過去の書籍リスト: ナミビア産の漂砂ダイヤモンド


Orangemund(オランジェムント)近郊にあるデビアスCDM鉱山の採鉱事業により砂浜の下から掘り出された古代の堆積物の岩盤。ダイヤモンドは、侵食によってこの岩盤に切り込まれた溝に沿って発見される。

約1世紀以上前の1908年5月、当時ドイツ植民地だった南西アフリカ(現在のナミビア)のLüderitzbuchtという小さな町の近くの海岸で漂砂ダイヤモンドの裸石が初めて発見されました。  その後数年間、リューデリッツ湾からオランジェムントのオレンジ川にかけて南下する大西洋の海岸線の狭い地域に沿って、豊かなダイヤモンド鉱床が発見されました。  ダイヤモンドは、現在は内陸部となっている古代の海岸、現在存在する海岸、または海岸沿いの海底から回収することができました。  この不毛の砂漠地帯へ人々が次々に移住し始め、ドイツ政府は、この鉱床が発見されてから6ヶ月以内にSperrgebietとして知られている、海岸沿いに全長320キロメートルおよび100キロメートルほど内陸に広がるダイヤモンド制限採掘区域を設置しました。  ダイヤモンドの回収および販売を管理するこの地域のほとんどの鉱業権は、最初はDeutsche Diamantengesellschaft(ドイツダイヤモンド株式会社)に与えられました。  第一次世界大戦でドイツが敗北した後、南アフリカが植民地の政権を握り始め、ダイヤモンド採掘地域は1990年代まで管理していたデビアスが最終的に占領することとなりました。  当時、ナミビア政府は、ダイヤモンドを回収して市場で販売するためにデビアスとの共同事業に乗り出しました。  ダイヤモンドは海岸沿いの砂浜の下、さらには海底から特別な船舶によって浚渫された堆積物からも回収されます。

これらの漂砂ダイヤモンドは、南アフリカの内陸部(約480キロ以上東の場所)にある高地の中央高原内の主なキンバーライトパイプから発見されていたと考えられています。  地質時代のうち約8000万年にわたって、ダイヤモンドは、オレンジ川と他の河川によって大西洋に運ばれ、その後、海流によって海岸に沿って北部に移動し、浅い海底または海岸沿いのいずれかに堆積されました。  このように海水により長距離を移動した結果、質の悪い結晶が取り除かれることとなったため、この遠隔沿岸地域で発見されたダイヤモンドの大部分は、宝石として使用するのに適しています。

この書籍リストの使用方法

この書籍リストは、ナミビアの漂砂ダイヤモンドの歴史について学ぶ機会を提供するために編集されました。これらの記事の多くは1800年代から1900年代初期に発行されたものですが、この時期、歴史的重要性が高い有名な宝石鉱床が多く発見され、宝石学や鉱物学が科学となりました。このリストは、時代の経過とともに考察が深められていく様子がよく分かるように、年代順に提示されています。このリストは包括的ではありませんが、見過ごされ、忘れられがちな興味深い宝石学の情報がまとめられています。

記事の多くはすでに一般公開されており、HathitrustInternet Archive、またはその他のデジタルレポジトリなど、オンラインのデジタルライブラリで閲覧ができます。より最近の発行物は多くの場合、Richard T. Liddicoat宝石学図書館などの、図書館で見つけることができます。これらの記事の要約は通常、ジャーナルや雑誌の出版社のウェブサイトに掲載されており、ほとんどの場合、記事全文をその出版社経由で購入できます。

GIA 図書館の蔵書内容や現地へのアクセス方法については、カールスバッドの GIA 図書館までお問い合わせください。

Kommen in Deutsch-Südwestafrika Diamanten vor?[Do Diamonds Occur in German Southwest Africa?(ドイツ領南西アフリカでダイヤモンドは発見されるか?)]、H. Mentzel、Glückauf: Berg- und Hüttenmännische Wochenschrift、Vol.39、No.24、553-555ページ、(1903年)。南アフリカにおけるダイヤモンドの発見に基づいて、ダイヤモンドを保有するキンバーライトが同国に存在する可能性について説明します。

Welche Aussichten eroffnet die Neuere Entwicklung des Diamantbergbaues im britischen Südafrika fur das Aufkommen einer Diamantgewinnung in Deutsche-Südwestafrika? [What Prospects have opened up by the new Development of Diamond Mines in British South Africa for the Advent of Diamond Mining in German Southwest Africa?(ドイツ領南西アフリカにおけるダイヤモンド採鉱の到来により、イギリス南アフリカにおけるダイヤモンド鉱山の新展開によってどのような見通しが開かれたのか?)]、A. Macco、Deutsche Kolonialzeitung、Vol.24、No.28、280-282ページ、(1907年)。  南アフリカの鉱山が最近開発されたことを受けて起きた、ドイツの植民地におけるダイヤモンド鉱業の競争について議論します。
 
Diamantgewinnung in Deutsch-Südwestafrika [Recovering Diamonds in German Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカにおけるダイヤモンドの回収)]、K. Weegmann、Deutsche Kolonialzeitung、Vol.24、No.33、333-334ページ、(1907年)。  ダイヤモンドの発見に関する簡単なレポートです。
 
