物資源)、J.W. Herath、Geological Survey Department of Sri Lanka - Economic Bulletin(スリランカ地質調査局 - 経済速報)、No.2、1-70ページ、(1980年)。  セイロン島の鉱物資源に関する政府の報告書。

Alexandrite-like Natural Spinel from Sri Lanka(スリランカから産出されるアレキサンドライトのような天然スピネル)、K. Schmetzer および E.J. Gübelin、Neues Jahrbuch für Mineralogie Monatshefte、No.9、428-432ページ、(1980年)。  異なる光源の下で変色性を示す宝石質スピネル。

Source Rocks of Gem Minerals – A Case Study from Sri Lanka(宝石鉱物の母岩 - スリランカの事例研究)、K. Dahanayake、A.P. Ranasinghe、Mineralium Deposita、Vol.16、No. 1、103-111ページ、(1981年)。フィールド研究の結果、宝石鉱物の母岩には変成岩質の片麻岩およびグラニュライトが含まれていることが判明しました。

The Origin of Gemstones of Sri Lanka(スリランカの宝石の起源)、T. Munasinghe、C.B. Dissanayake、Economic Geology(エコノミック・ジオロジー)、Vol.76、No.5、1216-1225ページ、(1981年)。  スリランカの中部における宝石鉱物の起源と宝石鉱物を形成する母岩について説明しています。

Geuda Sapphires: Their Colouring Elements and Their Reaction to Heat(ギウダ サファイア:その着色元素と熱に対する反応)、H.S. Gunaratne、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.17、No.5、292-300ページ、(1981年)。  ギウダ サファイアの色の原因と加熱処理について考察しています。

First Occurrence of Gem Sphene in Sri Lanka(スリランカにおける宝石質スフェーンの最初の産出)、M. Gunawardene および H. Hänni、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.17、No. 6、381-385ページ、(1981年)。  セイロン島の新しい宝石鉱物の説明。

Sphene, Another Gem Mineral from Sri Lanka(スリランカから産出される別の宝石鉱物、スフェーン)、P.C. Zwaan、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.17、No.8、624-635ページ、(1981年)。  宝石のスフェーンに関する別の説明。

Taprobanite, a New Mineral of the Taaffeite-Group(ターフェアイト グループの新しい鉱物、タプロバナイト)、R. Moor、W.F. Oberholzer および E.J. Gübelin、Schweizerische Mineralogische und Petrographische Mitteilungen、Vol.61、No.1、13-21ページ、(1981年)。  マグネシウムを豊富に含むターフェアイトの説明。  同様の記事が、Revue de Gemmologie a.f.g.、No.68、6-9ページ、(1981年)およびZeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.30、No.3/4、197-206ページ、(1981年)に掲載されました。

Sri Lanka: The Gem Island(スリランカ:宝石の島)、P.C. Zwaan、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.18、No.2、62-71ページ、(1982年)。  著者は、宝石の産状の地質学的環境および採鉱、発見される宝石の主なタイプを説明します。

Asterism in Sri Lankan Corundum(スリランカ産コランダムのアステリズム)、T.G. Sahama、Schweizerische Mineralogische und Petrographische Mitteilungen、Vol.62、No.1、15-20ページ、(1982年)。  コランダムにおけるアステリズムの原因に関する説明。

Blassblauer, fast Farbloser Cordierit aus Sri Lanka [Pale Blue, nearly Colorless Cordierite from Sri Lanka(スリランカから産出されるペールブルー、ほぼ無色のコーディエライト)]、H. Bank、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.31、No.3、199-200ページ、(1982年)。  宝石質アイオライトに関する説明。

A Plate Tectonic Model for the Geologic Evolution of Sri Lanka(スリランカの地質学的進化のプレート構造モデル)、T. Munasinghe および C.B. Dissanayake、Journal of the Geological Society of India(ジャーナル・オブ・ザ・ジオロジカル・ソサエティ・オブ・インディア)、Vol. 23、No.8、369-380ページ、(1982年)。  セイロン島の地質史に関する考察。

Near-colourless Enstatite from Sri Lanka(スリランカ産のほぼ無色のエンスタタイト)、R.R. Harding、E.A. Jobbins、B.R. Young および C.H. Winter、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.18、No.3、213-216ページ、(1982年)。  セイロン島から産出される宝石質輝石に関する説明。

Ferroaxinite - Another New Gem from Sri Lanka(フェロアキシナイト - スリランカから産出されるもう一つの新しい宝石)、H. Hänni および M. Gunawardene、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.18、No. 1、20-27ページ, (1982年)。  セイロン島の新しい宝石鉱物の説明。

Untersuchungen an Titanit, einem für Sri Lanka neuen Edelstein [A Study of Titanite, a new Gemstone for Sri Lanka(スリランカの新しい宝石であるチタナイトの研究)]、H. Hänni および M. Gunawardene、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.31、No.1/2、65-70ページ、(1982年)。  セイロン島の新しい宝石鉱物の研究。

Golden Seat of Sinhala Monarchy(シンハラ君主制の黄金の座)、N. Wijesekeram、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.35、No.12、2434-2436ページ、(1982年)。  セイロン島のジュエリーの歴史に関する短い記事。

Medieval Sinhalese Jewelry(中世のシンハラのジュエリー)、N. Wijesekera、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.37、No.8、1206ページ、(1983年)。  歴史的なジュエリーに関する説明。

Taaffeite - A Rare Gemstone of Sri Lanka(ターフェアイト - スリランカの稀少な宝石)、D.F. Jayakody、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.37、No.1、74-78ページ、(1983年)。セイロン島の宝石砂礫層から発見された稀少な宝石に関する説明。

Ratnapura – The Village of Gems(ラトナプラ – 宝石の村)、P. Francis、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.36、No.12、1980-1987ページ、(1983年)。  重要な宝石取引中心地に関する説明。

Crystal Chemistry of Natural Be-Mg-Al-oxides: Taaffeite, probanite, Musgravite(天然のBe-Mg-Al-酸化鉱物の結晶化学:ターフェアイト、タプロバナイト、マスグラバイト)、K. Schmetzer、Neues Jahrbuch für Mineralogie Abhandlungen、Vol.146、No.1、15-28ページ、(1983年)およびTaaffeite or Taprobanite: A Problem of Mineralogical Nomenclature(ターフェアイトかタプロバナイトか:鉱物学上の命名の問題)。  Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.18、No.7、623-634ページ、(1983年)。  これらの2つの記事は、スリランカから産出されるいくつかの稀少な宝石鉱物の関係について説明します。

Investigation of a Cat's-eye Scapolite from Sri Lanka(スリランカ産キャッツアイ スカポライトの研究)、K. Schmetzer および H. Bank、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.19、No.2、108-110ページ、(1983年)。  シャトヤンシーを示すスカポライトの説明。

Rare gemstones of Sri Lanka(スリランカの稀少な宝石)、M.N. Deen、Lapidary Journal(ラピダリー・ジャーナル)、Vol.38、No.1、238-240ページ、(1984年)。  セイロン島から産出されるいくつかの珍しい宝石鉱物に関して説明しています。

Inclusions in Taaffeites from Sri Lanka(スリランカ産ターフェアイトのインクルージョン)、M. Gunawardene、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.20、No.3、59-164ページ、(1984年)。  宝石質ターフェアイトのインクルージョンに関する説明。  同様の記事が、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.33、No. 3/4、91-95ページ、(1984年) にも掲載されました。

The Geochemistry of Beryllium and Fluorine in the Gem Fields of Sri Lanka(スリランカの宝石採掘場におけるベリリウムとフッ素の地球化学)、M.S. Rupasinghe、A. Banerjee、J. Pense および C.B. Dissanayake、Mineralium Deposita、Vol.19、No.1、86-93ページ、(1984年)。  これらの指標元素の検出を用いて宝石鉱床について地球化学的に探査を行います。

The Rare-Earth Element Abundance in the Sedimentary Dem Deposits of Sri Lanka(スリランカの堆積宝石鉱床における豊富な希土類元素)、M.S. Rupasinghe および C.B. Dissanayake、Lithos(リソス)、Vol.17、No.4、329-342ページ、(1984年)。  希土類元素を使用して、漂砂宝石鉱床が存在するかどうかを判断します。

Fast Farbloser Olivin aus Sri Lanka [Nearly Colorless Olivine from Sri Lanka(スリランカから産出されるほぼ無色のオリビン)] 、H. Bank、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol. 33、No. 3/4、139-140ページ、(1984年)。  宝石質オリビンに関する説明。

A Recent Find of Taaffeite(ターフェアイトの最近の発見)、R.B. McDowell、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.19、No.1、9-13ページ、(1984年)。  ターフェアイト鉱床の発見に関する説明。

