オパールの歴史と伝承


Placeholder Alt Text
今の世の中でも、オパールは魔法と神秘の世界観を呼び起こします。 - ポーラ・クレヴォシャイの贈呈品
作家たちはオパールを火山、銀河、花火に例えてきました。 賛美者は、パンドラ、世の光、皇后などの特別なオパールの詩的な名をつけたものでした。 古代ローマでは、この宝石は、愛と希望を象徴していました。 ローマ人が「貴重な石」の代名詞であったopalusという名前を与えました。

紀元75年にローマの学者プリニウスは、「オパールには、内側の遊色効果がすばらしく、画家の深い豊かな色に相当するものもある。 その他のオパールは、燃焼する硫黄の燃える火や燃焼する油の明るい炎にさえも似ている」と観察しました。この万華鏡のような宝石はルビーのレッド、エメラルドのグリーン、トパーズのイエロー、サファイアのブルー、アメジストのパープルを包括していることに彼は驚嘆していました。

多くの文化では、超自然的な起源と力がオパールにあると信じています。 アラビアの伝説によると、オパールは雷とともに天から落ちると言います。 古代ギリシャ人は、オパールはその所有者に預言の賜物を与え、病気から彼らを守ると信じていました。 ヨーロッパ人は、長い間、希望、純潔、真理の象徴となる宝石として考えています。

オパールは10月の誕生石として考えられています。 一部の人々は、オパールを着用するのに別の月に生まれた者を不運だと思っています。 しかし、その迷信は1800年代に書かれた小説(サー·ウォルター·スコット著「Anne of Geierstein」)に由来するものであり、古代の信念や経験から来ているのではありません。 実際、オパールはすべての色を表示することができるので、ほとんどの歴史を通じて、すべての宝石の中で最も幸運で魔法的な宝石と見なされてきています。 かつて、ブロンドの髪の寿命と色を保持する力があると考えられていました。