歴史的書籍リスト:ベニトアイト — カリフォルニアの州宝石


ファセット カットされたベニトアイトの宝石のコレクション(総重量およそ5カラット)。提供:Benitoite Mining Co.(ベニトアイト マイニング社)。写真撮影:Orasa Weldon/GIA。

1907年初頭、科学の世界では新しい希少な鉱物の結晶が、カリフォルニア州のサンベニト郡とフレズノ郡の境界沿いのコースト山脈にある、サンフランシスコの南東約100マイル(約160km)に位置するニューイドリア鉱山地区で発見され、後にベニトアイトと命名されました。  この鉱物は、屈折率および光学的な分散率が高く、ガラス光沢を示し、強い二色性を呈していました。これらの新しい結晶の最も印象的な特徴は、青い色でした。宝石として適切にカットされると、ブルー サファイアに匹敵するほど素晴らしい色を示し、そのブリリアンスは勝るほどでした。 その後、少量のベニトアイトが他の場所でも発見されましたが、カリフォルニア州では最高品質の結晶が最も多く産出されています。  1985年10月1日、ベニトアイトはカリフォルニアの正式な州宝石に指定されました。  興味深いことに、調査が行われているにもかかわらず、この鉱物の青い色の原因は依然として解明されていません。

この書籍リストの使用方法

この書籍リストは、ベニトアイトの歴史について学んでいただくために編集されました。このリストは包括的なものではなく、しばしば忘れられたり見過ごされたりしてきた興味深い情報をまとめたものです。

記事の多くはすでにパブリック ドメイン(公有)であり、HathitrustInternet Archive、またはその他のデジタル レポジトリなど、オンラインのデジタル ライブラリで閲覧ができます。より最近の発行物の多くは、Richard T. Liddicoat宝石学図書館などの図書館で見ることができます。これらの記事の要約は、通常そのジャーナルや雑誌の出版社のウェブサイトに掲載されており、そして記事全文もほとんどの場合、その出版社で購入できるようになっています。

GIA 図書館の蔵書内容や現地へのアクセス方法については、カールスバッドの GIA 図書館までお問い合わせください。

Benitoite, a New California Gem Mineral(ベニトアイト、カリフォルニアの新しい宝石鉱物)、G.D. Louderback および W.C. Blasdale、University of California Publications – Bulletin of the Department of Geology(カリフォルニア大学出版局 – 地質学科の紀要)、Vol.5、No.9、149-153ページ、(1907年)。  ベニトアイトに関して初めて説明しているこの文献は、この新しい鉱物の特徴と特性に関する基本的な情報を提供しています。  バリウムとチタンを含むケイ酸塩である、この鉱物の化学分析が含まれています。  この文献の要約は、Mining and Scientific Press(マイニング アンド サイエンティフィック プレス)、Vol.95、No.6、175ページ、(1907年)およびZeitschrift für Kristallographie、Vol.46、No.4、386ページ、(1909年)に掲載されました。

Notes on the Occurrence of the Recently Described Gem Mineral, Benitoite(最近記述された宝石鉱物、ベニトアイトの産出に関する記録)、R. Arnold、Science(サイエンス)、新シリーズ、Vol.27、No.686、312-314ページ、(1908年)。ベニトアイトの産状について説明しています。  ベニトアイトは、ネプチュナイトの黒い結晶と共に、蛇紋岩が広がる場所で生成するグロコフェン片岩の小さな塊の中にある白いゼオライト(ソーダ沸石)鉱脈で発見されます。

Interpretation of the Chemical Composition of the Mineral Benitoite(鉱物ベニトアイトの化学組成の解釈)、E.H. Kraus、Science(サイエンス)、新シリーズ、Vol.27、No.696、710-711ページ、(1908年)。著者は、ベニトアイトとベリルの類似点をいくつか指摘します。

The Chemical Formula of the Mineral Benitoite(鉱物ベニトアイトの化学式)、W.C. Blasdale、Science(サイエンス)、新シリーズ、Vol.28、No.712、233-234ページ、(1908年)。正しい化学式、BaTiSi3O9について説明しています。

