オパール品質要因


Placeholder Alt Text
このファイヤーオパールは、壮大な132カラットです。 - W. Constantin Wild & Co. (W.コンスタンタン・ワイルド·アンド·カンパニー)提供、Idar-Oberstein (イーダー·オーバーシュタイン)、ドイツ
個々のオパールは、外観や品質が大きく異なります。 雪の結晶や指紋などが多様なように、宝石もそれぞれ著しく異なる場合があります。
 
オパールの品質には主な側面が3つあります。
  • カラー - 背景色と遊色効果
  • パターンー遊色効果のアレンジ
  • クラリティー透明性と内包物の量

オパールの評価方法



オパールの色合いは、スペクトルの全範囲に渡る可能性があります。 オパールは、単色、2または3色、あるいは虹のすべての色を呈することがあります。 オパールは、遊色効果の色に加え、背景色も提示します。 背景色、あるいはボディカラーと呼ばれる色は、オパールのシリカ球の中の微小不純物の浮きが起因となっています。

ブラックオパール
このブラックオパールには、非常に望まれる赤の遊色効果が多くあります。 - 提供 Mariora(マリオラ)、Surfer’s Paradise(サーファーズパラダイス)、オーストラリア
 オパールは、多くの場合、背景色に基づいてタイプ別に分類されます。 ある背景色は、他のものより珍重され高く評価される傾向があります。 他のすべての品質要素が同程度ならば、多くのバイヤーは、黒の背景色を好みます。 それは、遊色効果が暗い背景に、魅力的に引き立つ傾向にあることがその理由の1つです。
 
遊色効果は、オパールの外観の最も壮観な側面かもしれません。 色や色の組み合わせがどんなものであろうと、高価値とするには、遊色効果が鮮やかでなければなりません。 つまり、オパール愛好家は、かすかな遊色効果よりも鮮やかな遊色効果を高く評価します。

Boulder(ボルダー)オパール
ボルダーオパールは、強力な遊色効果を表示することができます。 - Cody Opal (コーディ・オパール)提供
その次の遊色効果の色の強さの重要な点は、領域です。 オパールの遊色効果が明るすぎるばかりでなく、色のスペクトル全体の範囲におよんでいると、それは非常に稀少で価値があります。 けれども、必ずしもすべての美しいオパールが虹全色で輝いているわけではありません。 あるものの遊色効果は、単純にひとつのメインカラーと2つ以上の2番目の色で構成されています。

淡色のオパールビーズ
これらの明るい色のオパールビーズは、外観が乳白色であり、遊色効果のないデッドスポットが多くあります。
- Cody Opal (コーディ・オパール)提供
 望ましい遊色効果は、さらに色そのものによって分類されます。 伝統的に、レッドは最高の突出したカラー、その次はオレンジ、そしてグリーンと続きます。 けれども、好まれる色はファッションや個人のお好みに応じて変化します。
 
また、オパールの遊色効果は光のタイプや見る角度に合わせて変わります。 たとえば、別の角度から見ている場合は、ブルーが優勢のオパールカボションの同じ部分をレッドが優勢となる可能性があります。
 
最高価値のオパールは、あらゆる角度から見て遊色効果を呈します。

パターン
パターンはオパールの遊色効果の配列を表現しています。 雲に見ることののように、遊色効果形は多くの形態があります。

遊色効果パターンの一般的な用語は次のとおりです。
  • ピンファイヤーまたはピンポイント:小さな、カラーパッチを密接に設定
  • ハーレクインまたはモザイク:幅広い、角度のある、密接に隣り合う色のパッチ
  • フレーム:石全体にわたって広がる赤みがかっ帯状や筋
  • ピーコック:主にブルーとグリーン

一般的に専門家たちは、小さな点々が散った上に、近接にアレンジされた大きなカラーパッチを好みます。 どのような遊色効果でも、パターンがどうであっても、高価値の石であるためには、色が鮮やかでなければなりません。

ハーレクインのパターンを使ったブラックオパール
このブラックオパールの中のハーレクイン・パターンは、赤、青、緑の遊色効果が多く見られます。 - Rudy Weber(ルディ・ウェーバー)、提供 Cody Opal(コーディオパール)
ハーレクインパターン
クローズアップビューでは、ブラックオパールの完璧に近いハーレクインパターンの詳細を見ることができます。 - Cody Opal (コーディ・オパール)提供
117.85カラットのオーストラリア産の明るいオパールカボション
この大きなオーストラリアのライトオパールカボションは117.85カラットです。 グレーのボディカラーを背景に、控えめなブルーの斑点を呈し、オレンジとグリーンの小さな遊色効果フラッシュが、ピン打ち式のパターンで支配しています。
遊色効果の配置や形状に加え、バイヤーはパターンを評価する際に、消滅や「デッドスポット」を考慮するべきです。 デッドスポットは、宝石で、遊色効果が呈示されず、背景色のみが視認できる部分のことです。 デッドスポットがあり、特にいくつも見られると、オパールの価値を損ないます。

透明度および透明性
オパールでいう透明度は、透明さの度合いと、インクルージョンを含まないことを意味します。 オパールのクラリティは、完全な透明から不透明まであります。 専門家は異なるオパールタイプの明確な異なるレベルを尊重します。 例えば、結晶オパールについては透明、ブラックオパールでは、不透明な背景が良いとされます。 それぞれが、個々のオパールのタイプに応じて、遊色効果を見せる最良の背景色を呈します。 曇っていたり乳白色の背景色は、どのオパールでもその価値を低下させてしまいます。 これによっては宝石があまり魅力的ではなくなり、さらに安定性欠如のサインになる場合があります。