Zu den Diamantfunden in Deutsch-Südwestafrika [To the Diamond Find in German Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカにおけるダイヤモンドの発見)]、G. Gürich、Die Umschau、Vol.12、No.45、889-892ページ、(1908年)。  ナミビア沿岸沿いで発見されたダイヤモンドに関して初めて詳しく説明したレポートの一つです。

Die Diamantfunde von Lüderitzbucht [The Diamond Discovery at Lüderitz Bay(リューデリッツ湾におけるダイヤモンドの発見)]、著者不明、Deutsche Kolonialzeitung 、Vol.25、No.34、597ページ、(1908年)およびDie Diamanten von Lüderitzbucht [The Diamonds of Lüderitz Bay(リューデリッツ湾のダイヤモンド)] 、著者不明、Deutsche Kolonialzeitung、Vol.25、No.40、709-710ページ、(1908年)。  リューデリッツ湾付近における漂砂ダイヤモンドの発見の概要。

Die Diamantvorkommen in Deutsch-Südwestafrika und ihre Bedeutung für das Schutzgebiet [The Diamond Occurrence in German Southwest Africa and its Importance for the Restricted Zone(ドイツ領南西アフリカにおけるダイヤモンドの発見および制限区域に対するその重要性)]、O. Gallus、Zeitschrift für Kolonialpolitik, Kolonialrecht, und Kolonialwirtschaft、Vol.11、944-960ページ、(1909年)およびVol.12、29-58ページ、(1910年)。  ドイツ植民地の経済におけるダイヤモンド採鉱の影響に関するレポート。

Die Diamantvorkommen in Lüderitzland, Deutsch-Südwestafrika [The Diamond Occurrence in the Lüderitz Country, German Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカのリューデリッツ国におけるダイヤモンドの発見)]、H. Merensky、Zeitschrift für Praktische Geologie、Vol.17、No.3、122-129ページ、(1909年)。リューデリッツ近郊で最初に発見されたダイヤモンドについての説明です。  以前に他の場所で発見された漂砂ダイヤモンド鉱床では経済的にあまり良い結果が生まれなかったため、新たな発見に関しては最初あまり関心が寄せられませんでした。  しかし、5000カラットのダイヤモンドが毎日産出されているとレポートによって検証された途端、これらの鉱床には将来性があると判断されました。この記事の英語版は、Transactions of the Geological Society of South Africa(南アフリカ地質学会議事録)のVol.12、13-23ページ (1909年)に掲載されました。

Die Nutzbaren Lagerstätten von Deutsch-Südwestafrika [The Usable Ore Deposits of German Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカの使用可能な鉱石鉱床)]、C. Gagel、Zeitschrift für das Berg-, Hütten- und Salinen-Wesen im Preussischen Staate 、Vol.57、173-184ページ、(1909年)。  ドイツ植民地における漂砂ダイヤモンド鉱床などの合理的な鉱石鉱床に関するレビューです。

Über die Diamantablagerungen bei Lüderitzbucht [On the Diamond Deposits of Lüderitz Bay(リューデリッツ湾のダイヤモンド鉱床について)]、H. Lotz、Zeitschrift der Deutschen Geologischen Gesellschaft、Vol.61、(3月)、135-146ページ、(1909年)およびDie Diamantenfelder bei Lüderitzbucht [The Diamond Fields near Lüderitz Bay(リューデリッツ湾付近のダイヤモンド産地)] 、P. Range、Deutsches Kolonialblatt、Vol.20、No.22、1039-1048ページ、(1909年)。  これら2つの記事は、リューデリッツ近郊にあるダイヤモンド鉱床について詳しく説明します。

Die Diamantfelder bei Lüderitzbucht [The Diamond Fields near Lüderitz Bay(リューデリッツ湾付近のダイヤモンド産地)]、著者不明、Deutsche Kolonialzeitung、Vol.26、No.48、794-795ページ、(1909年)。リューデリッツ湾から産出されたダイヤモンドに関してP. Rangeが情報を提供します。

Über die Herkunft der Diamanten von Deutsch-Südwestafrika [On the Origin of the Diamonds in German Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカのダイヤモンドの起源)]、J. Kuntz、Zeitschrift der Deutschen Geologischen Gesellschaft、Vol.61、(4月)、219-221ページ、(1909年)。ダイヤモンド産地に関する可能な理論をいくつか議論し、南アフリカの中央部にあるキンバーライトパイプからオレンジ川を下って運ばれたという結論に達します。

Some Interesting Information as to the New Diamond Fields in German Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカの新しいダイヤモンド産地に関する興味深い情報)、著者不明、Jewelers’ Circular-Weekly(ジュエラーズ・サーキュラー:週刊)、Vol.58、No.10、71および73ページ、(1909年)。新しいダイヤモンド鉱床に関する ドイツのアメリカ領事館によるレポート。

Diamantengewinnung in Deutsch-Südwestafrika [Recovering Diamonds in German Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカにおけるダイヤモンドの回収)]、C. Gagel、Die Woche、Vol.11、No.8、339-342ページ、(1909年)。海岸の砂浜からダイヤモンドを回収するために使用される方法が記述されています。