Note on the Crystal Form of Benitoite(ベニトアイトの結晶形に関する説明)、A.F. Rogers、Science(サイエンス)、新シリーズ、Vol.28、No.722、616ページ、(1908年)。ベニトアイトは、結晶化した鉱物の間でこれまで認識されていなかった32種類の可能な対称族の1つ(二重三角双角錐)にあてはまる結晶形態を表していることを著者が示唆しています。

Bemerkungen ueber die Krystallklasse des Benitoit(ベニトアイトの結晶族に関する説明)、C. Hlawatsch、Tschermaks Mineralogische and Petrographische Mitteilungen、Vol.28、178-181ページ、(1908年)。  この記事も、ベニトアイトの珍しい結晶対称性について説明しています。
 
Benitoite, its Paragenesis and Mode of Occurrence(ベニトアイト、その鉱物共生関係と産状)、G.D. Louderback および W.C. Blasdale、University of California Publications – Bulletin of the Department of Geology(カリフォルニア大学出版局 - 地質学科の紀要)、Vol.5、No.23、331-380ページ、(1909年)。このレポートは、ベニトアイトの物理的および化学的特性、産状、その形成の地質学的条件に関して詳しく説明しています。

Über die Winkelverhältnisse des Benitoit(ベニトアイトの角度関係)、H. Baumhauer、Centralblatt für Mineralogie, Geologie und Paläontologie、592-594ページ、(1909年)。著者は、ベニトアイトで観察された結晶面の角度関係について研究しています。

Bemerkungen über den Benitoit(ベニトアイトに関する説明)、C. Hlawtsch、Zeitschrift für Kristallographie、Vol.46、No.6、602-603ページ、(1909年)。ベニトアイトの結晶形態に関するいくつかのコメントが提示されています。

Note on the Crystal Form of Benitoite(ベニトアイトの結晶形に関する説明)、C. Palache、American Journal of Science(アメリカン ジャーナル オブ サイエンス)、Vol.127、No.161、398ページ、(1909年)。  この鉱物の正しい結晶族に関してA.F.Rogersが以前に達した結論を 別の結晶の検査を通して確認します。同じ情報がZeitschrift für Kristallographie、Vol.46、No.4、379ページ、(1909年)に掲載されています。

Die Krystallform des Benitoits(ベニトアイトの結晶形)、C. Hlawatsch、Separat-Abdruck aus dem Centralblatt für Mineralogie, Geologie und Paläontologie、No.10、293-302ページおよび410ページ、(1909年)。著者はベニトアイトの結晶形態について説明します。

Mines and Mineral Resources of the Counties of Monterey, San Benito, San Luis Obispo, Santa Barbara and Ventura(モントレー郡、サンベニト群、サンルイスオビスポ群、サンタバーバラ群、ベンチュラ群の鉱山および鉱物資源)、W.W. Bradley、E. Huguenin、C.A. Logan および C.A. Waring、California State Mining Bureau, Fifteenth Report of the State Mineralogist for 1915-1916(カリフォルニア州鉱業局、1915-1916年のカリフォルニア州鉱物学者の第15報告書)、183ページ、(1917年)。カリフォルニア州より出版されたこの文献では、42~43ページのセクションでベニトアイトの産状に関して説明しています。

Lauediagramme des Benitoit(ベニトアイトのラウエ パターン)、F. Rinne、Centralblatt für Mineralogie, Geologie und Paläontologie、セクションA、193-201ページ、(1919年)。ベニトアイトの結晶対称族を確認したX線回折による研究の結果が発表されています。

Über die Struktur des Benitoits(ベニトアイトの構造について)、J.J.P. Valeton、Fortschritte der Mineralogie、Vol.12、91-92ページ、(1927年)。記事詳細不明。

Röntgenographische Untersuchung von Benitoit(ベニトアイトの放射線検査)、B. Gossner および E. Mussgnug、Centralblatt für Mineralogie, Geologie und Paläontologie、セクションA、No.9、304-310ページ(1927年)。  記事詳細不明。