クリスタルオパール
Crystal (クリスタル)オパールは、ハーレクインパターンで強力な遊色効果を持つことができます。
価値に影響するオパールのクラリティ特性には様々な種類があります。 他の宝石と同様、オパールはフラクチャーやピット、その他の表面傷を持つ場合があります。 またオパールには、マトリックスと呼ばれるその母岩の破片が含まれている場合があります。 ポリッシュしたオパールのマトリックスは大抵の場合、その外観と価値を損ないます。 それはオパールの種類によって異なります。
 
オパールが水分を失うと、くもの巣に似た細かい網のひび割れにつながります。 水分の損失は、熱や過度の乾燥により、または明るい光や直射日光に露呈することによって起こる場合があります。 ウィンドウディスプレイなど、これらの条件に露呈されるような場所に展示しない事で、ひび割れを防ぐ事が出来ます。

Boulder (ボルダー)オパール
Boulder (ボルダー)オパールは不透明で、デザイナージュエリー作品に最適な神秘的な外観を与えます。 - Cody Opal (コーディ・オパール)提供
ひびが入ったオパールはすぐには壊れませんが、宝飾品では耐久性がほとんど無いのと、フラクチャーは、宝石の美しさとクラリティを台無しにしてしまいます。 品質管理のため、生産者やディーラーは、結局は壊れてしまいそうなだと疑われるオパールは除外します。 バイヤーがひび割れたオパールを買い付けるのは、損傷のないオパールより安い卸売価格のためです。 これは、より低い小売価格でそれらを販売できるからです。

カット
宝石の仕上げを計画する際に研磨師が考慮するのは、オパールの色、型、およびクラリティです。 多くの最高品質のカラーストーンと同様に、非常に優れたオパールは、標準的な大きさと形状にカットされないことがあります。

フリーフォームシェイプブラックオパール
この素晴らしいブラックオパールは、自由な形状にカットされています。 – Rudy Weber (ルディ・ウェーバー)、 Cody Opal (コーディオパール)提供
カッターは通常、例えば優れたルビ​​ーやサファイアを、結果的に不均等なプロポーションの宝石になったとしても、重量を節約したりカラーを最大限に生かす方法で形成します。 同様の考え方で、オパールのカッターは通常、最高品質の未加工では、その壮麗な遊色効果を見せるようにカットします。
 
これを達成するためには、カッターは、できるだけ多くの遊色効果を維持するため、上質のオパールは大きく不規則な形状にパールを形成することがあります。 デザイナーはこれらの高価なまたとない類いのカスタムジュエリーにします。
 
一方で、カッターは通常、市場用品質のホワイトオパールを標準的な校正ずみサイズ、大抵は楕円に造り上げます。
 
上質オパールのカットシンメトリーでなければなりません。 カボションの場合は、ドームがきれいにラウンドでなければいけません。 ドーム型の表面は、最高の遊色効果を見せ、どの視角からも石の鮮やかさが見えなければなりません。 カボションが平坦であると、特に宝飾品として作成中、破損に対して脆弱となる可能性があります。 反対にドームが高すぎると、宝石を作る上で難しいかもしれません。

楕円形Cabochon (カボション)オパール
オパールは一般的に、宝飾品に組み込むために楕円形にCabochon (カボション)カットされます。 - John Parrish (ジョン·パリッシュ)、Richard Krementz Gemstones (リチャードクレメンツ宝石)提供
カラットの重量
オパールには、幅広いサイズやカラット重量があります。 オパールは、他の多くの宝石に比べて相対的に低密度であるため、大きなサイズであっても快適に着用することができます。

宝石に設定されているオ​​パールカボションの多くの一般的な大きさは、6×4、7×5、および8×6ミリメートルです。

24カラットのブラックオパール
24カラットのこの高品質なブラックオパールは、宝飾品デザインの印象的な中央部になります。 - Cody Opal (コーディ・オパール)提供
組み立てオパール
オパールは壊れ​​やすい場合があります。 固体のオパールカボションは、毎日の着用や宝飾品の修理で破損に対する耐久性として、十分な厚みがああります。 しかし、薄い材料については、メーカーは、多くの場合、耐久性のため補強用裏ばりを追加する必要があります。
 
組み立てオパールは、バッキング(裏ばり)を伴ったオパールです。 これら通常、宝石品質の宝飾品とはならないガラスのような材料が含まれている場合がありますが、これらの高価なオパールの一部であるため、宝石としての価値を伴っています。 組み立てオパールは、玉石オパールの価格のほんの破格値で販売されますが、メーカーにとっては薄いオパール片からでも魅力的な最終宝石を作る事ができます。
 
組み立てオパールによく見られる2つのタイプは、オパールダブレットとトリプレットです。 ダブレットは、裏材に接合した薄いオパールです。 バッキングは、多くの場合、黒曜石、染色ブラックカルセドニー、ブラックガラス、天然の共通オパール、またはプラスチックで構成されています。 トリプレットは、無色クォーツや透明なガラス、黒曜石、カルセドニーのドームのトップと、ブラックガラスや黒曜石、カルセドニーのバッキングの間に貼られたオパールの薄い層です。