Ueber Diamanten aus Deutsch-Südwestafrika [On the Diamonds of German Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカのダイヤモンドに関して)]、E. Kaiser、Centralblatt für Mineralogie、Geologie und Paläontologie、No.8、235-244ページ、(1909年)および Das Vorkommen der Diamanten in Deutsch-Südwest-Afrika [The Occurrence of Diamonds in Germany Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカにおけるダイヤモンドの発見)]、Aus der Natur、Vol.5、No.11、328-337ページ、(1910年)。同じ著者によるこれら2つの記事は、ドイツ植民地でのダイヤモンドの発見について説明します。

Mining Industry of Southwest Africa(南西アフリカの採鉱業)、T.H. Norton、Mining and Engineering World(マイニング・アンド・エンジニアリング・ワールド) 、Vol.30、No.15、672ページ、(1909年)。ダイヤモンド採鉱業についての簡単なレポート。

The Origin of the German South-West Africa Diamonds(ドイツ領南西アフリカ産ダイヤモンドの起源)、P.A. Wagner、Transactions of the Geological Society of South Africa(南アフリカ地質学会議事録)、Vol.13、56-60ページ、(1910年)、およびNotes on the German South-West African Diamonds(ドイツ領南西アフリカ産ダイヤモンドに関する情報)、C. Krause、Transactions of the Geological Society of South Africa(南アフリカ地質学会議事録)、Vol.13、61-64ページ、(1910年)。  生産の増加は、南西アフリカ産ダイヤモンドの起源が重要な地質学的問題となっていることを意味していると著者は主張します。  この鉱床を訪れたドイツの地質学者の情報を含め、ダイヤモンドの発見に関する観察が報告されています。

Notes on the Origin of the Diamonds in German Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカにおけるダイヤモンドの起源に関する情報)、R. Marloth、South African Journal of Science(サウスアフリカン・ジャーナル・オブ・サイエンス)、Vol.6、No.3、112-113ページ、(1910年)。ダイヤモンド鉱床の起源に関して以前に出版された記事を簡単にレビューしています。  同様の記事が、Mining and Engineering World(マイニング・アンド・エンジニアリング・ワールド)、Vol.32、No.8、418ページ(1910年)に掲載されました。

Zur Südwestafrikanischen Diamantenfrage [The South-West Africa Diamond Question(南西アフリカダイヤモンドの問題)]、著者不明、Deutsche Kolonialzeitung、Vol.27、No.16、255-256ページ、No.17、272-273ページ、及びNo.18、287-288ページ、(1910年)。この植民地の海岸沿いで回収されるダイヤモンドを取り巻く法的な質問に関する議論。

Die Diamanten Deutsch-Südwestafrikas [The German Southwest African Diamonds(ドイツ領南西アフリカのダイヤモンド)]、P. Prior、BBericht der Senckenbergischen Naturforschenden Gesellschaft in Frankfurt、Vol.41、133-141ページ、(1910年)。リューデリッツ近郊のダイヤモンド産地について説明しています。

Die Diamantenfelder bei der Conception-Bucht [The Diamond Fields near Conception Bay(コンセプション湾付近のダイヤモンド産地)]、F. Voit、Deutsches Kolonialblatt、Vol.21、No.8、326-331ページ、(1910年)。コンセプション湾周辺の漂砂ダイヤモンドの発見について記述されています。

Zur Geschichte der Südwestafrikanischen Diamantenfunde [The History of the South-West African Diamond Find(南西アフリカ産ダイヤモンドの歴史)] 、G. Badermann、Deutsche Goldschmiede Zeitung、Vol.13、No.13、124-125ページ、No.15、140-142ページ、No.17、151-157ページ、No.19、178-179ページ、(1910年)。  ドイツ植民地におけるダイヤモンドの発見に関する歴史的な情報が記述されています。

Die Deutsche Diamantenküste [The German Diamond Coast(ドイツのダイヤモンド海岸)]、H. Grimm、Die Woche、Vol.12、No.41、1752-1755ページ、(1910年)。沿岸地域にあるダイヤモンド鉱床について説明しています。

Die Schätze der Diamantenkolonie [The Wealth of the Diamond Colony(ダイヤモンド植民地の富)]、A. Zimmermann、Die Woche、Vol.12、No.19、711-712ページ、(1910年)。沿岸地域にあるダイヤモンド鉱床の経済における重要性を説明します。

Das Vorkommen der Diamanten und des Blueground’s Deutsch-Südwestafrikas in Geologische Hinsicht [The Occurrences of Diamond and Blue Ground in German Southwest Africa in Geological Terms(地質学におけるドイツ領南西アフリカのダイヤモンドおよびブルーグラウンドの発見)]、R. Scheibe、Verhandlungen des Deutschen Kolonialkongresses、D. Reimer Verlag、ベルリン、32-40ページ、(1910年)。沿岸地域の漂砂ダイヤモンド鉱床と植民地内のブルーグラウンド(キンバーライト)の発見について説明されています。