Radioactive Gem Minerals from Sri Lanka(スリランカから産出される放射性宝石鉱物)、M.S. Rupasinghe、Journal of the Gemmological Association of Sri Lanka(スリランカ宝石学会誌)、No. 1、5-12ページ、(1984年)。  エカナイトなどの鉱物に関する説明。

Well-known Gems of Sri Lanka(スリランカの有名な宝石)、T.G. Punchiappuhamy、Journal of the Gemmologists Association of Sri Lanka(スリランカ宝石学者協会誌)、No.1、17-20ページ、(1984年)、Historical References to Gems of Sri Lanka(スリランカの宝石への歴史的参考文献)Journal of the Gemmologists Association of Sri Lanka(スリランカ宝石学者協会誌)、No.2、24-27ページ、(1985年)。  セイロン島の宝石に関する同じ著者による2つの記事。

Anreicherung von Radioaktiven Elementen und Seltenen Erd Elementen in Zirkon und Monazite aus Sri Lanka [Enrichment of Radioactive Elements and Rare Earth Elements in Zircon and Monazite from Sri Lanka(スリランカ産のジルコンとモナザイトにおける放射性元素および希土類元素の濃縮)]、M.S. Rupasinghe、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.34、No.1/2、69-75ページ、(1985年)。  宝石質ジルコンとモナザイトにおける微量元素の化学分析。

Charnockites and the Genesis of Gem Minerals(チャーノカイトと宝石鉱物の起源)、M.S. Rupasinghe、C.B. Dissanayake、Chemical Geology(ケミカル・ジオロジー)、Vol.53、No. 1、1-16ページ、(1985年) およびA Preliminary Geochemical Study of Sedimentary Gem Deposits of Sri Lanka(スリランカの堆積宝石鉱床の地球化学における予備研究)Chemie der Erde、Vol. 44、No. 4、281-298ページ、(1985年)。  チャーノカイトは、スリランカ中部の高度変成岩質地帯の一部であり、これら2つの記事で報告された地球化学における研究は、これらの岩石が一因で宝石鉱物が形成されたことを示唆しています。

Peridot - Olivine in Edelsteinqualitat [Peridot – Gem-quality Olivine(ペリドット – 宝石質オリビン]、K. Fischer、Lapis Magazin(ラピス・マガジン)、Vol.10、No.9、31-40,ページ、(1985年)。  セイロン島から産出されるペリドットの説明。

Farblose Cordierite und Cordierit-katzenaugen aus Sri Lanka [Colorless Cordierite and Cordierite Cat’s-eyes from Sri Lanka(スリランカから産出される無色のコーディエライトおよびコーディエライトのキャッツ アイ]) 、H. Bank、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.34、No.1/2、79-80ページ、(1985年)。  宝石質アイオライトに関する説明。

Peridot from Ratnapura District, Sri Lanka(スリランカのラトナプラ地区から産出されるペリドット)、M. Gunawardene、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.19、No. 8、692-702ページ、(1985)。  宝石ペリドットに関する説明。

A Tourmaline with an Unusual Colour Behaviour from Sri Lanka(スリランカから産出される珍しい色の現象を示すトルマリン)、M. Gunawardene、Journal of the Gemmological Association of Sri Lanka(スリランカ宝石学会誌)、No. 2、14-17ページ、(1985年)。  カラー チェンジ タイプのトルマリンに関する説明。

Geology and Mineralogy of Gemming Terrains of Sri Lanka(スリランカの宝石産地の地質学と鉱物学)、K. Dahanayake、A.P. Ranasinghe、Bulletin of the Geological Society of Finland(フィンランド地質学会紀要)、Vol. 57、No.1/2、139-149ページ、(1985年)。  フィンランドの宝石は、古代の高度変成岩が下に埋まっている渓谷や丘の斜面で採鉱されます。  著者は、最も重要な宝石鉱物の地質学的起源について説明します。

Hiddenite of Gem Quality from the Kataragama Area in south eastern Sri Lanka(スリランカ南東部のカタラガマ地区から産出される宝石質ヒデナイト)、C.E.S. Arps および P.C. Zwaan、Journal of the Gemmological Association of Sri Lanka(スリランカ宝石学会誌)、No.2、7-13ページ、(1985年)。  セイロン島から産出される宝石質スポジュミンに関する説明。

Inclusions in Corundum from Sri Lanka(スリランカから産出されるコランダムのインクルージョン)、H. Schrader、Journal of the Gemmologists Association of Sri Lanka(スリランカ宝石学者協会誌)、Vol. No.2、37–41ページ、(1985年)。  宝石コランダムにおけるインクルージョンの研究。

Untersuchungen an Kornerupin und Sinhalit von Elahera, Sri Lanka [Study of Kornerupine and Sinhalite from Elahera, Sri Lanka(スリランカのElahera(エラヘラ)から産出されるコーネルピンとシンハライトの研究)]、U. Henn.  Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.34、No.1/2、13-19ページ、(1985年)。  2つの宝石鉱物に関する地質学における説明。

Charnockites and the Genesis of Gem Minerals(チャーノカイトと宝石鉱物の起源)、M.S. Rupasinghe および C.B. Dissanayake、Chemical Geology(ケミカル・ジオロジー)、Vol.53、No.1/2、1-16ページ、(1985年)。  漂砂宝石鉱物の地質学における起源に関する考察。

Zirkon-Katzenauge aus Sri Lanka [Zircon Cat’s-eyes from Sri Lanka(スリランカ産ジルコンのキャッツ アイ)]、H.J. Müllenmeister、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen GesellschaftVol.34、No.3/4、164-166ページ、(1985年)。  シャトヤンシーを示すジルコンに関する説明。

A Preliminary Geochemical Study of Sedimentary Gem Deposits of Sri Lanka(スリランカの堆積宝石鉱床の地球化学における予備研究)、M.S. Rupasinghe および C.B. Dissanayake、Chemie der Erde、Vol.44、No.4、281-298ページ、(1985年)。  漂砂宝石鉱床の地質環境に関する考察。

Colourless Enstatite from Embilipitiya, Sri Lanka(スリランカのエンビリピティヤから産出される無色のエンスタタイト)、E.G. Zoysa、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)Vol.19、No.5、419-425ページ、(1985年)。宝石質輝石に関する説明。

Special Report: The Gem Industry in Sri Lanka(特別レポート:スリランカの宝石産業)、W.G.S. Waidyanatha、Economic Review (Colombo)(エコノミック・レビュー (コロンボ))、Vol.11、2-18ページ、(1985年)。  セイロン島の宝石産業に関する説明。

Scheelite, Green Feldspar Orthoclase, Fibrolite (Sillimanite) from Ratnapura Area, Sri Lanka(スリランカのラトナプラ地域から産出されるシェーライト、グリーン・フェルドスパー・オーソクレーズ、フィブロライト(シリマナイト))、E.G. Zoysa、Journal of the Gemmological Association of Sri Lanka(スリランカ宝石学会誌)、No. 2、18-23ページ、(1985年)。  珍しい宝石鉱物に関する説明。

Zincian taaffeite from Sri Lanka(スリランカ産ジンシアン(含亜鉛)ターフェアイト)、K. Schmetzer および H. Bank、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.19、No.6、494-497ページ、(1985年)。  宝石質ターフェアイトに関する研究。  同様の記事が、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.34、No.1/2、20-23ページ、(1985年) にも掲載されました。

Crystal Chemistry of Zincian Spinels (Gahnospinels)from Sri Lanka(スリランカ産ジンシアン スピネル(ガーノスピネル)の結晶化学)、Schmetzer および H. Bank、Neues Jahrbuch für Mineralogie Monatshefte、No.8、353-356ページ、(1985年)、Gahnospinelle aus Sri Lanka [Gahnospinel from Sri Lanka(スリランカ産ガーノスピネル)],Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.34、No. 3/4、92-97ページ、(1985年)、A Re-investigation of Gahnospinels from Sri Lanka(スリランカ産ガーノスピネルの再研究)Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジー)、Vol.20、No.3、157-160ページ、(1986年)。  亜鉛を含有する宝石質スピネルに関する3つの研究。

Review of the Geology of the Gemstones of Sri Lanka(スリランカの宝石の地質学に関するレビュー)、M.B. Katz、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.16、No.2、52-56ページ、63ページ (1986年)。著者は、スリランカにおける宝石の産状に関するレビューおよび宝石鉱物の形成に関する現在の考察を紹介します。

Gem Minerals from the Embilipitiya and Kataragama Areas in Sri Lanka(スリランカのエンビリピティヤおよびカタラガマ地域の宝石鉱物)、P.C. Zwaan、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.16、No.2、35-40ページ、(1986年)。  2箇所の漂砂宝石採鉱地域に関する説明。

On the Origin of Blue Sapphire from Elahera, Sri Lanka(スリランカのElahera(エラヘラ)から産出されるブルー サファイアの起源について)、G. Heilmann および U. Henn、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.16、No.1、2-4ページ、(1986年)。  ブルー サファイアの起源について考察しています。