The Crystal Structure of BenitoiteBaTiSi3O9(ベニトアイトの結晶構造、BaTiSi3O9)、W.H. Zachariasen、Zeitschrift für Kristallographie、Vol.74、No.2、139-146ページ、(1930年)。著者は、ラウエX線法を用いて、ベニトアイトの結晶構造(単位格子の寸法とその格子内の原子の配置)を解明します。

Benitoite, Neptunite, and Joaquinite(ベニトアイト、ネプチュナイト、ホアキナイト)、E.V. Van Amringe、Oregon Mineralogist(オレゴン ミネラロジスト)、Vol.2、No.11、9-10ページ、(1934年)。  記事詳細不明。

Benitoite – California’s Exclusive Gem(ベニトアイト – カリフォルニア特産の宝石)、M.P. Yaeckel、Oregon Mineralogist(オレゴン ミネラロジスト)、Vol.2、No.10、26-27ページ、(1934年)。  記事詳細不明。

Benitoite, One of the Rarest Gems(最も希少な宝石の一つ、ベニトアイト)、A.H. Frank、Lapidary Journal(ラピダリー ジャーナル)、(6月)、567ページ、(1935年)。  記事詳細不明。

Benitoite, a Rare Gemstone(ベニトアイト、希少な宝石)、J. Melhase、The Mineralogist(ザ ミネラロジスト)、Vol.6、No.11、7-8ページおよび27-29ページ、(1938年)。  記事詳細不明。

Gem Lore: Story of a Gemstone Christening(宝石の伝説:宝石の洗礼物語)、G.H. Marcher、The Mineralogist(ザ ミネラロジスト)、Vol.7、No.5、200ページおよび217-219ページ(1939年)。  記事詳細不明。

Minerals of the Serpentine Area in San Benito County, California(カリフォルニア州サンベニト郡の蛇紋岩質地域の鉱物)、A. Pabst、Rocks & Minerals (岩石と鉱石)、Vol.26、No.9/10、478-485ページ(1951年)。ベニトアイト鉱床を含む様々な鉱物産地は、この郡の山岳地帯の大きな蛇紋岩体で発見されます。

On the Synthesis and Hydrothermal Stability of Benitoite(ベニトアイトの合成法および熱水安定性について)、D.E. Rase および R. Roy、American Mineralogist(アメリカン ミネラロジスト)、Vol.40、No.5/6、542-544ページ、(1955年)。著者らは、ベニトアイトの熱水成長法の結果を提示し、鉱物相としての安定性の上限を965°C±10°C、1平方インチ当たり(psi)5000ポンドの圧力とみなしています。

The Story of Benitoite – The World’s Rarest Gem(ベニトアイトの物語 – 世界で最も希少な宝石)、L. Quick、Lapidary Journal(ラピダリー ジャーナル)、Vol.10、No.6、510-518ページ、(1957年)。宝石鉱物としてのベニトアイトに関する一般的な情報が記載されています。

『Gemstones of North America(北米の宝石)』、J. Sinkankas、Vol.1、471-473ページ、Van Nostrand Reinhold、ニューヨーク、(1959年)、Vol.2、280-288ページ、(1976年)、Vol.3、27-31ページ、(1997年)。ベニトアイトの産状および特性に関して説明しています。

The Benitoite Story(ベニトアイトの物語)、O. Couch、10ページ、(1961年)。  この小冊子はGIA図書館に所蔵されています。

Paramagnetic Resonance of Fe3+ in Benitoite(ベニトアイトにおけるFe3+の常磁性共鳴)、S.P. Burley および G.J. Troup、British Journal of Applied Physics(英国応用物理学誌)、Vol.16、No.3、315-318ページ、(1965年)。  ベニトアイトの原子構造における欠陥の科学的研究。

Minerals of Southern San Benito County, California(カリフォルニア州サンベニト郡南部の鉱物)、W.P. Moller、Gems & Minerals(宝石と鉱物)、Vol.331、28-32ページ、(1965年)。  記事詳細不明。