A New Diamond Field in German South-West Africa(ドイツ領南西アフリカの新しいダイヤモンド産地)、著者不明、American Review of Reviews(アメリカン・レビュー・オブ・レビューズ)、Vol.44、(9月)、368-369ページ、(1911年)。ダイヤモンド産地に関する簡単な説明。

Die Bergrechtlichen Verhältnisse und die Diamantenfrage in Südwestafrika [The Legal Mining Conditions and the Diamond Questions in South-West Africa(南西アフリカにおける法的な採掘条件およびダイヤモンドの質問)] 、著者不明、Deutsche Kolonialzeitung、Vol.28、No.21、352-354ページ、369-372ページ、(1911年)。  この植民地の海岸沿いでダイヤモンド鉱業を統治する法的規制に関する議論。

Der Deutsch-Südwestafrikanische Diamantenstreit [The German Southwest Africa Diamond Dispute(ドイツ領南西アフリカダイヤモンド論争)]、A. Arndt、Koloniale Rundschau、No.1、5-22ページ、(1911年)。ナミビアの海岸沿いのダイヤモンド採鉱事業について説明します。

Lüderitzbucht und das Diamantenland [Lüderitz Bay and the Diamond Land(リューデリッツ湾およびダイヤモンドの産地)]、E. Vollbehr、Die Umschau、Vol.15、No.40、826-832ページ、(1911年)。  リューデリッツ湾のダイヤモンドを回収するために使用される方法が記述されています。

Diamonds in German S.W. Africa(南西アフリカのダイヤモンド)、G.P. Ashmore、Mining and Engineering World(マイニング・アンド・エンジニアリング・ワールド) 、Vol.35、No.11、802ページ、(1911年)。漂砂ダイヤモンド採鉱に関する短い記述です。

Facts about the Diamond Fields of German Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカのダイヤモンド産地に関する情報)、著者不明、Jewelers’ Circular-Weekly(ジュエラーズ・サーキュラー:週刊)、Vol.64、No.1、121、123、125ページ、(1912年)。当時の宝飾業界にとって新しいものであった、世界の遠隔地における漂砂ダイヤモンドの回収について説明しています。

Die Deutsch-Südwestafrikanische Diamantenpolotik im Bergleich mit der Englisch-Südafriakischen [The Diamond Politics in German Southwest Africa in Comparison to British South Africa(イギリス領南アフリカと比較したドイツ領南西アフリカにおけるダイヤモンドの政策)]、P. Baer、Zeitschrift für Kolonialpolitik, Kolonialrecht, und Kolonialwirtschaft、Vol.12、782-813ページ、(1912年)。  両国のダイヤモンド鉱業の重要性を比較します。

Randglossen zur Deutschen Diamantenproduktion [Notes on German Diamond Production(ドイツのダイヤモンド生産に関する情報)]、H. Lotz、Koloniale Rundschau、No.4、193-204ページ、(1912年)。ドイツ植民地でのダイヤモンドの産出に関する報告。

The Occurrence of Diamonds in German South-West Africa(ドイツ領南西アフリカにおけるダイヤモンドの発見)、G.P. Ashmore、Transactions of the American Institute of Mining Engineers(トランザクションズ・オブ・ジ・アメリカン・インスティテュート・オブ・マイニング・アンド・メカニカル・エンジニアズ) 、Vol.61、112-114ページ、(1913年)。ダイヤモンド鉱床の概要。

The Diamond Deposits of German South-West Africa(ドイツ領南西アフリカのダイヤモンド鉱床)、P.A. Wagner、South African Mining Journal(サウスアフリカン・マイニング・ジャーナル) 、Vol.24、Part 1、No.1197、7ページ、No.1199、40ページ、No.1200、54ページ、No.1201、71ページ、(1914年)。この情報は、同じ著者による書籍「The Diamond Fields of South Africa(南アフリカのダイヤモンド産地)」からの抜粋です。

Der Diamantenabbau in Deutsch Südwestafrika [Diamond Mining in German Southwest Africa(ドイツ領南西アフリカのダイヤモンド採鉱)]、G. Goldberg、Dingler’s Polytechnisches Journal(ディングラーズ・ポリテク二シュス・ジャーナル)、Vol.329、No.34/35、531-533ページ、(1914年)。  ドイツ植民地におけるダイヤモンド採鉱の現状について説明します。

Die Deutschen Diamanten und ihre Gewinnung [The German Diamonds and Their Recovery(ドイツのダイヤモンドおよびその回収)]、F. Knade、56ページ、(1914年)。ドイツ領南西アフリカのダイヤモンドの回収に関して記述しています。

BWas Bedeuten uns die Südwestafrikanischen Diamanten? [What do we Mean by South-West African Diamonds?(南西アフリカのダイヤモンドの意義)]、F. Kolbe、Das Grössere Deutschland、Vol.1、No.3、74-80ページ、(1914年)。ダイヤモンド鉱床のドイツに対する重要性について議論します。

Diamond Fields of German South-West Africa(ドイツ領南西アフリカのダイヤモンド産地)、C.W. Boise、Mining Magazine(マイニング・マガジン)、Vol.12、No.6、329-340ページ、(1915年)、South African Mining Journal(サウス・アフリカ・マイニング・ジャーナル)、Vol.24、Part2、No.1242、468ページ、No.1243、494ページ、No.1244、iページ、No.1245、532-533ページ、(1915年)。  これら2つの記事では、同じ著者が年間100万カラットを産出できると考えられているダイヤモンド産地について説明します。  この植民地は南アフリカが1915年に占領しました。

