ムーンストーンの説明


Placeholder Alt Text
原石の形であっても、ムーンストーンの特徴である光の美しい光沢を見ることができます。 この特別な性質は、質の良いカットで最大限引き出されます。 - デヴィッド·ハンフリー
繊細な美しさと伝統のある品性により、ムーンストーンは、長石類の中でもおそらく最もよく知られる宝石レベルの石です。

長石は、最も広く普及している地球地殻中の鉱物であり、また、多様性においてもトップクラスです。 世界のどこで石を拾ってみても、長石類の鉱物が一つか二つが含まれていることがわかるでしょう。

青色シーン効果
無色の背景に青い光沢は、珍重されるムーンストーンの組み合わせです。 この
立派に細工されたムーンストーンのこのセットは、デザイナーのアンサンブルとして配置されています。
- Temple Trading Company (テンプル貿易)提供
ムーンストーンは、長石類の鉱物正長石の仲間です。 2つの長石鉱物、正長石と曹長石で構成されています。 まず、2つの鉱物が混ぜられます。 そして、新たに形成された鉱物が冷えるにつれ、相互成長した正長石と曹長石が分離し、交互に重なり積層します。

フェルスパー(長石)グループの宝石

光がこれらの薄い層の間に低下したときには、青色閃光と呼ばれる現象を生産し散乱します。 青色閃光は、宝石に波打つように見える光であり、表面に輝く外観を与えます。

おそらく青色閃光の最も魅惑的な側面は、その動きの現れでしょう。 宝石を見る角度を変えると、霧の光が宝石の表面を横切って転がるように見えます。

その他長石の鉱物もまた、青色閃光を生じることがあります。 一つはラブラドル長石で、主にカナダのラブラドル地域で産出されます。 もう一つのラブラドライトはマダガスカルで産出され、薄い色の宝石上に多色の青色閃光を放ちます。 実際には、正長石でなく多様なラブラドル長石であるという事実に関わらず、宝石取引においてはレインボームーンとして知られます。

レインボームーンストーン
多様なラブラドル長石は、時々、レインボームーンストーンと呼ばれています。
サニディンは、ムーンストーンと呼ばれる青みがかった乳白色の光沢のある宝石を含む、もう一つの長石鉱物です。 ムーンストーンと呼ばれるには、青色閃光の美しさと比べ、鉱物の実際の素性はさほど重要ではありません。