宝石事典へ戻る

ムーンストーン

幽霊を思わせるかすかな光沢は、水に輝く月光のようにこの長石の表面下を動きます。

Responsive image
カボション

カボションカットはムーンストーンの光学効果を最もよく表してくれます。

Responsive image
美しい効果

アデュラレッセンスとは、宝石全体に大きくうねるように見える光です。

Responsive image
透明度

上質なムーンストーンは無色で、半透明から透明です。

Responsive image
Responsive image
フェルスパー

ムーンストーンは、2つのフェルスパー鉱物、オーソクレーズとアルバイトにより形成されています。

Responsive image
美しい光

ムーンストーンの光の揺らめきは、原石にさえ見られます。

Responsive image
双晶結晶

この双晶のムーンストーンは、平らな面を有する良好な結晶形を示しています。

Responsive image
器具類

概要

ムーンストーンについて

ラブラドライト フェルスパー(長石)
ムーンストーンは、フェルスパーグループの鉱物オーソクレーズの変種です。 形成中に、オーソクレーズとアルバイトが交互に層に分離します。 光がこれらの薄い層の間に当たると、散乱してアデュラレッセンス(青色閃光)と呼ばれる光学的現象を生じます。 アデュラレッセンスは宝石全体に大きくうねるように見える光です。 ラブラドライトやサニディンを含むその他のフェルスパー鉱物も、アデュラレッセンスを示すことがあります。

ムーンストーンについて ムーンストーンの歴史と伝承

誕生石 & 記念日

ムーンストーンは、真珠とアレキサンドライトと共に、6月の誕生石です。

アデュラレッセンス

ムーンストーンの超自然的な輝きは、長石の微細な層の間で散乱する光によるものです。


60%

フェルスパー(長石)族の鉱物が、地球の地殻の半分以上を占めています。


0.5ミクロン

ムーンストーンのシーンと呼ばれる光沢を生み出す長石の層は、光の波長に近い大きさです。


事実

  • 鉱物: 長石
    化学組成: KAlSi3O8
    カラー: 無色から白、グレー、グリーン、ピーチ、茶色
    屈折率: 1.518~1.526
    複屈折: 0.05~0.008
    比重: 2.58
    モース硬度: 6.0~6.5

原産地

map

処理

宝石の色や見た目のクラリティを改変したり、耐久性を向上させるために使用される手法には様々なものがあります。

詳細

合成石

一部の宝石には、本質的に同じ化学的、物理的、および光学的特性を有するけれどもラボラトリーで人工的に成長させた、合成の対応物があります。

詳細

模造石

どんな宝石でも、その宝石を模造するために選ばれた人工素材あるいは天然素材によって、模倣することができます。

詳細
gem love

この宝石が好まれる理由

1
希少性

最高級の石にしては珍しく、この極めて優美な宝石は、地球上で最も一般的な鉱物の一つからもたらされます。

2
アデュラレッセンス

オーソクレーズとアルバイトの交互の層が光を回折し、ムーンストーンのアデュラレッセンス(青色閃光)を生み出します。

3
もう一つの効果

アデュラレッセンスの他にムーンストーンには、キャッツアイ効果を示すものもあります。

品質要因

次の特性の評価が、ムーンストーンの価値を決定します。

quality factors

最高級のムーンストーンは、揺れ動くようなエレクトリックブルーのきらめきを持つガラス質のような純度の宝石です。

クラリティ

quality factors

特徴的なインクルージョンに、ムカデと呼ばれる張力による小さな亀裂があります。

カット

quality factors

カボションカットはムーンストーンの光学的現象を最大限に引き出すため、これが一般的なカットとなっています。

カラット重量

quality factors

ムーンストーンは、幅広いサイズとカラット重量のものが入手できます。

ムーンストーン品質要因: 総合ガイド

研究

原産地、宝石学研究、歴史の中での宝石の役割を探訪する。

充填されたムーンストーンの赤外線分光研究

Li Jianjun, Weng Xiaofan, Yu Xiaoyan, Liu Xiaowei, Chen Zhenyu と Li Guihua 英語で詳細を読む

スリランカ: 宝石の島

Peter C. Zwaan , 6 1, 1982 英語で詳細を読む

ジェムニュースインターナショナル1997年夏号

, 6 1, 1997 英語で詳細を読む

「G&Gラボの記録」2006年夏号

, 6 1, 2006 英語で詳細を読む