“South-West Africa during the German Occupation 1884-1914(ドイツ占領下の南西アフリカ 1884年-1914年)”、A.F. Calvert、T.Werner Laurie Ltd.(T. ヴェルナー・ローリー社)、ロンドン、105ページ、(1915年)。ドイツの植民地であった地域について記述し、ダイヤモンドの回収事業について説明します。

“South-West Africa(南西アフリカ)”、W. Eveleigh, Chap. 10、197-221ページ、T. Fisher Unwin Ltd.(T.フィッシャー・アンウィン社)、ロンドン、(1915年)。ダイヤモンド鉱床およびその発展の歴史に関する章があります。

The Economic Resources of the German Colonies – II: German South-West Africa(ドイツ植民地の経済資源-II: ドイツ領南西アフリカ)、著者不明、Bulletin of the Imperial Institute(ブルテン・オブ・ザ・インペリアル・インスティテュート)、Vol.13、242-245ページ、(1915年)、Economic Resources of the German Colonies in Africa(アフリカのドイツ植民地の経済資源)、W.A. Crabtree、Journal of the African Society(ジャーナル・オブ・ザ・アフリカン・ソサエティ)、Vol.16、No.61、125-128ページ、(1916年)。ダイヤモンドを含むドイツ植民地の経済資源に関する要約が、これらの2つの記事で紹介されています。

The Geology and Mineral Industry of German South-West Africa(ドイツ領南西アフリカの地質および鉱業)、P.A. Wagner、Union of South Africa Geological Survey Memoir(南アフリカ連合地質調査の学術報告)、No.7、11ページ、(1916年)。この学術報告には、ダイヤモンド鉱床に関するセクションがあります。

Diamonds in South-West Africa(南西アフリカのダイヤモンド)、H.A. Bryden、Chambers’s Journal(チャンバーズ・ジャーナル)、Vol.6、No.310、779-781ページ、(1916年)。  ダイヤモンド産地に関する一般的な情報が記載されています。

The Latest Development of Diamond Winning in South-West Africa(南西アフリカでのダイヤモンドの発見における最新の発展)、著者不明、South African Mining and Engineering Record(サウス・アフリカン・マイニング・アンド・エンジニアリング・レコード)、Vol.28-1、No. 1427、495-496ページ、(1919年)。海岸沿いの海底堆積物からダイヤモンドを回収するための浚渫の導入について簡単に報告されています。

The Diamond Mining Industry of Southwest Africa(南西アフリカのダイヤモンド鉱業)、C. Pisar、Jewelers’ Circular Weekly(ジュエラーズ・サーキュラー:週刊)、Vol.80、No.17、69ページ、(1920年)。ケープタウンの米国副領事による鉱業に関する概要です。

Die Aufbereitung der Südwestafrikanischen Diamantkiese [The Processing of the Southwest African Diamond Gravels(南西アフリカ産ダイヤモンドの砂利の処理)] 、G. Glockemeier、Metall und Erz 、Vol.18、No.20、507-519ページ、(1921年)。  ナミビア沿岸の堆積物からダイヤモンドを回収するために使用される方法についての議論。

The Alluvial Diamondiferous Deposits of South and Southwest Africa(南アフリカおよび南西アフリカのダイヤモンド含有漂砂鉱床)、F.C. Cornell、Journal of the Royal Society of Arts(ジャーナル・オブ・ザ・ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツ)、Vol.69、No.3557、136-147ページ、(1921年)。  両国でダイヤモンド鉱床の研究を10年近く行った著者が、ダイヤモンド鉱業の歴史およびダイヤモンドが沿岸でどのように回収されるかを説明しています。  この記事は、Chemical News(ケミカル・ニュース)、Vol.122、No.3176、88-90ページ、No.3177、100-102ページ、No.3178、113-116ページ、(1921年)に転載されました。

The Diamond Fields of Southwest Africa(南西アフリカのダイヤモンド産地)、J.W. Finch、Engineering and Mining Journal(エンジニアリング・アンド・マイニング・ジャーナル)、Vol.113、No.8、317-321ページ、(1922年)。主な採鉱地域およびダイヤモンドの生産について説明します。

Die Deutsche Diamantenindustrie und ihre Kontingentierung [The German Diamond Industry and its Allocation(ドイツのダイヤモンド産業およびその配分]、A. Hänig、Fortschritte der Naturwissenschaftlichen Forschung、Vol.11、61-76ページ、(1922年)。南西アフリカの植民地における採鉱などドイツのダイヤモンド産業に関する説明。

Mining in the South-West Protectorate(南西保護領の採鉱)、著者不明、South African Mining and Engineering Journal(サウスアフリカン・マイニング・アンド・エンジニアリング・ジャーナル)、Vol.33-2、No.1620、96-97ページ、(1922年)。ダイヤモンドや他の鉱石の採鉱の状態に関する一般的な情報が紹介されています。