Some Unusual Sillimanite Cat's-eyes(珍しいシリマナイトのキャッツ アイ)、E.J. Gübelin、M. Weibel および C.F. Woensdregt、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol. 22、No. 2、96-98ページ、(1986年)。シャトヤンシーを示すシリマナイトに関する説明。

Gem Deposits in Sri Lanka with Special Emphasis on Recent Discoveries(最近の発見に焦点を当てたスリランカの宝石鉱床)、E.G.G. Zoysa、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.16、No.3、110-114ページ、(1986年)。セイロン島で発見されるさまざまな宝石や鉱物の鉱床に関する短い説明。

Study of Scapolite, Corundum and Spinel Crystals from the Tissamaharama Area, Sri Lanka(スリランカのティサマハラマ地域から産出されるスカポライト、コランダム、スピネルの結晶の研究)、R. Vochten、E. De Grave、および P.C. Zwaan、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.16、No.3、91-94ページ、(1986年)。いくつかの宝石鉱物の説明。

Some Observations on Brown Tourmalines from Elahera, Sri Lanka(スリランカのElahera(エラヘラ)から産出されるブラウン トルマリンに関する観察)、U. Henn および M. Schramm、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.20、No.3、154-156ページ、(1986年)。  宝石トルマリンに関する説明。  同じ記事が、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.34、No.3/4、98-100ページ、(1985年) にも掲載されました。

An unusual needle-like inclusion in gem sinhalite from Elahera, Sri Lanka(スリランカのElahera(エラヘラ)から産出される宝石シンハライトの珍しい針状インクルージョン)、M. Gunawardene、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.20、No.2、98-99ページ、(1986年)。  シンハライトのインクルージョンの説明。

The Elahera Gem Field in Central Sri Lanka(スリランカ中部のElahera(エラヘラ)にある宝石採鉱地)、M. Gunawardene およびM.S. Rupasinghe、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol. 22、No. 2、80-95ページ、(1986年)。  有名な漂砂宝石産地に関する説明。

Ein Oktaedrischer Gahnospinell-rohstein von Ratnapura, Sri Lanka [An Octahedral Rough Gahnospinel from Ratnapura, Sri Lanka(スリランカのラトナプラから産出される八面体のガーノスピネル原石)]、G. Frenzel、V. Stähle および F.H. Bank、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.35、No.1/2、39-46ページ、(1986年)。  ガーノスピネル結晶の検査。

Natürliche Kobaltblaue Spinelle von Ratnapura, Sri Lanka [Natural Cobalt-blue Spinel from Ratnapura, Sri Lanka(スリランカのラトナプラ産天然コバルト ブルー スピネル]、H. Harder、Neues Jahrbuch für Mineralogie Monatshefte、No.3、97-100ページ、(1986年)。  コバルトによって着色されたディープブルーの天然スピネルに関する説明。

Characterization of Some Scapolite, Corundum and Spinel Crystals from Kochipadana and Amarawewa, Kataragama Area, Sri Lanka(スリランカのカタラガマ地域のKochipadanaとAmarawewaから産出されるスカポライト、コランダム、スピネルの結晶の特徴)、E. De Grave、R. Vochten、P.C. Zwaan およびJ. Craenen、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.35、No.1/2、47-57ページ、(1986年)。  漂砂鉱床から産出されるいくつかの宝石鉱物の研究。

The Niobium and Yttrium Abundances in the Sedimentary Gem Deposits of Sri Lanka(スリランカの堆積宝石鉱床の豊富なニオビウムとイットリウム)、C.B. Dissanayake および M.S. Rupasinghe、Journal of the National Sciences Council of Sri Lanka(スリランカ国家科学評議会ジャーナル)、Vol.14、No.1、55-74ページ、(1986年)。  漂砂宝石鉱床を探査するために豊富な希土類元素を使用することに関して説明しています。

Fluorine as an Indicator of Mineralization - Hydrogeochemistry of a Precambrian Mineralized Belt in Sri Lanka(スリランカの先カンブリア時代の鉱化地帯の鉱化水地球化学の指標としてのフッ素)、C.B. Dissanayake および S.V.R. Weerasooriya、Chemical Geology(ケミカル・ジオロジー)、Vol.56、No.3/4、257-270ページ、(1986年)。  堆積物中のフッ素含有量に関するデータを使用して宝石の鉱化作用を判断する研究に関する考察。

Light, Heavy and Rare Minerals in the Washed Gem Gravels of Sri Lanka(スリランカの水流に流された宝石砂礫層に発見される軽鉱物、重鉱物、稀少鉱物)、M.S. Rupasinghe、A. Senaratne および C.B. Dissanayake、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.20、No.3、177-184ページ、(1986年)。  水流で流された宝石砂礫層から得られた濃縮物中に宝石鉱物とともに発見された鉱物の説明。

Gem Deposits in Sri Lanka with Special Emphasis on Recent Discoveries(最近の発見に焦点を当てたスリランカの宝石鉱床)、E.G. Zoysa、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.16、No.3、110-114ページ、(1986年)。  いくつかの宝石鉱床の説明。

An Account of Chrysoberyl-bearing Pegmatite near Pattara, Sri Lanka(スリランカのパタラ近郊で発見されるクリソベリルを含有するペグマタイトに関する説明)、E.G. Zoysa、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、第Vol.20、No.7/8、486-489ページ、(1987年)。  宝石鉱床に関する説明。

New Gems from the Ratnapura Area, Sri Lanka(スリランカのラトナプラ地域から産出される新しい宝石)、E.G. Zoysa、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.17、No.2、239-241ページ、(1987年)。  宝石鉱床に関する説明。

Dreiphaseneinschlüsse in einem Gelben Sapphir aus Sri Lanka [Three-phase Fluid Inclusions in a Golden Sapphire from Sri Lanka(スリランカのゴールデン サファイアにおける三相液体インクルージョン)、K. Schmetzer、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.36、No.1/2、79-81ページ、(1987年)。  サファイアにおける多相の液体インクルージョンの説明。

New In-situ Corundum Deposits in Sri Lanka(スリランカの新しいイン サイチュ(宝石が生成した場所)のコランダム鉱床)、M.S. Rupasinghe および C.B. Dissanayake、Journal of the Gemmologists Association of Sri Lanka(スリランカ宝石学者協会誌)、No.4、2-5ページ、(1987年)。  コランダムが一次鉱床の母岩で発見される産地に関する説明。

Orientated Lath-like Inclusions of a New Type in Spinel(スピネルにある新しいタイプの方向性のある木摺状インクルージョン)、K. Schmetzer、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.21、No.2、69-72ページ、(1988年)。  珍しいスピネルのインクルージョンの説明。同じ記事が、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.36、No.1/2、11-17ページ、(1987年) にも掲載されました。

Examination of Three-phase Inclusions in Colorless, Yellow, and Blue Sapphires from Sri Lanka(スリランカから産出される無色、イエロー、ブルーのサファイアにおける三相インクルージョンの検査)、K. Schmetzer および O. Medenbach、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.24、No.2、107-111ページ、(1988年)。  宝石サファイアにおける液体インクルージョンの研究。

Investigation of cat`s-eye zircons from Sri Lanka(スリランカから産出されるキャッツ アイ ジルコンの研究)、M. Gunawardene、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol. 21、No. 2、88-91ページ、(1988年)。シャトヤンシーを示すジルコンの説明。
Geology and the Origin of the Corundum-bearing Skarn at Bakamuna, Sri Lanka(スリランカのバカムナのコランダムを含有するスカルンの地質学と起源)、K.K.M.W. Silva および C.H.E.R. Siriwardena、Mineralium Deposita、Vol.23、No.3、186-190ページ、(1988年)。  コランダムを含むスカルン鉱床の説明。

The Socio-Economic Impact of the Geuda Trade and the Thai-Lanka Geuda Agreement(ギウダ取引とタイ-ランカ ギウダ協定の社会経済的影響)、W.G.B. Waidyanatha、Journal of the Gemmologists Association of Sri Lanka(スリランカ宝石学者協会誌)、Vol. No.5、12-23ページ、(1988年)。  スリランカとタイにおけるギウダ コランダムの加熱処理に関する考察。

Origin of the Cat’s-eye Effect in Heat-treated Zircons from Sri Lanka(スリランカ産加熱処理ジルコンにおけるキャッツ アイ効果の起源)、H.A. Hänni および M. Weibel、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.16、No.10、363-366ページ、(1988年)。  ジルコンのシャトヤンシーに関する考察。  同じ記事が、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.38、No.2/3、95-101ページ、(1989年) にも掲載されました。

Une Gemme Métamicte: L'ékanite [A Metamict Gem, Ekanite(メタミクト宝石、エカナイト)]、J.P. Gauthier および P. Fumey、Revue de Gemmologie a.f.g.、No.94、3-7ページ、(1988年)。  スリランカから産出されるわずかに放射性のある宝石鉱物の説明。