Collecting Fluorescent Minerals(蛍光性のある鉱物の収集)、R.W. Jones、Rocks & Minerals(岩石と鉱物)、(6月)、430-432ページ、(1967年)。ベニトアイトの蛍光反応に関する考察を紹介します。

Verfeinerung der Kristallstruktur von Benitoit BaTi[Si3O9](ベニトアイトBaTi[Si3O9]の結晶構造の精査)、K. Fischer、Zeitschrift für Kristallographie、Vol.129、No.1/4、222-243ページ、(1969年)。  粉末および単結晶X線回折データを用いて、著者はW.H. Zacharaisenによって行われた結晶構造の判断を 検証します。

Mineralien des San Benito County, Zentral-Kalifornien(カリフォルニア州中部にあるサンベニト郡の鉱物) 、U. Borner、Der Aufschluss、Vol.22、No.12、377-389ページ、(1971年)。  サンベニト郡で発見されるベニトアイトなどの鉱物に関する一般的なレポートが提示されています。

Chemical Composition and Physical, Optical and Structural Properties of Benitoite, Neptunite and Joaquinite(ベニトアイト、ネプチュナイト、ホアキナイトの化学組成と物理的、光学的および構造的特性)、J. Laird および A.L. Albee、American Mineralogist(アメリカン ミネラロジスト)、Vol.57、No.1/2、85-102ページ、(1972年)。著者らは、サンベニト郡ニューイドリア近郊の変成岩質グロコフェン片岩にあるナトロライトの鉱脈で共に生成される、これら3つの希少なチタンケイ酸塩鉱物の特徴について説明します。

Das Absorptionsspektrum des Benitoits im Nahen Ultarot(近赤外線領域におけるベニトアイトの吸収スペクトル)、A. Beran、Tschermaks Mineralogische und Petrographische Mitteilungen、Vol.21、No.1、47-51ページ、(1974年)。  インクルージョンのない無色の結晶を分光分析した結果、近赤外線スペクトルの3030波数を中心として広い、はっきりとした多色性の吸収バンドを示しました。  水に関連するこのバンドは、結晶を400°Cに加熱すると消失します。著者らは、このため構造内に水分子が存在していると考えています。

La Benitoite(ベニトアイト)、P. Bancroft、Le Monde et Minéraux、No.11、258-261ページ、(1976年)。 記事詳細不明。

Single-Crystal Vibrational Spectrum of Benitoite, a Non-Centrosymmetric Silicate Crystal, and Some Comments on Beryl(非中心対称のケイ酸塩結晶、ベニトアイトの単結晶振動スペクトルおよびベリルに関する説明)、D.M. Adams および I.R. Gardner、Dalton Transactions(ダルトン議事録)、No.4、315-321ページ、(1976年)。  ベニトアイトの原子構造の分光法による研究。

Minerals of the Benitoite Gem Mine(ベニトアイト宝石鉱山の鉱物)、W.S. Wise および R.H. Gill、Mineralogical Record(鉱物学の記録集)、Vol.8、No.6、442-452ページ、(1977年)。この宝石鉱山でベニトアイトと共に発見された鉱物について説明されています。

The Fluorescence of Benitoite(ベニトアイトの蛍光)、K. Mitchell、Journal of Gemmology(ジャーナル オブ ジェモロジィ)、Vol.17、No.3、149ページ、(1980年)。ベニトアイトは短波紫外線に対して明るい青色の蛍光を発することが長い間知られています。  著者は、無色および淡い青色の試料が、長波紫外線に対してくすみのある赤い蛍光も示し、鉱物の色がより強い青色になるにつれてこの発光が弱くなると報告しています。

Synthése Hydrothermale de la Bénitoite(ベニトアイトの熱水合成)、M. Christophe、G. Gouet および J. Wyart、Bulletin de Minéralogie、Vol.103、118-119ページ、(1980年)。記事詳細不明。