South-West African Diamonds(南西アフリカ産ダイヤモンド)、著者不明、South African Mining and Engineering Journal(サウスアフリカン・マイニング・アンド・エンジニアリング・ジャーナル)、Vol.33-2、No.1634、525-527ページ、(1923年)。ダイヤモンド産地の発展の歴史が要約されています。

The South-West African Diamond Industry(南西アフリカのダイヤモンド産業)、著者不明、South African Mining and Engineering Journal(サウスアフリカン・マイニング・アンド・エンジニアリング・ジャーナル)、Vol.34-1、No.1645、63-64ページ、(1923年)。ダイヤモンド採鉱に関わる主要企業について、簡単な説明が記載されています。

Desert Diamonds(砂漠のダイヤモンド)、著者不明、South African Mining and Engineering Journal(サウスアフリカン・マイニング・アンド・エンジニアリング・ジャーナル)、Vol.34-1、No.1648、164-165ページ、(1923年)。リューデリッツ湾での採鉱事業について議論しています。

“Die Diamantenwüste Südwestafrikas” [The Diamond Desert of Southwest Africa(南西アフリカのダイヤモンド砂漠)]、E. Kaiser、D. Reimer Verlag、ベルリン、Vols.1および2、535ページ、(1926年)。出版情報不明。F. Jaeger著のこの書籍の書評は、Geographische Zeitschrift、Vol.33、No.6、321-329ページ、(1927年)に掲載されました。

Beiträge zur Kenntnis der Diamantlagerstätten an der Oranjemündung in Südwestafrika [Contribution to the Knowledge of the Diamond Deposits along the Mouth of the Orange River, Southwest Africa(南西アフリカのオレンジ川の河岸にあるダイヤモンド鉱床に関する知識への寄与)] 、G. Knetsch Geologische Rundschau、Vol.28、No.3/4、188-207ページ、(1937年)。  記事詳細不明。

The Consolidated Diamond Mines of South-West Africa, Limited(南西アフリカのコンソリデーテッド・ダイヤモンド鉱山)、著者不明、Optima Magazine(オプティマ・マガジン)、Vol.4、No.1、28-31ページ、(1954年)。  ダイヤモンド採鉱の歴史および「ダイヤモンド海岸」と呼ばれる場所で使用された方法を詳述しています。

Beach Mining at the Consolidated Diamond Mines of South-West Africa, Limited: Exploitation of the Area between the High- and Low-Water Marks(南西アフリカのコンソリデーテッド・ダイヤモンド鉱山における海岸採鉱:満潮線および干潮線の間の地域の開発、D. Borchers、C.G. StockenおよびA.E. Dall、Mining and Petroleum Technology – Proceedings of the Ninth Commonwealth Mining and Metallurgical Congress (鉱業および石油技術 – 第9回連邦鉱業冶金会議の議事録)、M.J. Jones(編集)、Vol.1、Applied Science Publishers Ltd.(アプライド・サイエンス・パブリッシャー社)、エセックス、英国、571-590ページ、(1969年)。  ナミビアの海岸沿いの採鉱では、海に入らないようにするために堤防を建設し、岩盤に到達するために上部にある5〜25メートルの砂を除去してから、ダイヤモンドが発見される岩盤内の深い溝と排水に沿って真空装置を使用していました。

The Third Forbidden City(第3の紫禁城)、A. Villers および K. Villers、Diamant Magazine(ダイアマント・マガジン)、Vol.12、No.119、15-19ページ、No.120、5-6ページ、No.121、5-9ページ、No.122、17-19ページ、(1969年)。オレンジ川の河口付近にあるオランジェムントの Consolidated Diamond Mines Ltd.(コンソリデーテッド・ダイヤモンド鉱山株式会社)による採鉱事業について記載しています。

Everything’s Coming up Diamonds(すべてがダイヤモンドを発見する)、G. Young、Popular Mechanics Magazine(ポピュラーメカニクス誌)、Vol.133、No.3、116-119ページ、211ページ、214ページ、216ページ、(1970年)。  南アフリカおよびナミビアの海岸沿いで使用される採掘船の事業について記載されています。

Diamonds in the Desert: The story of August Stauch and his Times(砂漠のダイヤモンド: August Stauchおよび彼の時代の物語)、O. Levinson、Tafelberg、172ページ、(1983年)。  ナミビア砂漠の砂丘におけるダイヤモンドの発見について説明しています。

Mining the Desert Foreshore in South West Africa(南西アフリカにおける砂漠の前浜の採鉱)、R.W. Hodgen、Optima Magazine(オプティマ・マガジン)、Vol.24、No.2、90-92ページ、(1974年)。Consolidated Diamond Mines Ltd.(コンソリデーテッド・ダイヤモンド鉱山株式会社)でかつて最高責任者を務めていた著者が、ナミビアの南海岸沿いの砂表土の下でダイヤモンドを回収するために使用した方法を説明しています。

The Transport and Sorting of Diamonds by Fluvial and Marine Processes(河川・海洋の循環によるダイヤモンドの漂流および選別)、D.G. Sutherland、Economic Geology(エコノミック・ジオロジー)、Vol.77、No.7、1613-1620ページ、(1982年)。水の移動によるダイヤモンドの移動および集結に関する説明。