Zur Farbveränderung von Korunden bei Hitzebehandlung [The Color Change in Corundum with Heat Treatment(加熱処理によるコランダムの色の変化)]、N. Waber、T. Frieden、H.A. Hänni, R. Iff および E. Niggli、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.37、No.1/2、57-68ページ、(1988年)。  宝石コランダムの加熱処理に関する研究。

Isotopic Mapping of Age Provinces in Precambrian High-grade Terrains: Sri Lanka(先カンブリア時代の高度変成岩帯における年代範囲の同位体マッピング:スリランカ)、C.C. Milisenda、T.C. Liew、A.W. Hofmann および A. Kröner、Journal of Geology(ジャーナル・オブ・ジオロジー)、Vol.96、No.5、608-615ページ、(1988年)。セイロン島の変成岩質地帯に関する地質学的研究。  これらの岩石が原因で一部のカラー宝石が生成されると考えられています。

The Muslim Lapidsary(ムスリム人の宝石細工術)、M.M. Mahroof、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.21、No.7、405-410ページ、(1989年)。セイロン島の宝石細工産業の歴史について考察しています。

『Periplus Maris Erythraei [Circumnavigation of the Red Sea(紅海の周航)]』、L. Casson、Princeton University Press(プリンストン大学出版)、プリンストン、(1989年)。ギリシャの商人や船員によって西暦1世紀に書かれた書籍を近代に再出版した作品。古代ローマおよび紅海、セイロンを含む西インド洋の取引に関する最も重要な情報源の一つを提供します。

Sternskapolith von Sri Lanka [Star Scapolite from Sri Lanka(スリランカ産スター スカポライト)]、H. Bank、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.37、No. 1/2、76-77ページ、(1988年)。  アステリズムを示すスカポライトの説明。

Scientific Aspects of Geuda Beneficiation(ギウダ選鉱の科学的側面)、R.N. Ediriweera、Journal of the Gemmologists Association of Sri Lanka(スリランカ宝石学者協会誌)、Vol.5、No. 1-6、(1988年)およびThe Commercial Impact of the Benefication of Geuda(ギウダ選鉱の商業上の影響)、A.E.T. Ellawala、Journal of the Gemmologists Association of Sri Lanka(スリランカ宝石学者協会誌)、Vol. No.5、31-35ページ、(1988年)およびHeat Treatment of Geuda Stones: Spectral Investigation(ギウダ石の加熱処理:スペクトルの研究)、R.N. Ediriweera および S.I. Perera、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.21、No.7、403-404ページ、(1989年)。これらの3つの記事は、より貴重なブルーサファイアにするために濁った「ギウダ」サファイアに行われる加熱処理の詳細について説明します。

Changierender Taaffeit aus Sri Lanka [Color-change Taaffeite from Sri Lanka(スリランカから産出されるカラー チェンジ ターフェアイト)]、H. Bank および U. Henn、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.38、No.2/3、89-94ページ、(1989年)。  カラー チェンジ タイプのターフェアイトに関する説明。

Saphirblauer, Durchsichtiger Sapphirin aus Sri Lanka [Sapphire-blue, Transparent Sapphirine from Sri Lanka(スリランカから産出されるサファイア-ブルーをした透明なサフィリン)]、H. Bank、H.V. Platen および A.G.B. Amarasinghe、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.38、No.2/3、103-105ページ、(1989年)。  宝石質サフィリンに関する説明。

Fluid and Mineral Inclusions in Corundum from Gem Gravels in Sri Lanka(スリランカの宝石砂礫から産出されるコランダムに含まれる液体および鉱物のインクルージョン)、A.A. De Maesschalck および I.S. Oen、Mineralogical Magazine(ミネラロジカル・マガジン)、Vol.53、No.373、539-545ページ、(1989年)。  宝石コランダムにおけるインクルージョンの研究。

Sapphirine from the Kolonne Area, Sri Lanka(スリランカのKolonne地域から産出されるサフィリン)、R.R. Harding および E.G. Zoysa、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.22、No.3、136-140ページ、(1990年)。  宝石質サフィリンに関する説明。

Spectroscopic Evidence for Heat Treatment of Blue Sapphires from Sri Lanka - Additional Data(スリランカから産出されるブルー サファイアの加熱処理の分光的証拠 - 追加データ)、K. Schmetzer および L. Kiefert、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.2、No.2、80-82ページ、(1990年)。  スペクトル特徴を使用してブルー サファイアにおける加熱処理を検出する方法に関する考察。

Spectroscopic Evidence for Heat Treatment of Blue Sapphires from Sri Lanka - Additional Data(スリランカ産ブルー サファイアの加熱処理の分光的証拠 - 追加データ)、K. Schmetzer 、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.2、No.2、80-82ページ、(1990年)。  サファイアにおける加熱処理の検出に関する考察。

Laser Tomographic Observations of Heat-treated Sapphire from Sri Lanka(スリランカ産熱処理サファイアのレーザー・トモグラフによる観察)、志田淳子、Journal of the Gemmological Society of Japan(宝石学会(日本)学会誌)、第15巻、第1/4号、22-27ページ、(1990年)。  スリランカ産サファイアにおける加熱処理を検出する技術の使用。

Klare und Trübe Korunde als Rohsteine für Wärmebehandelte Saphire aus Sri Lanka [Clear and Cloudy Corundum as Raw Materials for Heat Treatment of Sapphire in Sri Lanka(スリランカのサファイアの加熱処理の原料として使用する透明および濁ったコランダム)]、H. Harder、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.39、No.1、73-87ページ、(1990年)。  サファイアの色を改変するための加熱処理の出発素材に関する考察。

The Timescale and Mechanism of Granulite Formation at Kurunegala, Sri Lanka(スリランカのクルネーガラにおけるグラニュライト形成の時系列とメカニズム)、K.W. Burton および R.K. O’Nions、Contributions to Mineralogy and Petrology(コントリビューションズ・トゥ・ミネラロジ―・アンド・ペトロロジー)、Vol.106、No.1、66-89ページ、(1990年)。  スリランカの一部のカラー ストーンが生成される原因であると考えられている変成岩、グラニュライトの起源について説明しています。

Contributions to a History of Gemmology—Carl Peter Thunberg and Ceylon Gemstones(宝石学の歴史への貢献 - Carl Peter Thunbergとセイロンの宝石)、J. Sinkankas、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.22、No.8、463-470ページ、(1991年)。  スリランカから産出された宝石に関する初期の説明についての考察。

Petrology and Fluid Inclusions in Garnetiferous Gneisses and Charnockites from Weddagala (Ratnapura District, Sri Lanka)(ウェッダガラ(スリランカのラトナプラ地区)から産出されたガーネットを含む片麻岩およびチャーノカイトにおける岩石学と液体インクルージョン)、A.A. De Maesschalck、J.L.R. Touret、P. Masskant および K. Dahanayake、Journal of Geology(ジャーナル・オブ・ジオロジー)、Vol.99、No.3、443-456ページ、(1991年)。  片麻岩とチャーノカイト(輝石花岡岩)は、カラー宝石の起源である可能性があると考えられている岩石です。  この記事は、これらの2種類の岩石についての岩石学的研究の結果を紹介します。

Geothermometry and Geobarometry of High-grade Rocks: A Case Study on Garnet-Pyroxene Granulites in Southern Sri Lanka(高度変成岩の地熱測定および地質圧力:スリランカ南部におけるガーネット-パイロキシン グラニュライトに関する事例研究)、S. Faulhaber および M. Raith、Mineralogical Magazine(ミネラロジカル・マガジン)、Vol.55、No.378、33-56ページ、(1991年)。  カラー宝石を生成する可能性がある起源として考えられている高度変成岩の地質学における研究。

Sternbronzit aus Sri Lanka [Star Bronzite from Sri Lanka(スリランカ産スター ブロンザイト)]、U. Henn および H. Bank、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.40、No.2/3、145-148ページ、(1991年)。  アステリズムを示す宝石パイロキシンに関する説明。

Gem Deposits of South-Western Sri Lanka(スリランカ南西部の宝石鉱床)、T.G. Pemadasa、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol. 7、No.9、347-349ページ、(1991年)。  宝石鉱床の重要な地域に関する説明。

The Sri Lanka Ruby: Fact or Fable?(スリランカ産ルビー:真実か偽りか?)、M.M. Mahroof、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.23、No.1、20-24ページ、(1992年)。スリランカではサファイアが豊富に産出されていますが、歴史的文献で言及されているにもかかわらず、セイロン島でルビーが産出されるのは非常に稀です。

La Kornerupine d'Embilipitiya, Sri Lanka、P.C. Zwaan、Revue de Gemmologie a.f.g.、No.110、5-6ページ、(1992年)。  稀少な宝石鉱物に関する説明。