Faceting Benitoite(ベニトアイトのファセッティング)、E.R. Bancroft、Gems & Minerals(宝石と鉱物)、(7月)、23-24ページ、(1985年)。  記事詳細不明。

California’s New Official Gem, Benitoite(カリフォルニア州の新しく公認された宝石、ベニトアイト)、D. Dupras、California Geology(カリフォルニア地質学)、Vol.39、No.1、3-4ページ、(1986年)。  記事詳細不明。

Benitoite(ベニトアイト)、W. Wight、Canadian Gemmologist(カナディアン ジェモロジスト)、Vol.7、No.3、78-81ページ、(1986年)。ベニトアイトの宝石学的な特性に関する説明。

The Benitoite Story(ベニトアイトの物語)、D.H. Austin、80ページ (1988年)。   この小冊子はGIA図書館に所蔵されています。

A Rare Bit of History(希少な歴史の経緯)、S. Frazier および A. Frazier、Lapidary Journal(ラピダリー ジャーナル)、Vol.44、No.8、46-58ページ、(1990年)。著者らは、ベニトアイトの発見の歴史を紹介し、この素材から加工してファセット カットされたより大きい宝石について説明します。

A Benitoite Bibliography(ベニトアイトの参考文献)、S. Frazier および A. Frazier、Lapidary Journal(ラピダリー ジャーナル)、Vol.44、No.8、61-68ページ、(1990年)。  この鉱物に関する出版物のリストが記載されています。

Benitoite Mining Today(今日のベニトアイト採鉱)、M. Gray、Canadian Gemmologist(カナディアン ジェモロジスト)、Vol.7、No.3、82-83ページ、(1986年)、Recent Developments at the Benitoite Mine(ベニトアイト鉱山の最近の動向)Canadian Gemmologist(カナディアン ジェモロジスト)、Vol.13、No.4、118-119ページ、(1992年)。ダラス宝石鉱山での操業に関する同じ著者による2つの簡潔なレポート。

The Crystal Chemistry of the Benitoite Group Minerals and Structural Relations in (Si3O9) Ring Structures(ベニトアイト族の鉱物の結晶化学と(Si3O9)環構造における構造関係)、F.C. Hawthorne、Neues Jahrbuch für Mineralogie, Monatshefte、No.1、16-30ページ、(1987年)。  著者は、ベニトアイトおよび関連しているいくつかの鉱物の結晶化学と構造における類似点を紹介します。

Four American Beauties(4つのアメリカの美しいもの)、J.C. Zeitner、Lapidary Journal(ラピダリー ジャーナル)、Vol.41、No.4、34-41ページ、(1987年)。著者はベニトアイトを含む4つのアメリカの宝石について説明します。

Paramagnetic Defects in Benitoite(ベニトアイトの常磁性欠陥)、A.B. Vassilikou-Dova および K. Eftaxias、Zeitschrift für Naturforschung A、Vol.46、579-582ページ、(1991年)。  ベニトアイトの原子構造における欠陥の科学的研究。

Raman Spectroscopy of Silicate Rings: Benitoite and the Three-Membered Ring(環状ケイ酸塩のラマン分光分析法:ベニトアイトと三員環)、D.A. McKeown、M.I. Bell および C.C. Kim、Physical Review B(フィジカル レビューB)、Vol.48、No.22、16357-16365ページ、(1993年)。  ラマン分光分析法が、ベニトアイト結晶構造の重要な部分を形成するケイ酸塩四面体の環に関する情報を提供します。  これらの著者による同様の記事が、Physical Review B(フィジカル レビューB)、Vol.47、No.13、7869-7877ページ(1993年)に掲載されました。

Connoisseur’s Choice – Benitoite, San Benito County, California(愛好家のお気に入り – カリフォルニア州サンベニト郡のベニトアイト)、R.B. Cook、Rocks & Minerals(岩石と鉱物)、Vol.69、No.6、392-395ページ、(1994年)。著者によると、非常に希少なすべての鉱物の中で、おそらくベニトアイトは最も美しい宝石です。  この鉱物は青い色で最もよく知られていますが、ホワイト、ピンク、様々な色合いのパープルだけでなく、無色で透明な結晶もあります。  長さ最大2インチ(約5cm)の結晶が発見されたこともあります。