"Diamonds in the Desert: The story of August Stauch and his Times(砂漠のダイヤモンド: August Stauchおよび彼の時代の物語)"、O. Levinson、Tafelberg Publishers Ltd.(タフェルバーグ出版社)、ケープタウン、172ページ、(1983年)。ナミビアのリューデリッツ近郊におけるダイヤモンドの発見およびこの町の北部と南部両方の海岸沿いにおけるその後の初期のダイヤモンド鉱業について記述しています。

The Story of CDM [Consolidated Diamond Mines] – Diamonds in the Desert(CDM(コンソリデーテッド・ダイヤモンド鉱山)の物語 – 砂漠のダイヤモンド、著者不明、Optima Magazine(オプティマ・マガジン)、Vol.37、No.2、85-92ページ、(1989年)。近年までのこの採鉱会社の歴史について説明します。

Marine Mining of Diamonds off the West Coast of Southern Africa(南アフリカの西海岸沖におけるダイヤモンドの海洋採鉱)、J.J. J.J. Gurney、Levinson and H. Stuart-Smith、Gems & Gemology(宝石と宝石学)、Vol.27、No.4、206-219ページ、(1991年)。ダイヤモンド海洋鉱床の歴史、地質学的起源、採鉱に関する説明です。

Observations on the Formation of Diamond Placers by Arid Zone Processes within the Sperrgebiet, Namibia(ナミビアのシュペアゲビート内における乾燥地帯のプロセスによるダイヤモンド砂鉱の形成に関する観察)、I.B. Corbett、Exploration and Mining Geology(エクスプロレーション・アンド・マイニング・ジオロジー)、Vol.4、No.1、83-84ページ、(1995年)。ナミビアの海岸沿いにダイヤモンド砂鉱を形成した地質学的条件について説明します。

A Historical Review of De Beers Marine (Pty) Limited’s Role in the Development of Marine Diamond Mining off Southwestern Africa(南西アフリカのダイヤモンド海洋鉱業の開発におけるデビアス・マリン (Pty) 社の役割に関する歴史的見解)、R.W. Foster、Exploration and Mining Geology(エクスプロレーション・アンド・マイニング・ジオロジー)、Vol.4、No.1、85-86ページ、(1995年)。記事詳細不明。

A Review of Diamondiferous Marine Deposits of Western Southern Africa(南西アフリカのダイヤモンド含有海洋鉱床)、I.B. Corbett、Africa Science Review(アフリカ・サイエンス・レビュー)、Vol.3、1-18ページ、(1996年)。  記事詳細不明。

Diamond Desert Memories(ダイヤモンド砂漠の記録)、J. Van Couvering、Natural History(ナチュラル・ヒストリー)、Vol.106、No.10、16-21ページ、(1997年)。1908年にリューデリッツ近郊の砂漠礫で発見されたダイヤモンドについて説明します。ダイヤモンドはキンバーライトパイプのみで発見されると当時信じられていたため、この発見は驚異的なものでした。  また、化石を収集するために1975年にシュペアゲビートを訪れた探索についても説明します。

Palaeofluvial Geomorphology in Southern Africa: A Review(アフリカ南部における古代の河川の作用で作られた地形学: 総説)、E.S.J. Dollar、Progress in Physical Geography(プログレス・イン・フィジカル・ジオグラフィー)、Vol.22、No.3、325-349ページ、(1998年)。アフリカ南部の河川の地理的進化について説明します。  これらの河川のため、大西洋の海岸に沿った内陸部にあるキンバーライトパイプの場所からダイヤモンドが運ばれました。

Tertiary-Age Diamondiferous Fluid Deposits of the Lower Orange River Valley, Southwest Africa(南西アフリカのオレンジ川下流の渓谷の第三紀ダイヤモンド含有河川鉱床)、R.J. R.J. Jacob、Bluck および J.D. Ward、Economic Geology(エコノミック・ジオロジー)、Vol.94、No.5、749-758ページ、(1999年)。オレンジ川に沿って露出した2つのダイヤモンド含有砂礫段丘の地質学における研究です。  この研究では、ダイヤモンド鉱床が作られた原因となった河川による移動の条件が明らかになりました。

Post-Gondwana Drainage and the Development of Diamond Placers in Western South Africa(南西アフリカにおけるゴンドワナ排水の後およびダイヤモンド砂鉱床の開発)、M.C.J. De Wit、Economic Geology(エコノミック・ジオロジー)、Vol.94、No.5、721-740ページ、(1999年)。アフリカ南部の河川排水システムの地質学的歴史を、ダイヤモンド砂鉱床の形成に及ぼした影響の観点から説明します。

Namibian Marine Diamond Mining(ナミビア産ダイヤモンド海洋採掘)、H. Tarras-Wahlberg および M.J. O’Toole、Mining Environmental Management(マイニング・エンバイロンメンタル・マネージメント)、(7月号)、12-14ページ、(2000年)。  ダイヤモンド採鉱の規制と環境への影響について議論します。