Unusual Corundum-bearing Gem Pockets at Avissawella and Getahetta, Sri Lanka(スリランカのアビサウェラおよびGetahettaでのコランダムを含有する珍しい鉱穴)、W.L.D.R.A. Kumaratilake および U.N. Ranasinghe、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.41、No.1、7-16ページ、(1992年)。  コランダムの産状に関する説明。

Embilipitiya, an Interesting Gem Deposit in Sri Lanka(スリランカの興味深い宝石鉱床、エンビリピティヤ)、P.C. Zwaan、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.41、No.4、196-197ページ、(1992年)。  重要な漂砂宝石鉱床に関する説明。

Fluorine Hydrochemistry in a Topaz-rich Area in Sri Lanka(スリランカのトパーズが豊富な地域におけるフッ素の水理化学)、C.B. Dissanayake、M.S. Rupasinghe および T. Dharmaratne、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.41、No.2/3、111-116ページ、(1992年)。  堆積物に含有されているフッ素および水を利用してトパーズの鉱化作用を判断する研究。

Heat-treated Pink Spinel from Sri Lanka(加熱処理されたスリランカ産ピンク スピネル)、G.J. Hamel、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.41、No.4、151-152ページ、(1992年)。スピネルにおける加熱処理の証拠に関する考察。

Moonstone Mining in Sri Lanka: New Aspects(スリランカのムーンストーン採掘:新しい側面)、H. Harder、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.23、No.1、27-35ページ、(1992年)。  ムーンストーン(フェルスパー)の採掘に関する考察。  同様の記事が、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.41、No.2/3、69-84ページ、(1992年) にも掲載されました。

Application of Rb-Sr ratios to Gem Exploration in the Granulite Belt of Sri Lanka(スリランカのグラニュライト地帯における宝石探査に対するRb-Sr比の応用)、S.J.K. Gamage、M.S. Rupasinghe および C.B. Dissanayake、Journal of Geochemical Exploration(ジャーナル・オブ・ジオケミカル・エクスプロレーション)、Vol.43、No.3、281-292ページ、(1992年)。  変成岩におけるルビジウム/ストロンチウム比を宝石鉱床の探査における手掛かりとして使用する研究。

Application of Geochemistry to Exploration for Gem Deposits in Sri Lanka(スリランカにおける宝石鉱床の探査への地球化学の応用)、C.B. Dissanayake および M.S. Rupasinghe、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.23、No.3、165-175ページ、(1992年)。漂砂宝石鉱床の探査における地球化学的技法に関する考察。

New Gem Localities in Sri Lanka(スリランカの新しい宝石産地)、C.B. Dissanayake および M.S. Rupasinghe、Resource Geology Special Issue(リソース・ジオロジー特別号)、Vol. No.16、271-275ページ、(1993年)。セイロン島の新しい宝石産地に関する説明。

Age of Metamorphism in the High-grade Rocks of Sri Lanka(スリランカの高度変成岩における変成作用の年代)、A. Kröner および I.S. Williams、Journal of Geology(ジャーナル・オブ・ジオロジー)、Vol.101、No.5、513-521ページ、(1993年)。  セイロン島で発見される一部のカラー宝石の起源と考えられている変成岩の地質年代判定。

A Tentative Classification of Heat-treatable Corundum (Geuda) Stones(加熱処理が可能なコランダム(ギウダ)石の仮分類)、M.S. Rupasinghe、R.A.P. Rupasinghe、C.B. Dissanayake および O.A. Ileperuma、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.42、No.2/3、115-121ページ、(1993年)。  ギウダ コランダムの種類および、これらをブルー サファイア生成のために加熱処理する適合性に関する考察。

Gemmological Examination of a Colour-changing Cobalt Spinel(変色性を示すコバルト スピネルの宝石学的検査)、P.G.R. Dharmaratne、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.42、No.1、47-50ページ、(1993年)。宝石質スピネルに関する考察。

A Prospector’s Guide Map to the Gem Deposits of Sri Lanka(スリランカの宝石鉱床への探鉱者のガイドマップ)、C.B. Dissanayake および M.S. Rupasinghe、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.29、No.3、173-181ページ、(1993年)。  著者らは、宝石の探鉱者が使用するセイロン島の初めての地図を作成するように計画されたフィールド調査の結果を報告します。

Application of Structural Geology in the Exploration for Residual Gem Deposits of Sri Lanka(スリランカの残留宝石鉱床の探査における構造地質学の応用)、D.P.J. Mendis、M.S. Rupasinghe、および C.D. Dissanayake、Bulletin of the Geological Society of Finland(フィンランド地質学会紀要)、Vol.65、No.1、31-40ページ、(1993年)。  著者は、漂砂宝石鉱床が存在することを示す地質学的な特徴について考察します。

The First Occurrence of Musgravite as a Faceted Gemstone(ファセット カット宝石としてのマスグラバイトの初めての産出)、F. Demartin、T. Pilati、C.M. Gramaccioliおよび V. de Michele、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.23、No.8、482-485ページ、(1993年)。  セイロン島から産出された宝石鉱物の考察。

Geschliffene, grunlich-braune Hornblende aus Sri Lanka [Faceted greenish-brown Hornblende from Sri Lanka(スリランカ産のファセット カットされたグリーニッシュ ブラウンのホルンブレンド]、U. Henn および H. Bank、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.42、No.4、163-169ページ、(1993年)。  宝石質角閃石に関する考察。

Heat Treated Corundums of Sri Lanka: Their Heat Treatment(スリランカの加熱処理コランダム:加熱処理)、T.G. Pemadasa および M.V. Danapala、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.18、No.11、346-347ページ、(1994年)。著者らは、コランダムの色とクラリティを変えるための加熱処理について考察しています。

Geochemical Exploration for Gem Deposits in Sri Lanka - Application of Discriminant Analysis(スリランカにおける宝石鉱床の地球化学的探査-判別分析の応用)、C.B. Dissanayake、M.S. Rupasingheおよび D.P.J. Mendis、Chemie der Erde、Vol.54、No.1、33-47ページ、(1994年)。  漂砂宝石鉱床の探査に関連して微量元素の化学組成データを解析するための数学的手法に関する考察。

Use of Indicator Minerals in Gem Exploration: Study of a Granulitic Terrain in Sri Lanka(宝石探査における指標鉱物の利用:スリランカにおけるグラニュライト含有地帯に関する研究)、M.S. Rupasinghe、C.B. Dissanayake および D.P.J. Mendis、Journal of Southeast Asian Earth Sciences(ジャーナル・オブ・サウスイースト・エイジアン・アース・サイエンス)、Vol.9、No.3、249-254ページ (1994年)。漂砂宝石鉱床を探査するために使用される技術に関する考察。

Petrology of Granulite-facies Metapelites of the Highland Complex, Sri Lanka: Implications for the Metamorphic Zonation and the Pressure-Temperaure Path(スリランカのハイランド複合岩体のグラニュライト相の泥質変岩の岩石学:変成分帯および圧力温度経路への影響)、P. Raaseおよび V. Schenk、Precambrian Research(プリカンブリアン・リサーチ)、Vol.66、No.1/4、265-294ページ、(1994年)。  高度変成岩の地質フィールド研究。

The Precambrian of Sri Lanka: A Historical Review(スリランカの先カンブリア時代:歴史的レビュー)、P.G. Coray、Precambrian Research(プリカンブリアン・リサーチ)、Vol.66、No.1/4、3-18ページ、(1994年)。  漂砂宝石鉱床で発見された宝石の起源である可能性があるセイロン島の先カンブリア時代の岩石に関する説明。

Gems and Gemmology in Sri Lanka: The early history(スリランカの宝石と宝石学:初期の歴史)、M.M.M. Mahroof、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.19、No.4、169-174ページ、(1995年)。  セイロン島における宝石の歴史に関する考察。

Gem Deposits in Sri Lanka with Special Emphasis on Unusual Types of Gems(珍しい種類の宝石に特に重点を置いたスリランカの宝石鉱床)、E.G. Zoysa、Journal of the Gemmological Association of Hong Kong(香港宝石学会誌)、Vol.18、27-33ページ、(1995年)。  セイロン島の宝石鉱床に関する説明。

Euhedral Sinhalite Crystals from Sri Lanka(スリランカ産シンハライトの自形結晶)、L.C. Pitman、C.S. Hurlbut および C.A. Francis、Mineralogical Record(鉱物学の記録集)、Vol. 26、No.2、91-94ページ、(1995年)。  宝石質シンハライト結晶に関する説明。

The Pan-African Gemstone Province of East Gondwana(東ゴンドワナの汎アフリカ宝石産地)、R.D. Menon および M. Santosh、Memoirs of the Geological Survey of India(メモワール・オブ・ザ・ジェオロジカル・サーベイ・オブ・インディア)、No.34、357-371ページ、(1995年)。  著者らは、東アフリカの国々だけでなく、スリランカと南インドを含む宝石産地の地質学的側面について考察します。