Geology and Mineralogy of the New Idria District, San Benito and Fresno Counties, California(カリフォルニア州サンベニト郡およびフレズノ郡のニューイドリア地区の地質学と鉱物学)、W.S Wise および W.P. Moller、Rocks & Minerals(岩石と鉱物)、Vol.70、No.1/2、30-35ページ、(1995年)。著者らは、ディアブロ山脈の南端にある鉱山地区の地質学的条件と鉱床について説明しています。  この鉱床は、地質学的に年代が比較的新しい堆積岩に定置したサーペンティンの大きな塊の中で生成されます。

Benitoite from the New Idria District, San Benito County, California.(カリフォルニア州サンベニト郡ニューイドリア地区産ベニトアイト)、B.M. Laurs、W.R. Rohtert および M. Gray、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.33、No.3、166-187ページ、(1997年)。ベニトアイトが発見された歴史とニューイドリア地区でのベニトアイトの産状について詳しく説明しています。  139個のベニトアイトの試料より収集された宝石学的なデータからも結果が示されています。

Blue Bounty(青い恵み)、K. Woods、Colored Stone Magazine(カラーストーン マガジン)、Vol.14、No.5、32-33ページ、(2001年)。  ベニトアイトの採鉱に関する短い記事。

Migration of the Mendocino Triple Junction and the Origin of Titanium-rich Mineral Suites at New Idria, California(メンドシーノの三重点の移行およびカリフォルニア州ニューイドリアのチタンが豊富に含まれる鉱物の起源)、M.R. van Baalen、International Geology Review(インターナショナル ジオロジー レビュー)、Vol.46、No.8、671-692ページ(2004年)。ニューイドリア地域は、ベニトアイトやその他のチタンが豊富な鉱物が発見されることで有名です。  著者は、蛇紋岩の大きな塊の中に既に存在する輝岩の鉱脈の変成作用によってこれらの鉱物が形成されると判断しています。  ベニトアイトは、グリーンストーンと青色片岩の構造岩塊の間の接触帯に沿って形成されたと考えられています。

The Nature of Blue Luminescence from Natural Benitoite, BaTiSi3O9(天然ベニトアイト、BaTiSi3O9の青い発光の性質)、M. Gaft、L. Nagli、G. Waychunas および D. Weiss、Physics and Chemistry of Minerals(鉱物の物理と化学)、Vol.31、No.6、365-373ページ、(2004年)。  青い発光は、結晶構造における孤立したTiO6八面体の固有の発光から生じます。

The Nature of Red Luminescence of Natural Benitoite, BaTiSi3O9(天然ベニトアイト、BaTiSi3O9の赤い発光の性質)、M. Gaft、L. Nagli、G. Waychunas および G. Panczer、Mineralogy and Petrology(鉱物学と岩石学)、Vol.85、No.1/2、33-44ページ、(2005年)。 赤い発光は、Cr3+またはMn4+のいずれかとTi3+による活性化という2つの原因によるものと考えられています。

Collecting Benitoite is Back!(ベニトアイトの収集の復活!)、M. White および H. White、Rock & Gem(岩石と宝石)、Vol.37、No.11、28-32ページ、(2007年)。宝石鉱山でのベニトアイトの収集に関するレポート。

The 100-Year History of the Benitoite Gem Mine, San Benito County, California(カリフォルニア州サンベニト郡のベニトアイト宝石鉱山の100年の歴史)、W.E. Wilson、Mineralogical Record(鉱物学の記録集)、Vol.39、No.1、13-42ページ、(2008年)。この記事は、この宝石鉱山の歴史に関する最も完全な説明を紹介しています。また、この鉱山の現場やベニトアイトの鉱物の標本の過去および最近の写真も数多く掲載しています。

James Shigley博士は、カリフォルニア州カールスバッドのGemological Institute of Americaの著名な研究員です。