Recent Developments in Marine Diamond Mining(ダイヤモンド海洋採鉱の最近の発展)、R.H.T. Garnett、Marine Georesources & Geotechnology(マリン・ジオソース&ジオテクノロジー) 、Vol.20、No.2、137-159ページ、(2002年)。南アフリカの西海岸に沿って海底からダイヤモンドを回収するために使用される技術と採掘方法について説明します。

Revival of the Skeleton Coast(骸骨海岸【スケルトン・コースト】の復活)、R. Baxter-Brown、Rough Diamond Review(ラフ・ダイヤモンド・レビュー)、No.3、27-30ページ、(2003年)。  ダイヤモンドの起源に関するいくつかの理論と共に、このダイヤモンド採鉱地域について記述しています。

Diamond Mega-Placers: Southern Africa and the Kaapvaal Craton in a Global Context(ダイヤモンドのメガ砂鉱床: グローバルな視点から見た南部アフリカとカープファール・クラトン)、B.J. Bluck、J.D. Ward および M.C.J. De Wit、Mineral Deposits and Earth Evolution(ミネラル・デポジット・アンド・アース・エボルーション)、ロンドン地質学会、特別出版、Vol.248、213-245ページ、(2005年)。非常に大きいダイヤモンド砂鉱床とは、95%以上が宝石質である5000万カラット以上のダイヤモンドを含む鉱床のことを指します。南アフリカの海岸沿いにある、非常に大きいダイヤモンド砂鉱床について説明します。

Characteristics of Diamondiferous Plio-Pleistocene Littoral Deposits within the Palaeo-Orange River Mouth, Namibia(ナミビアの古代オレンジ川河口におけるダイヤモンド含有更新世沿岸鉱床の特徴)、R.I. Spaggiari、B.J. Bluck および J.D. Ward、Ore Geology Reviews(オーア・ジオロジー・レビューズ)、Vol.28、No.4、475-492ページ、(2006年)。ナミビア海岸沿いのダイヤモンド鉱床の地質学的な説明を提供します。

Some Observations on Diamondiferous Bedrock Gully Trapsites on Late Cainozoic, Marine-Cut Platforms of the Sperrgebiet, Namibia(ナミビアのシュペアゲビートの新生代後半の海食段丘におけるダイヤモンド含有岩盤ガリーの観測)、J. Jacob, J.D. Ward、B.J. Bluck、R.A. Scholz および H.E. Frimmel、Ore Geology Reviews(オーア・ジオロジー・レビューズ)、Vol.28、No.4、493-506ページ、(2006年)。最も豊かなダイヤモンド砂鉱床が、ナミビアの海岸沿いの砂浜の下にある岩盤のガリー浸食が発生して深い穴のある部分で発見されました。  海岸近くの海流によって北部に運ばれる間、ダイヤモンドはこれらの岩盤の隙間に閉じ込められました。  これらの隙間およびその形成について地質学的記述を提供します。

The Orange River, Southern Africa: An Extreme Example of a Wave-Dominated Sediment Dispersal System in the South Atlantic Ocean(南アフリカのオレンジ川: 南大西洋において波により堆積物が分散する作用の極端な例)、B.J. Bluck、J.D. Ward、J. Cartwright および R. Swart、Journal of the Geological Society of London(ジャーナル・オブ・ザ・ジオロジカル・ソサエティ・オブ・ロンドン) 、Vol.164、No.2、341-351ページ、(2007年)。オレンジ川流域の河川排水システムと地質時代の変遷について説明します。

Diamond Provenance Studies from 40Ar/39Ar Dating of Clinopyroxene Inclusions: An Example from the West Coast of Namibia単斜輝石インクルージョンの40Ar/39Ar年代測定によるダイヤモンドの起源の研究: ナミビア西海岸からの試料、D. Phillips および J.W. Harris、Lithos(リソス)、Vol.112、補足2、793-805ページ、(2009年)。砕屑性ダイヤモンドの鉱物インクルージョンの年代を測定した結果、地質学的に古い他の産地から産出されるダイヤモンドよりも、南アフリカのキンバーライトが噴火した時期と年代が一致することが判明しました。

Ultra-Long Distance Littoral Transport of Orange Sand and Provenance of the Skeleton Coast Erg (Namibia)(オレンジ川の砂の超長距離に渡る沿岸移動およびスケルトン海岸【ナミビア】の広大な砂丘の起源)、E. Garzanti、P. Vermeesch、S. Andò、M. Lustrino、M. Padoan、G. Vezzoli、Marine Geology(マリン・ジオロジー)、Vol.357、(11月1日)、25-36ページ、(2014年)。  ナミビアの海岸の砂浜の地質学を研究した結果、強い海流によってアンゴラの南部に到達するほど北に運ばれたことが判明しました。  海岸沿いの砂鉱床で発見されたナミビア産ダイヤモンドは、すべてオレンジ川から運ばれたものであるという結論に達しました。

Fishing for Namibian Diamonds(海洋におけるナミビア産ダイヤモンドの発見)、G. du Venage、African Mining(アフリカン・マイニング)、Vol.21、No.8、54-59ページ、(2014年)。南アフリカおよびナミビアの海岸沿いの海底からダイヤモンドを回収するために使用される技術について説明します。