Classification of Gem Deposits of Sri Lanka(スリランカの宝石鉱床の分類)、C.B. Dissanayake および M.S. Rupasinghe、Geologie en Mijnbouw、Vol.74、No.1、79-88ページ、(1995年)。  セイロン島の宝石鉱床の異なるタイプに対して提案された分類。

Application of Statistical Modelling to Gem Exploration in Sedimentary Gem Deposits in High-grade Gneiss Terrains of Sri Lanka(スリランカの高度片麻岩地帯における堆積宝石鉱床での宝石探査への統計モデリングの応用)、G.W.A.R. Fernando、M.S. Rupasinghe および C.B. Dissanayake、Journal of the Geological Society of Sri Lanka(ジャーナル・オブ・ザ・ジオロジカル・ソサエティ・オブ・スリランカ)、Vol.6、15-26ページ、(1995年/1996年)。  漂砂宝石鉱床の探索のための化学組成データの統計解析に関する考察。

Charakterisierung von Saphiren mit Hilfe von Flussigkeitseinschlussen [Characterization of Sapphires with Help of Fluid Inclusions(液体インクルージョンを手掛かりとしたサファイアの特性評価)]、B. Bruder、Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.45、No.2、47-54ページ、(1996年)。  宝石コランダムの研究における液体インクルージョンの利用に関する考察。

Zoning in Sri Lankan Zircons: Chemically Controlled?(スリランカ産ジルコンのゾーニング:化学的に制御されているのか) Rupasinghe および A. Senaratne、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.19、No.7、288-291ページ、(1996年)。  宝石ジルコンに関する研究。

Enstatite, Cordierite, Kornerupine, and Scapolite with Unusual Properties from Embilipitiya, Sri Lanka(スリランカのエンビリピティヤから産出された、珍しい特性を示すエンスタタイト、コーディエライト、コーネルピン、スカポライト)、P.C. Zwaan、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.32、No.4、262-269ページ、(1996年)。  いくつかの宝石鉱物に関する説明。

Gems of Sri Lanka: A List of Cat's-eyes and Stars(スリランカの宝石:キャッツ アイ石とスター石のリスト)、W.L.D.R.A. Kumaratilake、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.25、No.7、474-482ページ、(1997年)。  アステリズムまたはシャトヤンシーを示す宝石のリスト。

An Interdisciplinary Approach to Identifying Solid Inclusions in Corundum: Thorite in a ‘Sri Lanka’ Sapphire(コランダムにおける固体インクルージョンを鑑別するための学際的アプローチ:「スリランカ」サファイアのトーライト)、S. Carbonin, G. Sbrignadello, および D. Ajo、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.26、No.4、262-264ページ、(1998年)。  サファイアに含まれるインクルージョンの研究。

A Note on Buttala and Okkampitiya Gem Fields in Sri Lanka(スリランカのブッタラとオッカンピティヤの宝石採掘場に関する説明)、R. Chandrajith、C.B. Dissanayake および H.J. Tobschall、Gemmologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.47、No.2、69-76ページ、(1998年)。  漂砂鉱床の宝石採掘場に関する説明。

Corundum in the Gem Gravels of Sri Lanka(スリランカの宝石砂礫層に発見されるコランダム)、D.J.A.C. Hapuarachchi、Gondwana Research(ゴンドワナ・リサーチ)、Vol.1、No.3/4、415-416ページ、(1998年)。  漂砂鉱床から発見される宝石コランダムに関する説明。

Some Greenish Brown Gemstones from Sri Lanka(スリランカから産出されたグリーニッシュ ブラウンの宝石)、P.G.R. Dharmaratne、Gemologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.47、No.3、167-169ページ、(1998年)。  さまざまな色で見つかる宝石に関する説明。

Identification of Some Colourless Gemstones from Sri Lanka(スリランカから産出される無色宝石の鑑別)、P.G.R. Dharmaratne、Gemologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.48、No.2、105-109ページ、(1999年)。  様々な無色の宝石鉱物に関する説明。

Vertical Variation of Selected Trace Elements in Gem Deposits from Ratnapura and Buttala Gem Fields in Sri Lanka(スリランカのラトナプラとブッタラにある宝石採掘場の宝石鉱床における特定微量元素の鉛直変動)、R. Chandrajith、C.B. Dissanayake および H.J. Tobschall、Chemie der Erde、Vol.59、No.2、135-150ページ、(1999年)。  漂砂宝石鉱床を探査するために土壌の微量元素を使用する地球化学的フィールド研究。

Brothers Corundum: Sapphires in Sri Lanka(コランダム族:スリランカのサファイア)、M.M.M. Mahroof、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.20、No.8、321-325ページ、(1999年)。この記事は、セイロン島から産出された宝石サファイアの歴史を紹介します。  ここ数十年、白っぽいまたは黄色がかった「ギウダ」コランダムをブルー サファイアにする加熱処理が、宝飾業界で発展を遂げています。

The World of Sri Lanka Gems: Then and Now(スリランカの宝石の世界:過去および現在)、M.M.M. Mahroof、Canadian Gemologist(カナディアン・ジェモロジスト)、Vol.20、No. 4、119-124ページ、(1999年) および Vol.21、No.1、9-16ページ、(2000年)。  著者は、採掘と製造の両方を含む、19世紀と20世紀のスリランカの宝石産業の発展を紹介します。

Die Edelsteine Sri Lankas: Vorkommen und Genese [Gemstones of Sri Lanka: Occurrence and Formation(スリランカの宝石:産状と形成)]、C.C. Milisenda および U. Henn、Gemologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.48、No.2、85-96ページ、(1999年)。  発見された宝石の産状に関する調査。また、重要な宝石含有変成岩の形成をもたらした地質条件も紹介します。

Petrology of Sapphirine-bearing and Associated Granulites from Central Sri Lanka(スリランカ中部から産出されたサフィリン含有および関連グラニュライトの岩石学)、L.M. Kriegsman および J.C. Schumacher、Journal of Petrology(ジャーナル・オブ・ペトロロジー)、Vol.40、No.8、1211-1239ページ、(1999年)。  カラー宝石の起源である可能性のあるグラニュライトの岩石学的研究。

Sri Lanka - Madagascar Gondwana Linkage: Evidence for a Pan-African Mineral Belt(ゴンドワナ大陸におけるスリランカ - マダガスカルの関係:汎アフリカ鉱化帯の証拠)、C.B. Dissanayake および R. Chandrajith、Journal of Geology(ジャーナル・オブ・ジオロジー)、Vol.107、No.2、223-235ページ、(1999年)。  スリランカの宝石鉱床と東アフリカおよびマダガスカル沿いの宝石鉱床の間の地質学的な関係に関する考察。

Origin of Some Gem Minerals in Sri Lanka: Evidence from Corundum-Spinel-Scheelite-Taaffeite-bearing Rocks(スリランカにおける宝石鉱物の起源:コランダム、スピネル、シェーライト、ターフェイトを含有する岩石からの痕跡)、G.W.A. Rohan-Fernando および W. Hofmeister、Applied Mineralogy(応用鉱物学)、293-295ページ、(2000年)。  宝石鉱物が形成される地質環境に関する考察。

The Geology, Mineralogy, and Rare-Earth Geochemistry of the Gem Deposits of Sri Lanka(スリランカの宝石鉱床の地質学、鉱物学および希土類地球化学)、C.B. Dissanayake、R. Chandrajith、H.J. Tobschall、Bulletin of the Geological Society of Finland(フィンランド地質学会紀要)、Vol.72、No.1/2、5-20ページ、(2000年)。  著者らは、同国の宝石鉱物の変成岩質および火成の母岩に対する理解を深めるための宝石含有堆積物の地球化学的研究の結果、および宝石鉱床を探索するためのこれらのデータの使用について報告しています。  同じ著者らによる同様の研究が、Applied Geochemistry(応用地球化学)、Vol.15、No.7、1369-1381ページ、(2000年)、Gondwana Research(ゴンドワナ・リサーチ)、Vol.3、No.2、189-204ページ、(2000年)、Applied Geochemistry(応用地球化学)、Vol.16、No.3、339-350ページ (2001年)、Chemical Geology(ケミカル・ジオロジー)、Vol.175、No.3/4、259-271ページ、(2001年)にも掲載されました。

An Unusual Olivine Group Gemstone from the Kolonne Area, Sri Lanka(スリランカのKolonne地域で産出された珍しいオリビン グループの宝石)、M. Burford および D.P. Gunasekara、Canadian Gemmologist(カナディアン・ジェモロジスト)、Vol.21、No.3、84-90ページ、(2000年)。  宝石オリビンに関する考察。

Occurrences of Two New Types of Gem Deposits in the Okkampitiya Gem Field, Sri Lanka(スリランカのオッカンピティヤの宝石採掘場における2つの新しいタイプの産状)、V. Mathavan、S.T. Kalubandara および G.W.A.R. Fernando、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.27、No.2、65-72ページ、(2000年)。  宝石の産状に関する説明。

A Metamorphic Petrologist's View on Gemstone Formation: An Example from Sri Lanka(宝石の形成に関する変成岩の岩石学者による見解:スリランカの例)、L.P. Baumgartner、G.W.A.R. Fernando、C. Hauzenberger および W. Hofmeister、International Workshop on Material Characterization by Solid State Spectroscopy(固体分光法による素材特性評価に関する国際ワークショップ)、139-144ページ、(2001年)。  宝石の形成をもたらすスリランカの地質条件に関する考察。

Serendipity and the jewels of Serendib(セレンディピティとセレンディブの宝石)、D.C. Almond および A. Gunatilaka、Journal of the Geological Society of Sri Lanka(ジャーナル・オブ・ザ・ジオロジカル・ソサエティ・オブ・スリランカ)、Vol.10、5-25ページおよび 49-67ページ、(2001年)。  著者らは、様々な宝石鉱物がセイロン島で発見される条件をつくりだした地質学的条件について説明します。

The Fashioning of Rock Crystal for Spectacles in Sri Lanka(スリランカでの眼鏡用ロッククリスタル(水晶)の加工)、M.D.P.L. Francis および P.G.R. Dharamaratne、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.27、No.5、291-294ページ、(2011年)。  眼鏡用レンズとして使用されるクォーツ結晶のカッティング。

Sapphirin aus Sri Lanka [Sapphirine from Sri Lanka(スリランカ産サフィリン)]、U. Henn、Gemmologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.50、No.2、112-115ページ、(2001年)。  宝石質サフィリンに関する説明。

Sri Lanka Gem Industry: Past, Present, and Future(スリランカの宝石産業:過去、現在、未来)、P.G.R. Dharmaratne、Gemologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.50、No.4、199-206ページ、(2001年)。  セイロン島の宝石産業の歴史。

Gem Mining and Sustainable Environmental Management in Sri Lanka(スリランカにおける宝石採掘と持続可能な環境管理)、P.G.R. Dharmaratne、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.28、No.3、153-161ページ、(2002年)。  宝石採掘中の環境保護に向けた取り組みについて説明しています。

Identification of Some Yellow-Orange Gemstones from Sri Lanka(スリランカから産出されるイエロー-オレンジの宝石の鑑別)、P.G.R. Dharmaratne、Gemologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.51、No.1、41-46ページ、(2002年)。  特定の色範囲の宝石鉱物に関する研究。

Gem-quality Chondrodite from Balangoda, Sri Lanka(スリランカのバランゴダから産出される宝石質コンドロダイト)、J.C. Zwaan および E.G. Zoysa、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.28、No.3、162-168ページ、(2002年)。宝石質コンドロダイトに関する説明。

The Peculiarity of Olivine from Sri Lanka(スリランカ産オリビンの特異性)、G. Graziani、L. Martarelli および E.G. Zoysa、Gemmologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.51、No. 1、29-39ページ、(2002年)。  宝石質オリビンに関する説明。

Serendibite from Sri Lanka(スリランカ産セレンディバイト)、K. Schmetzer、G. Bosshart、H.J. Bernhard、E.J. Gübelin および C.P. Smith、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.38、No.1、73-79ページ、(2002年)。稀少な宝石鉱物の研究。

The First Transparent Faceted Grandidierite from Sri Lanka(スリランカから初めて産出されファセット カットされた透明なグランディディエライト)、K. Schmetzer、M. Burford、L. Kiefert および H.J. Bernhardt、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.39、No.1、32-37ページ、(2003年)。  稀少な宝石鉱物の研究。

Multi-star Quartzes from Sri Lanka(スリランカ産マルチ スター クォーツ)、K. Schmetzer および M. Glas、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.28、No.6、321-332ページ、(2003年)。  クォーツの球体におけるアステリズムの研究。

Recent Discoveries of Large Sapphires in Sri Lanka(スリランカで最近発見された大きいサファイア)、P.G.R. Dharmaratne、Gemologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.52、No.1、37-40ページ、(2003年)。  大きなサファイア結晶の産状に関する報告。

Gemstone Mineralization in the Palghat-Cauvery Shear Zone System (Karur-Kangayam belt), Southern India(インド南部のパルガート-コーベリーせん断帯系(Karur-Kangayam地帯)における宝石の鉱化)、M. Santosh および A.S. Collins、Gondwana Research(ゴンドワナ・リサーチ)、Vol.6、No.4、911-918ページ、(2003年)。  宝石が鉱化する地域の地質フィールド研究。

Some Preliminary Observations of Primary Corundum Occurrences from Balangoda Region, Sri Lanka(スリランカのバランゴダ地域産コランダムの一次鉱床産状の予備観察)、M.D.P.L. Francis、P.G.R. Dharmaratne および R. Giere、Gemologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.52、No.2/3、81-90ページ、(2003年)。  一次鉱床母岩におけるコランダム結晶の生成に関する研究。

Proterozoic Crustal Evolution of Southernmost India and Sri Lanka(インド最南端およびスリランカの原生代の地殻進化)、I. Braun and L.M. Kriegsman、Geological Society of London - Special Publication(ロンドン地質学会 - 特別出版)、Vol.206、169-202ページ、(2003年)。  スリランカとインド南部の近郊の地質史について考察しています。

A Recent Observation of Corundum-Spinel-Sapphirine Assemblage at Kaltota in Balangoda Region, Sri Lanka, and its Significance as a Cabochoning Material(スリランカのバランゴダ地域のKaltotaにおけるコランダム-スピネル-サフィリン凝集体の最近の観測結果およびカボション素材としての意義)、M.D.P.L. Francis および H. Matsueda,、Gemmologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.53、No.1、43-52ページ、(2004年)。  カボションの制作に使用できる変成岩の説明。

Mechanical Mining versus Traditional Mining in Sri Lanka(スリランカにおける機械採掘および従来の採掘法)、M. ithanage および M. Rupasinghe、Canadian Gemmologist(カナディアン・ジェモロジスト)、Vol.25、No.3、96-103ページ、(2004年)。  漂砂宝石鉱床の採鉱方法に関する考察。

Ultrahigh-temperature Metamorphism (1150°C, 12 kbar) and Multistage Evolution of Magnesium, Aluminum-rich Granulites from the Central Highland Complex, Sri Lanka(スリランカの中央のハイランド複合岩体から産出されるマグネシウムとアルミニウムが豊富に含まれているグラニュライトの超高温での変成作用(1150°C、12kbar)と多段階の進化)、K. Sajeev および Y. Osanai、Journal of Petrology(ジャーナル・オブ・ペトロロジー)、Vol.45、No.9、1821-1844ページ、(2004年)。  宝石鉱物の起源である可能性のある高度変成岩に関する研究。

Occurrence of In-situ Corundum in Kegalle District, Sri Lanka(スリランカのケガレ地区におけるイン サイチュ(宝石が生成した場所)でのコランダムの産出)、T.S. Dharmaratne、R. Chandrajith および S. Weerawarnakula、Gemologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.54、No.1、21-34ページ、(2005年)。一次鉱床母岩で発見されるコランダムについての記述。

Gem-quality Musgravite from Sri Lanka(スリランカ産の宝石質マスグラバイト)、K. Schmetzer、L. Kiefert、H.J. Bernhardt および M. Burford、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol. 29、No.5/6、281-289ページ、(2005年)。  稀少な宝石鉱物の研究。  同様の記事が、Neues Jahrbuch für Mineralogie Abhandlungen、Vol.181、NO.3、265-270ページ (2005年) にも掲載されました。

 Application of Geochemical Ratios for Delineating Gem-bearing Areas in High Grade Metamorphic Terrains(高度変成岩質の地帯における宝石含有領域の境界を明示するための地球化学的比率の応用)、P.N. Ranasinghe、C.B. Dissanayake および M.S. Rupasinghe、Applied Geochemistry(応用地球化学)、Vol.20、No.8、1489-1495ページ、(2005年)。  漂砂宝石鉱床を発見するための探査ツールに関する考察。

Iron- and Zinc-rich Gem-quality Taaffeites from Sri Lanka(スリランカ産の鉄と亜鉛に富む宝石質ターフェアイト)、K. Schmetzer、L. Kiefert、H.J. Bernhardt、M. Burford および D.P. Gunaserkara、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.29、No.5/6、290-298ページ、(2005年)。  稀少な宝石鉱物の研究。

Metamorphic Evolution of High-pressure and Ultrahigh-temperature Granulites from the Highland Complex, Sri Lanka(スリランカのハイランド複合岩体から産出される高圧および超高温のグラニュライトの変成岩質の進化)、Y. Osana、K. Sajeev、M. Owada、K.V.W. Kehelpannala、W.K.B.N. Prame、N. 中野 および S. Jayatileke、Journal of Asian Earth Sciences(ジャーナル・オブ・エイジアン・アース・サイエンス)、Vol.28、No.1、20-37ページ、(2006年)。  セイロン島の宝石の起源である可能性のある変成岩の地質学的研究。

The Variation in Gemmological Properties and Chemical Composition of Gem-quality Taaffeites and Musgravites from Sri Lanka(スリランカ産の宝石質ターフェアイトとマスグラバイトの宝石学的特性および化学組成のばらつき)、K. Schmetzer、L. Kiefert、H.J. Bernhardt および M. Burford、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.22、No.11、485-492ページ、(2006年)。  稀少な宝石鉱物の宝石学的特性に関する研究。

Cross-twinning in a Natural Spinel from Sri Lanka(スリランカ産天然スピネルの交差する双晶形成)、R.A. Fregola および E. Scandale、Physics and Chemistry of Minerals(フィジクス・アンド・ケミストリー・オブ・ミネラルズ)、Vol.34、No.8、529-541ページ、(2007年)。  スピネルの双晶に関する説明。

Le Colline aux Aigues-marines d'Opanayake, Sri Lanka [The Hill of Aquamarines at Opanayake, Sri Lanka(スリランカのOpanayakeにあるアクアマリンの丘)]、P. Algier、Revue de Gemmologie a.f.g.、No.161、15-21ページ、(2007年)。  ペグマタイト宝石鉱床の説明。

Role of Basin-wide Landslides in the Formation of Extensive Alluvial Gemstone Deposits in Sri Lanka(スリランカにおける広範な漂砂宝石鉱床の形成における流域全体の地滑りの役割)、A. Gunatilaka、Earth Surface Processes and Landforms(地表作用と地形)、Vol.32、No.12、1863-1873年、(2007)。  著者は、地滑りが原因で漂砂宝石鉱床が形成されたという可能性について考察します。

New Primary Gem Occurrences in Sri Lanka(スリランカの新しい一次鉱床の宝石産状)、J.C. Zwaan および E.G. Zoysa、Gemmologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.57、No. 1/2、23-32ページ、(2008年)。宝石鉱物が一次鉱床母岩で発見される産状に関する説明。

Hypersthen aus Sri Lanka [Hypersthene from Sri Lanka(スリランカ産ハイパースシーン)]、U. Henn、Gemmologie - Zeitschrift der Deutschen Gemmologischen Gesellschaft、Vol.59、No.1/2、51-52ページ、(2010年)。  宝石質輝石に関する説明。

Sapphires from Sri Lanka(スリランカ産サファイア)、T. Waltham、Geology Today(ジオロジー・トゥデイ)、Vol.27、No.1、20-24ページ、(2011年)。  この記事では、コランダムやその他の宝石鉱物を漂砂砂礫や崩積土から採取する小規模の宝石採鉱について説明します。

Cause Chimiche delle Variaziioni di Colore degli Zaffiri di Ratnapura (Sri Lanka) [Chemical Cause of the Variation in Color of Sapphires from Ratnapura (Sri Lanka)(ラトナプラ(スリランカ)産サファイアの色のばらつきの原因となる化学成分)]、F.M. Oltean、A. Gorghinian、A. Marcelli、A. Esposito および A. Mottana、Rivista Gemmologica Italiana、Vol.6、No.1、31-42ページ、(2011年)。  ラトナプラ産サファイアの色のバリエーションに関する研究。

Emplacement and Evolution History of Pegmatites and Hydrothermal Deposits, Matale District, Sri Lanka(スリランカのマータレー地区のペグマタイトおよび熱水鉱床の定置と進化の歴史)、G.W.A.R. Fernando、A. Pitawala および T.H.N.G. Amaraweera、International Journal of Geosciences(インターナショナル・ジャーナル・オブ・ジオサイエンス)、Vol.2、No.3、348-362ページ (2011)。  宝石鉱床の地質フィールド研究。

An Overview of the Fantastic Gemstones of Sri Lanka(スリランカの見事に素晴らしい宝石の概要)、E.G. Zoysa、Journal of the Gemmological Association of Hong Kong(香港宝石学会誌)、Vol.32、97-102ページ、(2011年)。  セイロン島の宝石資源に関する説明。

The Mirisatahela Primary Sapphire Deposit in Sri Lanka(スリランカのMirisatahelaのサファイア一次鉱床)、E.S. Liu および E.G. Zoysa、InColor Magazine(インカラー・マガジン)、No.18、34-39ページ、(2011年)。  サファイア鉱床の説明。

『Gems of Sri Lanka(スリランカの宝石)』、D.H. Ariyaratna、177ページ、(2012年)。  この書籍はセイロン島の宝石に関する最新情報の要約を紹介しています。

Sapphires from Thammannawa, Kataragama Area, Sri Lanka(スリランカのカタラガマ地区タマナワのサファイア)、P.G.R. Dharamaratne、H.M.R. Premasiri および D. DillimuniGems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.48、No.2、98-107ページ、(2012年)。サファイアの産状に関する説明。

Primary Corundum from Mirisataehela in Sri Lanka(スリランカのMirisataehelaから産出された一次鉱床産コランダム)、Chan、Journal of the Gemmological Association of Hong Kong(香港宝石学会誌)、Vol.33、29-33ページおよび Vol.34、24-29ページ、(2012年および2013年)。  セイロン島の一次鉱床母岩におけるコランダムの記述。

Investigating the Colour of Spinel, Part 1. Red gem-quality Spinels (“Balas”) from Ratnapura (Sri Lanka)(スピネルの色に関する研究、第一部。ラトナプラ(スリランカ)産の宝石質レッド スピネル(「バラス」)、A. Gorghinian、A. Mottana、A. Rossi、F.M. Oltean、A. Esposito および A. Marcelli、Rendiconti Lincei、Vol.24、No.2、127-140ページ (2013年)。

Sri Lanka: Expedition to the Island of Jewels(スリランカ:宝石の島への遠征)、A. Lucas、A. Sammoon、A.P. Jayarajah、T. Hsuおよび P. PaduaGems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.50、No.3、174-201ページ、(2014年)。  セイロン島の宝石産地に訪れたGIAによるフィールド探査のレポート。

Geologie et Gisements de Gemmes au Sri Lanka [Geology and Deposits of Gems in Sri Lanka(スリランカの宝石の地質学と鉱床]、E.G. Zoysa、Revue de Gemmologie a.f.g.、No.198、19-21ページ、(2016年)。  セイロン島の宝石の産状に関する説明。

Ultrahigh Temperature Granulites of the Highland Complex, Sri Lanka(スリランカのハイランド複合岩体の超高温グラニュライト)、Y. Osanai、K. Sajeev、N. 中野、I. 北野、K.V.W. Kehelpannala、R. 加藤、T. Adachi およびS.P.K. Malaviarachchi、Journal of Mineralogical and Petrological Sciences(ジャーナル・オブ・ミネラロジカル・アンド・ペトロロジカル・サイエンス)、Vol.111、No.3、145-156ページおよび157-169ページ、(2016年)。  グラニュライト変成岩の地質フィールド研究。

Large 12-rayed Black Star Sapphire from Sri Lanka with Asterism caused by Ilmenite Inclusions(イルメナイト インクルージョンによって生じるアステリズムを示すスリランカ産の大きな12条ブラック スター サファイア)、T.N. Bui、P. Entremont および J.P. Gauthier、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.35、No.5、430-435ページ、(2017年)。  アステリズムを示すサファイアの説明。

Ancient Sri Lankan Intaglios: Some Preliminary Observations(古代スリランカのインタリオ:予備観察)、M.D.P.L. Francis および S. Wijewardane、Australian Gemmologist(オーストラリアン・ジェモロジスト)、Vol.26、No.11/12、270-279ページ、(2018年)。  古代のインタリオの宝石に関する説明。

The Modern History of Gemstone Faceting in Sri Lanka(スリランカにおける宝石のファセッティングの近代史)、J.K. Prim、Journal of Gemmology(ジャーナル・オブ・ジェモロジィ)、Vol.36、No.5、448-455ページ、(2019年)。  著者は、宝石のファセッティングの近代的な方法について説明します。

U-Pb Ages of Zircon Inclusions in Sapphires from Ratnapura and Balangoda (Sri Lanka) and Implications for Origin Determination(ラトナプラとバランゴダ(スリランカ)から産出されたサファイアにおけるジルコン インクルージョンのU-Pbの年代および起源判定への示唆)、E. Elmaleh、S.T. Schmidt、S. Karampelas、K. Link、L. Kiefert、A. Sussenberger および A. Paul、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.55、No.1、18-28ページ (2019年)。  宝石サファイアの原産地を決定するための追加の方法としてジルコン インクルージョンの年代を判断する研究。

James Shigley博士は、カリフォルニア州カールスバッドのGemological Institute of Americaの著名な研究員です。